INFOINFO
MAILMAIL

2017年 7月 9日(日)

* 日曜のボドゲ@カフェミープル・238回目    [  ボードゲーム  ]

 今日は朝からスッキリしない空模様。今にも雨が降り出しそうだなと思ってたら、案の定、お昼前くらいから弱い雨がぽつりぽつりと。そのまま日中は傘を差すかどうか迷うくらいの微妙な雨が続いてたんだけど、夕方になってまた激しい夕立になって、しばらくは雷の音もしてたんだよねぇ。1時間ほど激しく降ったあとは、また微妙な降りに戻ってたけども、梅雨の終わりだし、しばらくはこういう天気が続くのかもしれんなぁ。


 そんなわけで、今日もお昼過ぎに出かけたんだけども、流石に歩いていく感じじゃなかったので地下鉄でお出かけ。京都市役所前まで行き、新京極三条のドトールで昼メシを食ってから、いつもの「Cafe MEEPLE」へ。

 今日は私が一番乗りで、しばらくしたらイナさんとまなをさんがいらっしゃり、さらに久しぶりのササガワさんもおいでになったので4人で遊ぶことに。選んだのは「クランク!」(Clank!: A Deck-Building Adventure)というゲーム。

「クランク!」 「クランク!」

 地下の洞窟に潜り、ドラゴンの攻撃をかわしながら、地下に眠る「お宝」を持ち帰るゲーム。プレイヤーの行動は5枚の手札で決定され、手札のもとになる山札は、「ドミニオン」(Dominion)などと同じようにデッキを構築する形で拡張していく。
 プレイヤーの行動は「進む」「戦う」「カードを購入」の3つで、手札カードから出た数だけそれらの行動を行える。地下洞窟は複数の部屋に分かれていて、「進む」で先に進むことができるんだけど、通過に2歩必要な場所やモンスターの出る場所もある。洞窟の深部には「アーティファクト」と呼ばれるお宝が落ちていて、その部屋に到達すると獲得できるんだけど、地上まで持ち帰らないと得点にはならない。また、行動時に音を立てるとドラゴンに気づかれ、攻撃を受けることもあり、HPがなくなると脱落となる。最初に誰かがお宝を持ち帰ったら終了のカウントダウンが始まり、4ターン後に終了となる。

 ということで、まずは弱いデッキでのんびりと進行しつつ、スキルポイントを使ってデッキを拡張。運よく、序盤に「テレポート」のカードを入手でき、これで他者よりも一歩早く深部に到達。ただ、入手したお宝の価値がいま一つだったので、何かないかとウロウロしているうちに逆転され、まなをさんがトップで地上に戻られ、私が2着、その後、イナさんはドラゴンの攻撃に耐えられずに没、ササガワさんは深部奥深くまで潜りすぎて帰ってこられずという結果に。
 最終ポイントは、まなをさんが54点、イナさんが49点、ササガワさんが38点、私が56点となって僅差で勝ち。行動のためのデッキを構築していくのがなかなか面白かったわ。ちなみに、最大4人まで遊べるゲームで想定ゲーム時間は約60分。今回は初プレイということもあって、インスト込みで約2時間かかったかな。


 続いてGRGRさんがいらしたので、5人で「たのめナイン」を。

「たのめナイン」 「たのめナイン」

 いつもは比較的「ゴチ」することが多いんだけど、今日はカードの引きが良かったのかまずまずの展開。しかも、珍しく2回も「たのめナイン」(すべての料理が注文される)になったりして、そのうちの1回は私が達成したのでカードの引取りは1度だけ。結局、最後も上手く難を逃れ、引き取り枚数はわずか2枚でトップ。いやぁ、このゲームで勝ったのは実に久しぶりだわ(笑)。


 で、隣の卓と合流してメンバーの入れ替えが行われ、こちらの卓ではイナさん、GRGRさん、まなをさんと私の4人で「アグリコラ」(Agricola)を。

「アグリコラ」 「アグリコラ」

 抽選の結果、席順はまなをさん、イナさん、私、GRGRさんとなってドラフト開始。

1職業ほら吹き葦買い付け人馬手乗馬従者人形使いイチゴ集め倉庫番
小進歩木挽き台家畜市場くびき動物園ハト小屋酪農場釣竿
2職業コック魔術使い大農場管理人猪猟師街頭の音楽家小さい庭師 
小進歩かいば桶ゲスト村の井戸折り返し鋤石ばさみ鉤型鋤 
3職業家畜小作人網漁師旅芸人牛飼い猛獣使い 
小進歩織機家畜の餌肥溜めがらがらレンガ置場 
4職業木大工レンガ焼き営林士家畜主 
小進歩イチゴ花壇別荘調理コーナーレンガの柱 
5職業乗馬従者葦買い付け人馬手 
小進歩動物園家畜市場酪農場 
6職業大農場管理人猪猟師 
小進歩石ばさみゲスト 
7職業旅芸人 
小進歩家畜の餌 

 初手、進歩は「木挽き台」一択だったんだけど、職業で悩むことに。第一候補はメシ補助の「イチゴ集め」なんだけど、強カードの「ほら吹き」を下家に流すのは怖い。しかも、下家は「ほら吹き」好きのGRGRさんとなれば、ここは「ほら吹き」を取らざるを得ず。2手目、進歩は「木挽き台」とコンボする「かいば桶」、職業はメシ補助の「コック」、さらに3手目職業に家畜補助の「家畜小作人」と羊でメシ補助となる「織機」が入りまずまず。
 葦軽減がないので増改築が苦しそうだけど、早めに柵を立てて家畜繁殖を進め、進歩を揃えて「ほら吹き」ボーナスを稼ぎたいところ。

「アグリコラ」初期手札

 ということで、3番手でゲームスタート。R1[種パン](3番手)で木3、レンガ2、R2[進歩](2)で葦2、木2、R3[柵](2)でレンガ4を取り、木の家を増築、R4[羊](4)で木4、小劇場からメシ4、R5[石](3)でSPを打って「木挽き台」を出し、木3、R6[家族](1)で増員して「かいば桶」を出し、漁からメシ3、R7[改築](4)で木4を取り、職業から「コック」を出し、日雇いでメシ2をゲット。
 R8[猪](3)で木3、進歩から「調理場」、羊2、R9[野菜](4)で15本柵を立て、職業から「家畜小作人」を出し、日雇いからメシ2、R10[牛](3)で木3を取り、SPを打って「織機」を出すも、3手目は「ネズミ捕り」効果で消滅。R11[石](1)で猪2、畑1、小麦1、R12[家族](3)でSPを打って「石ばさみ」を出し、レンガ4を取るも、3手目は「ネズミ捕り」効果で消滅。R13[畑種](1)で家なし増員し、牛2、野菜1、R14[改築柵](3)で畑1、牛1、羊1を取り、職業から「木大工」を出して終了。

「アグリコラ」最終盤面 「アグリコラ」使用カード

  畑 牧場小麦野菜 羊  猪  牛 未使用 厩 レンガの家石の家家族カードボーナス(順位)
まなをさん434433302201211354 (1)
イナさん231422100061212045 (2)
Lupin1211213-1000122832 (4)
GRGRさん4212-11100010151238 (3)

 序盤はうまい具合に建材が集まり、R3で増築、R7で増員とまずまずの展開も、まなをさんが「愛人」、イナさんが「葦の家」、GRGRさんが「木の家増築」からの増員と人的アドバンテージはなし。さらに中盤は番手が遅くなって資材が手に入らない上に、GRGRさんから「ネズミ捕り」が出た時点でほぼゲームセット(^^;)で、総手数は35手止まり。手数が足らない状況では進歩も揃わず「ほら吹き」も出せず仕舞いとなり、最終ポイントも30点を超えるのがやっとのダントツの最下位。さすがにここまでカードパワーで差をつけられるとどうしようもないなぁ(泣)。


 続いて、同じメンバーで「十二季節の魔法使い」(Seasons)を。

「十二季節の魔法使い」 「十二季節の魔法使い」

 最初のカードドラフトでは「運命の手」「水のアミュレット」「エイラスの呪いの論書」「力の薬」「女預言者ナリア」「風のアミュレット」「ラグノールのペンダント」「イジャンの忘却の壺」「使い魔の像」をピック。これを1年目「運命の手」「水のアミュレット」「風のアミュレット」、2年目「エイラスの呪いの論書」「イジャンの忘却の壺」「力の薬」、3年目「女預言者ナリア」「ラグノールのペンダント」「使い魔の像」に振り分け。1番手だったので、さくっと水×2+召喚枠で「水のアミュレット」を出して魔力トークンを取り、それを原資に「運命の手」を出す展開に持ち込みたいところ。
 ところが初手のダイスで、目的の水×2+召喚枠が出ずに苦戦する羽目に。まったく、我ながらダイス目の悪さには呆れるわorz まぁ、それでもなんとか2ターン目に「水のアミュレット」を出せ、3ターン目に召喚枠拡張で「運命の手」を出せて、なんとか一安心。1年目は比較的早く廻って2年目へ。2年目では初回に「イジャンの忘却の壺」を出し、さらに「風のアミュレット」で召喚枠を拡げて、「力の薬」を出し、そこから引いた2枚目の「水のアミュレット」を出し、そして「エイラスの呪いの論書」まで一気に出し切るという超絶プレイ。もっとも、これで手札を使い切ったため、それ以降2年目はダイスを取るだけの展開に(^^;)。しかも、2年目はかなりのターンを要し、さらにカード目を引けなかったこともあって悶々と過ごすことに。
 そして待ちに待った3年目、まずは「女預言者ナリア」を出してパワーカードの引きに期待するも残念な結果に(^^;)。その後、「ラグノールのペンダント」で魔力を7つ獲得してすぐに売り払いクリスタルを充足したりするものの、展開的には今ひとつ。とりあえずなんとか最後の「使い魔の像」を出すも、この時点で出ていた使い魔は1体だけでは思ったほどの効果もなし。
 そんなわけで、3年目の11月に最後のあがきでカードを取ることにしたんだけど、なんと初手のまなをさんが山札から引いたカードが「時のブーツ」。これを召喚して季節が一気に3ヶ月進んで強制終了ということに! この時点で私はすべてのカードを出し切っていたのでマイナス点なしで最終得点は137点。GRGRさんが124点、まなをさんが119点、イナさんが110点となってなんと逃げ切り勝ち。あらま、ビックリ。

 ただ、今回は「時のブーツ」の効用で3年目の12月を超えた瞬間にゲームを強制終了としたんだけど、正しくはそのターンのすべてのプレイヤーの行動が行われてからゲームが終了するのが正しいルールのようだね(→Seasons: Temporal Boots ??? : boardgames)。ということで、そのままラストターンを行っていたらGRGRさんがトップ(推定150点)、2位はイナさん(推定140点)という結果になっていたっぽい(奇跡的に私がすげぇカードを引いてたらまた話は変わるけど、カード運のない私がそんなの引けるわけないしな(笑))。いやぁ、申し訳ない m(_ _)m


 次も同じメンバーで「リカーーーリング」(ReCURRRing)を。

「リカーーーリング」 「リカーーーリング」

 意外なことにGRGRさんがこのゲームを初プレイということで簡単にインストしてプレイしたんだけど、やはり経験者が有利(まなをさんも初プレイ)なのは否めず、1戦目はイナさんが、2戦目は私が勝つという結果に。まぁ、たしかちょっと勝ち筋が見極めにくいゲームだしねぇ。


 ということで、ここで20時を回っていたので撤収。今日は重めのゲームを3つも遊べたので満足でした(^^)。

Posted by “Lupin” on 2017/07/10 00:22:52
コメント
コメントはありません。
●コメント投稿
このエントリーにはコメント投稿できません。