INFOINFO
MAILMAIL

2019年 6月16日(日)

* 日曜のボドゲ@BRESPI・192回目    [  ボードゲーム  ]

 今日も朝から空には雲が多めでどんよりとしたお天気。ただ、雨の気配はなく、お昼前くらいからはときおり陽の射す時間もあったり。気温は結構低めで、日中はあまり陽が射さなかったせいで、最高気温は24.1度止まり。夜になって弱い雨が降って、やや肌寒さも感じるほどだったね。


 そんな日曜日も午後からお出かけ。どんよりしていたので地下鉄で移動しようかと思っていたんだけど、外は結構涼しかったので、そのままブラブラと歩いて行くことに。いつもどおり神泉苑にお詣りしてから、のんびりと御池通りを東進してそのまま河原町までゆき、のんびりと昼メシを食ってから、いつもの「BRESPI」へ。

今日のゲーム

 お店に着いたのは14時前。今日は朝から彦根で「カロム日本選手権大会」があって、店長とななさんがダブルスで参加されていたんだけども、すでに戻ってきてらした。成績は予選7戦で5勝2敗だったそうだけど、カロムを初めて2ヶ月足らずでこの成績は素晴らしいんじゃないかな。


 で、お店にはソガさんとキタジマさんがいらしていて、店長、ななさんにも入っていただいて5人で「パール」(Pearls)を。

「パール」 「パール」

 真珠を集めて得点を競う、一種のセットコレクション。真珠は7種類があり、それぞれ1/1/2/2/3/5/0点の得点が付与されている。手番では場に並んだ6枚のカードから、同じ種類の真珠を取るか、手札に揃っている真珠を公開するかのどちらか。場から真珠を取る場合には同色のすべての真珠を取る必要があり、その結果手札上限の10枚を超える場合には取ることができない。真珠カードはその数字が特典となり、またそれらを公開した際、4/5/6/7/8/9個を同時に公開できるとボーナスポイントを先着順で得られる。これを山札がなくなるまで繰り返し、得点の多いプレイヤーの勝ち。
 ななさんにインストしていただいてからプレイ。初期手札は6枚なので、場に4枚のセットがあれば美味しんだけど、まぁ、なかなかそうはうまくいかず。それでも0点のオールマイティカードを使って7枚のセットを作って、ボーナス7点をゲット。その後は得点の高い5点カードを確保したものの、セットはなかなか作れず。終盤、山札の残り数を気にしつつ得点計算して、なんとかマイナス点(手札に残ったカードがマイナス点)を残さずに終了。もっとも、ボーナス点が1枚だけでは勝負にならず。42点だったかで3位だったか4位だったか。

 おかわりの2戦目。今度も8枚のセットは作れてボーナスをゲットするも、キタジマさんが5点カードとオールマイティカードで7点ボーナスを取られてダントツのリード。その後はなんとか得点増を狙うもイマイチ。結局、キタジマさんがダントツのトップで、私は40点で、ななさんと並んで2位タイ。

 初期手札の強さがかなり影響するものの、ルールも簡単でわかりやすく、サクッと遊べるのでわりと悪くないかもね。ちなみに、プレイ人数は2~6人で、想定プレイ時間は約15分。


 次も同じ5人で「ラミィキューブ」(Rummikub)を。

「ラミィキューブ」 「ラミィキューブ」

 抽選の結果、1ラウンド目は抜け番。
 2ラウンド目、ソガさんが親で、キタジマさん、ななさん、私の順。配牌にはジョーカー1枚と「赤青黄3」のグループ、「赤78910」のランがあってほくそ笑んでいたんだけど、ななさんが「同色同数字3組」で流されてガッカリ。仕切り直しの配牌では「赤青黒13」のグループがあって、初手でイニシャルメルドするも中盤で手詰まりし、ソガさんの和了に-20点。
 3ラウンド目、キタジマさんの親で、店長、私、ソガさんの順。配牌にはジョーカー1枚と「赤黒黄9」のグループがあったので、すぐにイニシャルメルドできるだろうと高をくくっていたら、その後、延々とセットができず、ラックオーバーした15巡目にようやく「黒345」のランができる。結局、その2セットと「赤黒13J」の3セットを出した巡にソガさんが和了られて-132点。
 4ラウンド目、ななさんの親で、キタジマさん、店長、私の順。配牌には「青黒黄9」のグループがあったものの、6巡目に「青黒黄12」のグループができて3番目にイニシャルメルド。同色同数字が多くて処理に苦慮し、ななさんの和了に-10点。
 5ラウンド目は私の親で、ななさん、ソガさん、店長の順。配牌には「青789」のランがあるもののもう1セットがなかなか揃わず、6巡目に「青黒黄4」のグループができて、4番目にイニシャルメルド。その後、アレンジで手牌を減らすも和了は遠く、ななさんの和了に-25点。

 結局、5ラウンドのトータルでは、店長が-334点(1ペナを含む)、ソガさんが2勝で+200点、キタジマさんが-182点、ななさんが3勝で+453点、私が-187点という結果に。
 今月はあまり遊べてなくて、これでようやく規定の8ラウンドを消化。ここまで9戦3勝で勝率が33.33%、平均得点も12.22点と今一つの結果。う~ん、もうちょっと奮起しないといかんねぇ(^^;)。


 次も同じメンバーで「フロッサムファイト」(Flotsam Fight)を。

「フロッサムファイト」 「フロッサムファイト」

 お宝を小舟に積んで出荷してゆくゲーム。お宝カードには番号が設定されていて、その番号の最大公約数の番号の船にしか積み込むことができない。また、同じ船には、常に価値の高いお宝しか積み込むことが出来ない。最終的に誰かが手札をなくせば終了で2点。それ以外のプレイヤーでは、残った手札の最大の数字を比べ、もっとも低ければ1点、高ければ-1点となる。これを3ラウンド繰り返して、獲得したポイントが多いプレイヤーの勝ち。
 こちらもソガさんにインストしていただいてからプレイ。ただ、序盤はまったく勘所がわからず、2ラウンド続けて3位でポイントを得られず。3ラウンド目にようやく1点を獲得するも、上がりには程遠かったなぁ。個人的には苦手なタイプのゲームかな、これ(^^;)。
 なお、プレイ人数は2~6人で、想定プレイ時間は約30分。


 ここでマツムラさんがおいでに。何を遊ぶかで悩んでいたら、マツムラさんから「ドミニオン」(Dominion)のリクエストが出たので、私が遠慮して、マツムラさん、ソガさん、キタジマさん、店長の4人で遊んでいただくことに。

 で、ななさんの手が空いていたので、久しぶりに「スピード計算」(Unter Spannung)で勝負。

「スピード計算」 「スピード計算」

 もっとも、前回、コテンパンにやられていて、今回も1戦目は大差で負け。なんとか奮起しての2戦目は中盤までリードするも終盤に追い込まれる。ここでグループのお客さんがいらしたので中止したんだけども、このまま続けていてもたぶん負けてただろうなぁ(^^;)。


 そんなわけで、ここからは一人で静かに「ウボンゴ ソロ」(Ubongo Solo)を。

「ウボンゴ ソロ」 「ウボンゴ ソロ」

 前回の続きで、シート39aの問題454からスタート。このあたりはとくにヒネリのない単純な問題が多かったこともあって、サクサクと進み、シート39a、39b、40aとクリアし、シート40bの問題467まで解いて終了。最終問題がシート50bなので、残りシート10枚まで到達したか(^^)。


 ここでソガさんとキタジマさんがお帰りになり、別卓で遊んでらした男性お二人と同席することに。なにか適当なゲームを紹介してほしいとのことだったので、マツムラさんと4人で「コンプレット」(Completto)を。

「コンプレット」 「コンプレット」

 私以外は初プレイだったのでインストしてからプレイ。男性お二人はボドゲ初心者とのことだったけど、それなりに遊んでいらっしゃるようで、とくに支障なくプレイされていて一安心。中盤までは競っていたんだけど、終盤に私の必要牌を皆さんが引いてくださった(笑)こともあって私の上がり。
 おかわりの2戦目。今度は序盤からマツムラさんが連番引きで進められる展開。中盤以降もそのリードを保たれ、結局、そのままマツムラさんがツモアガリ。他のメンバーが残り3個くらいだったので、わりと差がつく展開だったかも。


 次も同じ4人で、男性のリクエストで「ごきぶりポーカー」(Kakerlakenpoker)を。

「ごきぶりポーカー」 「ごきぶりポーカー」

 男性のお一人が初プレイだったのでインストしてからプレイ。いつもどおり、あんまり深く考えずにカードを回していくスタイルでプレイしていたんだけど、序盤にあっというまにカエル3枚を積むことに(^^;)。ただ、その後に、他の方にもリーチ目が出たこともあって、なんとかそのまま逃げ切り。
 おかわりの2戦目もプレイスタイルは変わらず。ただ、どちらかというと私以外の方々で勝負が盛り上がっていて、ほぼ私は対象外となって楽な展開に。結局、最後はマツムラさんが4枚目のカードを受け取って終了だったかな。まぁ、4人でもそれなりに遊べるけども、やっぱりもう少し人数が多いほうが楽しめるんじゃないかな。


 ここで19時を回っていたので撤収。初めてのゲームもいくつか遊べたし、久しぶりに「ラミィキューブ」も遊べたので満足しましたよ。

Posted by “Lupin” on 2019/06/17 01:11:17