INFOINFO
MAILMAIL

2015年10月17日(土)

* 今日のボドゲ@カフェミープル・55回目    [  ボードゲーム  ]

 今日も朝から澄んだ青空の広がる秋らしい好天。気温はやや高めで、日中の最高気温は25.4度まで上がっていたので、街中には半袖姿の人もちらほら見かけたね。まぁ、海外からお越しの観光客の人は、冬でも半袖、短パンの人もいらっしゃいますけども(笑)。

 んで、今日もお昼前から出かけて、新京極のドトールに行って軽く昼メシを食ってから、いつもの「Cafe MEEPLE」へ。

 開店直後にお店に着いたら、すでにお友達同士でいらしてるお客さんが卓を囲んでいて、なかなか素早い出足。その後も、先日見かけた年配の女性のグループなどもお見えになって賑やかなスタート。ただ、いつもなら笑顔でお客さんを迎えてらっしゃるスタッフのMさんの姿が見えず。オーナーのネイトさんによると電事故の影響で遅れてらっしゃるんだとか。いつもいる人がいないとずいぶんと雰囲気が違って感じるもんだわ。


 で、とりあえず、ちょっと気になってたゲームのチェックをしていたら、常連のGRGRさんが登場。その後、常連のHさんもいらしたので、何かゲームをやりましょう、ということになって、ここ最近、ヘビーローテの「ラ・グランハ」(La Granja)をプレイすることに。

「ラ・グランハ」 「ラ・グランハ」

 3人ともシステムを十分に知っているので、とくにインストも必要なくサクサクと準備してゲームスタート。比較的良いカードを引いていい感じでプレイしていたところに、モリモさんがご来店。まだ初めて間もなかった(2ラウンド目の途中)だったので、改めてモリモさんをくわえて4人で仕切りなおすことに。

 モリモさんをくわえての2回戦。今回も初手に「従者」のカードを引いたのでカードを回す方向でプレイすることにしたんだけども、荷車も軽い2ポイントのものがあったので、まずは農場に畑をおかずに進めてみることに。畑がないと収穫物は屋根や収穫フェーズでのダイス目に期待することになるんだけども、軽めのものであればそれでも十分にまかなえるはずだしね。
 都合よく他のメンバーは荷車よりも村への配達を目指しているようで、1、2ラウンドではサクッと市場のバラックを確保して勝利点を稼いでいたんだけども、増設部にカードを置けなかったこともあって手札の上限を上げられず今ひとつ「従者」の効果を生かせず。そうこうしているうちに中盤になって他のメンバーも荷車配送でポイントを稼ぎ始めて、バラックのマーカーはあえなく減少。
 その後は「店子」と「御者」のカード効果を利用するものの、やはり畑からの生産物がないと苦しい展開となってジリ貧に。第5ラウンドの屋根獲得を諦め、第6ラウンドで屋根の再利用を確保する手を絡めながら、なんとか荷車輸送で食いつなぐも、第6ラウンドで輸送数を読み間違えて貿易品を輸送を完了できず。
 そんなわけで最終ポイントはモリモさんが76点、Hさんが75点、GRGRさんが73点なのに、私一人が61点という惨敗(^^;)。ラストの貿易品を輸送を完了していたとしても+6点なので、ポイント的にはぜんぜん届いてないんだよなぁ(^^;)。「従者」のカードはやはり増設部を拡張して手札枚数を増やすのと、「農民」や「精油職人」など追加カードをプレイできるものと組み合わせないと効果が薄いな。
 一方、今回のプレイで効果を発揮していたのは、モリモさんの使っていた「親方」とHさんの「長距離交易人」かな。まぁ、いずれにせよ農場に畑を置かないプレイは、かなり苦しいのは間違いない(^^;)。


 「ラ・グランハ」2回戦を3時間ちょっとで終えた頃に、ちょうど常連のオテモトさんがいらした。どうやら、夜に「ミープル アグリコラ部」が開催されるらしい(笑)。ちなみに、Hさんもそれ目当ての来店だったとか。そんなわけで、その前に軽くウオーミングアップを兼ねて「アグリコラ」(Agricola)をやりましょうという流れに。このゲームは以前からぜひやってみたいと思っていたんで混ぜていただくことにして、オテモトさんを加えた5人でプレイ。

「アグリコラ」 「アグリコラ」

 このゲームは未開拓の土地を開拓して、新たな農場を作っていくというもの。システム的にはいわゆるワーカープレイスメント系のゲームで、当初は夫婦2人で開拓を始めるという設定なのでワーカーは2人なんだけど、ゲーム内で家族を増やすことで手数を増やしていく。
 で、私が初プレイということで、最初に行われるカードのドラフトは行わず、「職業カード」と「小さな進歩カード」はそれぞれ10枚から7枚を選択してスタートということに。前回、「アグリコラ部」のプレイを見学していた時には、このドラフト部分が一番時間かかってたようにみえたしね(笑)。
 ゲームは全部で14ラウンド行われ、各ラウンドでは収穫物や家畜を得、畑を耕して栽培したり、牧場を作って繁殖させたり。さらに家を拡張して家族を増やしたり、職業カードや進歩カードを使って特殊な効用を得たりと多種多様。しかも、ワーカーとなる家族を養うためには食料が必要となり、その確保も重要なタスクとなっている。

 そんなわけで家族を増やして手数を増やすのが常套手段とは知っていたので、まずは家を増築して行こうとしたものの、その家族を養うための食料の確保に四苦八苦する羽目になり、ほとんどの手番をそれに費やすことに。気がつけば他のプレイヤーはどんどん「職業カード」や「小さな進歩カード」を出してうまく効用を使っているにもかかわらず、私はほとんどカードは出せずじまい。オテモトさんはカードの効用を使っていたからというのがあったにせよ、14枚のカードをすべて使い切っていたんだけども、私はわずかに5枚使っただけだったしなぁ。
 あと、家族の数も序盤は3人まで遅れずに増やしたものの、その後、終盤になって気がついたら、私以外は全員5人のワーカーを保持している状況になっていて、一人だけ手数が少ない状況に。さらに各資材の集め方も効率的で、使い方にも無駄がないと。
 結局、最終ポイントはHさんが50点でトップ、次いでオテモトさん46点、モリモさん38点、GRGRさん32点となって、私は22点とトップのHさんの半分以下の得点で終了(^^;)。まぁ、経験値が違いすぎるメンバーとの対戦なので当たり前とはいえ、ここまで差がつくかのとorz それでもベテランさんのプレイをじっくり見られたのは、初ゲームとしては破格だったかもしれんなぁ。

 んで、ゲーム後にもう一人のベテランのスタッフのMさんとも話をしたんだけど、やはりそれなりの「ストーリー」を持って、それに沿う形で進めていかないとうまくいかないことと、初期カードによっても進む方向が変わるのでどれだけ多くの「ストーリー」を持っているかがカギになるようだねぇ。
 そういう意味ではかなり敷居の高いゲーム(標準で「職業カード」が169種類、「小さな進歩カード」が139種類もある)ではあるものの、慣れればかなり面白いゲームなのは間違いないねぇ。個人的には得意じゃない系のゲーム(他者からの介在のあるゲームは総じて苦手)なんだけど、これはもうちょっと遊んでみたいゲームかも。
 ちなみにプレイ人数は5人までで、標準プレイ時間は人数×30分。今回はベテランメンバーばかりだったので2時間ちょっとで終わったけども、↑の件とも相まって、そうそうホイホイとできないゲームではある(^^;)。


 ってことで、今日は重ゲーをガッツリと2本やって終了。どっちも内容的にはイマイチだったものの、ゲーム自体は楽しく遊べたので満足であります(^^)。

Posted by “Lupin” on 2015/10/18 00:42:15
コメント
コメントはありません。
●コメント投稿
このエントリーにはコメント投稿できません。