INFOINFO
MAILMAIL

2008年 6月30日(月)

* 壁紙の自動入れ替え - “John's Background Switcher”    [  ソフトウェア  ]

壁紙のスタイルを7種類から選択でき、1枚の画像をオリジナルサイズのまま画面中央に表示するスタイルや、画面解像度に合わせてリサイズ表示するスタイル、複数の画像をタイル状に並べるスタイルのほか、デスクトップをコルクボードに見立て、インスタントフィルム風の枠を画像に付加したうえで、複数の画像を乱雑に並べて表示するスタイルなどが用意されている。

これ、Windowsシステムに常駐してデスクトップの壁紙を自動的に切り替えてくれるソフトなんだけど、「窓の杜」で紹介されてたのを見て、ちょっと気になったので使ってみてるんだけど、なかなかいいよ。

基本的な機能は他にもありがちなソフトなんだけど、表示を“Snapshot Scrapbook”というモードにすると、指定したファイルを指定サイズに縮小してランダムに並べて表示してくれるのよ。たとえば、こんな↓壁紙を作ってくれる。
サンプル1 サンプル2
左右でサイズが違うのは、マルチスクリーンで別画像を表示させてるからね。

壁紙系の画像は、これまでに2chのまとめサイトやらTumblrあたりでいろいろDownloadしてあったんだけど、サイズがまちまちでなかなかうまく使えてなかったのよ。それが、こいつのおかげで一気に解決。基本的にはお気に入りの画像ばかりだから、どれが表示されてもいいわけだし、元のサイズがまちまちでも全部ほぼ同じサイズに縮小表示されるしね。表示画像の指定はフォルダ単位でも指定できるので、そこに新しい壁紙を追加していけば自動的に表示画像も増やせるし。

その他、オンラインの画像共有サービスから指定したタグに合うファイルを自動的にダウンロードして表示してくれたりもするんで、いちいち画像をローカルにそろえる必要もないし。ま、個人的にはオンライン機能は使ってないけど、使い方によっては面白いんじゃないかな、これ。

Posted by “Lupin” on 2008/06/30 22:03:11
コメント
コメントはありません。
●コメント投稿
このエントリーにはコメント投稿できません。