INFOINFO
MAILMAIL

2015年12月27日(日)

* 今日のボドゲ@カフェミープル・74回目    [  ボードゲーム  ]

 朝から空はやや雲の多い空模様。雨になるような雰囲気ではなかったものの、陽射しが途切れがちなので気温もあまり上がらず、日中の最高気温は9.9度と2ケタに乗らず。まぁ、それでも思ったほど寒さは感じなかったけどね。
 で、今日もお昼前にブラブラと歩いてお出かけ。巷ではそろそろ年末年始のお休みに入ったお店もちらほらあるようで、年始の挨拶の張り紙も目立ち始めていたりして、年末感もひしひしと。

 そんな年末感満載の日曜日も、いつもと変わらず新京極までトボトボ歩き、三条下がったところのドトールで軽く昼メシを食ってから、いつもの「Cafe MEEPLE」へ。


 んで、開店直後のお店にはグループの客さんが一組だけと出足は少なめ。しばらく漫画読みながら待ってたらGRGRさんがやって来たので、待ってましたとばかりにサシで「グラスロード」(Glass Road)を。

「グラスロード」 「グラスロード」

 先日はイナさんとサシで勝負してボロ負けだったんだけど、もう一人の雄、GRGRさんともサシでやってみたかったのよね。そんなわけで、サクサクとゲーム開始。初っ端から「ガラス倉庫」や「レンガ倉庫」という軽めの即時建物が出ていたり、「工務店」や「果樹園」という地形パネル変換の建物が出ていたりとなかなか賑やかな感じ。そんなわけで、いつも建物ポイントが伸びないので、今回は最初からそのあたりに狙いを定めて、積極的に建物を立てていく方向で。あとは「領主」で自前で良い建物引かないかなと。
 スタピーはGRGRさんで、1ラウンド目と2ラウンド目は5枚めが「領主」でバッティングして、お互いに5枚ずつという五分の前半戦。私は上記の「ガラス倉庫」と「レンガ倉庫」の即時建物、そして「工務店」と「果樹園」、さらに「領主」で引いた「葦のあばら屋」の地形変換を使って変換系も用意。
 後半はうっかりと親の順番が入れ替わってしまったものの、それでも回数は2回ずつと同数に。後半、「組合会館」でレンガの生産を上書き。ボーナスは「領主」で引いた「森林館事務所」だけになったけども、これで生産7点、建物11点、ボーナス4点の合計22点とまずまずの成果。
 ただ、GRGRさんはボーナスで荒稼ぎ。「屋敷」で森林4箇所の8点はわかってたんだけど、なんと「水車小屋」と「井戸小屋」のダブル建ての上に水7個はそれだけで10点のボーナス。さらに「開墾地」で3点プラスして、ボーナスだけで21点とか笑っちゃう展開。結局トータルで33点まで伸ばされてボロ負け。イナさんの29点を上回って、得点差も11点付けられてはぐうの音も出ませんわ(笑)。いやはや、流石でございます。


 続いて、GRGRさんとサシで勝負している間にいらしたイナさんと、その後にいらした初来店のお客さんと一緒に4人で「ラ・グランハ」(La Granja)を。

「ラ・グランハ」 「ラ・グランハ」

 以前は頻繁に遊んでいたこのゲームも、ここ最近はすっかりご無沙汰でプレイするのは約1ヶ月ぶりだったり。初来店のKさんが初プレイということで、インストのあとに練習ラウンドをやったんだけど、これがちょうどいい感じでリハビリになったり(笑)。
 で、本番はスタピー。とりあえず助手に「養蜂家」がいたので、これで小銭を稼ぐ戦法で行くかと思ってたんだけど、「収入フェイズ」で豚1、銀4、銀2を確保したこともあって金満プレイへ(笑)。ラウンド2開始時に豚1を買って豚繁殖状態へ持ち込んで、あとはいつもどおりに村の建物への資材輸送をメインで。ただ、今回は「八百屋」「惣菜店」「村の商店」が閉まっていたこともあって前半はガマンの展開。とりあえず加工品を「荷車製造所」へ運び、豚を「肉屋」へ、その後なんとか早い段階で開いた「八百屋」に農場材を運び入れ、さらには「商館」へも銀を輸送したり。
 後半は終盤のラッシュに備えて増設部を増やし、さらに助手には「価格交渉人」を配備。こうやって徐々に開いた村の建物へも資材を運んで、それぞれ残り一個状態を作り出す。おかげでラウンド5を終わった時点での手持ちポイントがわずかに10点と、この時点でダントツのビリ(^^;)。
 もっとも、ラウンド6ではいつもどおりに一気に挽回。輸送フェイズで「村の商店」への輸送を完了したのを皮切りに「肉屋」「荷車製造所」「八百屋」「商館」と立て続けに5つの輸送を完了、荷車ボーナスを付けて合計で43点の荒稼ぎ。さらに屋根材のロバ2と追加輸送2を使って6点と5点の荷車を2つ仕上げてボーナス込みで14点。さらに金満プレイで貯めこんだ銀貨が30以上あって、残った資材なんかも売却、屋根ボーナスの10点も加えて最終ポイントは86点(+4銀)。荷車を中心に回したイナさんが83点(+2銀)、GRGRさんが82点とどちらも高得点だったんだけど、その2人を一気にまくっての逆転トップということに(^^)。いやぁ、さすがに5つの建物配送が一気に完了できると強いですわ。
 ちなみに、初プレイだったKさんも72点(+3銀)という最終点だったんだけど、初プレイでこの点数はすごい。実際、プレイ中の行動選択も的確なものが多かったし、口数の少ない方だったけども実に上手いプレイをされていてゲーム慣れされているなと。こういう上手な方とは遊んでいてほんとに楽しいんだよなぁ(^^)。


 続いて同じメンバーで軽めのカードゲームを、とGRGRさんが選んでくれたのが「テケリ・リ」(Tekeli-li)。

「テケリ・リ」 「テケリ・リ」

 いわゆるマストフォローのトリックテイキングゲームで、リードの出したカードと同じスートのカードを手札から出していき、もっとも高い数字のカードを出した人がカードを引き取るというルール。ただし、最上位カードがバッティングした場合にはキャンセル効果が発動して、次にカードが高い人がカードを引き取ることになる。
 ちなみにこれ、ベースになっているのは「クトゥルフ神話」なんだそうで、カードに描かれているエネミーもそれっぽく、当然、それらには多大なマイナスポイントがついてくるので、それらを引き取らないようにするのがキモ。ただ、リードと同じスートのカードがない場合には別スートを出すことになるんだけど、マストフォローなのにも関わらず、別スートは対象外扱いになるのよね。つまり、運良く同じスートがないときには、ここぞとデカいマイナスポイントのついたカードを放り込めば良いと(笑)。
 実のところ、そのあたりがゲーム中にはわかっておらず、適当にカードを出してたら見事にデカいマイナス点を取らされまくって、結局、ダントツのビリに(^^;)。プレイルールがわかっただけじゃあ勝てないゲームだったわけだね…。


 んで、ちょっと時間調整に「ラブレター」(Love Letter)を数回プレイしてから、同じメンバーで「クランス」(Clans)を。

「クランス」 「クランス」

 このゲームは別のお客さんが持ち込まれたものだったんだけど、ネイトさんが紹介してくださったので試しに遊んでみることに。ルールは比較的簡単で、ボードに散りばめられた5色のコマを上手く移動させて村を作って行き、その村の出来方でポイントが加算されていくというもの。コマの塊が他のコマと孤立すると村になり、そのときに含まれる色にポイントが入るんだけど、5色のコマが揃った場合のみ争いが発生して、少ない色のコマは排除されてしまう。
 で、プレーヤーは開始時にそれぞれ自分の色を決めるパネルを持っていて、その色のポイントを伸ばさないといけないんだけど、誰がどの色を使っているかは隠匿情報なので、いかにそれをぼかしたままでポイントを集めていくかが勝負のポイントかな。あと、世代によってポイントの加算される地形と廃墟となる地形が決められていて、それもポイントになるらしい。
 ただし、今回は初めてすぐに新しいお客さんがいらしたこともあって、時間が長引きそうだったので開始早々に中止することに。推奨プレイ時間は45分とかになってたけど、これはガッツリと時間かかりそうだったしねぇ。なお、プレイ人数は2~4人。


 んで、人数が5人に増えたので新しいゲームをということで、「ノッティンガムのシェリフ」(Sheriff of Nottingham)をやることに。

「ノッティンガムのシェリフ」 「ノッティンガムのシェリフ」

 荷物を輸送する商人と、それを検閲する保安官に分かれて駆け引きを行っていくゲーム。商人役のプレイヤーは自分の手札から荷を作り、それを保安官の居る通関所を通して商いを行うんだけども、当然通関所は「合法品」しか通ることはできない。ただし、保安官の目に触れなければ高価な「非合法品」も通ることは可能で、そこで保安官に目を瞑ってもらうように交渉するのがこのゲーム。
 保安官役のプレイヤーは持ち回りで、商人から提出された荷のリストを検閲するかどうかを決定する。仮に検閲して「非合法品」などを見つけた場合には、その商人から罰金を取り立てることができるんだけど、「非合法品」などが含まれていなかった場合には謝罪金を支払わなければならないルール。また、4種類の合法品はそれぞれ数が決まっていて、それぞれの商品をもっともたくさん輸送した人と2番めだった人には報奨金も支払われる。それぞれが2回ずつ保安官役を担当したらゲーム終了。
 いかにブラフをブラフと感じさせず、またブラフじゃないものをブラフと見せるかが勝負の分かれ目になるこのゲームは、交渉術と洞察力がキーかな。「非合法品」はリスクが高いものの価格も高くポイントも稼げるので、いかに上手く目をごまかして持ち込むことができるかも重要なところ。
 ただ、今回は私を含めて初プレイの人が多かったこともあって意外と正直者が多く、「非合法品」の輸送は少なめ。そんなわけで商人では手堅く、保安官では緩いプレイをした人が有利になったようだね。結局、私が183点でトップ、タニさんが176点、GRGRさんが172点、Kさんが122点で、もっとも「非合法品」を運び、厳しい取り締まりをしていたイナさんが99点で最下位ということに(笑)。


 さらに同じメンバーで「アウグストゥス」(AUGUSTUS)を。

「アウグストゥス」 「アウグストゥス」

 いわゆる「ビンゴ」系のゲームは、今回はカード運が今ひとつ。とりあえず、ピンクの領地を揃えるべく初期カードを選んだんだけど、達成時のボーナスが今ひとつな上にカードの得点も低め。さらに、せっかく揃えたカードをGRGRさんの赤カードで破棄させられたりしてポイントがまったく稼げず。カードも増えないしミープルも増えなければジリ貧確定で、なんとか当初の目的にピンクの領域3箇所で8点は稼げたものの、カード点がまったく伸びず。さらに枚数獲得競争でも後塵を拝してボーナス点が伸ばせず。
 結局、5枚のカードを成立させたものの、合計点は32点で最下位。トップのGRGRさんは66点で、半分にも届いてないという惨敗…。今回はカード運がかなり悪かったとしか言いようが無いかなぁ(^^;)。


 ということで、今日はここまで。久しぶりにがっつりと「ラ・グランハ」を楽しめたし、その他のゲームもそれなりに面白かったので満足でしたわ。

 んで、明日以降の平日も遊びに行こうかと思ってたんだけども、年末は意外と遅くまでお仕事の方が多いようで平日はメンツが揃わなそうな感じ。あと、今日は日曜日のわりにはいつもよりも知った顔が少なかったり、ソロのお客さんよりもグループの人が多かったりと、いつもとはお店の雰囲気も違ってたんだよねぇ。
 そんなわけで年末は31日がお店も休みだし、その他の日もガッツリ遊べなさそうなので今日が最後かな。年明けはお店は元日から開いてるんだけど、個人的には2日からの予定。で、4日、5日はお店が休みなので、結局、年末年始も土日だけと平常と変わらない出没になりそう。

Posted by “Lupin” on 2015/12/28 02:09:58
コメント
コメントはありません。
●コメント投稿
このエントリーにはコメント投稿できません。