INFOINFO
MAILMAIL

2011年12月 2日(金)

* 最近の私的映画事情    [  日記 | 映画  ]

 ってことで、夏の暑い盛りころから始まった映画三昧の日々はその後も続いていて、ここ最近は日に2本くらい観ている状況。とりあえず初見の映画に関しては、レビューを書いてるけども、それもこの夏以降だけで100本は楽に超えてたり(笑)。

 で、映画のタイトルは、当初はWikipediaの「年度別日本公開映画」を最近のモノから遡って、劇場公開を見逃した映画を主体に選択してたんだけど、最近では気に入った俳優さんの出てる映画を探したり、レンタルDVDに収録されている「新作情報」で見かけた作品やお薦めされた作品を借りてみたり。
 ここ最近でお気に入りになった俳優さんは、ドリュー・バリモア、アダム・サンドラー、スティーヴ・マーティン、スティーヴ・カレルあたり。あと本数は少ないけど、ケヴィン・ジェームズ、ニコラス・ケイジ、ジェイ・バルチェル、ブラッドリー・クーパー、ジェラルド・バトラーなんかもいいね。って、圧倒的に男優が多いな、珍しい(笑)。

映画一覧 一方、メディアは「楽天レンタル」でDVDを借りてたんだけど、ここ最近はテレビ放送される映画もチェックしてて、面白そうなものがあったら録画して観てることも。
 テレビ放送されている映画のチェックには、So-netの「テレビ王国」を使ってるんだけど、ここはユーザ登録するとお気に入り番組のリストをRSSで取り出せるんだよね。やり方は、メンバーサービスで「My番組表」を作成。その後、「おまかせ!番組サーチ」のジャンル検索で「映画」を指定。この際、「公開設定」を「公開する」にすると、サーチ結果の一覧を表示できるアドレスが発行されるので、そのページに張られたRSSのアドレスを購読すればOK。
 ただし、「映画」ジャンルだけだと映画情報番組とか宣伝番組とかまで出てきて鬱陶しいので、ウチではPHPでRSSを読み込んで、放送時間が60分以上の番組だけをフィルタするようにして、ついでに今日から3日分だけを自分のポータルページに表示するようにしてチェックしてるんだけどね。

 で、これまでは地上波とかBSで放送されている映画をチェックしてたんだけど、今月、スター・チャンネルが「ワンコインキャンペーン」と銘打って、月額基本料金2,100円を初月度だけ500円にするキャンペーンをやって、さらに「1ヵ月無料キャンペーン」までやってるので、今申し込むと12月いっぱいは無料、1月は月額500円で2月以降が2,100円ということになって、3か月間平均で月額900円弱で楽しめることに(無料キャンペーンは3か月以上の継続利用が条件)。
 しかも、放映予定とか確認したら「楽天レンタル」ではまだ「新作」扱い(レンタル料280円)になってる作品も入ってたりして、結構お得な感じ。まぁ、基本は字幕なのでその点がめんどくさそうだけど、ここ最近は字幕でも結構観てるし、3チャンネルのうち1チャンネルは吹き替え専用チャンネルもあるしね。
 そんなわけで、サクッと契約してみたんだけども、月初ということとキャンペーンが重なってか、ちょっと契約に手間取ったり。ま、夕方くらいには観られるようになるので、そしたら順次気になる作品を録画して、ゆっくり観ようかと。
 とりあえず3か月間使ってみて、観にくければまたDVDレンタルに戻せばいいし。ってか、3か月もすれば、映画熱も冷めてるような気がしないでもないけどな(笑)。


 ちなみに、1日1本「楽天レンタル」から借りる場合の費用だけど、一応旧作は1枚99円設定になっているものの、ここ最近はずっとキャンペーン価格の1枚50円が適用されているうえに、月に10日間ほどは旧作39円キャンペーンも実施されてる。さらに、メルマガを購読しているとだいたい月に5~6本分の無料レンタルチケットが配布されるので、レンタル費用だけなら月間で1,000円ちょっとというところかな。
 ただし、これに送料が加算される(レンタル料無料でも送料は必要)。送料は7枚までが500円だけど、10泊11日だと安全を見て6枚が限度(送付に1日、返却に3日)なので、6枚借りを5回で2,500円。トータルで3,500円ちょっとというところ。
 レンタルDVDは送料と手間がかかるけど、自分で観たい映画が選べるし、基本的にはノーカットで吹き替えの有無が自由に選べたり(吹き替えなしのもあるけど)、特典映像や新作情報なんかも観られるから、それなりに価値あるんだよね。

Posted by “Lupin” on 2011/12/02 15:53:57

2011年 9月30日(金)

* 秋の香りと3度目のコクリコ坂    [  日記 | 散歩 | 映画  ]

 昨日までは秋晴れのいい天気が続いてたんだけど、今日は朝から雲が垂れ込め、今にも雨が降りそうな雨模様。降水確率は午前50%、午後70%と結構高めの数字だったんだけど、散歩時間にはまだ降り出してなかったので、いつも通りに散歩へ。

雨模様
 午前11時: くもり、気温24.7度(京都市)

 散歩中には、ときおり弱い雨が落ちてくる時間もあったんだけど、濡れるほどじゃなかったのでとくに問題なくいつも通りのコースで帰宅。帰宅直前にまた少し雨が落ち始めたかな、と思ってたら、シャワー浴びて出てきたら外は本格的な雨降りに。うはー、ギリギリセーフだったのか(^^)。


 で、昨日あたりから、散歩してるとあちこちでキンモクセイの香りが漂い始めてるんだよねぇ。

キンモクセイ(金木犀) キンモクセイ(金木犀)

 花もそろそろほころび始めていて、これから1週間くらいは香りが楽しめるかな。でも、例年だと10月に入ってからだったんだけど、今年は少し早めなのかな。


 んで、午後からは予定通りに「コクリコ坂から」を観に行ってきましたよ。これで3回目で、今回はTOHOシネマズのプレミアスクリーンだったので、ゆったりとした環境で。日中の昼間だし、すでにロードショウが始まってから2か月半ほど経っているし、もしかしたらスクリーンを独占できるかも、とか思ったんだけど、6~7人くらいは入ってたかな。

 しかし、来月と再来月には観たい映画が目白押しなんだよねぇ。いまのところ「はやぶさ/HAYABUSA」、「幸せパズル」、「キャプテン・アメリカ」、「三銃士」、「マネーボール」は確実に観たいし、「リミットレス」、「天国からのエール」、「カウボーイ&エイリアン」、「アントキノイノチ」あたりも興味あるし。
 うまく調整して、なるべくたくさん観られるといいなぁ(^^)。

Posted by “Lupin” on 2011/09/30 18:00:31

2011年 8月30日(火)

* メモ: 楽天レンタル利用上の注意点    [  日記 | 映画  ]

 んでもって、先日から「楽天レンタル」を利用してレンタルDVDを借りているんだけど、利用に際して注意した方がいいと思うところをメモ。

 まず、観たい映画だけを単体で必要本数だけ借りられる「スポットレンタル」では、最大20枚まで一度に借りられるんだけど、最大で2便までしか利用できない。これは、例えば最初に4枚借りて、次に追加で4枚借りたとすると、合計ではまだ8枚だけどすでに2便使っているので、次に追加で借りるには最初の便の分の返却処理が終わらないとダメ。なお、1便の返却処理が完了すると、また残り16枚まで借りられる。
 今まさにこの状態で、すでに2便目の3枚まで観終わったのに、1便目の返却処理が完了してないので、次のレンタル依頼ができないんだよねぇ(^^;)。

 それから、1便当たりの貸出期間は10泊11日だけど、これは前にも書いたように倉庫から出荷されてから、倉庫で返却処理が完了するまでの期間。
 倉庫からは佐川急便の「飛脚メール便」で届くんだけど、今まで2回はどちらも発送メールが届いた翌日にはポストへ届いてるので、タイムラグは1日(佐川のページでは「飛脚メール便」の配達は3~4日になってるので、これは運がいいだけ?)。ちなみに、「飛脚メール便」は休日も配達してくれる。
 一方、返却の際は、日本郵便の普通便を利用するのでポストに投函するんだけども、返却物は郵便局坂戸支店の局止めになっていて、毎日朝に回収した分をその日のうちに返却処理を行うことになっているようだ(返却処理時間を知りたいのですが?-【楽天レンタル】ヘルプ)。
 ということで、朝までに坂戸局に届いてないとその日のうちに返却処理されないので、返却には2日みておかないと危ない(郵便物の回収時間にもよるけど)。しかも、郵便の集配は日曜日は休みなので、それもちゃんと考えておかないとダメ。
 ちなみに今回、返却便をうっかり土曜日の夜に近くのローソンのポストに投函しちゃったんだけど、火曜日のこの時間になってもまだ返却処理されてない…。たぶん、今日中には処理されると思うし、今回の分は返却期日が9月1日なので遅延にはならないと思うけど、まさか返却処理に4日(本人的には土曜日には返したつもりだから)も必要になるとは思ってもいなかったわ…。

 そんなわけで、レンタル期間が10泊11日だと必然的に最低1回は土日が挟まるわけだけど、返却期日が月曜日とかの場合は注意した方がいいね。2日あるから大丈夫だと思って土曜日に投函しても、時間によっては月曜日には処理されないので、1日分の遅延料金(1枚あたり1日80円)が発生することになるから。
 そう考えると、月曜日または火曜日発送で、翌週の木曜日または金曜日が返却締切になるのがわかりやすくていいんだけども、レンタル依頼してから実際に発送されるまでどれくらいかかるかは不明(在庫数による?)なので、発送日の調整もうまくいかない場合があるからなぁ(今まで2回は予約完了の翌日には発送されたけど)。

 あと、楽天グループなので、利用料に「楽天ポイント」も使えるんだけど、一般の買い物のようにオーダー時に使用するポイントを指定するやり方じゃないので注意が必要。というか、このサービス、月額会員じゃないスポット会員でも、利用料金は1か月でまとめて請求されるシステムになってるんだよね。
 で、ポイントを利用する場合には「登録情報の登録・変更」ページにある「楽天ポイントの利用」というページから使用ポイント数を指定しないといけないんだけども、まさか「登録情報」のページにあるとはなかなか想像できんわ(笑)。
 ただし、利用ポイントの指定は1か月に1度だけしか指定できないし、その時点までで実際に利用した分しか指定できない(つまりあらかじめ多めに設定しておくとかできない)。請求料金の月締め処理は毎月1日なので、ポイントを使いたいときには月末に処理するのが正解かな。

 ま、それでも宅配レンタルの発送・返却はどこも同じシステム(飛脚メールで発送、郵送で返却)のようだし、レンタル料金の安さ(旧作1枚99円は最安値)と楽天ポイントが利用できることを考えると、やっぱり楽天レンタルを利用するのが一番お得なので、このあたりには注意して利用するようにするしかないかなと。

[追記] 予想通り、本日の夜の時点で、ようやく1便の返却処理が完了。はぁ、これでようやく次のオーダーが入れられる(すでに2便の4枚も観終わっちゃったけども(笑))。

[追記2] 水曜日の午前中に返却便をポストに投函。郵便の収集時刻は11:30。その後、楽天レンタルからの返却完了通知は、木曜日ではなく、金曜日の21:00。つまり、普通にやっても2日のタイムロスあり。要注意。

Posted by “Lupin” on 2011/08/30 17:43:26

2011年 8月24日(水)

* 夏の夜は映画三昧    [  日記 | 映画  ]

 先週の週間予報では、今週一杯は雨の多いスッキリしない空模様が続いて涼しくなる、みたいな話だったんだけど、日曜日は雨で涼しくなったものの、週明けからは日中はそこそこ悪くない空模様で、今日なんかは強い陽射しも照り付けて、最高気温も34.7度ともうちょっとで「猛暑日」になりそうな勢い(^^;)。
 もっとも、夜にはまた雨になって、明日、明後日はそのまま湿っぽい天気が続くらしいけどね。まぁ、厳しい残暑が続くのもヤだけど、まだ夏のうちからすっきりしない空模様が続くのはもっとヤな感じなので、せめて日中は少しでもいいので晴れ間が見えてほしいもんだなぁ(雨だと散歩にも行けないし)。

 さて、閑話休題、昨年の夏くらいから暇な時間はFacebookのゲームで遊んでることが多かったんだけど、ここ最近はそれも飽きてゲームはすっかり引退状態。
 で、明るい日中は、部屋で本を読んだりして過ごしてることが多いんだけど、夜は電気をつけない生活なので(夏は部屋の電気を消して、裸族で窓全開がデフォルト(笑))あんまり本も読めないのよ。

 そんなわけで、この夏は夜になると映画を観てることが多くなったのよねぇ。最近観たのは「ハード・トゥー・キル」、「沈黙の戦艦」、「暴走特急」、「メリーに首ったけ」、「25年目のキス」、「ホリデイ」、「オーシャンズ11」、「オーシャンズ13」、「スピードレーサー」、「アイアンマン」、「スタートレック」、「WALL-E」、「魔法使いの弟子」、「特攻野郎Aチーム THE MOVIE」、「アフタースクール」、「トップをねらえ!」、「紅の豚」、「もののけ姫」、「崖の上のポニョ」、「おもひでぽろぽろ」(順不同)というところで、全部で20本なのでだいたい2日に1本くらい観てるわけか。
 大半はすでにロードショウで観たものだったり、何度もビデオで観ているものなんだけど、「メリーに首ったけ」と「25年目のキス」だけは初見だったかな。いやぁ、以前、何本かまとめて買うと1本おまけ、みたいなセールのときに買って、そのまま長い間放置されてたんだよね(笑)。あ、あと、ロードショウを観て気にいってDVDも買ったものの、買っただけで満足して封すら切ってなかったものも何本かあったか(っていうか、まだ封を切ってないものは何本かあるけど(^^;))。

 ただ、そろそろ手持ちの映画も弾切れ近いし、さりとて観たい映画のDVDをほいほい買えるほど懐具合は芳しくないので、ついにレンタルに頼ることに。いやぁ、今までレンタル屋さんって、ほんの数回しか利用したことないので、個人的にはめちゃ敷居高いんですけどね(笑)。

 で、近くにTSUTAYAがあれば足繁く通いたいところなんだけど、残念ながら最寄りの店舗までは徒歩30分くらいとやや遠目。TSUTAYA以外のレンタル屋も見かけないし、最近はレンタル屋さんは減ってんのかね?
 んで、ウチはテレビもビデオもパナソニックで、デフォルトで「アクトビラ」に対応してるんで、最初はここからビデオ・オン・デマンドを利用しようかと思ったんだけど、作品のラインナップがすんげー微妙(笑)。ってか、別に「アクトビラ」に限らず、ShowTimeとかDMM.comとか他のビデオ・オン・デマンドでも同じようで、あんまり知ってるタイトルが無くて観たい映画がほとんどない。そのわりに1本525円もしたりしてなんだかすごい割高感。1本100円くらいなら試し観してもいいけども、500円はちょっと高いわ。

 ということで、一番手軽なDVDの配送サービスを利用することにして、選択肢としては「ツタヤオンライン」か「楽天レンタル」かというところ。
 レンタル料金は、月額会費なしで1枚から借りれるスポットレンタルで、「楽天レンタル」の場合は新作が1枚500円、旧作が1枚99円でこれに送料がプラス(ちなみに、現在は新作280円、旧作50円のキャンペーン中)。送料は4枚までで300円なので、旧作4枚なら1枚あたり174円。一方の「ツタヤオンライン」の場合は、新作旧作に限らず1枚525円で送料無料。枚数割引があって4枚借りると1枚あたり378円、16枚だと1枚200円になるようだけど、なかなか16枚まとめて借りるってのはないだろうな(20泊21日で観ないといけないし)。
 で、基本的には旧作を1週間に4枚くらい借りれればいいので、よりリーズナブルな「楽天レンタル」をチョイスしてオーダーしてみた。「楽天レンタル」の場合は、レンタル期間は10泊11日なんだけど、これは倉庫からの発送日から、倉庫への返却日までなので実質は8泊9日、ま、1週間以内にポストに投函すればOKってところかな。あと、最大で20枚まで借りれるので、返却前に追加で新しいDVDを注文しとけばタイムラグなく借りられそう。

 そんなわけで、初回にオーダーした4作品が届いたのでぼちぼちと観つつ、追加注文してみようかと思ってるところ。
 もっとも、もともとスポットレンタルできない作品もあったり、在庫状況によっても貸出しの可/不可が変化するみたいなので、毎回希望のものが借りられるわけではないようだけどね(予約リストに入れた作品がことごとくスポット不可だったりする(笑))。

Posted by “Lupin” on 2011/08/24 18:53:57

2011年 7月26日(火)

* 健康診断と2度目のコクリコ坂    [  日記 | 映画  ]

 会社の健康保険に入っていると、だいたい年に1回、健康診断が定期的に実施されていると思うけど、 国民健康保険の加入者も、その加入している地域で年に1回、健康診断(特定健康検診)を受けることができるんだよねぇ。
 ただ、以前住んでた長岡京市だと一般の診療所や病院に個人で予約してやらなきゃいけなくて、毎年案内が来てたんだけど面倒くさくて受けてなかったのよ(^^;)。まぁ、定期的に通院していて、そちらで基本的な診断はしてもらってるからってのもあったんだけど(血液検査も年1回はやってるし)。

 で、引っ越した関係で京都市からも健診の案内が送られてきたんだけど、京都市では一般の診療所や病院以外に、各地区の小中学校などを利用して集団検診を行っていて、そこで受診することもできるんだとか。しかも、日時と場所は指定されているんだけどとくに予約などは必要なくて、検診をやってる場所に直接出向いてその場で受付して受診できるそうで。いやぁ、これだと自分の都合に合わせやすいのでいいね(って、とくに予定のない私が言うのもなんだけど(笑))。
 そんなわけで調べてみたら、今日と明日、市役所近くの中学校で健診をやってるのがわかったので、送られてきた受診票を持って受診してみることに。

 んで、もしかして近所の人たちとかで列ができてるのかな、と思ったんだけど、さほど大したことはなくて、ほとんど待ち時間はなし。簡単な受付を済ませて受診料金500円を支払ってから、胸部レントゲン、検尿、身体測定(身長・体重・胴囲)、血圧、問診、採血、心電図(BMIと血圧から必要だと判断された(^^;))と回って終了。時間にして30分かかってなかったから、いつもの通院に比べれてもはるかに楽(笑)。
 健診の結果は1か月後くらいに郵送されてくるようだけど、まぁ、今のところはとくに自覚症状もないし、BMI値が思ったほど下がってなかった(=さほど体重が減ってない(^^;)。昼メシ食ってすぐだったから)のと、血圧が高めだった(階段登って安静時間なしで測られたら、高めに出るだろ、普通)くらいだから、とくに問題はないと思うけどね。


 ちなみに、健康診断は午後からだったので、午前中は市役所近くの映画館に行って、先日観たばかりの「コクリコ坂から」をもう一回観てきた(笑)。この作品は東宝系なので前回はTOHOシネマズ二条で観たんだけど、夏休みの人気の映画だからか松竹系の館でも上演してて、今回はMOVIX京都で。
 夏休み中だったものの朝一番の回(10:00)だったからか、観客は20人弱と少なめで、さらに比較的年配の層が多めだったので静かに観賞できて良かったかも。

 しかし、同じ映画をロードショウ中に2度観に行ったのは、ガキの頃から思い起こしても初めての経験かな。ま、そんだけ気に入ってるってことで(^^)。

Posted by “Lupin” on 2011/07/26 19:16:29

2008年12月16日(火)

* 今年は24本    [  日記 | 映画  ]

 ってなわけで、今日は朝から2本の映画を観てきたわけど、これで今年の劇場での映画鑑賞は一応打ち止めかな。結局、今年は劇場で観た映画は全部で24本ってことになるので、ちょうど1か月に2本ずつ見た計算になるんだな。ま、実際には11月に5本まとめて観てたりするので、毎月2本ずつってわけではないんだけど。
 んで、観た映画を並べるとこんな感じ(リンク先は全部自分の日記(笑))。

 いやぁ、今年はなんか邦画ばっかり観てたような気がしたんだけど、数えてみると邦画12本、洋画12本と同じ本数で、ちょっと意外だったかも。ま、一時期は「映画といえば洋画。邦画はアニメのみ」な時期もあったわけで、それから考えると半分も邦画が占めてるってのは、個人的にはかなりの変化なんだけどね。

 んで、昨年は17本だったので、今年は少し本数が増えたわけだけど、ま、来年も今年と同じ月に2本くらいのペースで劇場で観られるようにしたいね(^^)。「いやぁ、映画って本当にいいもんですねっ」(笑)

Posted by “Lupin” on 2008/12/16 23:16:47

2008年11月25日(火)

* TOHOシネマズのプレミアスクリーン    [  日記 | 映画  ]

 んでもって、今日も映画を2本に観て、今月はこれで5本観たことになるんだけども、とりあえず今月はこれで終了かな。実際にはもう1本、今上映中の「トロピック・サンダー/史上最低の作戦」を観たいんだけど、これは来月回しってことで。
 来月はその「トロピック・サンダー/史上最低の作戦」と「WALL-E」の2本は絶対観たいし、もう1本、「K-20 怪人二十面相・伝」を観るかどうか迷ってるってところかな。

 で、今日の2本目、「かけひきは、恋のはじまり」はTOHOシネマズの「プレミアスクリーン」での上映だったのよ。この「プレミアスクリーン」、スクリーンや音響装備なんかは通常の劇場と同じなんだけど、シートが通常よりも大きめで、しかもリクライニング機能付きで、より快適に鑑賞できるってのがウリなんだよねぇ。
 んで、通常は「プレミアスクリーン」は一般のスクリーンが1,800円のところ、2,400円とちょっと割高なんだけど、ときどき通常料金で公開されているときがあるようで、今回がちょうどそれに当たったと。いやぁ、以前から興味があったんだけど、さすがにわざわざ追加料金を払ってまで入ろうって気はなかったしさ(笑)。

 そのシートだけど、たしかに一回り大きめで、さほど倒れないもののリクライニング機能もついてて快適。それにシートの前後左右のスペースも広めに取ってあって、横の肘かけも広めなのでべったりと腕を乗せても隣の人が気になることはないし、なによりも前が広くて、ほとんどまっすぐに足を伸ばせるのがうれしいね。
 ただし、通常、椅子の肘かけについているカップホルダーがなくて、カップなんかはシートの前の机に置くようになってるんだけど、これがリクライニングにしていると手が届かない場所だったりするんで、ちょっと使い勝手はよくないね。
 あと、通常のスクリーンだと前の椅子の背中にフックが付いていて、そこに荷物なんかをぶら下げておけるんだけど、それがないし、それ以外の場所にも荷物を置く場所がないのがちょっとね。さすがに、前の机の上に貴重品は置きたくないしね。まぁ、セカンドバックならシートが広いので腰の脇にも置けたりするけど、大きめの荷物は抱えてないといけないのはちょっといただけない感じ。

 ま、それでもたしかに、リクライニングして足を伸ばして映画を観られるのはかなりラクチン。まるで、自宅のソファでくつろいで観ている感覚を味わえるので、ちょっとリッチなときには利用してみても……でも差額の600円の価値があるかどうかはちょっと微妙なところかな(笑)。

Posted by “Lupin” on 2008/11/25 23:08:16

2007年 4月10日(火)

* ドロンジョ様は誰が?    [  映画  ]

日活、タツノコプロの人気アニメーション 『ヤッターマン』と『科学忍者隊ガッチャマン』の実写映画化決定 from 株式会社インデックス・ホールディングス|プレスリリース

 往年の人気アニメ「ヤッターマン」と「科学忍者隊ガッチャマン」が実写されることが決まったんだそうだ。うーん、「ガッチャマン」はともかく、「ヤッターマン」の実写版ってどうなのよ、とか思ってたら、「ヤッターマン」の方はすでに話が具体的に進んでるんだそうで、監督も決まってるみたい。ちなみに、製作は日活で、配給は松竹になるとか。
 でも、ある意味、「ヤッターマン」の方が期待度が高いかもしれんなぁ(笑)。

Posted by “Lupin” on 2007/04/10 20:48:33

2007年 3月25日(日)

* 最終話までご一緒に    [  映画  ]

エマ・ワトソン、「ハリポタ」最終シリーズも出演決定 from Yahoo!ニュース - ロイター

 映画版「ハリポタ」シリーズで、ハーマイオニーを演じているエマ・ワトソンが残る第6作、第7作にも出演することが決まったんだそうだ。ハリー役のダニエル・ラドクリフ、ロン役のルパート・グリントもすでに出演が決定しているんだそうで、これで主演の3人が揃って最終作までトリオを組むことになったわけだね。まぁ、ロンはともかく(をぃ)、ハリーとハーマイオニーは彼らじゃなくっちゃねぇ(実際には、ロンが一番原作に近いイメージだと思うんだけどさ(笑))。

 ちょうど3人とも原作と同様に成長しているわけだけど、原作が7年しか経っていないにもかかわらず、映画の方はもうちょっと時間がかかりそうなんで、どれだけ原作のイメージを再現できるか、気になるところだね。
 いまのところ、原作が映画化されるまでに4年ほどかかっている(今夏公開の映画版「不死鳥の騎士団」の原作は2003年発表)ので、同じペースだと最終の第7作が公開されるのは2011年、このとき、ダニエル・ラドクリフ22歳、ルパート・グリント23歳、エマ・ワトソン21歳になってるわけで、これで17歳を演じるわけだし。

 まぁ、でも、うれしい話ではあるね(^^)。

Posted by “Lupin” on 2007/03/25 23:53:37

2007年 2月16日(金)

* 所詮こんなものなのか?    [  インターネット | 映画  ]

 さて、長い間ハマってたゲームも終わったし、とりあえず、なんか別のことするか、と思ったわけだけど、とくにやらなきゃいけないこともない。さりとて、テレビも見たい番組ないしなぁ、と思ってたら、ちょうど“GyaO”から届いた番組ガイドに「痴漢男」が載ってたので観てみようかと。

続きを読む...
Posted by “Lupin” on 2007/02/16 23:38:54

2006年 3月10日(金)

* 「耳をすませば」    [  日記 | 映画  ]

 昨夜半から降り出した雨は、今日もそのまま残って一日雨。天気予報では、午後から回復するって話だったんだけど、残念ながら少しずれちゃったみたいだね。おかげで今日は散歩にも出られず、一日引き篭もって過ごしちゃったよ(^^;)。
 で、天気は明日は前線が南下して回復、さらに北の低気圧に向かって南から暖かい風が吹くとのことで、また暖かくなりそうだとか。でも、日曜日になると一転して寒くなって、日本海側では雪が降るところもあるとかで。うーん、この季節は「三寒四温」とはいうけれど、それよりもめまぐるしい変わり方だなぁ。

 んで、今日の「金曜ロードショー」で「耳をすませば」をやってたので、同じ時間帯でDVDを観てみた(笑)。DVDだから今日じゃなくてもいいんだけどさ、オープニングをテレビで観てたら、ついね。
 これまでに何度も観てて、ストーリーも十分わかってるし、一部は台詞も覚えてたりするけど(笑)、やっぱりこれは何度観てもいいねぇ、ラストシーン以外は(^^;)。ジブリ作品の中でも1, 2を争う名作だよなぁ、個人的に。いやぁ、久々だったけど、満足してしまったわ(^^)。

Posted by “Lupin” on 2006/03/10 23:53:44

2006年 1月28日(土)

* 老けすぎなんじゃないのか    [  映画  ]

「犬神家」再び映画化 30年前と同じ監督・主演で from asahi.com - 文化・芸能

 横溝正史原作の「犬神家の一族」は、私立探偵・金田一耕助が活躍するミステリーで、これまでに何度も映画化やテレビドラマ化などされているね。古くは、主人公の金田一耕助を片岡千恵蔵が演じたこともあるし、テレビドラマでは古谷一行を始め、中井貴一、片岡鶴太郎、稲垣吾郎などが演じているね。
 その映画版の最高傑作といわれているのが、石坂浩二が金田一耕助を演じ、1976年に公開されたものだそうだね。監督は市川崑で、角川映画の第1作目のこの作品のヒットのおかげで「横溝ブーム」が起き、古谷一行のテレビドラマシリーズが作成されたわけだ。

 で、その30年前に撮られた映画版のリメイクされることに決まったそうなんだけど、なんと監督も主演も30年前のままでリメイクされるんだそうだ。うーん、監督はともかく、主演の石坂浩二って水戸黄門を演じる年齢なわけで、偉く老けた金田一になるねぇ(^^;)。ま、監督も90歳だそうで、そっちもある意味心配だけど(笑)。

Posted by “Lupin” on 2006/01/28 23:43:45

2005年12月22日(木)

* 今日届いたもの (DVD)    [  物欲 | 番組 | 映画  ]

 ってことで、「電車男」の映画版とTVドラマ版のDVDが揃ってご到着ってことで。映画版の方は、12月9日発売だったんだけど、ま、別に急いでるわけじゃないし、TVドラマ版のと一緒になるように注文してあったのよ。
 で、映画版の方は特典なしの「スタンダード・エディション」。まぁ、単にコレクションとして存在するだけになると思うので(をぃ)、特典までは必要ないかなと。っていうか、TVドラマ版観ちゃったら、ちょっと映画版は観る気にはならんし(だったら買うなよ)。とくに、山田某とか中谷美紀ファンってわけでもないしさぁ(笑)。
 んで、TVドラマ版BOXセットには、初回限定特典で特製マウスパッドとミーナ・ミニチュアPOPスタンド、それと特典映像が付いてるみたい。POPとか映像はどうでもいいけど、このマウスパッドはなかなかいいかも。でも、勿体なくて使えないけどな(笑)。
 DVDは、本編が6枚組で、オマケの1枚に「もう一つの最終回スペシャル」が収録されてるのか。それぞれ、ピクチャーDVDになっててかなり凝ってるのね。パッケージも変わった装填になってるけど、悪くない感じ。また、暇なときにでも1話から見直すかな、わはははは。

Posted by “Lupin” on 2005/12/22 23:27:03

2005年12月13日(火)

* ジブリの宮崎作品    [  映画  ]

ジブリの新作は「ゲド戦記」 宮崎駿さんの長男が監督 from asahi.com - 文化・芸能

 今日、東宝が発表したところによると、スタジオジブリの次回の新作アニメがファンタジー小説の名作「ゲド戦記」に決まったんだそうだ。「ゲド戦記」(原題:“A Wizard of Earthsea”)はアメリカの作家“Ursula Kroeber Le Guin”(アーシュラ・クローバー・ル=グウィン)の作品で、魔法使いゲドの活躍を描いたファンタジー小説。1968年から2001年にかけて全6巻が刊行されているそうだ。

 で、その「ゲド戦記」全6巻のうち、第3巻を元にしてアニメ化されるそうなんだけど、監督は宮崎さん。といっても、宮崎駿氏ではなく、駿氏の長男の宮崎吾朗氏が監督を担当するんだそうだ。吾朗氏はこれまで「三鷹の森ジブリ美術館」の館長を務めていたものの、アニメの制作に関わるのは初めてだそうだ。
 現在、すでに制作に入っていて、来年7月には公開の予定だそうだけど、ポスター原画を見るとナウシカっぽい感じなのかね。このポスターは吾郎氏によるものだそうだけど、なるほど宮崎の血、って感じだね(^^)。これは、ちょっと楽しみかも。

 ちなみに、駿氏関連では、「ハウルの動く城」が

アニメ賞に「ハウルの動く城」 NY映画批評家協会 from asahi.com - 文化・芸能

と、ニューヨーク映画批評家協会の選出する「アニメ賞」を受賞したとか。来年3月のアカデミー賞に向けて、良いニュースとなるかもね。

Posted by “Lupin” on 2005/12/14 00:01:29

2005年11月13日(日)

* 清々しい秋の日に新着メールがあります    [  日記 | 映画  ]

 昨日、やや強めに吹いていた冷たい北風は、今日はおさまり、午前中は秋らしい柔らかな陽射しが満ちて、清々しくて、なんだかほっこりするようなお天気。それでも、ここんとこ朝夕は冷え込んでるからか、街路樹の木々の色がだいぶ変わってきた感じ。いつもの散歩道には落ち葉も増えてきたし、赤みの強くなった葉も多いしね。
 午後からはやや雲が広がって、太陽を隠してしまったので、気温は思ったほど上がらず。ま、それでも、当初言われてたほどの天気の崩れにはならないようで、雨は大丈夫な感じ。もっとも、どこにも出かける予定はないけど。

 そういえば、今日は近所で「ガラシャ祭り」というのが行われていて、輿入れ行列の巡行なんかがあったようで、行列の奏でる笛や太鼓の音が聞こえてたんだよね。まぁ、その手の行事にはあまり興味がないので観には行かなかったんだけどさ(^^;)。

 で、午後からは今日も独りDVD鑑賞会(^^;)。今日もずいぶん以前に買ったまま、一度も観てなかった“You've Got M@il”を。ご存知、トム・ハンクスとメグ・ライアン主演のラブ・ストーリーですな。
 インターネットのチャットで知り合った見知らぬ男女が、Mailのやり取りで親密になるんだけど、その男女は現実の世界ではライバル同士だったという、ま、ありがちなストーリー。その後の展開も、奇をてらったところがなく、ストーリーも淡々と進んで、最後もお決まりのパターンって感じだけど、こういうのも嫌いじゃないわけで(笑)。
 で、ストーリー以外に、トム・ハンクスが使ってるのがIBMのThinkPad、メグ・ライアンがAppleのPowerBookだったとか、二人が出会ったりMailを交換してたのがAOLだったとか、AOLに接続するときのモデムの発信音が妙に懐かしかった、とか、妙なところをチェックしてるのはその手の人だからかなぁ(笑)。

 とりあえず、メグ・ライアンはかわいかったな、ってのが一番の感想かも(をぃ)。なので、この二人のコンビで撮った「めぐり逢えたら」もちょっと観てみたいかも。

Posted by “Lupin” on 2005/11/13 23:49:46

2005年11月12日(土)

* 北風とギャンブラーと歯科医    [  日記 | 映画  ]

 昨夜、寝る時間に雨は結構激しく降っていて、そのまま明け方まで降り続いたみたいなんだけど、朝、目覚めた時にはすっかり雨は上がってて、西の空には青空も見えてたり。この時間はまだ雲が多かったんだけど、その後も天気はどんどん回復して、午前中の早い時間には陽射しも戻ってきて、日のあたる場所はポカポカと暖かかったね。
 もっとも今日は北よりの風が結構強くて、陽の当たらない場所だと少し寒さを感じたね。こちらでは風速は6m程度だったので「木枯らし」とまでは行かなかったけど、東京では「木枯らし」になったようだね。

木枯らし1号、東京地方に吹く 気象庁発表 from asahi.com - 社会

 で、午後からはとくに予定もなかったので、天気が良いにもかかわらず、部屋を閉め切ってDVDを観ることに(笑)。何を観るかとDVDラックを物色してたら、買ってから一度も観てないDVDを発見。って、実はわりと多かったりするのよね、そういうの。いやぁ、なんかさ、「買っただけで満足」しちゃってさ(^^;)。
 で、そんななかでなぜか「マーベリック」を観ることに。メル・ギブソンとジョディ・フォスターが主演しているコメディタッチの西部劇。いやぁ、メル・ギブソンってこういう軽妙な役はうまいよねぇ。ジョディ・フォスターもなかなか良い味を出してたし。
 ストーリー的には、もうちょっとギャンブラーっぽいものを想像してたんだけど、どっちかって言うと西部劇色の方が濃かったかな。西部劇を見たのは久しぶりだったんだけど、昔よりも設定とか服装とかに目が行って、それがなかなか楽しかったかも。クライマックスの展開も悪くなかったし、なかなか面白かったかも。

 んで、夕方、小腹が減ったので実家にあった干し芋を食ってたら、いきなり口の中で「ガリッ」という嫌な音が。恐る恐る見てみたら、奥歯の詰め物が取れちゃってた(^^;)。いやぁ、土曜日って歯医者さんって午前中で終わりのところが多いわけで、土曜日の夕方に歯のトラブルってある意味最悪だよね。
 このまま週明けまで穴の開いたままで過ごさないといけないのか、と思ったんだけど、ダメもとでググってみたら、なんとウチから2番目に近い歯医者が18時まで開いてることが判明。すぐに電話したら、なんと17:20に予約のキャンセルが出たので、その時間だったら診てもらえる、と。うはー、不幸中の幸いとはこのことかと、即座に予約して治療に行って来たと。
 もっとも、詰め物が取れたのはその下が虫歯になって穴が開いているのが原因だそうで、しかも結構深いらしい。今のところ痛みはないんだけど、先々痛みが出るかもしれないし、この歯が親知らずだってこともあって、抜いちゃうのがいい、というのが先生の見立て。あんまり歯はいじりたくないんだけど、先々のこと考えたら、さっさと抜いちゃうしかないか、と諦めて、先生の案を承諾。
 ただ、持病の薬を飲んでいる関係で、どの薬が使えるのかを確認してくれということになって、実際に抜くのはそれを確認してからということに。とりあえず、今日は仮の処置をしてもらって帰ってきたんだけど、確認のためのお手紙を貰ったので、週明けに病院に行かないといけないんだよな。うーん、確認してもらうだけのために何時間も待つのは嫌だなぁ。っていうか、病院に行きたくないなぁ(^^;)。とりあえず、週明けに電話してどうすればいいか聞いてみるか。
 ま、でも、週末に歯を気にしながら過ごすのは避けられたからいいとするか。

Posted by “Lupin” on 2005/11/13 01:15:53

2005年10月30日(日)

* ようやく観たFF7AC    [  日記 | ゲーム | 映画  ]

 今日は朝からそこそこいい天気。朝から空にはやや雲が多くて、ときどき日が翳ったりするものの、それでも陽の射し込む南側の部屋はポカポカと暖かめ。最高気温も20.3度まで上がったようで、散歩から帰ってきたら、軽く汗ばんでたしね。
 もっとも、夕方前くらいからは徐々に気温も下がってきてて、17時頃にはひんやりした感じだったしさ。今夜から明日にかけては、少し冷え込むようなので暖かくして眠った方が良さそうだなぁ。

 んで、今日は夕方から映画鑑賞。っていうか、発売日に買ってあった「FINAL FANTASY VII ADVENT CHILDREN」の本編をようやく観たわけだけど。発売から1ヶ月以上経ってるんだなぁ(^^;)。
 CGは噂以上に凄くて、逆に違和感を感じたりして(笑)。既存のCGとセルアニメ、それと実写のどれとも違う質感に慣れるまで、ちょっと違和感あったけど、それでも慣れちゃえば凄さだけが目に付くというか。いやぁ、すごいねぇ、まったく。
 ストーリー的には、当然ゲームのFF7を知っていることを前提に作られているわけだけど、すでに忘却の彼方だったので、なかなか各キャラクタの区別が付かなくてねぇ(^^;)。クラウド、ティファ、バレットあたりはともかく、ヴィンセントとかユフィを思い出すのに手間取ってみたりして。で、この物語の主人公は、きっと新羅のレノとルードのコンビだろう、と思うくらい、この二人の出番、多いよなぁ(笑)。まぁ、ゲーム同様、なかなかいい味出してましたけどね。
 んで、ストーリー的にはいろいろ突っ込みどころはあった気がしたけど、もともとはゲームの世界のアナザーストーリーだし、こういう展開もありかなと。セフィロス、アリエス、ザックスなんてところが出てくるわけだから、そのあたりは推して知るべしってところか。いや、でも、なかなか面白かったよ、うん。

Posted by “Lupin” on 2005/10/30 23:40:11

2005年10月18日(火)

* なんで今さら…    [  映画  ]

「ロッキー」第6作、スタローン主演で制作へ from asahi.com - 文化・芸能

 映画の「ロッキー」シリーズといえば、シルベスター・スタローンを世に輩出したボクシング映画で、その第1作が公開されたのが1976年だから、来年は公開30周年になるんだよね。当時、30歳前だったスタローンは、自らが書き上げた脚本で主役を演じ、この映画で一躍人気者となり、その後、もう一つの代表シリーズとなる「ランボー」シリーズでハリウッド・スターとしての地位を固めたわけで、いわゆるアメリカン・ドリームを実現した一人でもあるわけだよね。
 で、その「ロッキー」シリーズは、1作目から3年区切りに「ロッキー2」(1979年)、「ロッキー3」(1982年)、「ロッキー4・炎の友情」(1985年)と公開され、ここまではロッキー自身がボクサーとして戦っていたわけだけど、5作目となる「ロッキー5・最後のドラマ」(1990年)では、ロッキーは現役を引退してトレーナーとして第二の人生を歩むことで、シリーズの幕を下ろした、はずだったんだよね。
 ところが、なんとここにきて第6作「ロッキー6」の制作が決まったんだそうだ。しかも、この6では、ロッキーはボクサーとして再起を飾る予定だそうで…。まぁ、無理だといわれるところから、這い上がって勝利(もしくはそれに匹敵するもの)を掴むのが「ロッキー」シリーズの定番だけど、それにしてもいまさらって気もするけど。ちなみに、スタローンが脚本、監督、主演をこなすそうで、来年から撮影を開始、公開時期は今のところ未定だとか。

 個人的には4作目までは観てて、そこそこ好きなシリーズではあるんだけど(とくに1作目と4作目が好き)、この最新作はあんまり期待できなさそうだなぁ(^^;)。

Posted by “Lupin” on 2005/10/18 22:57:33

2005年 9月14日(水)

* 本日のお買い物(DVD, ゲーム)    [  物欲 | ゲーム | 映画  ]

 DVDは、FFシリーズの最高峰といわれるFF7のその後の世界を描いた続編。FF7っていうと、クラウドが主人公で新羅カンパニーと戦うっていうストーリだったのは覚えてるんだけど、それ以外はあまり覚えてないんだよなぁ(^^;)。で、ゲームの方は最終ステージまで進んだもののコンプリートしていないような気もしたり、しなかったり。んー、どうだったかなぁ、セフィロスとのエンディングは観たような気もするんだけどなぁ。
 で、とりあえず、特典映像の“REMINISCENCE of FFVII”で前作のおさらいを(笑)。おかげで、なんとかおおよそのストーリーは思い出したんだけど、やっぱりクリアしたかどうか思い出せんぞ(^^;)。ま、クリアしててもしてなくても、新作には関係ないと思うけど。しかし、全編フルCGアニメだそうだけど、どのキャラクタもちょっと生気のない顔しているよね(クラウドはそれでいいんだけどさ)。
 とりあえず、本編はこの週末にでも観るかな。

 ゲームは、GBA対応の「初代スーマリ」。昨年、「ファミコンミニ」に惹かれて、GBAを買ったときには、すでに「初代スーマリ」は売り切れで入手できなかったんだけど、今回「スーパーマリオブラザーズ20周年記念」ということで再販になったんで、やっと入手できたと。結局、「スーマリ2」は途中で投げた(^^;)んだけど、こっちだったらきっと最後までいける気がする。
 たしか、どっかに攻略マップがあったような気がするんで、それを発掘して。って、その前にGBA本体を発掘しないといかんわ(^^;)。

Posted by “Lupin” on 2005/09/14 23:42:29

2005年 8月23日(火)

* 自己申告で割引    [  映画  ]

映画館:「ヲタク一枚」でおトクな気分 「電車男」の入場料割引−−藤沢 /神奈川 from Yahoo!ニュース - 毎日新聞

 6月4日にロードショウ公開されて、観客動員200万人を突破した劇場版「電車男」だけど、2ヶ月以上経ってもまだ東宝系列の劇場だけでも全国140館でロードショウが続いているんだねぇ。まぁ、夏休みということと、テレビドラマとの相乗効果を狙ってのロングランだと思うけど、それでもこんなに長くやってるとは思わなかったわ。

 で、そんな劇場版「電車男」の上映を行っている、藤沢市の「フジサワ中央」では、なんと「ヲタク割引」なるサービスを行っているそうで、窓口で「ヲタク」と申告することで入場料が1,300円(一般 1,700円)になるんだとか。この料金、大学・高校生の1,400円よりも割安になっているうえ、申告は自己申告のみで証明書などは一切不要、さらにその他の割引もそのまま適用できるんだとか。
 また、最終回の上映はイブニングサービスとして、一般でも1,000円で入場できるそうなんだけど、ヲタクは800円になるんだとか。この劇場、入れ替え制ではないそうで、ようするに一つの作品なら何度でも見ることが出来るので、最終回は料金が安くなってるみたいだね。
 この劇場、大手の系列ではなく個人経営の劇場だそうで、そのためにいろいろなサービスを行っていて、この「ヲタク割引」もその一環のよう。実際に、入場者の半数くらいは「ヲタク申告」での入場だそうだ。

Posted by “Lupin” on 2005/08/23 23:39:28

2005年 7月29日(金)

* 本日のお買い物 (DVD/CD)    [  物欲 | 音楽 | 映画  ]

 DVDはオーシャンズ11と、その続編のオーシャンズ12。11をテレビ放映で観たときにかなり面白かったので、12は映画を見に行こうと思ってたんだけど、気がついたらロードショウが終わってたんでDVDを買ってみたと(^^;)。12は11に比べて、ちょっと評判は芳しくないようだけど、ま、ジョージ・クルーニーの渋い演技を見るだけでもいいかな、と(笑)。この週末に2本続けて観てみるかな。

 CDは、3枚ともシングル。Bennie Kの“Dreamland”は、コカ・コーラのCMで使われているあのノリの良い曲。いや、ま、とりあえず旬の1枚ってことで(笑)。KOKIAの“time to say goodbye”は、26日に発売された新曲。まだあんまり聴いていないんだけど、ちょっと昔のKOKIAを思い起こされる感じだね。“dendelion”は2月にリリースされてたシングルだけど、買い漏らしてたのでこの期にまとめてと。

 いや、実は今月末で期限の切れるamazonの500円分のギフトカードがあったんで、それを使おうと思って注文したんだけど、結局7,000円弱も使っちゃってて、なんだかamazonの思う壺、って感じだよなぁ(^^;)。

Posted by “Lupin” on 2005/07/29 23:49:28

2005年 6月29日(水)

* なぜ今頃?    [  映画  ]

クロマティさん、「魁!!クロマティ高校」差し止め申請 from asahi.com - 社会

 「魁!!クロマティ高校」は、野中英次氏作で週刊少年マガジンで連載されているギャグ漫画で、池上遼一ばりの劇画タッチのシリアスな絵柄で、ギャグが展開されるという野中氏得意の脱力系ギャグ漫画である。この「魁!!クロマティ高校」は、すでにテレビ東京系でアニメ化され、全26話が放送されており、DVDも5巻が発売されているんだよね。
 で、さらにこれが「魁!!クロマティ高校THE★MOVIE」として劇場映画化されることになったんだけど、この劇場版はアニメではなく実写版での製作となってて、あの漫画をどうやって実写化するのか、かなり興味を満ってたのも事実だったり(笑)。

 で、すでに映画は完成していて、この夏にも公開される予定だったんだけど、ここに来て、なぜか突然、元プロ野球のジャイアンツで活躍していたクロマティ氏が公開差し止めの仮処分を東京地裁に申し立てたんだそうだ。しかも、「今後、原作の漫画についても、連載の中止を求めるなどの対応を考えている」ということなんだけど、なんで今頃になってこういう話になったのかが謎だなぁ。
 マガジンでの連載は2000年から始まっているし、アニメも2003年10月から半年間オンエアされてて、その間はまったく問題なしだったのにねぇ。うーん、今さらながらのクロマティ氏の対応、謎だなぁ。

Posted by “Lupin” on 2005/06/29 23:36:57

2005年 6月26日(日)

* 公開前にミリオン達成?    [  映画  ]

先々行上映にファン43万人 スター・ウォーズ最新作 from Yahoo!ムービー - ニュース

 さて、いよいよシリーズ最終作となるスターウォーズの最新作、エピソード3「シスの復讐」の先行上映会がスタートしたねぇ。っていうか、正確には先々行上映になるんだけどさ(笑)。マイミクの人とかも、結構観に行った人が多かったようで、昨日の夜からの日記には、このネタが満載だったし。来週の土曜日(7/2)に「先行上映会」があって、日本での正式公開は7月9日から、と。
 もっとも、すでに先々行上映で43万人もの観客が詰め掛けたんだそうで、来週の先行上映会を含めて、本公開前に観客動員数100万人を突破しそうな勢いだねぇ(^^;)。

 で、今回のエピソード3は、最初に公開されたエピソード4に繋がるエンディングになっているんだそうだけど、そのエピソード4が公開されたのは1978年だから、もう27年も前の話なんだよねぇ。まぁ、これまで公開されたエピソードは、すべてDVDやビデオが発売されているので、それを観るのもありなんだろうけど、こんな催しも企画されてるようだね。

「スター・ウォーズ」6作、14時間半上映 from nikkansports.com > 芸能TOP > ニュース

 朝9時から「エピソード4」から公開順に上映され、最後は「エピソード3」で締めくくりとなるそうなんだけど、休憩時間を含めて14時間半の上映となるんだそうで、終了時間は23:30だとか。会場は650人の限定だそうで、チケットは6作通しで9,000円、予約は28日からだとか。なんか、一瞬で売れてしまいそうな感じだねぇ。

Posted by “Lupin” on 2005/06/26 23:49:43

2005年 6月18日(土)

* ダブルミリオン達成へ    [  読書 | 映画  ]

本も映画も100万突破へ 「電車男」が大ブレーク from Yahoo!ニュース - 共同通信

 さて、映画版が公開されて2週間になる「電車男」だけど、なかなか好評のようで観客動員数も100万人突破目前だそうだ。mixiの「電車男とエルメスさん」コミュとか見てると、原作を読む前に映画を見ている人も結構いるみたいで、原作の方に違和感を感じている人もいたりして、それはそれでおかしかったり(笑)。
 で、きっとそういう映画から入った人や、映画化やドラマ化などでメディアにどんどん出始めたことで知った人たちが原作本を買っているのか、日本出版販売調べの週間ベストセラー(総合)でも、相変わらず高い位置にランクイン(先週、今週と2位)してるみたいだね。そして、週明けにはこちらも発行部数が100万部を突破する予定だそうで、ダブルミリオン達成だとか。
 うーん、すごいねぇ。

Posted by “Lupin” on 2005/06/18 23:42:17

2005年 6月15日(水)

* 「耳をすませば」で町おこし    [  映画  ]

町おこし:宮崎アニメ「耳をすませば」で東京・多摩市 from MSN-Mainichi INTERACTIVE 映画

 「耳をすませば」といえば、柊あおい氏原作の少女漫画で、それをスタジオジブリが近藤喜文氏を監督にしてアニメ化した作品だよね。実は、わしがもっとも好きなジブリの作品だったりするわけだけど、その舞台となったのが、多摩ニュータウンと京王線聖蹟桜ケ丘駅周辺だったのは結構有名な話だよね。

 で、その「耳をすませば」が公開されたのは、1995年なので今年でちょうど10年になるわけだけど、なぜか今頃になって地元の商店主などが「耳をすませば」を使って「町おこし」を、という話になっているんだとか。とりあえず、「モデル地探訪ラリー」が7月10日の日曜日に行われるんだそうで、作品のモデルとなった6箇所の場所をたどるそうだ。また、翌週の17日には、多摩大学の学生らを中心にしたロケ地ツアーや、近隣の公民館や中学校での無料上映会なども行われるとか。

 ちなみに、ジブリ作品でなら「平成狸合戦ぽんぽこ」も多摩ニュータウンをモデルにしているんだけど、こっちは使われないのね(笑)。

Posted by “Lupin” on 2005/06/15 23:33:33