INFOINFO
MAILMAIL

2017年 5月 4日(木)

* 今日もボドゲ@カフェミープル・220回目    [  ボードゲーム  ]

 連休後半の2日目、今日も朝から天気もよく、明るい陽の射す爽やかな気候。日中の最高気温も24.6度と暑すぎることもなく過ごしやすい一日だったね。

 で、今日は自宅で昼メシを食ってからブラブラと歩いてお出かけ。今日までの3日間、お祭りの行われている神泉苑は、昨日と同様に人出も多く、それなりに賑わってたね。まぁ、たまにはこういう賑やかさもあっていいものかもな(^^)。
 その後、御池通りえお東進、烏丸からは姉小路通りを通って寺町まで歩き、そのままいつもの「Cafe MEEPLE」へ。


 お店に着いたら、すでにイナさんとモリモさんがおいでになっていて、机の上では「枯山水」(Stone Garden)の準備が。実はモリモさんが未だにやったことないと仰っていて、いつかやりましょうといい続けていたんだけども、今日はお友達お連れていらっしゃるって話だったので、このチャンスにぜひやりましょうと約束してたのよね。

「枯山水」 「枯山水」

 そんなわけで、モリモさんとお友達、イナさんの4人でプレイ。ミープルでも未だに人気のゲームだけど、常連さん連中ではやることはほとんどなくて、前回プレイしたのは昨年の3月で一年以上遊んでなかったりして(^^;)。それでもなんとかルールは覚えていたので、イナさんと二人でモリモさんたちにインストしてゲーム開始。
 で、基本的には庭園の美しさを競うゲームなんだけど、ゲーマー同士での対戦になるとつい得点を目指してしまうのが悲しい性かも(笑)。まぁ、それでもなんとか砂紋に破綻をきたすこともなかったし、課題の庭園「光明院」も完成させることができたのでまずまずというところ。最終ポイントのトップはモリモさんのお友達の57点で、私は50点で2位どまりだったけどね。

 終了後、モリモさんに感想を聞いてみたところ、「うん、まぁ、悪いゲームじゃないよね。でも、もういいかな」ということでした(笑)。


 んで、今日もお店は大賑わいで、この時間ですでに満席。常連のニールさんやアキオさん、オテモトさんなどもいらしてたんだけど、一緒に遊ぶ場所がなかったので、とりあえず次も同じメンバーで「ことりファイト」(Birdie Fight)を。

「ことりファイト」 「ことりファイト」

 可愛らしい小鳥の絵柄とは裏腹に、ガチの殴り合いとなるのがこのゲームのいいところ(笑)。1戦目はイナさんに2点のリードを許しての2戦目は最終プレイヤーだったこともあって、最後に有利な色を二択から決められ、集計ポイントでイナさんを逆転してのトップ。ちなみに、今回は1、2戦ともに「フクロウ」は最終ラウンドに出てきたけども、最終ラウンドだと残り場所が少なくて移動先の自由度が少ないので、もう一巡前がベストのような気がするね。


 続いても同じメンバーで「ウボンゴ3D」(Ubongo 3D)を。これはニールさんの持ち込まれていたゲームで、↑を遊んでいるときにずっと隣で遊んでらして気になっていたので借りて遊んでみたと。

「ウボンゴ3D」 「ウボンゴ3D」

 これの2D版はミープルにもあって遊んだことがあった(昨年12月今年3月)んだけど、3D版は初プレイ。で、3D版はコンポーネントが立体化されていて、それを組み合わせてお題の形に仕上げるというもの。
 で、この手のゲームは得意なので、まぁ、楽勝だろうと思ったんだけど、まずは3個のコンポーネントを組み合わせるイージーモードで開始。全員が別々のお題をスタートして、誰かがクリアできたら砂時計をひっくり返して、それが落ちるまでが制限時間となるんだけども、なんとぜんぜんできない(^^;)。3連続して制限時間のタイムアウトでドボンという状況で、内心大ショック(笑)。
 ところが、コンポーネントを4つ使うハードモードに切り替えた途端に、スカスカできちゃう不思議。今度は3連続でトップクリアで、待ち時間に空きスペースの問題まで解く余裕があったり。その後も、さらに難易度の高い、キューブを作る問題も軽くクリアしてしまったりと、どうなってんの状態。うーん、イージーモードではスイッチが入らないんだろうか(笑)。


 次も同じメンバーで「マスクメン」(maskmen)を。

「マスクメン」 「マスクメン」

 「大貧民」系カードゲームは色々遊んでいるけども、その中でもやっぱりこのゲームは異質な感じがして好き。カードのスートの強さが決まっていなくて、それを決めるためにカードを出さないといけないんだけど、そうなると切り札がなくなるというジレンマとの戦い。とはいえ、なぜかお約束のように、「初心者マーク」は最低位に位置することが多いんだよね(笑)。
 で、今回はイナさんが無双状態で1位3回、2位1回のダントツトップ。イナさんの上家の私は2位(+1点)、最下位(-1点)、2位(+1点)、3位(0点)となってトータルで1点と冴えず。いや、参りました。


 ここで隣の卓と合流して7人、さらにGRGRさんを加えて8人で何をやろうか、と相談していたら、別卓の女性2人組が「ディクシット」(DiXit)をやりたいということで、混ざって遊ぶことに。ただ、座席の都合で10人は無理だったので、8+2人に別れて、8人卓で「ディクシット」を。メンバーは女性2人組にモリモさんとお友達、イナさん、ニールさん、GRGRさん、私の8名。

「ディクシット」 「ディクシット」

 このゲームも好きなんだけど、前回遊んだのは昨年の9月でずいぶん久しぶり。で、このゲーム、女性が入るとだいたいはお上品な展開になるのがお約束で、今回もいつもどおりに展開(笑)。序盤はやや出遅れたものの、中盤から挽回して終盤はニールさんとトップ争い。ただ、中盤までほとんど鳴かず飛ばずで最下位を争ってらした女性陣2人が、終盤になって怒涛の追い上げで、最終ラウンドには逆転され、結局、ニールさんと女性の片方の方が同点トップ。私は30点で3位どまりでした(^^;)。
 でも、まぁ、多人数で盛り上がって、女性陣も満足されたようなので何よりでありました。


 女性2人組がお帰りになり、6人になったので「ロイヤルターフ」(Royal Turf)を。

「ロイヤルターフ」 「ロイヤルターフ」

 このゲームで遊ぶのもずいぶん久しぶりだなぁ、と思って調べてみたら、前回は一昨年の11月なので1年半ぶりだったのか(^^;)。で、すっかりルールを忘れていて、参加者の皆さんにインストしてもらったんだけども、3人くらいから細かな部分で別々のルールが紹介される状況に。みんな、色んなバージョンで遊んでんだなぁ(笑)。とりあえず調整して、今回は「0票」のダミー券なしで、投票もオープンで行うことでプレイすることに。ゲーム開始直後にフリーのお客さんがいらしたので、ニールさんと交代で入っていただいてプレイ再開。
 で、3ラウンドで持ち金を一番増やした人がトップになるんだけども、1, 2ラウンドはいい展開で2ラウンド終了時点でダントツのトップ。そして、こうなると当然足を引っ張るターゲットとして狙われることになるわけで、最終3ラウンド目は賞金がゼロの憂き目に。そして、3ラウンド目は賞金が倍額になるルールなので、ここで一気に捲くられることに。いや、まぁ、やはり目立つのは良くないねぇ(^^;)。

 ちなみにこのゲーム、最近グループSNEから日本語版が発売になったんだけど、オリジナルの「ロイヤル」の部分は吹っ飛んでいて、ずいぶんと雰囲気が変わっちゃったと評判だそうで。まぁ、システムは変わってないそうなんだけど、やはり日本では「萌え」要素がないとダメなのかしらん(笑)。


 ここでふたたびアキオさんたちと合流して9人になり、4+5に分割することに。で、お二人ほどお時間が短いということだったので、片方は軽めの「ダイス・スター」(Dice Stars)をやることに。メンバーはモリモさんとお友達、↑の途中にいらした男性のお客さんと私の4人。

「ダイス・スター」 「ダイス・スター」

 序盤から狙い目は3段目の4の行に絞って、まずは☆4個を潰しつつ、同一色3個でポイントを稼ぐ算段にしたんだけど、出るのは☆ばかり(^^;)。あっという間に4の行の☆4つが埋まり、さらにその下の5の行の☆5つも埋まる。もっとも、素点がゼロでは倍付けも意味なんだけども。さらに、☆2個を取って2の行も倍付けになったりしたんんだけども、やはり色ダイスでの得点を上手く奪えないままで点数は伸びず。
 結局、時間切れでゲーム終了となり、合計得点は127点で3位。モリモさんのお友達が167点でダントツトップはお見事でした。


 モリモさんのお友達と男性のフリーのお客さんがお帰りになり、隣の卓「レース・フォー・ザ・ギャラクシー: 嵐の予兆」(Race for the Galaxy: The Gathering Storm)がもうしばらく掛かりそうだったので、モリモさんと2人で「ごきぶりデュエル」(Kakerlaken Duell)を。

「ごきぶりデュエル」 「ごきぶりデュエル」

 隠されたパネルを開いていって、ゴキブリを自陣に引き入れるこのゲーム、序盤はリードを許す展開だったんだけど、本番は追い込まれてからの駆け引き。モリモさんの親番に手を読み切り、こちらの親番で罠を仕掛けた結果、一気に形勢逆転となり、結局そのまま押し切って勝ち。個人的にはこの手の心理戦は強いほうじゃないんだけど(っていうか弱い(笑))、モリモさんはさらに苦手の分野ということで私のハッタリが炸裂した結果でしたわ。っていうか、モリモさん、優しすぎですよ(^^)。


 ここで隣の卓と合流したものの、時間もそろそろ押していたし人数も7人と半端だったので、一人で抜けて「グラビティメイズ」(Gravity Maze)をやろうと準備。ただ、別卓ではGRGRさんが別のお客さんの対応で忙しいようで、5人と中途半端になったので、結局そちらに混ぜていただくことに。メンバーはイナさん、ニールさん、アキオさん、オテモトさん、モリモさんと私の6人で「スカルキング」(Skull King)を。

「スカルキング」 「スカルキング」

 このゲーム、よくあるトリックテイクなゲームなんだけど、毎回よく盛り上がるんだよねぇ。とくにゲーマーな人たちと対戦すると異様な盛り上がりになることが多いんだけど、今回もそれ(笑)。で、今回の最大の見所は第6ラウンドで、なんと全員が0テイク宣言。えーっと、6ラウンドだから6テイク必要なんですけども(^^;)。そしてその結果は、手札に海賊カードも黒カードもない平凡な手だったニールさんが5テイク取っていくという超絶展開。いやぁ、盛り上がりましたよ(笑)。
 で、ポイント的には中盤でイナさんが一人だけ300ポイントを超えるダントツ、私が100点台の2位で遥かに離され、その他の皆さんは2桁ポイントという展開で、このまま私が他のみなさんの仲間入りしてイナさんが逃げ切り説が濃厚だったんだけど、8/9ラウンド目でイナさんがゼロ宣言を失敗、逆に私がどちらも成功して10ポイント差で逆転。ちなみに9ラウンド目ではラストでアキオさんが指定の3テイク目にリーチ+スカルキングで海賊3捕獲という状況だったんだけど、ここでモリモさんから先手の海賊が出てアキオさんの目論見を打ち砕く結果に。
 最終の10ラウンドは、イナさんが3テイク、私が4テイクの宣言となり、それぞれ2/3テイクしか取れずにマイナスポイントを食らったものの、差は縮まらずに逃げ切って勝利。いやぁ、このゲームで勝ったのっていつ以来だろう(^^)。


 ということで、ここで20時を回っていたので退散。今日もいろんなゲームを楽しめたので満足でございました(^^)。

Posted by “Lupin” on 2017/05/05 00:50:55
コメント
コメントはありません。
●コメント投稿
このエントリーにはコメント投稿できません。