INFOINFO
MAILMAIL

2008年 9月27日(土)

* Microsoft Image Composite Editor    [  ソフトウェア  ]

「Image Composite Editor」は、同一地点から撮影した複数の写真をドラッグ&ドロップするだけでパノラマ写真を作成できるソフト。作成したパノラマ写真を3D空間へ立体的に配置することで、同一地点から周囲を眺めているように写真をスクロールさせて閲覧できるのが特長。
(中略)
さらに、立体化したパノラマ写真を選択した投影法を保持したまま、再度平面化することができる。また、平面化したパノラマ写真を余白ができないように自動で矩形選択して切り抜き、1枚の画像として保存する機能も備える。保存する際はファイル形式をJPEG/BMP/PNG/TIFF形式のほか、HD Photo形式も選択可能。

今日のように空の美しい日など、ときどき空の広い範囲を写真に収めたいときがあるんだけど、広角レンズとか持ってないコンデジ使いなので(^^;)、そういう時にはいつも手動で適当に連続した写真を撮って、あとでソフトでパノラマ加工するってのが常套手段だったわけ。
で、これまでは、パノラマ写真を作るのにMicrosoft Digital Image Pro 2006を使ってたんだけど、ちょっとこの新しいのを使ってみたら、あらま、なかなかいいじゃない、これ。

今回は5枚ほど連続撮影した写真を食わせてみたんだけど、結構サクッとパノラマ化してくれて、まずまずの出来。Digital Image Proでも同じ処理させてみたんだけど、出来上がりはほぼ同じだったから、たぶんエンジンのベースは同じかな。
で、一つ便利なのが、作成できたパノラマ写真のトリミングを自動で行ってくれること。パノラマってでかいんで、画像の欠けない最大エリアをきちんと切り出すのって結構面倒な処理だったんだけど、これを自動でやってくれるのがとてもラクチンだわ(^^)。

ちなみに、今回パノラマ化した写真はこれ↓。
パノラマ写真
オリジナルは2740x1126ピクセルで8.8MBあったりするんだけどね。

あ、一応、日本語環境でも動作はするんだけど、出力先に日本語などの2バイト文字を含んだ場合に、次回起動時にエラーを起こして起動しなくなる現象が起こるので注意。この場合、設定ファイル(Options.xml)が壊れているので、それを削除すれば再起動できる。設定ファイルの場所は、Vistaなら“C:\Users\(ユーザ名)\AppData\Roaming\Microsoft\Microsoft ICE\1.0.3.1”。ま、バージョンが上がればこのへんは直ると思うけど、製品版ではないので注意が必要かな。

Posted by “Lupin” on 2008/09/27 16:58:40
コメント
コメントはありません。
●コメント投稿
このエントリーにはコメント投稿できません。