INFOINFO
MAILMAIL

2016年 3月 6日(日)

* 日曜もボドゲ@カフェミープル・95回目    [  ボードゲーム  ]

 今日も昨日に続いて暖かで、最低気温は10.3度、最高気温は21.7度と本格的な春の陽気となったねぇ。ただ、午後には少し雨がぱらついた時間もあったようで、そういう点では少し残念な空模様だったのかも。まぁ、もっとも、その時間帯には屋内にいたので、直接的な影響はなかったんだけども(笑)。
 で、今日は午前中に野暮用があったので散歩はできず、お昼すぎに地下鉄でお出かけして、京極三条のドトールで昼メシを食ってから、いつもの「Cafe MEEPLE」へ。


 いつもよりも30分ほど遅く到着したら、すでに常連のGRGRさんとタニさんがいらしてたので、早速ご一緒することになり、ネイトさんを加わえた4人で「グリーン」(Green: The Golf Card Game)をプレイ。

「グリーン」 「グリーン」

 名前の通り「ゴルフ」をカードゲームにしたもの。ランダムに設定されるコースは1回めがパー3、2回めがパー4、3回めがパー5となっている。ショットに使えるクラブには「ウッド」「アイアン」「ウェッジ」「ハイブリッド」「パター」などの種類があって、それぞれ飛距離と特性が決まっており、例えば「ウッド」の場合はティーグランドから打つ場合には飛距離が伸びるものの、風の影響を受けやすかったりなど。
 自分の手番では、場に出ているクラブカードを引くか、そのカードを使って打つかが選択できる。また、各プレイヤーごとに特殊能力が用意されていて、たとえばバンカー名人の場合はバンカーの影響を受けなかったり、寄せ名人の場合には遠くからでもカップイン出来たり。それらを駆使して、より早く、短い打数でホールアウトして点数を競う。なお、他人の特殊能力はチップを支払うことで使うことができる。
 ゴルフをカードゲームにしてあるんだけども、なかなか悪くないでき。ただ、グルーンまわりが意外と雑なのが惜しいところかな(^^;)。ちなみに、最終ポイントはネイトさんが26点でトップ、ついでGRGRさんが25点、タニさんが24点と競っていたにも関わらず、私だけ一人15点と離されての惨敗(^^;)。


 続いて常連のアキオさんと、最近良く見かけるビールを持ち込まれているウメさんを加えた5人で、タニさんご希望の「ミステリウム」(Mysterium)をプレイすることに。

「ミステリウム」 「ミステリウム」

 で、経験者の私が「幽霊」役を引き受けることに。以前、私が幽霊役をやった時には失敗してるんだけども、今回も最初の人物当ての部分では1回めが全滅だったりして序盤はかなり苦戦。もっとも手がかかった人は、ここで4ラウンド消費してたんじゃないかな(^^;)。ただ、その後の犯行場所と凶器の特定に関しては比較的時間を使わずに済んで、なんとか規定の7ラウンドで全員がゴールへ。
 最終の真犯人探しでは、全員が3枚のヒントカードを見られる状況だったんだけど、結果は2対2で分裂。最終的にはポイントリーダーのタニさんの意見が通り、それが正解でなんとか成功ということに。いやぁ、でも、やっぱりこのゲーム、難しいわ(笑)。


 続いて同じメンバーで「レース・フォー・ザ・ギャラクシー」(Race for the Galaxy)を。

「レース・フォー・ザ・ギャラクシー」 「レース・フォー・ザ・ギャラクシー」

 今回も初期惑星は「イプシロン・エリダニ星系」を引いてのスタート。序盤に「発展」から「投資信託」を出して「発展」のコスト軽減を図ってから、「移住」で「宝石世界」、「疫病世界」と生産ワールドを出す。とくに「疫病世界」は生産と消費の両方を兼ね備えていて、この段階で2生産(「宝石世界」:青、「疫病世界」:緑)と2消費(「イプシロン・エリダニ星系」:全種、「疫病世界」:緑)が揃い、消費時には2得点2ドローの条件となり、他人の「生産」と「消費」でポイントを稼ぐ方向へ。
 その後、「鉱業同盟」を引いたこともあって、茶色の「希少元素」関連のワールドを中心に展開することにし、まずは「発展」から「鉱業コングロマリット」を出し、その後、「鉱業同盟」を出してから、生産ワールドの「鉱山世界」と「生物災害鉱山世界」を出してボーナスを確保の方向に。
 ただ、思ったほどのボーナスポイントは得られなかった(8点どまり)うえ、ワールドポイントが軽めのものが多かったこともあって、最終ポイントは30点どまり。タニさんが36点でトップ、続いてウメさんが35点、GRGRさんが31点、アキオさんが23点という結果に。序盤がいい感じだっただけに、後半の失速感は残念だったかも(^^;)。


 次はタニさんの代わりにネイトさんが入って、5人で「ロココの仕立て屋」(Rococo)を。

「ロココの仕立て屋」 「ロココの仕立て屋」

 ちなみにこのゲーム、これまでにも何度かプレイをしようとしたことはあったんだけど、その都度、なぜか邪魔が入り、まだ一度もプレイしたことがなかった曰くつきのゲームだったり(笑)。

 で、プレイヤーは仕立屋となって、舞踏会に参加する人々のドレスを仕立ててゆく。ドレスを仕立てる職人を雇ったり、仕立てに必要な布や糸などの材料を調達したり、また舞踏会の段取りなども執り行って、資産(金)と名声(ポイント)を入手していく。まぁ、基本的にはデッキ構築とエリアマジョリティを主体としたゲームなんだけど、自分の仕立てた衣装を着た人物でエリアを埋めていくという発想はなかなか面白いわ。
 初期のデッキには、親方、職人、見習いの3種類のカード5枚が存在し、このうちの3枚を1ラウンド中に使用する。アクションには親方でしかできないものや、見習いにはできないものなども存在するものの、職人や見習いには追加で資源の調達ができたり、金策ができたりするオプションが付いている。また、ワーカーは追加することや除外することもできるので、それらを駆使してより使いやすいデッキを構築していくことになる。

 基本的にはエリアマジョリティはあまり得意じゃないのと、初プレイということもあって今ひとつ勝手がわからなかったこともあって序盤から出遅れ気味。さらに、デッキ構築ものも今ひとつ得意じゃなくて、ワーカーも上手くいかせず。ようやく不要なワーカーを整理し始めた頃には終盤に差し掛かっていて「時すでに遅し」って感じだったかも(^^;)。
 最後になんとかボーナスポイントを稼げるカードを手に入れてみたものの、仕立てたドレスが5着だけでは勝負にはならずで、最終ポイントは50点で最下位。トップはネイトさんの82点、ついでGRGRさんが67点、アキオさんが52点、ウメさんが51点という状況。なお、7ラウンドの長丁場なうえに考えることの多いゲームなので、結局、インスト込みで3時間以上掛かってましたわ(^^;)。


 ってことで、気がついたらすでに21時になっていたのでここで退散。今日は比較的時間のかかるゲームをやったので遊んだ数は少なめで、どちらかと言うと得意じゃない系のゲームが多かったので満足度は低め。まぁ、いつもいつも好きなゲームばかりできるわけじゃないんで、こういう日があるのは仕方ないかな。

Posted by “Lupin” on 2016/03/07 00:42:44
コメント
コメントはありません。
●コメント投稿
このエントリーにはコメント投稿できません。