INFOINFO
MAILMAIL

2006年 9月 1日(金)

* IE版Greasemonkey: Trixie    [  プログラミング全般 | インターネット | ソフトウェア  ]

 んで、ここんとこUbuntuをいじっていることもあって、Firefoxを使う機会が多いんだけど、Firefoxの場合、いろいろ拡張機能が公開されてるんで、そのへんをいじってるのも楽しいねぇ。今、入れてるのはGoogle Toolbar(ツールバー), Google Notebook(Webクリップボード), Sage(RSSアグリゲータ), Tab Mix Plus(タブ機能拡張), SmoothWheel(マウスホイールの微調整), Fastfox(パフォーマンス改善), Japanize(日本語化)ってところかな。
 さらに、Greasemonkeyっていうクライアントサイドでスクリプトを用いてカスタマイズすることができる機能もなかなか楽しそうで、いろんなスクリプトをインストールすることができると。実際、「Mozilla Firefox まとめサイト: Greasemonkey」あたりにもいろいろスクリプトが記載されててなかなか楽しげだし(笑)。ま、もっとも、そんなに使い込んでるわけじゃないけど。

 んで、じゃ、IEにはそういう機能はないのかな、と思ってググってみたら、Trixieってのがあるんですな。いや、ぜんぜん知りませんでしたわ(^^;)。しかも、スクリプトはGreasemonkeyのものが流用できるとか(できないものもあるけど)。
 で、インストールしたんだけど、動作には.NET Framework 2.0が必要なのでそいつを先にインストールしただけで、とくに苦労はなし。

 ただ、インストールしただけではありがたみはないわけで、やっぱりスクリプトを入れてみないとね。ってことで、Trixie用のスクリプトをググってみたんだけど、これがないのよねぇ。ま、要するに「Greasemonkeyのものが流用できる」のが売りだから、わざわざこれ専用のスクリプトを作ってる人はいないのかもなぁ。
 んなもんで、結局、上のGreasemonkeyのまとめサイトあたりを物色して、ためしにYoutubeにダウンロードリンクをつけるものと、Amazonから楽天ブックスサーチを呼ぶものを入れてみた。ところが前者は問題なく動作したものの、後者はスクリプトエラーになって動作せず。っていうか、後者の方が使いたいのに(^^;)。
 いろいろチェックして、XPathResultがIEでサポートされていないことが原因だとわかったので、その部分をdocument.getElementByIdを使う方法に修正、これでスクリプトを読み直してなんとか希望の動作に。なるほど、このへんがGreasemonkeyとの非互換の部分か。このあたりを押さえてスクリプト作れば、両方で利用できるわけだね。

 あと、スクリプトはjsベースなんで、新しいものを覚える必要はないわけね。ここらは少しだけどいじったこともあるんで、わりと簡単に楽しめそうだな(^^)。

Posted by “Lupin” on 2006/09/02 01:04:26
コメント
コメントはありません。
●コメント投稿
このエントリーにはコメント投稿できません。