INFOINFO
MAILMAIL

2017年 2月12日(日)

* 日曜もボドゲ@カフェミープル・191回目    [  ボードゲーム  ]

 今日も朝から明るい陽の射すまずまずのお天気。この週末の雪は京都でも北部や日本海側ではかなりまとまった雪になっているようで、舞鶴では午前中には積雪は50cmを超えていたそうだけど、京都市内では今日は雪が舞うこともなく穏やかな一日だったねぇ。

 で、いつもどおりにお昼前にブラブラとお出かけ。昨日と同様に、途中からバスに乗るつもりだったんだけど、昨日よりは若干時間が早かったこともあって、バスの時間とは微妙に噛み合わず、そのまま歩いて寺町まで。結局、乗るはずだったバスに抜かれたのは堺町だったので、到着時間はほとんど変わらず。まぁ、いい運動になりましたわ(^^)。


 その後、京極三条のドトールで昼メシを食ってから、いつもの「Cafe MEEPLE」へ。
 開店直後のお店はののんびりとしたもので、フリーのお客さんが一人いらしてたので、2人で「たぎる論理」(Boiling Logic)を。

「たぎる論理」 「たぎる論理」

 先日、『京都ドミニオン&アグリコラ』の定例会の後でアキオさんと遊んだのも記憶に新しいこのゲームは、対戦型で相手の数字を当てるゲーム。とりあえず、簡単にインストして遊んだんんだけど、1戦目はかなり特徴的な配牌になってしまったのであっさりと見破られて負け。2戦目は比較的うまくバラけたこともあり時間を稼げて、逆に相手の数字を当てて1勝1敗ということに。
 ここで、ニールさんがいらしたので選手交代。ここでも、ニールさんに特徴的な配牌が入り、比較的早い段階で内容バレして次の1手で負けるという状況から、脅威の推理力で相手の数字を全部言い当てての逆転勝ち。いやぁ、これはなかなかすごかったわ。
 このゲーム、一応2人の対戦用なんだけど、3人でも遊べそうな気がするので、次回チャンスがあったら3人プレイにもチャレンジしてみたいかも。


 続いて、GRGRさんがいらして4人になったので、「アイスクール」(Ice Cool)を。

「アイスクール」 「アイスクール」

 自分の駒を指で弾いて飛ばすアクション系のゲーム。序盤は前回ほどうまくコマを操作できず一進一退の状況だったんだけど、3ラウンド目に風紀委員になった際にかなり早く全員を捕まえて、ここで差をつけることができ、最終的には26ポイントを稼いでダントツのトップに。まぁ、結局のところ、コツコツと進めるのがいいのかもしれんな(笑)。


 次はネイトさんを加えた5人で「メディチ」(Medici)を。

「メディチ」 「メディチ」

 物資を競りで獲得し、それを船で運ぶゲーム。競り落とす物資は「反物」(Cloth)/金属(Metal)/染料(Dye)/香辛料(Spice)/陶磁器(Porrelain)の5種類があり、同一の商品を集めたほうがより得点を得られるセットコレクション・ゲームなんだけど、さらにそれぞれの物資には0~5の重量が付いて、1ラウンド最大5個の物資でより多くの物資を運ぶと得点を得ることもできるようになっている。ということで、セットコレクションを狙いつつ、さらに物量も配慮して競り落とす必要があって、結構難しい。
 しかも、もともと競りゲーは得意じゃない上に、セットコレクションも苦手の部類なので、序盤からわりとチグハグな展開。もっとも、ネイトさん以外は初プレイということで、全員が勝ち筋を探りつつのプレイだったこともあってか、思ったほど差はつかず。まぁ、それでも、さすがに勝てるまでには至らず、結局、GRGRさんが87点でトップで、私は76点で4位どまり。いや、まぁ、得意じゃない系統のゲームなので十分善戦したといえるんじゃないかな(^^;)。


 続いて別卓の男性2人組の方と合流して6人になったので「タイムボム: エボリューション」(TimeBomb Evolution)を。

「タイムボム: エボリューション」 「タイムボム: エボリューション」

 このゲームは初めての方もいらしたんだけど、オリジナルの「タイムボム」(TimeBomb)をご存知だったのでインストはとくに問題なく。さらに、別卓で遊んでらしたカップルさんを加えて(メンバー交代して)もう1戦したんだけど、2戦とも「テロリスト」の勝利に。
 これ、オリジナルの「タイムボム」に比べると、爆弾の種類が増えたことで偶然の暴発がなくなったわけだけど、逆にセットコレクション的な管理が必要となったことで「SWAT」側の負担が上がっていて、かなり「テロリスト」側が有利になってる感じだねぇ。面白くないわけじゃないんだけども、ちょっと複雑になっている分、評価は下がるかもなぁ。


 ↑のカップルさんを加えて8人になったので、ここからは大人数で遊ぶパーティゲームへ。最初は「私の世界の見方」(Wie ich die Welt sehe...)を。

「私の世界の見方」

 アイテムカード最強と呼び声の高い「聖剣エクスカリバー」を持っていたものの、出しどころをミスってポイントを稼げず(^^;)。結局、今回もノーポイントで終わり。メンバーに女性が入ると、途端にお上品になっちゃうのは仕方ないことかな(笑)。


 続いて同メンバーで「ニムト」(Nimmt)を。

「ニムト」 「ニムト」

 初プレイの方も多かったものの、さほど難しくないゲームなのでいつもどおりにワイワイと盛り上がる。1戦目はとりあえずお試しプレイで、本番は2戦目なのもいつも通り。で、2戦目は初プレイだったカップルの男性がパーフェクトを達成してご満悦でした。


 さらに同メンバーで「テレストレーション」(Telestrations)を。

「テレストレーション」 「テレストレーション」

 画伯の有無が面白さを左右すると行っても過言じゃないこのゲームだけど、今回もなかなかの画伯が登場しての盛り上がり。というか、GRGRさんが頭を抱えて考え込まれていたのが印象的でしたわ。ちなみに、今回の目玉は「エリンギ」→「七輪」の変化かな。そして、そのどちらもが正解じゃないという(笑)。


 続いて、軽めのゲームで「通路」(TSURO)を。

「通路」 「通路」

 簡単なルールでサクッと遊べるこのゲームは最大8人まで遊べるのもいいところ。そしてフルメンバーでやると、結構早く経路が埋まっていくので、勝敗も早くつくのもいいよね。ここでも、カップルの男性の方が生き残って勝ち。

 で、ここで、カップルさんがお帰りになったんだけど、この2人、高校2年生だったんだそうで。高2のカップルでゲームカフェに遊びに来るとか、なかなか頼もしいじゃないか(^^)。


 高校生カップルに代わって別卓の女性2人組が加わり、8人で「コヨーテ」(Coyote)を。

「コヨーテ」

 ここらは定番のパーティゲームで、ゲーム経験の有無に左右されないのがいいところ。実際、2戦して、1戦目がニールさん、2戦目はGRGRさんが負け抜けになったんじゃなかったかな。「?」などの不確定要素も入っているので、経験者といえど苦戦しがちだしね。あとは、ブラフが通じるメンバーかどうかも重要だけども(笑)。


 次も同じメンバーで「犯人は踊る」を。

「犯人は踊る」 「犯人は踊る」

 第三版になって追加された「少年」はかなり微妙だと思うので、今回は「少年」は「一般人」扱いで。1戦目は4ラウンド目に「犯人」が回ってきて、あと2順で勝利という状況だったんだけど、ここで「情報共有」カードが出されて「犯人」カードはお隣へ移り、そのままお隣さんが勝利。2戦目は3ラウンド目に「犯人」を引き、すぐあとの「うわさ」カードでお隣へ。この時にこちらに「いぬ」カードが入ったので、1/2の確率に賭けたものの、見事に外されて玉砕(^^;)。2戦とも勝てるチャンスがあっただけに残念。


 次も同じ8人で「インカの黄金」(Incan Gold)を。

「インカの黄金」 「インカの黄金」

 1戦目はアーティファクト・カードを入れずにプレイしたんだけど、なぜか序盤から厄災カードが出まくって、ほとんど探検できないままに終了。とくに5ラウンド目なんか2枚目で終了(要するに1枚目と2枚目に同じ厄災カードが出た)するという状況だったしねぇ(笑)。
 2戦目はアーティファクト・カードを入れてプレイ。通常、アーティファクト・カードは埋もれることが多いんだけど、今回は各ラウンドで早めに登場して回収されることに。私も2ラウンド目に5ポイントのアーティファクト・カードを獲得したんだけども、残念ながらあまり宝石が取れずに3位どまり。やっぱりチキンじゃあ勝てんなぁ(^^;)。


 ということで、今日はここまで。久しぶりに多人数で遊ぶパーティゲームをガッツリと楽しめた一日でありました。

Posted by “Lupin” on 2017/02/12 22:55:48
コメント
コメントはありません。
●コメント投稿
このエントリーにはコメント投稿できません。