INFOINFO
MAILMAIL

2016年 1月23日(土)

* 39年ぶりの笑顔    [  日記  ]

 んでもって、ゲームカフェを早めに撤収して、地下鉄に飛び乗って京都駅へ。駅前のヨドバシで買い物を済ませてから向かったのは、八条口の「新・都ホテル」。ここに来るのは初めてだったけど、さすがは京都の玄関口にある高級ホテルらしく、なかなかの佇まいで威圧感たっぷり(笑)。
 で、普段なら足を踏み入れることのない高級ホテルにやって来たのは、ここで開催された中学校の同窓会に参加するため。

樫原中学校昭和52年卒業生同窓会

 3年前に行われた高専時代の同窓会では、卒業以来30年ぶりに旧友たちと再会したわけだけども、こちらはさらに間が開いていて実に39年ぶり(笑)。もっとも、大半の人は高校が同じだったり、地元が近かったりしていて、それほど間が開いてはいなかったようだけども、私は中学校卒業とともに地元を離れ、その後、実家が引っ越ししたこともあって「音信不通」状態となり、中学生時代の同級生とは疎遠になってたのよね。
 ただ、一人だけmixiでゆるく繋がっている中学生時代のお友達がいて、今回は運良くその人経由で同窓会に誘ってもらって出席できたと。ちなみに、この年度の同窓会は30年ぶり2回めだったとか(笑)。

 で、受付時間丁度に出向いたら、すでに大半の人はやって来ていて別室で集合写真を撮る準備をしているとか。いやぁ、時間前に行ったら迷惑だろうとわざわざ時間調整したのに、おかげでギリギリだったとか(^^;)。それでも、なんとか撮影には間に合って良かったけども。
 その後、宴会場に移って宴の始まり。宴会は立食形式かと思ったんだけど、きちんと席が設えてあって、円卓に着席しての会食形式。まぁ、よく考えたらみんなもう「高齢」の部類なわけで、長時間立ちっぱなしでは辛いもんなぁ(笑)。とりあえず、全員で乾杯して、しばし会食しつつの歓談。

 さて、↑のような状況で知り合いもいないので、隅っこでおとなしくしていようと思ったんだけど、なんと偶然、誘ってくれた唯一の知り合いが隣の席だったり、中学校時代、同じ校区で仲の良かった連中が幹事連にいたりで、思ったよりも気楽に参加できたのは嬉しかったわ。
 その後、マイクが回され、参加者一人一人が自己紹介。その都度、場内からは「あぁ、知ってる知ってる」とかという囁きが聞こえたりして、さすがに40年近く経ってるとわかんない人も多いよねぇ(^^;)。でも、自己紹介のおかげでようやく顔と名前が一致してか、その後は席を離れてあちこちで話が弾む光景が広がっていたり。

樫原中学校昭和52年卒業生同窓会

 個人的には会いたかった人の半分くらいには会えて旧交を温めることができたし、意外と名前を知ってもらえてたのが嬉しかったりして、実に楽しい同窓会でしたわ(^^)。

Posted by “Lupin” on 2016/01/24 00:01:33

* 今日のボドゲ@カフェミープル・83回目    [  ボードゲーム  ]

 数日前からこの週末は40年ぶりの寒波が到来! となんだか世間が喧しいわけだけども、今朝は至って平穏な空模様。空にはやや雲が多いものの、お昼前には陽の射す時間も多めで、とてもとても40年来の寒波がやってきてる雰囲気じゃなかったねぇ。まぁ、それでも気温は5度前後といつもに比べれば低めだったので、今シーズン初めてスタジアムコードを引っ掛けて出掛けてみたりしたんだけども。

 んで、いつもどおりに御池通りをブラブラと歩き、神泉苑にお詣りしてからそのまま新京極へ。で、とは言いつつも雪が降ると足元が困るので、新京極六角の「ABCマート」でスノーブーツを買ってみたりしたんだけども(笑)。ま、これで少々の降雪なら安心して歩けるな(^^)。
 その後、三条のドトールで軽く昼メシを食ってから、いつもの「Cafe MEEPLE」へ。


 で、開店直後のお店は比較的のんびりムード。そういえば、オーナーのネイトさんちには無事にベイビーが誕生したんだそうで。ちなみに誕生は18日の未明だったそうで、予定日よりもちょうど1週間遅れだったとか。ネイトさん、おめでとう!

 そんなことを話してたら、おてばんのミッシーさんがご来店。すでにいらしてた常連のサカモトさんと一緒に、ミッシーさん持ち込みのゲームで遊ぶことに。持ち込まれていたのは「黄金時代」(The Golden Ages)。

「黄金時代」 「黄金時代」

 大陸を完成させつつ、それぞれの国で文明を発展させていくゲーム。各プレーヤーは自分の手番で、自国の兵士を移動させて移動先の土地を征服したり、建物を建てたり、他国と戦闘したり、資金を払って文明を発展させたりすることができる。基本的には資金繰りがシビアなゲームで、まずお金を集め、それを使って文明を発展させることで、さらなる資金繰りを練ることが主かな。あと、それぞれの国ごとに得手があり、それを活かすことでよりうまくどっかを発展させることも可能。
 序盤はミッシーさんが他国に戦闘を仕掛けて得点を稼ぎ、サカモトさんと私は文明を発展させる方向で展開。ただし、私が4種類の文明を均等に育てたのと違い、サカモトさんは移動力と農業力を主体に伸ばしていく方向で。そんなわけで、中盤まではミッシーさんがリードする展開だったんだけど、中盤以降は文明の開拓度が威力を発揮してサカモトさんが伸び、私がそれを追う展開に。ただ、文明の高まり具合ではサカモトさんの方が尖っていたこともあって、徐々に差が付き、最終的にはサカモトさんの圧勝に。
 文化を育て、戦闘もありということで、内容的には「世界の七不思議」(7 Wonders)っぽいゲームだったけども、あれに比べるともう少し簡略化されていた分、とっつきやすいかもしれんね。もっとも、インスト込みで2時間弱掛かったんで、ボリューム的にはさほど差はないかも。ちなみに、3~4人用で想定プレイ時間は90分。


 続いて、同じメンバーで今度はサカモトさんの持ち込まれた「クレイジーレース」(Crazy Race)を。

「クレイジーレース」 「クレイジーレース」

 列車を使ったレースゲームで、各プレイヤーごとに3種類の列車を進行させ、中間点とゴールに到達する順で得点を得ることができる。
どの列車をどれくらい進めるかは、それが書かれた区間カードに、手持ちのボイラーカードで入札して決めていくんだけども、使えるボイラーカードは最大で12枚ないので、どのタイミングでどこに入札するかがキモになる。
 区間カードは8枚あって、その都度入札を行うことになるので、序盤はボイラーカードを温存して後半に勝負をかけることに。そんなわけで序盤はミッシーさんがリード、私は進行数の少なめを小さなカードで確保しつつ、2人の戦いを見物モード(笑)。予定通り、6ラウンドめからラッシュをかけて挽回したものの、最後の8ラウンドめで出た区間カードに裏切られ、どうしても一手足りず(^^;)。結局、ミッシーさんが逃げ切って勝利ということに。
 最大4人まで遊べるゲームで比較的軽めなんだけど、ボイラーカードの数と入札数がかなりカツカツなので、どのタイミングでカードを出すかがかなりシビア。競りゲーとしてもかなり面白かったかも。


 ミッシーさんの持ち込みゲーム、サカモトさんの持ち込みゲームと続いたので、次は私のおすすめゲームということで(笑)、「ラミィキューブ」(Rummikub)を。

「ラミィキューブ」 「ラミィキューブ」

 ゲームフリークのお二人なのでもちろんプレイしたことはあるとのことだったけど、どちらも久しぶりということで、ここ最近何度も遊んでいる私にやや分があったかな(笑)。とりあえず、それぞれがスタピーを取る3回戦でゲームスタート。
 1回戦は全員が序盤から比較的すんなりパネルを出せたものの、終盤になってピタリと手が止まり、山からパネルを取る→次の順にそのパネルを出す、の繰り返しに。それが何周か続いた後、ミッシーさんの出したパネルのおかげで私が上がり。それぞれ持ちパネルは少なめで、勝利点は+44ポイント。
 2回戦も同様の展開で、またしてもミッシーさんのアシストのおかげで私が上がり。今回も手持ち札は少なく、勝利点は+38点。3回戦はやや早めに私が仕掛け、残り1枚になったところでまたしてもミッシーさんのアシストのおかげで上がり。勝利点は+54点。ということで、3連勝でダントツのトップ、3連続でアシストしてしまったミッシーさんが最下位に(笑)。
 ちなみに今回は、オールマイティカードを手から出さないと取れない縛りにしてみたんだけども、これがなかなか上手く回ってたので、これからはこれをスタンダードにしてみようと思う。


 ってことで、今日は夕方から別の予定が入ってたので、ここで退散。時間は少し短めだったけど、いつもとはちょっと違ったゲームができたので満足できましたよ(^^)。

Posted by “Lupin” on 2016/01/24 00:00:35