INFOINFO
MAILMAIL

2017年 3月12日(日)

* 日曜もボドゲ@カフェミープル・199回目    [  ボードゲーム  ]

 今日は朝からスッキリとした晴れ間の広がるいいお天気。朝方の最低気温は平年以上に低かったんだけど、陽射しとともに回復してお昼前には10度超えし、最高気温は15.1度まで上がったんだね。夜になっても思ったほど下がってなくて、なかなか過ごしやすい感じ。

 さて、今日もお昼前にブラブラとお出かけ。いつも通り、神泉苑にお詣りしてから、御池通りをのんびり歩いて河原町まで歩いたんだけど、今日もちょうどいいお散歩日和でありました(^^)。その後、河原町三条の丸亀製麺で昼メシを食ってから、いつもの「Cafe MEEPLE」へ。


 んで、今日は神戸で「ゲームマーケット」が行われていて、オーナーのネイトさんや多くの常連さんもそちらに足を運ばれている様子。中には自分でゲームを作って売ってる人もいたり(^^)。そんなわけで、開店直後のお店にはお客さんもいらっしゃらなくてのんびりした雰囲気。

 ってことで、久しぶりにのんびりと一人用ゲームで遊ぶかと「シェフィ」(Shephy)をプレイ。

「シェフィ」 「シェフィ」

 カードアクションで羊を増やしていくゲーム。羊は1/3/10/30/100/300/1000の単位で管理することができるんだけど、3→10、30→100などのアップグレードが意外と難しい。また、アクションカードには羊を減らすアクションも含まれているので、油断すると手持ちの羊が減ってしまうことも。
 とりあえずなんとか粘って100の単位までは増やせたものの、300への切り替えには届かず。結局、ズルズルと数を減らしてしまい、羊が0になってゲームエンド。まぁ、初プレイということもあって、アクションの種類を把握していなかったのが致命的だったかな(^^;)。でも、これはなかなか面白いわ。チャンスがあればまたチャレンジしよう(^^)。


 ↑で遊んでるときに常連のサタさんがいらしたので、久しぶりに「ケット2.0」(Khet 2.0)で対戦することに。

「ケット2.0」 「ケット2.0」

 レーザーと鏡を使った電子版チェスのこのゲーム、遊んだのはずいぶんと久しぶりなんだけど、これはサタさんが持ち込まれて置いてらっしゃるゲームということもあって、まずはもっとも攻撃性の高いフォーメーションの“DYNASTY”で対戦。久しぶりだったんだけど、とりあえず攻め優先でプレイして勝利。2戦目は防御優勢の“IMHOTEP”で対戦。ここでも攻め優先で臨んだものの、防御を疎かにしたところを突かれて敗戦となり、これで1勝1敗。3戦目は基本フォーメーションの“CLASSIC”で対戦。ここでも初手からいつもと違う一手を打って幻惑、これが功を奏してなんとか勝って、結局2勝1敗で勝利(^^)。


 続いてサタさんと「たぎる論理」(Boiling Logic)でサシの対戦。

「たぎる論理」 「たぎる論理」

 ここ最近、3人プレイが多かったんでサシでの対戦は久しぶり(笑)。初戦はややわかりやすい配牌で焦るも、サタさんも特徴的な配牌だったこともあってなんとか勝利。2戦目はかなり早い段階で特定され負け。タイで迎えた3戦目、こちらの手牌がやや偏っていて焦るも、サタさんの手には同数パネルが2種類も入ったことで比較的読みやすい手となってそのまま撃破。こちらも2勝1敗で勝利(^^)。


 続いて、「世界の七不思議: デュエル」(7 Wonders Duel)で対戦。

「世界の七不思議: デュエル」 「世界の七不思議: デュエル」

 意外なことに、サタさんが初プレイということだったので簡単にインストしてスタート。第1世代序盤で生産系のカードを拾えなかったこともあり、短期決戦を目指して技術カードを集めることに。あとは黄色カードを建て、カード廃棄で得られる金を増幅する作戦。第2世代でサタさんに木2を取られて苦しい展開になるものの、「ゼウスの像」をアクティベートして木2を廃棄させることに成功。一方で、戦闘力で押し込まれる展開となっていてやや焦る。
 第3世代では技術カードの獲得を優先し、緑チップの天秤でリーチ、最後はマウソロス霊廟をアクティベートして捨てカードの中から技術カードを拾い、6技術制覇でなんとか終了条件をクリアして勝ち。まぁ、サタさんが初プレイだったおかげ、かな(笑)。


 ここで「ゲムマ」帰りのコウさんがご来店。さらにもうお一方、新しいお客さんもいらしたので、コウさんが「ゲムマ」で入手されたばかりの「航海の時代」(Era of voyage)で遊ぶことに。

「航海の時代」 「航海の時代」

 で、コウさんにインストしていただいたんだけども、なんだか「以前遊んだことのあるゲームにそっくりだなぁ」とか思いってたら、やっぱり昨年一度遊んだことのあるゲームだった(笑)。
 ということで、ゲームスタート。たしか前回はボロ負けしたような気がしたんだけども、今回も展開はいまいち。なんとか頑張って勝利点4の島を制覇するものの、それ以外では点数が伸びず。結局、サタさんが9点でトップ、以下、コウさんが5点、私が6点、もうお一方が8点、という結果に。うーん、やっぱりこの手のエリアマジョリティ&拡大再生産は苦手だなぁ(^^;)。


 さらに同じく「ゲムマ」帰りのGRGRさんがご来店されたので、次はGRGRさんの戦利品の「コンフリクト サンドウィッチ」(Conflict Sandwich)をプレイ。

「コンフリクト サンドウィッチ」 「コンフリクト サンドウィッチ」

 7種類の素材をバンズに挟んでサンドウィッチを作っていくゲーム。ゲームのサブタイトルに「バッティング要素を添えて」とあるように、各人が欲しい素材を一斉に指して獲得するバッティングゲーム。具材は玉子/ハム/レタス/トマト/チーズ/カツ/バンズの7種類で、挟んだ具材の種類がポイントとなる(バンズを除く)。また、各プイレイヤーには「好きな具材」がスタート時に指定されていて、それを具材に含んでいるとポイントが2倍になる。
 で、「好きな具材」は玉子でスタート。序盤、まずは3種類の具材をゲットし、さらにバンズを含む4種類をゲットして、フルの6種類を挟んだサンドウィッチを完成。さらに、その後、玉子を含む5種類を挟んだサンドウィッチを完成させて、合計ポイントで22点を獲得してダントツのトップ。
 んで、このゲーム、バッティングゲームとしてはまずまずだと思うんだけど、素材カードのビジュアルがとても残念(笑)。いや、まぁ、インディーズものなので、そんなに凝れなかったのはわかるんだけど、それでももうちょっとなんとかならなかったのかねぇ(^^;)。


 さらに新しくお客さんがいらして6人になったので「ニムト」(Nimmt)を。

「ニムト」 「ニムト」

 お二人が初プレイということで、簡単にインストしてまずはお試しプレイしたんだけど、初プレイのお客さんが-1ポイントでいきなりトップ。2戦目は序盤からGRGRさんと私がカードを取りまくる展開となって、結局、サタさんともうお一人の初プレイの方がパーフェクト達成と、完全な接待プレイに。いやぁ、もうね、2戦目はどうしようもなかったっす(^^;)。


 ここでコウさんが一時退席で5名となったので「ノイ」(Neu)をプレイ。

「ノイ」 「ノイ」

 カードをプレイして場のカードが101以上にならないようにプレイするだけという比較的簡単なルールのカードゲーム。お二人が初プレイということで、簡単にインストしてスタート。序盤は、初プレイの方が連続してバーストされたんだけど、すぐにルールに慣れて経験者と遜色ないプレイに。そうこうするうちに、サタさん、GRGRさんが連続してバーストして-2ポイントでリーチとなり、最終的にはGRGRさんが3つ目のマーカーを受け取ってゲームエンド。ちなみに、私は1度もバーストしませんでしたよ(笑)。
 簡単なルールだけどいくつかの特殊カードのお陰で、かなり熱いプレイになって盛り上がるのが面白いわ。


 続いて同じ5人で、ネイトさんが今日の「ゲムマ」で仕入れられた「スパイウェア」(Spywhere)をプレイ。

「スパイウェア」 「スパイウェア」

 正体隠匿系のカードゲームで、自分出身国を隠しつつ、自国カードを集める。また、他プレイヤーの出身国を見破ることでポイントを倍増することができるというルール。で、今ひとつピンとこないままにゲームを進めていったわけだけど、カードに描かれた国旗の視認性が今ひとつ。さらに、他プレイヤーの出身国を推理するにも情報が少なく、大半は当てずっぽうにならざるを得なかったりとゲーム感は今ひとつ。それでもなんとか3人の出身国を当てたものの、自国のカードが手に入らず、2枚×4倍の8点どまり。トップは自国カードを6枚集めたうえに、4人全員を的中させたお客さんが30点でダントツ。
 まぁ、面白くないとまでは言い切れないけども、もう一回遊びたいかと言われたら、ちょっと微妙な感じの不得意なゲームでした(^^;)。


 さらに同じメンバーで「クウィックス」(Qwixx)を。

「クウィックス」 「クウィックス」

 6個のダイスを振って得点シートを埋めていくゲーム。ダイスは白/赤/黄/緑/青の5種類で、白だけ2個の合計6個のダイスを同時に振り、白の2個と、白+赤/黄/緑/青の組み合わせのうちのいずれかの組み合わせを利用する。この内、白2個はダイスを振った以外のプレイヤーも利用することができる。
 なお、各ダイスの出目は赤と黄が昇順(2→12)、緑と青が降順(12→2)でマークする必要があり、一度マークするとそれ以前の数字にはマークすることができない(例えば赤5/青9にマークすると、赤2~4/青12~10にはマークできない)。また、各色5つずつマークした場合のみ、最終数(赤黄は12、緑青は2)にマークすることができ、誰かが最終数をマークすると以降はそのダイスは除外される。
 で、序盤は主に赤ダイスをマークし、3/5/6/7/8とまずまず悪くないペース。ただ他の色が揃わず、青は2個マークしただけの時点でロックされる。終盤、黄色が伸びて5個まで増えるものの、緑は1個止まり。一方、赤はさらに9/11もマークでき、最終的に白12が出たことで赤12をマークして終了。結局、赤は9個マークして45点、黄が5個で15点を獲得したものの、緑1個で1点、青2個で3点と伸びなかったことで合計点は64点となって、72点のGRGRさんに及ばず2位どまり。んー、残念。
 でも、これ、ダイスゲームとしてはかなり面白いねぇ。プレイ可能人数は6人までだけど、プレイ時間は15分程度と短めだし、ダウンタイムも短いので5~6人で時間調整にはいいゲームかも。


 ということで、ここで19時半になってたので退散。今日もいろいろと新しいゲームを遊べて満足でございました(^^)。

Posted by “Lupin” on 2017/03/13 01:17:42
コメント
コメントはありません。
●コメント投稿
このエントリーにはコメント投稿できません。