INFOINFO
MAILMAIL

2018年 7月22日(日)

* 日曜のボドゲ@カフェミープル・405回目    [  ボードゲーム  ]

 毎日毎日暑い日の続いているわけだけど、今日も朝から青空が広がり、強い真夏の太陽が照りつけて朝から気温が上昇。8時前にはすでに30度を超え、午前中のうちに35度を超えて「酷暑日」に。さらに午後も陽射しは弱まらず、日中の最高気温は38.2度まで上がって、ふたたび38度超え(^^;)。
 しかし今年は夕立すらないねぇ。これまでの夏だと暑い日には夕立とかゲリラ豪雨とかがあったけど、今年は梅雨明け後はまったく雨が降ってないような気が…。

 さてそんな日曜日もお昼からお出かけ。で、昼メシはサクッと軽めに冷たいうどんでも食おうと河原町三条の丸亀製麺に行ったんだけど、なんと店の外まで行列ができていて断念。結局、いつもの新京極三条のドトールで昼メシを食ってから「Cafe MEEPLE」へ。

今日のゲーム

 お店に着いたら、まだ常連さんの姿はなし。代わりに店の前で集合してらした交流会(?)のメンバーの方々が10数名の団体でいらして結構賑やか。

 その後、GRGRさん、マツダさん、アサコさんがいらしたので、4人で「マジェスティ」(Majesty: For the Realm)を。

「マジェスティ」 「マジェスティ」

 GRGRさん、アサコさんが初プレイだったのでインストしてからプレイ。で、昨日の反省から、まずは「見張り塔」に職人を配置。やはり、防御が上がっていると他人の攻撃で職人を飛ばされることもなくなり、「魔女の家」への配置も最小限で済むので展開もかなり楽。そして「兵舎」で攻撃! 攻撃!! 攻撃!!!
 残念ながら「城」には配置できなかったものの、6箇所に職人を配置して配置ボーナス36点をゲット。さらに「兵舎」と「酒場宿」でマジョリティを取って14+15点のマジョリティボーナスもゲットしたものの、最終ポイントでは配置ボーナスで49点を獲得されたアサコさんに僅差で勝ちという際どい結果。それでもやっぱり防御を固めるのが必須みたいだなぁ。


 ここでウメさんがいらして5人になったので、5人で「魔法にかかったみたい」(Wie verhext!)をやるべく、初プレイのアサコさんにインストしてたんだけど、その間にスズキさんがいらしたので中止。

 代わって6人で「ビザンツ」(Byzanz)を。

「ビザンツ」 「ビザンツ」

 GRGRさん、スズキさん、アサコさんが初プレイだったのでインストしてからプレイ。初期手札に「4」が1枚、「3」が1枚、「0」が2枚とかなりいい状況。ただ1ラウンド目は入札には参加しにくく、3番手でカード1枚で2枚を落とし、その後、2枚を拾って7枚持ちとなって動きやすく。2ラウンド目にオリーブの「1」を2枚拾ってオリーブの「4」を得点化。さらに材木の「4」もゲット。3ラウンド目には「0」を拾って「0」3枚で5点に。
 その後もいい塩梅でカードが取れ、結局、5×1+4×3+3×2+2×1のトータル25点でトップ。うん、まぁ、これもプレイ経験の有無が大きいんだろうねぇ。


 次も同じメンバーで「トランスアメリカ」(Trans America)を。

「トランスアメリカ」 「トランスアメリカ」

 アサコさんが初プレイでインストしてからプレイ。1ラウンド目は東海岸最北の“BOSTON”と西海岸最北の“SEATTLE”、中央南部の“MEMPHIS”、中部北部の“BISMARCK”を引いて頭を抱える(^^;)。とりあえず“BISMARCK”近郊から出発してまず“SEATTLE”に結び、その後は他人に便乗して南部と東部へと伸ばすことに。結局、スズキさんが上がられたんだけど、なんとか“BOSTON”まだあと2歩だけだったので-2点で済んでラッキー。
 さらに2ラウンド目もスズキさんが上がられ、私は-1点。3ラウンド目がGRGRさんの上がりに-1点。4ラウンド目でようやく上がれ、ここでウメさん、アサコさん、マツダさんが揃って没落となって終了。結果、4ラウンドで-4点に抑えたものの、2勝のスズキさんが-3点でトップ。惜しい。


 さらに同じメンバーで「ロイヤルターフ」(Royal Turf)を。

「ロイヤルターフ」 「ロイヤルターフ」

 こちらもアサコさんが初プレイでインストしてからプレイ。相変わらず穴馬狙いで“Earl Grey”を指名するもかなり乗っかかられて旨味なし。さらに全員が乗っかった“Sahara Wind”がトップを爆走したため、獲得賞金も少なめ。その反動もあり、2ラウンド目は人気薄の馬に狙いを定めるもこれが失敗。その3頭で最下位争いをする状況となり、賞金なしの罰符-100£という最低の状況(T_T)。さらに一発逆転を狙った最終の3ラウンド目もほぼ空振りに終わり、トップが2000£超えだと言っている中で、唯一所持金が500£余りでは勝負にならず。惨敗。


 ここでイナさんと古い常連のTさん、さらに初来店の男性のお客さんがいらして8人になったので2卓に分けることに。片方で「テラフォーミング・マーズ」(Terraforming Mars)が立つことになり、そちらにはGRGRさん、スズキさん、マツダさん、ウメさんが入られたので、残った5人で「センチュリー: スパイスロード」(Century: Spice Road)を。

「センチュリー: スパイスロード」 「センチュリー: スパイスロード」

 男性が初プレイということでインストしてからプレイ。で、序盤から生産系の商人カードが出まくる展開で、私は緑1黄1と茶1のカードをゲット。もっとも、Tさんが黄4、黄3の生産カードを独占されて生産能力が半端ない状況に。一方、イナさんは茶1→緑2、緑2→茶2のコンボカードで上位スパイスの無限増殖スタイルへ。
 私は緑1→赤1黄4、赤1→黄3、黄3→赤3、赤3→緑3、緑2→茶1赤1黄2あたりのコンボで組み合わせを変えつつ得点カードを狙うも、比較的安めのカードが並ぶ展開に。これに割りを食ったのがイナさんで、茶の生産力はピカイチなんだけどそれを活かせるカードが出ずに苦労されることに。
 結局、アサコさんが5枚目のカードを取られて終了フラグが立ち、最終ラウンドに11点カードをゲットして私も5枚目。獲得したカードは10点、15点、16点、8点、11点とやや低めで、コインはゴールド3、シルバー1でトータル70点。ただ、5枚獲得されたアサコさんも私以上に得点が少ないカードが多く、トータルでなんとか逆転して勝ち。ラッキー。


 ここでTさんがお帰りになり、残った4人で「アイスクール」(Ice Cool)を。

「アイスクール」 「アイスクール」

 ペンギンを模したコマを指で弾いて得点を獲得してゆくゲーム。このゲームで遊ぶのもずいぶん久しぶりだったんだけど、なんと赤いコマが破損していてテープで補修されていたり(^^;)。コマを破壊しちゃうとか、どんだけ強い力で弾いたんだろうなぁ…。その補修されたコマはイナさんが使ってくださったんだけど、やっぱりちょっと重心が狂っているようでコントロールにかなり苦戦されていた様子。
 んで、プレイするのが1年ぶり以上だったこともあって、序盤はコマのコントロールに手こずることに。得意だったはずのジャンプもほとんど決まらずだったので、早々に諦めて地道なルートを辿ることに。おかげで、3番手で巡ってきた風紀委員のターンでは3人を一度も旗門を通過させずに通過させずに捕まえるパーフェクトを達成し、最終的にはカード10枚で18点を獲得してダントツのトップ。


 ここでアサコさんがお帰りになったので、残った3人で「ビブリオス」(Biblios)を。

「ビブリオス」 「ビブリオス」

 男性が初プレイということでイナさんにインストしていただいたんだけど、最初のドラフトフェーズって1枚ずつ捲ってカードの宛先を決めるんだったのか。てっきり人数+1枚をまとめて捲って、それを適当に配分するんだとばかり思ってたわ(^^;)。
 で、そのドラフトフェーズでは青カードを集中的に拾っていたんだけど、途中で出たダイス目のマイナス設定でイナさんが青ダイスを下げられないのを見て被ってることが判明(^^;)。この時点で青カードは2+3+4の3枚でトータル9ポイント。たしか、マジョリティを確定するのは14ポイントだったので状況的にはやや不利。んなわけで、その後は入札フェーズで負けないように、2/3コインを集めることに。
 その後、入札フェーズへ。なかなか青カードが出ない中、中盤で「3」のカードが出てきたので5金で入札。イナさんとの争いかと思ったら、あっさりとそのまま落ちてちょっと肩透かしを食らった感じ。っていうか、すでにイナさんは過半数を確保されているのかも。そしてラストの入札札として捲れたのが「ダイス+1」のカード。実はこの時点で手札は青カードとコインカードしかなかったので全力で確保して青ダイスを+1して終了。
 結局、青ダイスはイナさんが4+2+2の8ポイントに対して、私が4+3+3+2の12ポイントで勝ってダイス目5を獲得。イナさんが緑とオレンジで5点、男性が茶と赤で5点となって3人が5点で並ぶことになり、手札に残っているコインの数で男性がトップということに。いやぁ、3人とも同点ってのは初めてだったなぁ。


 ここで19時を回っていたので撤収。今日もいろいろなゲームで遊べて満足でありました(^^)。

Posted by “Lupin” on 2018/07/23 00:41:03