INFOINFO
MAILMAIL

2018年10月29日(月)

* 月曜にボドゲ@BRESPI・60回目    [  ボードゲーム  ]

 で、通院後に一旦自宅に戻ってから、お昼すぎにお出かけ。

 いつもなら目的地に到着してから昼メシを食うんだけども、今日は出掛けにこんなツイートを見てしまったおかげで「ラーメン口」になっちゃったもんだから、BiVi二条のたかばしラーメンでラーメンを食ってから移動し、そのまま真っすぐにいつもの「BRESPI」へ。

今日のゲーム

 お店に着いたのは14時前。で、今日は14時から「コインブラ」(COIMBRA)をやりましょうと約束していて、他のお客さんにも声をかけてもらってたんだけどお客さんの姿はなし。

 ということで、予定通りに14時から3人で「コインブラ」を。

「コインブラ」 「コインブラ」

 大航海時代のポルトガルで学問が盛んだった街「コインブラ」を舞台に、名声を得るための行動を行って得点を稼ぐゲーム。名声を得るためには、有力な市民である聖職者、学者、評議会議員、商人にお金か護衛部隊を融通して彼らの信頼を得るとともに、航海への投資なども行う必要がある。

 ゲームではダイスプールからダイスを取ってそれを城に配置することでして、どの市民に対してどれくらいのお金/護衛部隊を貢ぐかがダイス目で決定され(6の目のダイスをおいた場合には6金など)、ダイス目の大きさによって行動順が決まる。その後、貢いだ市民の影響力によって4つある影響力トラックが進められる。
 さらにその後、同じダイスを使って、今度はそのダイスの色によって収入を得る影響力トラック(お金/護衛部隊/巡礼/名声)が決定され、収入を得ることができる。巡礼の収入を得た場合は、ボード上のコインブラの街中を巡礼者が移動してボーナスを得ることができる。最後に航海への投資を行って1ラウンドが終了、これを4ラウンド繰り返して勝敗を決める。

 で、3人とも未プレイなんだけど、店長も事前にルルブをチェックしてくださっていたらしくて、二人で補完しつつ、ななさんにインストしてからスタート。1つのダイスで2つのアクションを行うことになるので、スタプレのロールした5色8個のダイスを眺めつつ、どのダイスを取って、どこに配置するかを決めるのに結構悩むことに。初プレイということもあって、少し長考気味だったので時間制限をつけようかと提案するも、この部分がこのゲームのキモだし、じっくり悩みましょう、ということでとくに制限はつけず。うん、たしかにそのとおりだね。3ラウンド目くらいからは各プレイヤーの目指す方向が固まってくるので、ダイスの選択も結構早くなって、わりとサクサク進む。
 流れ的には、店長がお金を得点に、私が護衛部隊を得点に替える能力をつけ、見た目上の得点をどんどん伸ばし、一方ななさんは終了時ボーナスを中心にプレイされていたので、プレイ中はかなりの得点差となり、トップの店長とななさんは最大で50点以上の差がついていたんじゃないかな?
 ただ、やはり終了後のボーナスポイントではななさんが航海への投資で27点、影響力トラックで11点、終了時ボーナスで30点近く、特許のセットコレクションで21点と荒稼ぎされて一気に得点を伸ばされて、最終得点ではななさんが166点、店長が143点、私が148点となって、ななさんがダントツの1位に。いやぁ、お見事、参りました m(_ _)m

 得点を伸ばす方法がいろいろあるので、他人に対する邪魔よりも自分の得点をどう伸ばすかを考えながらプレイできるのがいいね。そんなわけで、方針が他人とぶつからないようにするのが良さそう。なお、プレイ人数は2~4人で、想定プレイ時間は約90分。今回は3人でインスト込みで2時間半くらいだったけど、慣れれば想定プレイ時間と変わらないくらいでプレイできそうだね。


 ここでエンドウさんがいらしたので4人で「ガンシュンクレバー」(Ganz Schön Clever)を。

「ガンシュンクレバー」 「ガンシュンクレバー」

 エンドウさんが初プレイということで店長がインストしてくださってからプレイ。なお、これまでは「+1」オプションでは自分の使えるダイスからしか選んでなかったんだけど、実はすべてのダイスから選べるというのが正しいルールだったそうで、今回から正しいルールを採用。
 で、個人的にはこのゲームは今ひとつ得意じゃないんだけど、今回は意外とうまくダイスが拾えてたようで、5色のうち最低点が青の22点という状況に。これで「お狐さま」も3つ確保できていたので、3×22=66点と大量ボーナスをゲット! オレンジも50点まで行っていたこともあって、トータルポイントは225点まで伸びてダントツのトップに。ちなみにエンドウさんとななさんも「お狐さま」を3つ確保されていたんだけど、お二人とも黄が0点だったためボーナスポイントも0点だったのが痛かったねぇ(^^;)。


 次も同じ4人で「ラミィキューブ」(Rummikub)を。

「ラミィキューブ」 「ラミィキューブ」

 抽選で席順が私、店長、エンドウさん、ななさんとなってスタート。エンドウさんが2回目のプレイということもあって、1~2回やって終わりましょうって言ってたんだけど、結局、4ラウンドフルにプレイすることに(^^)。

 で、私が親の1ラウンド目。配牌に「2の3枚グループ」「3の3枚グループ」「4の3枚グループ」が入っていたものの、これ3セットでの合計が27しかなくてイニシャルメルドできず(T_T)。さらに、2番手の店長が初手でジョーカー入りのセットを出されるという残念なお知らせ。その後もなかなかあと1セットが入らず。ななさんとエンドウさんがイニシャルメルドを決められるも、個人的に「大津ルール(改)」は使わずに我慢。1枚ラックから溢れた時点で、ようやく「黄9/10/11のラン」が揃い、遅ればせながらイニシャルメルド。ただ、この時点で意外とセットが出ておらず、その後懸命にアレンジで枚数を減らし、次巡に温存していた2/3/4のセットを一気に出して和了。店長とエンドウさんが高めのタイルを多く持ってらしたこともあって、和了点は+141点とやや大きめ。
 店長が親の2ラウンド目もイニシャルメルドに苦戦。今度は手の内に「7の4枚グループ」があったんだけど、これも合計で28しかないという…。その後もなかなかセットが揃わず苦戦し、ラック溢れ直前にようやくイニシャルメルド。ただ。この時点で高めのタイルが多く残っていて、ざっと数えてみたら-140点くらいと1ラウンド目の和了点をそのまま吐き出しそうな流れだったんだけど、なんとか2回のアレンジで処分ができて、店長の和了に-21点ということに。
 エンドウさんが親の3ラウンド目は初手でイニシャルメルドが整う楽なパターンで、同じく1手目にイニシャルメルドを決めたななさんと2人でタイルを減らしてゆく流れ。もっとも、中盤からはエンドウさん、店長にも追いつかれて競った展開になり、なんとか和了切ったものの和了点は+36点。最後のななさんが親の4ラウンド目も初手でイニシャルメルドが整うも、このラウンドでは全員が比較的早くイニシャルメルドを決め、サクサクとタイルを減らして行く流れに。結局、ななさんが和了られたんだけど、このときの残りタイルが、店長が1×2枚、エンドウさんと私が1×1枚という状況で(↑右の写真参照)、ななさんの和了点はわずかに+4点ということに(笑)。
 結局、4ラウンドのトータルでは私が+155点、店長が+58点、エンドウさんが-144点、ななさんが-69点という結果に。毎ラウンド、結構なアレンジ合戦になってかなり楽しかったわ~(^^)。


 ここで19時前になっていたんだけど、ちょうどいいタイミングで新しい男性のお客さんがおいでに。ただ、30分ほどとおっしゃったのでので、私の代わりに入っていただいて4人で「チケットトゥライド ニューヨーク」(Ticket to Ride: New York)を遊んでいただくことにして、しばらく見学してから撤収。今日も楽しく遊べたので満足しましたよ(^^)。

Posted by “Lupin” on 2018/10/30 00:48:21
コメント
コメントはありません。
●コメント投稿
このエントリーにはコメント投稿できません。