INFOINFO
MAILMAIL

2016年 9月25日(日)

* 日曜もボドゲ@カフェミープル・154回目    [  ボードゲーム  ]

 今日も朝からやや雲が多かったんだけど、昨日の曇天に比べればぜんぜんマシで、9時ころからは陽も射してまずまずの空模様に。ただ、陽射しのおかげで気温も上がって、日中の最高気温は31.1度と久しぶりの夏日に。今日もお昼過ぎにブラブラ歩いて出掛けたんだけど、半時間ちょっと歩いたらそこそこ汗ばんでたからねぇ。まぁ、夏の名残りってところだろうか。

 で、今日もてくてくと御池通りを歩き、市役所近くのセブンイレブンのイートインコーナーで昼メシを食ってから、いつもの「Cafe MEEPLE」へ。


 お店に着いたのは開店の5分くらい前だったんだけど、そのまま入店。もちろん一番乗りだったんだけど、すぐ後に常連のタニさんがやってきてお互い顔を合わせて苦笑い。

 ということで、まずはタニさんとサシの勝負をやることにして、選んだのは「ケット2.0」(Khet 2.0)。

「ケット2.0」 「ケット2.0」

 鏡の付いたコマを動かして、反射させた光を相手のファラオに当てれば勝ちという電子版チェスゲーム。これまでは盤面の初期配置を「CLASSIC」で遊んでいたんだけども、今日は「IMHOTEP」で戦うことに。
 さて、序盤はタニさん側のレーザーを利用する方向で攻め、スカラベとピラミッドで攻め入ったものの、ケアレスミスでピラミッドを破壊されてしまったうえに射線をずらされてしまうことに。仕方ないのでその後は自分のレーザーを活用すべく進撃。敵ファラオの逃げ場を狭めつつ、射線をわかりにくいように攻めたことが功を奏し、なんとか敵ファラオを撃破して勝利。
 いやぁ、いつ遊んでも熱いゲームだわ、これは(^^)。


 続いて、常連のニールさんとモリモさんがいらしたので、4人で「アンドールの伝説」(Die Legenden von Andor)をやることに。

「アンドールの伝説」 「アンドールの伝説」

 前回、最終シナリオの「第5章」を失敗していたので、リベンジすべく再戦へ。モリモさんが初プレイということでゲームのインストと、これまでの経緯を簡単に説明してキャラ選択となり、私は脳筋の剣士を選択。
 で、ゲームスタートというところにGRGRさんが登場。メンバーが5人になったのでどうしようかと思ってたら、5~6人用の拡張セット『新たなる勇者たち』が登場(これもタニさんの持ち込み)、GRGRさんのキャラはそこから選択して5人でプレイすることに。でも、だったらもう一回、全員のキャラを選び直したかったんだけどねぇ(どんなキャラがいるのかすら知らないままだったし)。
 さて、5人中3人(タニさん、GRGRさん、私)が前回のプレイに参加していたわけで、そのときの経験を踏まえて展開。プレイヤーキャラが5人に増えたこともあって、きちんと役割分担できていい感じで進み、蹂躙された城を奪い返して、さあこれからラスボス戦だ、と思っていた矢先、敵モンスターの進撃ルートを読み誤っていて、一気にモンスターに城を蹂躙されて敗北することに。

 一応、毎回モンスターの挙動はみんなで検証しながら進めていたはずなんだけどまさかの見落とし。そして、敗北直後にあるプレイヤーさんから発せられた言葉が「うん、知ってた」。思わず「知ってたんなら、教えてよ!」とグチがこぼれてしまいましたよ。
 まぁ、今回敵モンスターの進撃ルートは2つあって、それが複合するルートでの見落としが発生したわけで、そのプレイヤーさんは片方のルート(こちらは他のメンバーは把握していた)を見落としていたらしんだけど、でも終わった直後にその発言はさすがになぁ…。思わず愚痴ってしまったことも相まって気分的にかなり凹みましたわ。


 そんなわけで最終シナリオに失敗して凹みながら片付けをしていたんだけども、タニさんのご要望で続編の「アンドールの伝説 北方への旅立ち」(Die Legenden von Andor: Die Reise in den Norden)をプレイすることに。

「アンドールの伝説 北方への旅立ち」 「アンドールの伝説 北方への旅立ち」

 これは↑の「アンドールの伝説」の正規の続編となるもので、竜退治に成功した勇者たち(われわれは失敗してたけど(笑))が新たな冒険に出かけるというもの。舞台は北方のハドリア国とその海域となるため、前作で中心的なキャラだったドワーフが退場し、新たに「北方の海兵」が登場、さらに移動手段として「船」が出てくるというストーリーとなり、シナリオの一つめは新たな世界でのチュートリアル的な位置づけ。
 で、準備しているときにイナさんが登場。今回も拡張セット『新たなる勇者たち』を使っていたので6名までプレイOKということで、イナさんを加えた6人でゲーム開始。なお、使用キャラクタは↑と同様に剣士を選択(というか、前回の流れでそのまま継承しただけだけど(笑))。
 船での移動と海上に現われるモンスターとの戦闘、栄誉という新たな評価基準などなど、新たな要素が盛りだくさんでかなり戸惑ったものの、6名配備の数的優位は揺るがずなんとかシナリオをクリア。良かった良かった(^^)。


 続いて、イナさん、GRGRさん、タニさん、私の4人で「パンデミック:レガシー シーズン1」(Pandemic:Legacy)を。

「パンデミック:レガシー シーズン1」 「パンデミック:レガシー シーズン1」

 前回、8ヶ月目のシナリオにチャレンジするも失敗に終わっていたので、今回はその8ヶ月目のシナリオに再チャレンジ。使用キャラは、前回と同じ衛生兵。なお前回、新たに追加されたタスクをクリアしていたので今回はそれはなし。おかげで、クリアに必要なタスクがかなり厳しくなってゲームスタート。
 で、序盤から展開はよろしくなく、あちこちでアウトブレイクの危機に直面。その都度、場当たり的に対処することになり、おかげで治療薬の開発に手が回らず。なんとか1つめの治療薬の開発に成功したのはゲームの終盤に入ってからとなり、残り手数から考えてもクリアは絶望的に。さらにアウトブレイクの数もかさみ、最終的にはアウトブレイクが許容範囲を超えて全滅の憂き目に…。
 これまでは2度めのチャレンジでは比較的に楽にクリアしていたんだけども、今回はいつもに増して苦しい展開でここまで出目が悪かったのもずいぶん久しぶりだったなぁ…。しかし、ここまで状況が悪化していては、この先のタスクはちょっとクリアできる目処が見えないねぇ(^^;)。


 で、ここで21時を回っていたので退散することに。今日はガッツリと重めのゲームを連戦したので、かなりお腹いっぱいって感じでしたわ(^^)。

 なお、最近良く一緒に遊んでいた常連のタニさんがお仕事の関係でお引越しされるということで、今日が最後のご来店。タニさんは私と嗜好も志向も思考もよく似ていて、一緒にゲームしていてとても楽しめた人だったし、数少ない「脱出ゲーム」仲間の一人だっただけにお会い出来なくなるのはとても残念(T_T)。またこちらに戻ってらした際には、ぜひご一緒しましょう! お元気で!!

Posted by “Lupin” on 2016/09/26 03:05:29
コメント
コメントはありません。
●コメント投稿
このエントリーにはコメント投稿できません。