INFOINFO
MAILMAIL

2019年 5月23日(木)

* 木曜のボドゲ@BRESPI・176回目    [  ボードゲーム  ]

 今日も朝からカラッと晴れて、澄んだ青空の広がる好天。強めの陽射しのおかげで気温も上がって、日中の最高気温は30.2度と「真夏日」に。それでも湿度が低かったこともあって、日陰にいれば結構快適な気候だったかも(^^)。ちなみに、この好天は週末も続き、さらに日曜日は気温が上がって「猛暑日」になりそうだとか。天気がいいのはいいけど、そんなに早く暑くならなくてもいいんだけどなぁ(^^;)。


 そんな木曜日は自宅で昼メシを食ってからお出かけ。暑いので地下鉄で移動しようと思ってたんだけど、カラッと晴れて気持ちよかったので、ぶらぶら歩いていくことに。いつもどおり、神泉苑にお詣りしてから、河原町までてくてく歩き、そのまま真っすぐにいつもの「BRESPI」へ。

今日のゲーム

 お店に着いたのは14時前だったんだけど、まだお客さんの姿はなくのんびりとした店内。

 で、まずは店長とななさんの3人で「ナンバーナイン」(NMBR9)を。

「ナンバーナイン」 「ナンバーナイン」

 ここ最近も毎日コツコツとナンバーナインbotで楽しんでいるんだけども、対人で遊ぶのはずいぶん久しぶりだったり。で、序盤は店長とまったく同じ配置だったんだけど、その後独自展開に。中盤以降もわりといい感じで進んで、3段目に「7」を重ね、4段目の「9」へとつないだものの、それ以外が今ひとつだったこともあって、最終ポイントは96点と、あと一歩3桁に届かず。ななさんが94点、店長が97点とハイレベルな争いとなって、店長に1点及ばず(^^;)。


 ここでマチさんがおいでになったので、4人で「ラミィキューブ」(Rummikub)を。

「ラミィキューブ」 「ラミィキューブ」

 1ラウンド目の親は私で、マチさん、店長、ななさんの順。配牌には「12」と「13」のグループがあって、初手で「13」のグループでイニシャルメルド。ただ、その後の展開は今一つで、店長の和了に-28点。
 2ラウンド目はマチさんの親で、ななさん、店長、私の順。配牌には10以上の数字が1枚しかなく、その後の引きも弱くて、7巡目にようやく「6」と「9」のグループが揃って4番目にイニシャルメルド。その後、アレンジを駆使して手牌を整理するも「黄13」がどうしても処理できず、マチさんの和了に-13点。

 ここで2組ほどお客さんがいらして、店長とななさんが接客に入られたので、1時間ほど中断。

 中断からの復帰後の3ラウンド目は店長の親で、マチさん、私、ななさんの順。配牌14枚のうち、10枚が黄色だったものの、できているセットは「黄123」のランのみ。2巡後に「黄56789」のランが揃い、1番目にイニシャルメルド。その後、なんとか黄色のタイルは処分できたものの、その他の色がなかなか場に出てこず、結局、ななさんの和了に-6点。
 4ラウンド目はななさんの親で、マチさん、私、店長の順。配牌のうち半数が10以上だったもののセットはなく、初手で「青10111213」のランが揃って、3番目にイニシャルメルド。ただ、今回もなかなか大きめの数字が処分できずに苦戦し、ななさんの和了に-23点。
 結局、4ラウンドのトータルでは、私が-70点、マチさんが1勝で-26点、店長が1勝で+42点、ななさんが2勝で+54点という結果に。うーん、私だけが唯一和了なかったのか…。


 その後、マツモトさんがおいでになったので、店長の代わりに入っていただいて2戦目へ。

 1ラウンド目はななさんの親で、私、マツモトさん、マチさんの順。配牌には「4」のグループのみだったものの、2巡目に「8」のグループが揃い、1番目にイニシャルメルド。大きめの数字はわりと早めに処分できたものの、小さい数字がなかなか処理できずに苦戦するも、最後にジョーカーを引いて和了。和了点は+37点。
 2ラウンド目は私の親で、マチさん、マツモトさん、ななさんの順。配牌にはジョーカーが1枚と、「赤789101112」のランがある恵まれた展開で、「赤1011112」でイニシャルメルド。今回も大きめの数字は早めに処分できたものの、小さい数字がなかなか場に出てこずに苦戦し、ジョーカーをリリースした巡にななさんが和了られて-2点。
 3ラウンド目は松本さんが親で、私、ななさん、マチさんの順。配牌にはジョーカーが1枚と「10」のグループがあって、初手でイニシャルメルド。今回も2ラウンド目と同様に大きめの数字は早めに処分できたものの、小さい数字が処分できず、終盤までもつれるも、和了は諦めてジョーカーを放出し、その巡目にななさんの和了となって-2点。
 4ラウンド目はマチさんが親で、私、ななさん、マツモトさんの順。配牌にはジョーカーが1枚あるもののセットはなく、6巡後に「赤23456」のランと「8」のグループが揃って3番目にイニシャルメルド。その後、アレンジで手牌を処分してゆくも、どうしても「青1」が処理できず、またしてもジョーカーをリリースした巡にななさんに和了られて-1点。
 4ラウンドのトータルでは、ななさんが3勝で+134点、私が1勝で+32点、マツモトさんが-96点、マチさんが-70点という結果に。2~4ラウンド目はジョーカーがありながらもあと一歩が詰めきれないという残念な結果だったなぁ。

 まぁ、でも、久しぶりに8ラウンドできたので、それはそれで満足(^^)。


 ↑の「ラミーキューブ」の中断中に、マチさんと2人で「カロム」(CAROM)を。

「カロム」

 序盤はマチさんにいろいろアドバイスをしつつ対戦。マチさんはかなりうまくなってらして、1戦目は私、2戦目、3戦目はマチさん、4戦目、5戦目は私が勝つという競った争いに。5戦してなんとか勝ち越したものの、結構際どい勝ちも多かったので実力は伯仲というところだねぇ。

 その後、ななさんの手が空いたので入っていただいて、マチさん&ななさんペア対私の変則ダブルス戦に。序盤はリードする展開も、終盤に追い込まれて競った争いに。それでもなんとか最後は1手差で逃げ切って勝ち。いやぁ、危なかったかも(^^;)。


 この後、マチさんとマツモトさんは先週の続きで「フォールアウト」(Fallout)をやられるということになって別卓へ。

 ここで初見の男性のお客さんがおいでになりご一緒することに。ボドゲは比較的初心者ということだったので、ななさんに入っていただいて3人で「コンプレット」(Completto)を。

「コンプレット」 「コンプレット」

 インスト中にyu-jiさんがいらしたので入っていただいて4人でプレイ。序盤はななさんと男性がリードされる展開も、終盤には競った争いになり、最後は残り1つでリーチを掛けられていた男性があまり牌を拾って和了。ななさんが残り1個、yu-jiさんと私が残り2個だったので、なかなか熱い展開だったかな。


 次も同じ4人で「ポイズン」(Poison)を。

「ポイズン」 「ポイズン」

 男性が初プレイだったので、インストしてから、まずはお試しでプレイ。配牌に「毒薬」が4枚もある恵まれた手札で、序盤からわり紫を積極的に飲みつつ、「毒薬」をばらまく展開。初プレイの男性もなかなかうまくプレイされていたものの、最後に青を3枚引き取られてパーフェクトならず。私は紫がトップで相殺され、「毒薬」1枚の-2点でトップ。
 ななさんのリクエストでおかわりの2戦目。今回は手札に「毒薬」が1枚もなかったものの、「1」や「2」の小さなカードが多かったこともあって、なんとかそのあたりで逃げたいところ。とりあえず、序盤から青を飲む展開でトップをキープし、「毒薬」も1枚だけでしのいだおかげで-2点で終了。初プレイの男性も毒薬1枚だけだったので同点。


 次も同じ4人で「ごいた」を。

「ごいた」

 驚いたことにyu-jiさんも初プレイということで、インストしてからまずは2戦ほどお試しプレイ。その後、経験者と初プレイの組み合わせで、ななさん&yu-jiさんペアvs男性&私ペアの対戦に。序盤は2連続で和了られてリードを許すも、その後なんとか追いすがって80vs80のタイに。5戦目に相方が「角」和了の40点でリードしたんだけども、6戦目にyu-jiさんが「飛」のダブル和了を決められて一気に80点を加算されて160点となって逆転負け。いやぁ、お見事~。


 ここで19時半になっていたので撤収。ややバタバタした感はあったものの、部活の日らしく「ラミーキューブ」は8ラウンドできたし、「カロム」も存分に楽しめたので満足いたしました(^^)。

Posted by “Lupin” on 2019/05/23 22:49:47

2019年 5月20日(月)

* 月曜にボドゲ@BRESPI・175回目    [  ボードゲーム  ]

 今日は朝から雲の多い空模様。午前中はなんとか雨にならずに保っていたんだけども、午後になってからは小雨のぱらつくお天気に。それでも日中は思ったほどは降らなかったようで、夜になってもポツリポツリとときおり雨粒を感じる程度だったので傘のお世話にはならず。ただ、今夜から明朝にかけてはちょっと強く降りそうだとか。


 そんな週明けの月曜日も午後からお出かけ。すっきりしない空模様だったので地下鉄で京都市役所前まで行き、のんびりと昼メシを食ってから、いつもの「BRESPI」へ。

今日のゲーム

 実は今日は10時からお店が開いていたそうなんだけど、その情報を見たのがお昼すぎだったので、お店に着いたのは14時過ぎ。いやぁ、午前中はわりとヒマだったので、早くに開くのを知ってたら午前中から来てたんだけどな(笑)。

 で、HaMaさんがいらしていて、ちょうど店長とななさんの3人でゲームを始められるところだったので、私はカウンター席で「ウボンゴ ソロ」(Ubongo Solo)を。

「ウボンゴ ソロ」 「ウボンゴ ソロ」

 前回の続きで、シート35aの問題419からスタート。やや手こずるもなんとかクリアし、シート35bの問題426までクリアして終了。残り120問!


 フリー卓が開いたので混ぜていただくことにして、HaMaさんとななさんの3人で、HaMaさんが持っていらした「ザ・キング・イズ・デッド」(The King Is Dead)を。

「ザ・キング・イズ・デッド」 「ザ・キング・イズ・デッド」

 アーサー王時代のイギリスを舞台に、アーサー王亡き後のイギリスの勢力争いをゲーム化したもの。イギリスは8つの地域に分割されていて、それぞれで国内の3つの勢力(スコット人/ウェールズ人/ローマン・ブリテン人)の覇権を争う。プレイヤーは8枚のカードを使って各勢力の配置を決めるとともに、地図上の各勢力から1つを獲得する。
 配置完了後、それぞれの地域でもっとも多くの人員を保有した勢力が支配地とできるんだけど、同点の場合には侵略者のサクソン人のものとなる。これらを8つの地域で繰り返し、派遣を得た勢力のコマをもっとも多く持っていたプレイヤーの勝利となる。

 HaMaさんにインストしていただいてからプレイ。プレイヤーは8枚のアクションカードを持っていて、それらを使って各勢力のコマを割り当てるんだけど、カードは1回しか使えないので使いどころが難しい。さらに贔屓の勢力に勝たせるには多くのコマを残す必要があるんだけど、最終的にはより多くのコマも獲得しないといけないので、そのあたりのジレンマも。基本的に、8枚のカードを切るだけなんだけど、いろいろ考えることは多め。
 一人が圧勝するとことはなく競った争いとなるのと、中盤過ぎにはおおよその流れが決まり大逆転は起こりにくいかな。それなりに遊べるけども、今ひとつ盛り上がりに欠ける感はあって、リプレイ性は弱いかも。プレイ人数は2~4人で、想定プレイ時間は約45分なんだけど、4人でプレイする場合には2対2のチーム戦となるんだとか。


 ここでノリさんとトモさんがおいでに。もっとも近いテーブルに「カロム」(CAROM)のゲーム盤が置いてあったのに気づかれて興味を示されたので、ななさんに入っていただいてプレイすることに。

「カロム」

 ノリさんとトモさんは初プレイだったのでインストしてからプレイ。最初はななさん&トモさんvsノリさん&私のペアで、その後、ななさん&ノリさんvsトモさん&私のペアでダブルスを2戦。初プレイのノリさんはやや苦戦されていたんだけども、トモさんはすぐにコツを掴まれ、初プレイとは思えないくらいうまくプレイされる。また、ななさんも毎日練習されてかなり腕前が上がっていたなぁ。2戦ともいい勝負だったけど、ともにななさんチームの勝ち。


 続いて、HaMaさんに入っていただいて、4人で「砂の国」(Realm of Sand)を。

「砂の国」 「砂の国」

 ノリさんとトモさんが初プレイだったのでインストしてからプレイ。序盤はそこそこいい感じで展開していたものの、トモさんのチップを見落としたせいで狙っていたレベル2のカードを取れず、結局、それで出遅れてしまい、レベル3に届かず得点が伸びず。結局、トモさんがレベル3の確保と同時に砂時計10にされて終了。トモさんがトップで、HaMaさん、ノリさん、私の順だったかな。


 続いて同じメンバーで「ラミィキューブ」(Rummikub)を。

「ラミィキューブ」 「ラミィキューブ」

 1ラウンド目はHaMaさんの親で、ノリさん、トモさん、私の順。配牌にジョーカー1枚と「赤8910」のランがあり、2枚めのジョーカーを引いたあと、4順目に「13」のグループができて、4番目にイニシャルメルド。手牌も比較的まとまっていたこともあり、2枚のジョーカーを使い切って和了。和了点は+66点。
 2ラウンド目はノリさんの親で、トモさん、私、HaMaさんの順。配牌には「1」のグループのみで、その後の引きも弱く、「6」のグループができたのみ。結局、9巡目に「黒101112」のランができて3番目にイニシャルメルド。この回はHaMaさんがイニシャルメルドでジョーカーを使われていたんだけども、ノリさんがイニシャルメルドに苦戦されたこともあって終盤に停滞。結局、ノリさんのイニシャルメルドの1巡後にトモさんが和了られ、私は-14点。
 3ラウンド目はトモさんが親で、私、HaMaさん、ノリさんの順。配牌には「7」のグループがあり、4巡後に「12」のグループができて3番目にイニシャルメルド。中盤にやや停滞するも、終盤に上手くアレンジが決まって和了。和了点は+74点。
 4ラウンド目は私が親で、HaMaさん、ノリさん、トモさんの順。配牌に「12」のグループがあり、初手でイニシャルメルド。今回もHaMaさんがジョーカーを使ってイニシャルメルドされたものの、なかなかそのジョーカーが外れず苦戦するも、終盤に上手くアレンジが決まって和了。和了点は+87点。
 結局、4ラウンドのトータルでは、HaMaさんが-112点、ノリさんが-176点、トモさんが1勝で+75点、私が3勝で+213点という結果に。大勝はなかったものの、堅実に3勝できて、これでレートもなんとか1600台に復帰(^^)。


 ここでトモさんがもう一度「カロム」(CAROM)をやりたいとおっしゃったのでお付き合いすることに。ノリさんは辞退されて別卓でゲームされることになったので、トモさんとのシングルス戦。

「カロム」

 ダブルスとシングルス戦の違いを説明してからプレイ。序盤はゲーム慣れしている私が4連勝したんだけど、トモさんも徐々にコツを捕まれ、中盤以降はいい勝負に。結局、10戦くらいして後半の対戦成績は互角だったかな。やはり男性はこの手のゲームが得意な方が多いねぇ。


 ここで19時半になっていたので撤収。一週間ぶりに「ラミィキューブ」も出来たし、トモさんのおかげで「カロム」もいっぱい遊べたので満足満足(^^)。

Posted by “Lupin” on 2019/05/20 23:52:23

2019年 5月19日(日)

* 日曜のボドゲ@BRESPI・174回目    [  ボードゲーム  ]

 今日も朝から雲の多い空模様。午前中は陽の射す時間もあったんだけど、お昼前くらいからは雲が多くなって陽もほとんど陰ってたねぇ。まぁ、それでもそれなりに明るかったし、雨の気配はなかったので良かったけども。ただ、明日から明後日にかけては雨が降るみたいだけども。


 そんなすっきりしない日曜日も午後からお出かけ。今日も地下鉄で移動しようかと思ってたんだけど、結構涼しくて歩くにはいい塩梅だったので、いつもどおり神泉苑にお詣りしてから、まっすぐ御池通りを歩いて河原町まで。その後、のんびりと昼メシを食ってから、いつもの「BRESPI」へ。

今日のゲーム

 お店に着いたのは14時過ぎ。すでにテーブル席は半分くらい埋まっていたものの、フリーのお客さんの姿はなし。


 その後、アサコさんがいらしたので、2人で「ラミィキューブ・エクスプレス」(Rummikub Xpress)を。

「ラミィキューブ・エクスプレス」 「ラミィキューブ・エクスプレス」

 アサコさんは初プレイだったのでインストしてからプレイしたんだけど、「ラミィキューブ」(Rummikub)もお好きな方なので、とくに支障なし。
 で、アサコさんの先行で、1、2ラウンド目は僅差の勝負だったんだけど、3ラウンド目にアサコさんの目が揃わず-54点とやや差が広がる。ただ、そこからアサコさんが逆襲に転じられ、5ラウンドを終了して差は26点に。そして最終の6ラウンド目、今度は私の目が揃わず-35点を食らい、結局、6ラウンドトータルでアサコさんの9点勝ちと大逆転という結果に。いやぁ、お見事です、参りました。


 ここでクロさんがおいでになって3人になったので「セット」(SET)を。

「セット」 「セット」

 アサコさん、クロさんともに未プレイだったのでインストしてからプレイしたんだけど、クロさんがなかなかルールを理解されず、何度も何度も説明するハメに。たしかに若干ややこしくはあるものの、そんなに難しいルールじゃないと思うんだけどねぇ…。プレイ中に5回くらい同じ説明をしたけど、結局、最後まで理解されてなかったような…。
 一方、アサコさんはサクッとルールを理解されて、積極的にセット宣言をされていたんだけども、最初だからお手付きも多く、結局、11セットを取られたものの、5回のお手付きがあって、6点ということに。でも、初プレイで11セットは見事だわ。


 ここでマツムラさんと初見の女性のお客さんがおいでに。この女性のお客さんは「ここでカロムができると聞いてやってきました」とのことだったので「カロム」(CAROM)を。

「カロム」

 アサコさんが初プレイだったのでインストして。まずは私以外の4人で遊んでいただくことに。マツムラさんは派手さはないものの安定したプレイ、初プレイのアサコさんは当たり外れが大きく、初見の女性はそれなりに慣れてらしてまずまずの腕前。で、クロさんは「私はビリヤードをやってましたから」とおっしゃって、うんちくをいろいろと述べられるものの、ストライカーを弾くという動作が苦手のようで、本人曰く「口先番長」状態。それでいて、やたらと周りにアドバイスをされるので…。
 2戦目はクロさんの代わりに私が入ったんだけど、クロさんがマツムラさんの後ろについて、あーだこーだとアドバイスを出される。チームメイトからのリクエストにも「そうではなくて、こちらの方が~」と横から口を挟まれるので、さすがにちょっとやりすぎと注意。でも、めげない彼はその後も横から口を出しまくり。
 女性のリクエストで、さらにもう1戦となったので、口出しの多いクロさんに代わりましょうかと振るも「私は横から見てるだけがいいので」とのこと。「見てるだけ」だったらいいんだけど、余計な口を挟むくらいなら参加すればいいのに。もちろん、3戦目も横からいろいろと『アドバイス』してくださってました。終盤は競った争いとなるも、女性が見事にジャックを落とされて終了。


 ここで女性はお帰りに。↑こういう展開だったのでちょっと心配してたんだけど、それなりに満足してくださったようなので一安心。お帰りの際に「また一緒に「カロム」をやりましょうね」と誘っておいたんだけど、また来てくださるといいなぁ。


 で、4人になったので「ポイズン」(Poison)を。

「ポイズン」 「ポイズン」

 マツムラさんが初プレイだったのでインストしてからスタート。序盤から、私以外の3人がそれぞれ別々の色を飲まれる展開となるも、終盤ににっちもさっちも行かなくなって赤を飲まされるハメに。結局、飲んだのはその1回だけだったものの、毒薬2枚を含んでいたために-7点。アサコさんが-8点、マツムラさんが-9点、クロさんは毒薬なしでだったこともあって0点でトップ。


 ここでカウンターで遊んでらした、ソガさんとヨコカワさんと合流。クロさんが抜けられたので、5人で「ワードバスケット」(Word Basket)を。

「ワードバスケット」 「ワードバスケット」

 初プレイの方がいらしたのでインストしてからとくに縛りはなしでプレイ。わりとのんびりした展開で、4人リーチになり、最後はソガさんが上がられて終了、だったかな。


 さらにケイさんがいらして6人になったので「ハゲタカのえじき」(Hol's der Geier)を。

「ハゲタカのえじき」 「ハゲタカのえじき」

 ケイさんが初プレイだったのでインストしてから、まずはお試しプレイ。初プレイのケイさんが見事にバッティングの渦にハマられてカードを1枚も取れず。その間隙を縫って、マツムラさんが高得点カードを連続で取られて圧勝。おかわりの2戦目でも、ケイさんはバッティングが多く、取られたカードは1枚だけという結果に。まぁ、これもある程度読みが必要なゲームだし、初プレイだとなかなかつらいか。


 次も同じメンバーで「ヒトトイロ」(Match Me!)を。

「ヒトトイロ」 「ヒトトイロ」

 ケイさんが初プレイだったのでインストしてからプレイ。1問目は「この国の料理」で「やきそば」、2問目が「自分へのプレゼント」で「ケーキ」、3問目が「ざらざらなもの」の「海苔」、4問目が「食べ歩きする店のメニュー」で「きゅうり」、5問目が「外で使う道具」で「ホース」という並び。実はこの回、「ちゃいろ」は捨て札になっていたので1問目から悩むことに(^^;)。結局、麺の色を考えて「きいろ」を出すも、出題者の色は「だいだい」だった…。さらに2問目も迷って、とりあえず「しろ」を出し、正答は「しろ」だったものの、スポンジの色で「きいろ」を出した人も。5問目の「ホース」も悩まされたものの、残った色から推測して「あお」で正答。
 おかわりの2戦目、1問目が「肉料理」で「牛丼」、2問目が「インテリア」で「キッチン」、3問目が「果物」で「りんご」、4問目が「漫画のキャラクター」で「孫悟空(ドラゴンボール)」、5問目は「テストに関するもの」で「0点」。2問目の「キッチン」はたぶん「シンク」のことだろうと推測して「ぎん」を出して正答するも、「しろ」を出した方が2人。5問目は私が出題したんだけども「0点=白紙」で「しろ」だったものの、すでに2問目で「しろ」を使ってらした方が正答できず。
 結局、2戦とも色は揃わず、残念~。


 ここでマツムラさんがお帰りになり、別卓で遊んでらしたタキさんとクロさんで7人になったので「ニムト」(Nimmt)を。ところがなぜかクロさんが固辞される。「一緒にやりましょうよ」と誘ったたら「後ろで見ながらいろいろ言うのが楽しいので見ています」とおっしゃる始末。呆れつつ、「それは遊んでいる方に迷惑なのでやめてください」とお願いして抜けていただくことに。いやぁ、もう、勘弁してくださいよ…。

 で、クロさん以外の6人で遊ぼうと思ったら、初見の女性がおいでに。さすがにクロさんと2人にはできないので、私と交代で入っていただくことに。


 クロさんと2人になったので何をやりたいかと聞いてみたら「世界の七不思議: デュエル」(7 Wonders Duel)がやりたい、とおっしゃったのでそれで。

「世界の七不思議: デュエル」 「世界の七不思議: デュエル」

 先週昨日の2回インストしたばかりなので、ざっくりしたことは覚えてらしたものの、細かなことは相変わらず理解されていないようで、今回も「私は殴りで勝ちにいきます」とのことで、第1世代から攻撃カードを主体に集められる。こちらはいつもどおり、資源生産を集め、一応科学も取っていく流れ。第2世代では、こちらが4つのピラミッドを完成させるも、クロさんはほとんどのカードを捨てて、攻撃カードのみに注力。さらに第3世代に入っても同じ展開で、結局、攻撃を防御しきれずに押し切られて負け。
 しかし、なんというか、たしかに攻撃で押し切るのも勝ちパターンの一つではあるものの、ほとんどのカードを投げ捨てて金だけを稼ぐというプレイは面白いんだろうか? 「細かなところは何回聞いても覚えられない」とおっしゃってたけど、そりゃあ、そんなプレイしてたら、戦闘以外のカードの意味とか、いつまで経っても覚えられないよなぁ…。


 で、ここで時間は18時。そして今日は18時から「ボドゲ女子会」が企画されていたんだけど、お店は通常営業されていて大盛況でテーブル席はすべて埋まっていたので、フリー卓で使っていたテーブルを「女子会」用に提供。
 この時点で空き席はカウンター席の2席だけで、女子会からあぶれたクロさんとタキさんがいらしたので、私が遠慮して撤収することに。まぁ、『紳士』としては、これくらい当然の行いですけどね。

Posted by “Lupin” on 2019/05/19 23:28:04

2019年 5月18日(土)

* 今日のボドゲ@BRESPI・173回目    [  ボードゲーム  ]

 今日は朝から雲の多い空模様。朝のうちは陽の射す時間もあったみたいなんだけど、お昼前くらいからは陽はほとんど陰っていたので、日中の最高気温は23.3度とやや涼しめ。ただ、ちょっと湿度が高かったので、半袖でも肌寒いってほどではなかったけどね。


 そんな土曜日も午後からのんびりお出かけ。すっきりしない空模様だったので地下鉄で京都市役所前まで行き、のんびりと昼メシを食ってから、いつもの「BRESPI」へ。

今日のゲーム

 お店に着いたのは15時過ぎ。グループのお客さんが2組と、手前のテーブルではコウノさんと男性2人組のお客さんが店長と一緒にゲームをされていて、真ん中のテーブルではソガさんがお友達っと一緒に遊んでらっしゃるご様子。


 とりあえずどちらもまだ空いていなかったので、カウンター席で「ウボンゴ ソロ」(Ubongo Solo)をやってたんだけど、すぐにクロさんがいらしたので中止して、2人で「世界の七不思議: デュエル」(7 Wonders Duel)を。

「世界の七不思議: デュエル」 「世界の七不思議: デュエル」

 このゲーム、先週の日曜日に途中までインストしていたんだけど、クロさんはほとんど覚えてらっしゃらなかったので、また一からインストをやり直してからプレイ。
 初プレイのクロさんは、わかりやすい武力偏重で、私は堅実に生産力を伸ばし、技術の獲得へ。第1世代で武力で5つほど押し込まれたんだけど、とりあえず同じ科学2個を集めて、ピラミッドコスト2軽減のチップを獲得。所持金がなくなってやや苦しかったものの、第2世代では軽減チップの効果を活かして、次々とピラミッドを構築し、武力でも巻き返し。また、科学チップも獲得して、科学5個でリーチ。
 第3世代に入ってギルドなどを確保しつつ、6種類目の科学カードが並んで勝利。まぁ、このゲームは圧倒的に経験者が有利なので仕方ないかな。


 ここでアンドウさんがおいでになり、さらにソガさんとお友達にも入っていただいて5人に。ソガさんのお友達の方はボドゲ初心者とのことだったので、いつもどおりに「ぴっぐテン」(Pig 10)と「ノイ」(Neu)を続けて出すことに。

「ぴっぐテン」 「ぴっぐテン」

 まずは「ぴっぐテン」からインスト。ちなみにクロさんも初プレイだったので、インスト後にまずはお試しプレイ。この回は女性陣がお二人とも好調で上家下家で取りつ取られつの展開になり、終わってみればお二人が同点トップに。私は2回「10」を取っただけの惨敗。
 おかわりの2戦目は打って変わって、序盤からカードがよく取れる。終盤、上家のアンドウさんに激しく追いかけられるものの、なんとか1枚差で逃げ切って勝ち。

「ノイ」 「ノイ」

 その後、「ノイ」の鉄板の流れ。こちらも女性とクロさんが初プレイだったんだけど、ルールは簡単なのでとくに混乱もなく。クロさんはわりとこういう攻撃性のあるゲームがお好きなので、わりと喜んでらっしゃったかな。結局、女性と私が無傷で、クロさんが3敗して終了。


 隣の卓では「スカルキング」(Skull King)で盛り上がっていて、残り3ラウンドとのことだったので、時間調整に軽めの「ワードバスケット」(Word Basket)を。

「ワードバスケット」 「ワードバスケット」

 こちらもクロさんと女性が初プレイでインストしてからプレイ。言葉遊びといえど、やはり経験の有無は大きいようで、まずはアンドウさんが1抜けされ、私が2番抜け。その後、3人で競った争いとなるも、結局、ソガさんが抜けられて終了。クロさんはかなり苦戦されていたので、この手のワード系はお得意じゃないのかも。


 隣の卓が空いて、コウノさんと男性お二人と合流して8人に。4+4人に分けるかという話も出たものの、せっかくだから多人数でできるゲームを、ということで「適当なカンケイ」(Qui Paire Gagne)を8人で。

「適当なカンケイ」 「適当なカンケイ」

 半数の4人が初プレイだったのでインストしてからプレイ。フルの8人プレイは初めてだったんだけど、1ラウンド目の1つ目から全員正解の8点が入ってインフレ場の予感。その後も、7点、6点、5点と入って、1ラウンド目は30点。でも35点を稼がれた方もいらして楽しい展開。
 2ラウンド目に開始前にyu-jiさんがいらしたので入っていただく。プレイ人数は8人までなんだけど、これは回答用のカードセットが8セットしか入ってないからなので、「ハゲタカのえじき」(Hol's der Geier)のカードを流用してプレイ(笑)。そして2ラウンド目の初手も全員正解で9点(^^)。
 結局、4ラウンドとも30点超えとなって、トータルでは127点と過去最高点をマークしてトップ。残りのメンバーも大半が100点超えの中、クロさんが59点と私の半分以下と独自ワールドを展開されていて、ある意味すごいなと(笑)。


 ここで男性2人組のうちのお一人がお帰りになり8人に。せっかくなので次も多人数ゲームで「ニムト」(Nimmt)を。

「ニムト」 「ニムト」

 女性が初プレイということでインストしてからプレイ。終盤までアンドウさんと私がパーフェクトだったんだけど、終盤にアンドウさんが連続でカードを取られ、私も9ラウンド目にしゃがまざるを得なくなりカード2枚をゲット。結局パーフェクト達成者は出なかったので、-3点の私がトップ(^^)。
 ここ最近、わりと6人くらいで遊ぶことが多かったんだけど、やはり人数が多いほどカオス度がアップするので楽しさもアップするね(ただし10人だと別ゲーになるので、個人的には6~9人がオススメ)。


 ここで19時になっていたので撤収。同じタイミングで男性お一人、ソガさんとお友達もお帰りに。ソガさんのお友達の方もかなり楽しめたとのことだったので一安心(^^)。

Posted by “Lupin” on 2019/05/18 23:31:40

2019年 5月16日(木)

* 木曜のボドゲ@BRESPI・172回目    [  ボードゲーム  ]

 相変わらず春らしいスッキリした青空の広がるいいお天気。気温は午前中に25度を超えて「夏日」にはなったものの、午後はやや陽が陰りがちだったせいか思ったほどは上がらず、最高気温は27.3度と暑くなりすぎずにちょうどよかったかも。


 で、今日もお昼すぎにお出かけ。いい天気だったので歩いていこうと思ってたんだけど、神泉苑でお詣りを済ませたら、ちょうど目の前のバス停にバスが停まったので、サクッと乗り込むことに。いやぁ、ちょっとお腹が減ってたんで(笑)。そのまま、河原町三条までバスで行き、のんびりと昼メシを食ってから、いつもの「BRESPI」へ。

今日のゲーム

 お店に着いたのは15時前。お店には、「カロム」日本チャンピオンの門野さんがいらしていて、店長、ななさん、マチさんらと「カロム」をやってらっしゃるところ。あとお一人、女性のお客さんもギャラリーで加わってらっしゃったので、とりあえずカウンター席へ。

 まぁ、そんなわけでしばらくはのんびりと一人で「ウボンゴ ソロ」(Ubongo Solo)を。

「ウボンゴ ソロ」 「ウボンゴ ソロ」

 前回の続きで、シート34bの問題414からスタート。わりとサクサクと解けて、シート35aへ入り、 問題418までクリア。


 ここで一旦、店長とななさんが抜けられたので「カロム」(CAROM)へ。門野さんとマチさん、それと初見の若い女性の4人で。

「カロム」

 いろいろと組み合わせを変えてダブルスで対戦。チャンピオンは手を抜きつつも、肝心のところはきちんと抑えてこられるのでさすが。


 その後、来月の「カロム日本選手権大会」に出場される店長とななさんは、直々にチャンピオンからダブルスのコツなどを教わられることに。折角のチャンスなので、そちらに入りたかったんだけど、女性のお客さんが別のゲームで遊びたいとおっしゃったので私はそちらへ。


 で、マチさんと3人で「ポイズン」(Poison)を。

「ポイズン」 「ポイズン」

 女性が初プレイだったのでインストしてから、まずはお試しプレイ。手札には小さめのカードが多かったので、序盤はほとんど飲まずに済ませていたもの、終盤は廻りが悪く、ことごとくすべての色を飲まされる羽目になって惨敗。
 その後、おかわりの1戦。今度は序盤から赤を積極的に飲む展開。中盤で青も飲まざるを得なくなったので、終盤は青を飲み、終わってみれば赤と青がトップだったので、毒薬1枚だけで-2点のトップ(^^)。


 続いて、女性が「ボルテージ」(Voltage)を遊んでみたいとおっしゃったのでインスト。2人用ゲームなのでマチさんと女性で遊んでいただいて私は抜け。隣の「カロム」に混ざりたかったものの、練習の邪魔をしちゃあ申し訳ないので、カウンターで一人、「ラミィキューブ」アプリで遊んでいたり。


 その後、女性とチャンピオンがお帰りになったので、マチさんと4人で「カロム」を。せっかくなので、店長&ななさんでペアを組んでいただいてダブルスで対戦したんだけども、これまでと違って「勝ち」に拘った戦略でプレイされていて流石だなと。まぁ、「勝ち」に拘るとゲームとしての面白みは低くなるんだけども、やはり大会に出るからには「勝ち」にこだわるのは必要なことだしね。しばらくは、練習台(笑)になる予定。

 ここで男性のお客さんがご来店。以前に何度か「Cafe MEEPLE」でご一緒したことのある男性で、まずはななさんと4人で「カロム」を(笑)。男性は初プレイだったので制限時間無しで対戦。男性も初プレイには見えないくらいお上手で、それなりに楽しんでくださったんじゃないかな。


 その後、別のゲームをということになって、ゲームを見繕っていたら、件の男性が「フォールアウト」をやりたいとのこと。このゲーム、マチさんが持っていらしてお店に置いてあるものなんだけど、未だに誰もまだ遊んだことのないゲーム。それでもぜひ、ということだったので、店長がルルブを読んで準備してくださることに。


 そんなわけで、その間に「ラミィキューブ」(Rummikub)を。

「ラミィキューブ」 「ラミィキューブ」

 男性はプレイ経験がお有りとのことだったんだけど、ずいぶんと久しぶりだったようなのでインストから。その後、マチさんとななさんの4人でお試しプレイ。実際に解説を入れつつ1ラウンドプレイ。さらに、もう1ラウンドプレイしたんだけども、さすがにすぐには勘は戻らなかったようで、2戦ともずいぶん苦労されていた御様子。

 ちなみに、これまでは金曜日が「BRESPI ラミィキュー部」の部活の日だったんだけど、今週から木曜に変更になったんだそうだ。ここ最近はちょっと活動が低迷しているので、これで復活してくれるといいんだけどねぇ(^^;)。


 ここで19時を回っていたので撤収。まぁ、今日は部活よりも、どう考えても「カロム」の流れだったので、この展開もやむなし。

Posted by “Lupin” on 2019/05/16 22:37:36

2019年 5月13日(月)

* 月曜にボドゲ@BRESPI・171回目    [  ボードゲーム  ]

 今日も朝から強い陽射しの照りつけるいいお天気で、最高気温は30.3度と3日連続で「真夏日」に。ただ、いい天気だったのは今日までで、明日は午後から雨の予報になっていて、その後も週間予報ではほとんどが曇りマークになっていたり。いやぁ、今日みたいなお天気がずっと続けばいいのになぁ。


 そんな月曜日は自宅で昼メシを食ってからお出かけ。今日もいいお天気だったので、てくてくと歩いて神泉苑まで行き、お詣りを済ませてから御池通りを河原町まで歩き、そのまま真っすぐにいつもの「BRESPI」へ。

今日のゲーム

 お店に着いたのは14時半頃だったんだけど、先客はHaMaさんだけというのんびりムード(^^)。

 ちょうど手の空いた状態だったので、4人で「カロム」(CAROM)を。

「カロム」 「カロム」

 店長とななさんが今年の「カロム日本選手権大会」に出場される予定なので練習も兼ねていたんだけど、HaMaさんがかなりお上手。HaMaさんは「カロム」の盛んな「hello」にもよく行ってらっしゃって、ダブルスのルールなどもよくご存知だったので知らないことも教わったり。
 ちなみに、日本選手権などの競技会のルールはこちらにも記載されているんだけども、1手10秒制限がかかるのね。あと、ゲーム時間も5分に規定されているそうで、タイムアップ時にはお互いの手番が同じになるまで回して、落としたパックの多いほうが勝ちになるんだとか。このあたりは、実際に大会のことを知っている人にしかわからないことなので、今回確認できたのは良かったかも。

 帰ってきてからYoutubeで「カロム」のプレイ動画とか見てみたけど、やっぱりだいぶ雰囲気が違ったわ(^^;)。


 続いては、HaMaさんが持ってらした「勇ヒノ!」を4人で。

「勇ヒノ!」 「勇ヒノ!」

 サブタイトルが「おお勇者よ、ヒノキの棒とは何事だ」ということで、初期装備(ヒノキの棒)で現れた勇者に装備を与えていくというゲーム。最初に黒4個/白2個/青3個のダイスを振り、その後、スタートプレイヤーから順にアクションを設定していく。1ラウンドに行えるアクションは2回か3回のどちらかで、1回目の手番が早いほど、2回目の手番が遅くなるようになっている。
 全員のアクション手番が決まったら、1番手から順にアクションを行う。この際、設定したアクションカードと同じ色のダイスを使って資源などを獲得するか、5つの街アクションのうちの1つを実行できる。街アクションは共通のワーカーを置いていくスタイルで、早いもの勝ち。5つの街アクションでは資源の獲得や交換と、資源を使って装備を作成することもできる。装備の作成が選択されると、全員に権利が発生するものの、装備を作成してくれるアーティストに手間賃を払う必要があり、また人数も限られているので全員が装備を手に入れられるわけではない。
 これらを繰り返し、誰かが5つの装備(頭/胴/足/武器/盾)をすべて作成したら終了となり、もっともポイントを稼いだプレイヤーの勝利となる。

 HaMaさんにインストしていただいてからプレイ。最初に「目標カード」が配られ、それもポイントとなるので、その目標に沿った装備を目指すものの、各種装備(ローグ/ダーク/ナイト/ボーン/ドラゴン)は各部位1つずつしかなく、奪い合いとなるのでなかなか目的の装備は手に入らない。とりあえず、なんとかドラゴン装備で目標の頭と胴体を揃えるものの、アクションカードのアップグレードに失敗したためアクションの成長ができず苦しい展開。
 結局、HaMaさんが5つの装備を揃えられて終了となったものの、終了後のエクストラアクションで店長も5つ目の装備を揃えられ、目標を2つともクリアされたことで得点が伸びてダントツのトップに。

 アクションの割り振りがキモなんだけど、それだけにダウンタイムが長くて4人だとかなりしんどいかな。一応、プレイ人数は3~4人で、想定プレイ時間は90~120分なので、ほぼ想定通りではあったけどね。


 その後、ふたたび「カロム」で遊んだ後、4人で「ラミィキューブ」(Rummikub)を。

「ラミィキューブ」 「ラミィキューブ」

 1ラウンド目はななさんの親で、私、店長、HaMaさんの順。配牌には「1」のグループがあり、3巡目に「9」のグループができたので、3番めにイニシャルメルド。ただ、その後の展開が重く、さらに下家の店長がジョーカーをリリースされて、その巡目に上家のHaMaさんに和了られたために-62点と大きめのマイナス。
 2ラウンド目は私が親で、HaMaさん、店長、ななさんの順。配牌には「2」のグループだけで、その後、「1」のグループと「黒23456」のランができ、5巡目に「13」のグループができて4番めにイニシャルメルド。その後、出来合いのセットを出してゆくも、配牌からあった「青4」×2と「黄12」×2がなかなか処理できず、HaMaさんの和了に-16点。
 3ラウンド目は店長が親で、私、ななさん、HaMaさんの順。配牌には「2」のグループだけで、3巡目に「9」のグループができて4番目にイニシャルメルド。その後、なかなか大きめの数字が処分できず、HaMaさんの和了に-46点。
 4ラウンド目はHaMaさんの親で、私、ななさん、店長の順。配牌を開けると「黒78」「赤89」「青1011」「黄1112」「黒1213」と見事に微妙なかぶり方で1セットも揃っておらず(^^;)。その後、「12」のグループができてイニシャルメルド。最初の微妙なセットはアレンジで処分するも、終盤にあと一歩が詰めきれず、店長の和了に-3点。
 5ラウンド目は店長が親で、ななさん、HaMaさん、私の順。配牌には「6」のグループだけで、その後、、もう1枚の「6」を引き、さらに6巡後に「黒234」のランが揃って4番目にイニシャルメルド。このラウンドは場に大きめの数字が並び、なかなか小さな数字が処分できない展開となり、最後もあと1枚が出せずに店長の和了に-1点。
 6ラウンド目はHaMaさんの親で、ななさん、店長、私の順。配牌には「1」のグループがあり、最初の引きで「10」のグループができて、3番めにイニシャルメルド。今回も競った争いとなるも、あと1枚が出せず、山から引いた順目にななさんに和了られて-14点。
 結局、6ラウンドでの成績は、ななさんが2勝で+68点(1ペナを含む)、私が-144点、店長が2勝で-62点、HaMaさんが2勝で88点という結果に。6戦して、私だけが一度も上がれずで、1600を超えていたレートも一気に50近くも下がってしまった。うーん、展開的にどうしようもなかったなぁ、がっかり。


 ここで19時半になっていたので撤収。ゲームの結果はいろいろと冴えなかったけど、久しぶりにまったりと遊べたので良しってことで。

Posted by “Lupin” on 2019/05/14 00:33:00

2019年 5月12日(日)

* 日曜のボドゲ@BRESPI・170回目    [  ボードゲーム  ]

 今日も朝から青空の広がるいいお天気。午前中はやや雲の多い時間もあったようなんだけど、お昼前には雲も晴れて、午後からは明るい陽が射し込んでたねぇ。日中の最高気温も30.4度まで上がって、今日も「真夏日」に。明日も一日いい天気になりそうだけど、それ以降は雲が多くなるとか。


 そんな日曜日も午後からお出かけ。いい天気だったので、いつもどおり神泉苑までは歩いて行ったんだけど、ちょうどバスが来たのでそのまま乗り込んで京都市役所前まで行き、新京極で遅めの昼メシを食ってから、いつもの「BRESPI」へ。

今日のゲーム

 お店に着いたのは14時半ころ。店内のテーブル席は1席以外は埋まっていて、なかなかの盛況ぶり。

 ただ、フリーのお客さんの姿はなかったので、とりあえずカウンター席に陣取って、「ウボンゴ ソロ」(Ubongo Solo)を。

「ウボンゴ ソロ」 「ウボンゴ ソロ」

 前回の続きで、シート33bの問題406からスタート。そのまま1時間ほどコツコツと問題を解き続けて、シート34bの問題413まで進んだところで終了。今日はなかなかいい感じで進んだなぁ。


 ここで女性のフリーのお客さんがお一人いらしてご一緒することになったので、「ボルテージ」(Voltage)を。

「ボルテージ」 「ボルテージ」

 女性が初プレイだったのでインストしてからプレイ。この女性は横浜関内にある「ゲームカフェぶんぶん」さんのスタッフさんだそうで、ボドゲにも慣れてらしたので初プレイとは思えないプレイぶり。4点先取のゲームで3対3と競った闘いとなるも、最後は私が一手引きが早く、なんとか勝利(^^)。

 ちなみに「ぶんぶん」さんでは来月16日に「第3回横浜ボードゲームフリーマーケット」を開催されるんだそうで、その開催告知のフライヤーを持って京都市内のあちこちのボドゲカフェに行ってらした模様(MEEPLEBRESPIcomedy)。をを、精力的だなぁ、すごい。


  ここでぶんぶんさんのスタッフの女性はお帰りになり、代わって、昨日もいらしていた同年代の男性のお客さん(クロさん)がおいでに。で、「世界の七不思議: デュエル」(7 Wonders Duel)を買ったものの、ルルブを読んでもよくわからない、とおっしゃっていたので、とりあえずインストすることに。
 お話を伺うと、オリジナルの「世界の七不思議」(7 Wonders)はご存じなくて、ゲームショップでパッケージを観て「これは面白そうだ」と購入されたんだとか。

 そんなわけで、基本的な部分からじっくりとインストしていたんだけど、30分ほどしてほぼインストが終了したところで、ソガさんがいらしたのでプレイはせず。またの機会に遊びましょうということに。


 さて、3人になったわけだけど、件のクロさんがどのくらいのレベルかがよくわからず。わりといろいろご存知のようなお話をされるものの、実際にプレイ経験がお有りなものは少なめ。細かな部分にこだわられる方のようで、ややこしいゲームだとインスト中に質問の嵐になりそうな予感がしたので、とりあえず簡単で見栄えのするゲームを出してみることに。

 ということで、3人でもそこそこ遊べる「ポイズン」(Poison)を。

「ポイズン」 「ポイズン」

 クロさんが初プレイだったのでインストしてからまずはお試しプレイ。序盤からガンガン飲んでいかれるプレイで大丈夫かなぁ、と思っていたんだけども、うまい具合に「毒薬」をスルーされていて、終わってみれば「毒薬」なしで-7点となってトップを取られる。
 その後、店長が入ってくださって4人プレイで2戦目。今回もクロさんは比較的積極的に飲んでいかれるペース。そして、店長とソガさんがバッティングという流れ。私は手札に小さな数字が並んでいて、うまい具合に飲まずにやり過ごすことができて、結局、最後まで一滴も飲まずにクリア(^^)。


 次も3人で「ドメモ」(Domemo)を。

「ドメモ」

 こちらもクロさんが初プレイだったのでインストしてからプレイ。ルールも簡単なのでとくに支障なく進行。まぁ、「回答者の右側のプレイヤーが答えを示す」というのを忘れられがちだったけど、それはよくある話だしね(笑)。結局、いい塩梅にミスが重なって接戦となり、クロさんの上がりで終了。
 しかし、これまで4人か5人で遊ぶことがほとんどだったんだけど、3人だと手札が7枚で伏せ札が7枚になるんだね。いやぁ、これはなかなか厳しかったわ(^^;)。

 あと、ときどき確認されるんだけど、私のインストだと正解時のおまけ(連続手番)はなしでやってます。そうでないと、無双されて一瞬で終わっちゃう場合があるんでね。


 次も同じメンバーで「クニスター」(Knister)を。

「クニスター」 「クニスター」

 こちらもダイスを転がすだけの簡単なゲーム。ダイス系ゲームだけどダウンタイムもないし、わかりやすいしね。ソガさんも未プレイということだったので、簡単にインストしてからプレイ。序盤から、「3」とか「12」とかが出て配置に苦慮し、さらに「9」が1回も出ずにストレート狙いが崩壊する展開に。ラストに「5」が出れば一気に24点増しだったんだけど、当然そんな目は出るはずもなく、トータルでは47点と低迷。もっとも、初プレイのお二人は30点どまりだったのでダントツのトップだったけど(笑)。
 このゲームは、斜めに高い点数を配置するのがキモなんだけど、まぁ、そこは初プレイではなかなか気が付きにくいポイントだからねぇ。


 次も簡単でわかりやすい「コンプレット」(Completto)をチョイス。

「コンプレット」 「コンプレット」

 クロさんにインストが終わったタイミングでyu-jiさんがいらしたので入っていただいて4人プレイに。序盤からソガさんがいいペースでリードされるも、終盤には差が詰まるのがこのゲームのいいところで、今回も終盤には競った戦いに。で、yu-jiさんが残り1枚となり、ソガさんの残されたタイルを受け入れられるように移動させてリーチ。クロさん、私と外して迎えたソガさんの手番、残り2枚で連番を引くしかない状況で、見事に連番を引かれ、さらに追加で上がりタイルを引かれる強運で逆転勝利。お見事~。

 おかわりの2戦目。中盤くらいまではいい勝負だったんだけど、なぜかクロさんがタイルを引かず、裏向きタイルの移動ばかりを繰り返される。さすがに4手くらいそれを繰り返すと差が広がるわけで、終盤はクロさんを除く3人が接戦に。今回もyu-jiさんがソガさんの残されたタイルの受け入れを整えられてリーチと1戦目と同じ展開となるも、残り2個だったソガさんは今回は狙ったタイルを引けず、そのままyu-jiさんの上がりで終了。


 次はyu-jiさんの持ってらした「マメィ」(Mamey)を。

「マメィ」 「マメィ」

 豆畑から豆を収穫し、それを市場で売ってお金を稼ぐゲーム。豆は全部で4種類で、それぞれ1~5とオールマイティ(X)のカードがある。豆の収穫は「ウィンストンドラフト」という手法で獲得することができる。このドラフトでは最大で3回のやり直しが認められるんだけど、やり直しの回数が増えるごとに下家が有利になる仕組みだとか。
 一方、豆の組み合わせは「同じ種類の豆の連番」「同じ種類で同じ数字」「違う種類で同じ数字」の3種類でそれぞれの数によって売却価格が変わる。また、市場で売却できる数も決まっていて指定数以上は売却できない。これを山札がなくなるまで繰り返し、ポイントを競う。

 で、yu-jiさんもまだ遊んでらっしゃらないとのことだったんだけど、クロさんがプレイされた経験があるとのことでインストしてくださることに。自分のプレイ経験上の感想なども混じえてプレイ方法を説明してくださってプレイ開始。
 新しいドラフトの利点/欠点が今ひとつよくわからず適当にプレイしたんだけども、どうやら下家に結構優しいプレイスタイルだったようで下家のソガさんやyu-jiさんは手札がかなり増えている様子。とりあえず、見よう見まねでプレイしたものの、手札枚数の差の影響が大きかったようで一人だけ点数を離されて惨敗(^^;)。
 ちなみにプレイ人数は2~4人で、想定プレイ時間は約30分。全体的にはそんなに重くもないんだけど、カードの引きにかなり左右されるゲームかな。そんなわけで、面白くないわけじゃないけども、リプレイ性はどうかと言われればちょっと微妙かな(笑)。


 次もyu-jiさんが持っていらした「スプラッシュ」(Splash!)を。

「スプラッシュ」 「スプラッシュ」

 複数の種類のパーツを積み上げていく、いわゆる「積みゲー」。システムとしては「ジャンクアート」(Junk Art)のパーツで「ワニに乗る?」(Tier auf Tier)をプレイする感じ、といえばわかりやすいかな(^^;)。
 パーツには、6色(白/黒/青/赤/黄/白)で5種類(立方体(大)/立方体(小)/薄い板/長い棒/八角柱)の形状ものがあり、それらを最初に1個ずつ獲得する。その後、スタートプレイヤーが手持ちのパーツのうちの1つを下家のプレイヤーに渡し、パーツを受け取ったプレイヤーはそれを場に積み上げる。その後、積み上げたのと同じ色、もしくは同じ形のパーツを下家に渡してこれを繰り返す。
 プレイヤーが受け取ったパーツが崩してしまった場合、パーツを渡したプレイヤーが1ポイントを得る。また、崩したプレイヤーは場のすべてのパーツから3つを獲得し、残りはゲームから除外する。これを繰り返し、すべてのパーツを使い切るか、3ポイントを得たプレイヤーが出たら終了。

 個人的にこの手の積みゲーは得意な方だし、楽勝かなと思ってたんだけど、4番手という順目が災いして1巡目から崩してしまうという流れ(泣)。その後もいやらしい盤面が回ってくる流れが続き、1ポイントも取れず。結局、私が倒しまくったこともあって、下家のソガさんが楽にすべてのパーツを使い切られて終了。うーん、まさかこんな状況になるとは思ってもいなかったわ~。

 なお、プレイ人数は4~6人で、想定プレイ時間は約30分。単純なゲームだけど、個人的には「ジャンクアート」や「ワニに乗る?」の方が好き(『負け犬の遠吠え』だなぁ…)。


 次は、クロさんが遊んでみたいとおっしゃっていた「ハゲタカのえじき」(Hol's der Geier)を4人で。

「ハゲタカのえじき」 「ハゲタカのえじき」

 クロさんが初プレイということでインストしてからプレイ。序盤から、小さめの得点カードが続いたので、いつもどおりにまずは小さな数字のカードを捨ててゆく展開。そんな中、ソガさんがうまく得点カードを集められていたんだけど、中盤に狙い目の「6」や「8」の得点カードで経験者が見事にバッティングして、それらがクロさんに流れる。
 私は「-3」「9」「-5」「7」珍しく出入りの激しい展開に。結局、経験者同士でバッティングした結果、クロさんが高得点カードを上手くかっさらわれてダントツのトップに。個人的にはこんなにマイナスカードを取ったのは初めてかも(^^;)。


 ここで19時半を回っていたので撤収。とりあえず、今日はいらぬ先入観を捨て、できるだけ楽しんでいただけるように頑張ったつもりなんだけど、結構頑張ってたよね、俺。ねっ、ね?

Posted by “Lupin” on 2019/05/13 01:25:06

2019年 5月11日(土)

* 今日のボドゲ@BRESPI・169回目    [  ボードゲーム  ]

 今日も朝からカラッと晴れたいいお天気。朝から強めの陽が射したおかげで気温も上がって、日中の最高気温は30.5度と今シーズンはじめての「真夏日」に。街行く人々にも半袖姿が目立っていて、早くも夏の気配かな。明日も今日と同じくらいいい天気で、気温も上がりそう(^^)。


 そんな好天の土曜日も午後からお出かけ。いい天気だったのでぶらぶら歩いて河原町まで行き、のんびりと昼メシを食ってから、いつもの「BRESPI」へ。

今日のゲーム

 お店に着いたのは14時過ぎで、グループのお客さんが2組いらしゃるものの、比較的のんびりとした様子。

 で、フリー卓もすぐに空きそうだということで、エレベーターで一緒になったケイさんと、すでにいらしていたエンドウさんの3人で「ラブレター」(Love Letter)を。初めた直後にコウノさんもいらしたので4人プレイに。

「ラブレター」 「ラブレター」

 ケイさんが初プレイだったのでインストしてからプレイ。1ラウンド目は最後まで生き残ったものの、ケイさんが「姫」持ちで負け。そして、その後2ラウンドは「兵士」に一突きで脱落、さらにその次は「騎士」で負けと序盤に早々と脱落して、ほぼ見学状態(笑)。結局、ケイさんが「姫」勝ちのあと、コウノさんが3連勝されて逆転勝ち。


 別卓が空いてオホさんと初見の男性が混ざられて6人になったので「ハゲタカのえじき」(Hol's der Geier)を。

「ハゲタカのえじき」 「ハゲタカのえじき」

 ケイさんと男性が初プレイということでインストしてからプレイ。いつもどおり、序盤はマイナスカードを取らないようにしつつ、弱めのカードを切ってゆく作戦。中盤、「8」を14で取り、続く「9」は15でバッティングしたものの、その次の「10」を13で取れる幸運もあって、トータル19点でトップ。運が良かったかな。


 次も同じメンバーで「ワードバスケット」(Word Basket)を。

「ワードバスケット」 「ワードバスケット」

 こちらもケイさんが初プレイでインストしてからスタート。コウノさんがダントツで強く、2戦ともトップ抜けで、私はやや離されて2戦とも2抜け。2戦目はケイさんとエンドウさんの一騎打ちとなるも、お互いになかなかワードが出ず、結局、引き分けということに。


 ここでエンドウさんが席を外されて5人になったので「ヒトトイロ」(Match Me!)を。

「ヒトトイロ」 「ヒトトイロ」

 「重いもの」で「大木」、「粉状のもの」で「小麦粉」、「スーパーにあるもの」で「トマト」、「趣味で使う道具」で「カメラ」、「長さ」で「4万キロメートル」。「ちゃいろ」、「しろ」、「あか」、「くろ」までは全員一致だったんだけど、「4万キロメートル」を「金星までの距離」だと思って「きん」を出したら、実際には「地球の外周の長さ」だったそうで「あお」が正解。ちなみに「金星」だと思ったのは2人だったんだけど、正確な距離は42,000kmなので結構いい線いってたと思うんだけども金星までの距離は4千2百万kmなので1,000倍以上も違ってたのか(^^;)。
 おかわりの2戦目、「文房具」で「消しゴム」、「家電(企業・ブランド)」で「EDION」、「果物」で「ぶどう」、「平べったいもの」で「トレイ」、「特撮」で「スカイライダー」。「消しゴム」の「しろ」は全員正答だったものの、「EDION」の色がわからず「むらさき」を出したら、次に「ぶどう」と来てがっくり。「トレイ」は一人が「はいいろ」で、ラストの「スカイライダー」は「仮面ライダー」ではなくわざわざ「スカイライダー」なんだし、きっと空の色なんだろうと「あお」を出したら、「スカイライダーのボディーは緑色なんですよね」だそうで。だったら「仮面ライダー」でいいじゃない!(笑)
 ということで、2戦ともクリアならず。


 エンドウさんがお戻りになったので、6人で「ニムト」(Nimmt)を。

「ニムト」 「ニムト」

 こちらは男性が初プレイだったのでインストしてからプレイ。序盤はまずまず悪くない展開だったものの、4列がほぼフル状態になった7ラウンド目にしゃがまざるを得ず、5枚を引き取って-6点。さらにその次もしゃがんで1枚-1点となりトータルで-7点となったんだけど、マイナス点が分散していたこともあって、これでトップ。ちなみに、オホさんが8ラウンド目までパーフェクトだったものの9ラウンド目と10ラウンド目で大量点を取られて、一気に最下位に。
 おかわりの2戦目も終盤までなんとか我慢するも、終盤に取らざるを得ない状況となって失点。今回はオホさんがパーフェクトを達成されてトップ。


 次も同じメンバーで「適当なカンケイ」(Qui Paire Gagne)を。

「適当なカンケイ」 「適当なカンケイ」

 こちらも男性が初プレイでインストしてからプレイ。このゲームではあんまり大負けした記憶はなかったんだけど、今日はなぜか序盤から外しまくり、1ラウンド目はわずかに2+2+4=8点と低スコアに。なかなか得点が上がらない中、3ラウンド目でようやく満点の6点が出始めて、全体的な得点も押し上げられる。ただ、全体的に上がったことで自分の相対的な位置は上がらず(^^;)。
 結局、ケイさんとオホさんが77点でトップで、私は62点どまりでブービー。ここまで外しまくったのは初めてかもなぁ。


 ここでふたたびエンドウさんが離席されたので、5人で「ボブジテン2」を。

「ボブジテン2」 「ボブジテン2」

 こちらも男性が初プレイだったのでインストしてプレイ。フレーバーの「デイブ」(身振り手振りで説明)は無視。お題は比較的わかりやすいので、これくらいが初心者向けにはいいかな。わりと皆さんいい感じで答えられて点数がバラけたしね。


 次も同じメンバーで「ペンギンパーティ」(Penguin Party)を。

「ペンギンパーティ」 「ペンギンパーティ」

 何人か初プレイの方がいらしたのでインストしてからプレイ。序盤から比較的いい感じでカードを出せて、1ラウンド目はパーフェクト。続く2ラウンド目も目論見通りに進んで、連続パーフェクト。いやぁ、このゲームで連続パーフェクトはちょっと記憶に無いくらい珍しいかも(^^)。


 続いては、初心者向けの定番コンビ(笑)で、「ぴっぐテン」(Pig 10)と「ノイ」(Neu)を連続で。

「ぴっぐテン」 「ぴっぐテン」

 いつもどおり、まずは「ぴっぐテン」でのんびりしたムードを醸し出してから、

「ノイ」 「ノイ」

「ノイ」で厳しい環境を堪能していただく(笑)。まぁ、いつもの定番の流れってことで。


 続いて、こちらも初心者向けに出しやすい「ウミガメの島」(Mahé)を。

「ウミガメの島」 「ウミガメの島」

 こちらも初プレイの方がいらしたのでインストしてからプレイ。いつもどおり、乗ったり乗られたりのプレイの中、初プレイのケイさんがコツコツと堅実に進められていたのが印象的。その成果か、21ピタリ賞が2回もあってケイさんがダントツのトップ。まぁ、野郎どもはイカダ大好きだったからなぁ(^^;)。


 ここで新しく男性のお客さんがおいでになり7人に。多人数で遊べるパーティーゲームで何か探そうかと思っていたら、件の男性が「バトルライン」(BATTLE LINE)で遊びたいので誰か相手をしてくれとのことで、エンドウさんがそちらへ。

 オホさんが残り30分ほどとのことだったので、残った5人で「ドメモ」(Domemo)を。

「ドメモ」 「ドメモ」

 男性が初プレイだったのでインストしてからプレイ。1戦目は比較的わかりやすい展開で、連続ヒットの後、「1」を的中させ、最後は2択で「3」をヒットさせてノーミスでクリア。おかわりの2戦目も3連続でヒットしてあと一歩だったんだんけど、上家のコウノさんの誘いに引っかかって1ミスし、オホさんに先を越される。いやぁ、怪しいなぁと思ったら案の定だったなぁ(笑)。


 ここでオホさんがお帰りになり4人になったので「カロム」(CAROM)を。

「カロム」

 ケイさんと男性が初プレイだったのでインストしてからプレイ。チーム分けはケイさん&男性とコウノさん&私の組み合わせで。

 で、初プレイのお二人は最初に力加減がわからずに、ケイさんがストライカーを場外に弾き出される。まぁ、初めてだし、徐々に慣れてもらえればいいかな、と思っていたら、隣の卓で「バトルライン」を遊んでらした男性がいきなり寄ってきて「これは力加減が難しいんですよ。まずはこうやって練習されたほうがいいですよ」と、いきなり盤面をグチャクチャにしながらストライカーを弾き始める。「カロム」の経験者かと思ったら、「私、昔、ビリヤードをやってたので、こういうのは詳しいんですよ」とか言いつつうんちくたれ始めて唖然。おかげで、しばらくは初プレイのお二人が萎縮されてか、なかなかうまくストライカーをコントロールできず。まったく困ったもんだ…。
 その後、経験者のコウノさんと私がお手本を見せたり、アドバイスをしたりで、徐々に慣れて最後はそれなりに楽しそうに遊んでくださったので安心したけども。

 1戦目は我々チームが圧勝、2戦目はチーム分けをコウノさん&ケイさんと男性&私に変えて対戦し、最後はケイさんがジャックを見事に落とされて終了。

 なお、来月19日に今年の「カロム日本選手権大会」が彦根で行われるんだけど、店長とななさんがダブルスでエントリーされる予定だとか。申込期限が今月14日までなので締切間近だけど、我と思わん方は参加してみてはいかがでしょう。ちなみに私はエントリーしませんよ(笑)。暇だったら応援に行ってもいいかな(^^)。


 ここで隣の卓が空き、エンドウさんがお帰りに。うんちくおじさんともうお一人、フリーの男性が混ざられて6人になり、店長のおすすめで「ふくろと金貨」(Moneybags)を。

「ふくろと金貨」 「ふくろと金貨」

 海賊の分前を奪い合うゲーム。海賊の親分が、自分と手下に戦利品の67枚のコインと1つの宝石を各自の袋に分けてスタート。各自、袋の中を覗いたり、袋を掴んだりして中身を確認することはできず、唯一袋を振ることだけが許されている。これで自分と他人の分前を図り、他人の袋から分前を奪うことができる。ただし、奪われた側は異議の申立をすることができ、その場合にはより多くの分前を持っていたほうが他人に自分の分前を与えなくてはいけない。こうして、最終的にもっとも多くの分前を得たプレイヤーが勝利する。

 で、店長にインストしていただいたんだけど、その途中にうんちくおじさんが「コインは何枚あるのか」としつこく尋ね始め、挙げ句に1枚1枚数え始める。仕方ないのでルルブを確認したら、ちゃんと67枚と書いてあったんでカウントは中断したんだけども、なんともはや…。
 その後、ゲームをスタートすると、今度は「私は音でだいたいの数がわかるから」とか言い始めたり。そして、やたらと袋に触ろうとする。いやいや、インスト時にちゃんと「袋に触っちゃだめ」って言われてたでしょうに。コウノさんと私で何度も注意して、ようやく理解されたようだけども。
 結局3ラウンドプレイして、件の男性と最初にいらした男性が5点でトップ。私は3位が2回で2点どまり。

 ちなみに、プレイ人数は3~6人で、想定プレイ時間は約30分。分前を入れる袋が小さくて、なかなかうまく袋からコインを取り出せないのが残念。まぁ、オインクさんのこだわりで、ゲーム箱のサイズを統一されたために、袋がこのサイズになったんだと思うんだけど、せめて成人男性の拳が入るくらいの大きさにはしてほしかったかな。


 ここで19時半になっていたので撤収。今日は初心者の方々と一緒にいろんなゲームを遊んだけども、まぁ、こういうのも楽しくていいよね。で、パッと見で私と同世代のうんちくおじさんにはびっくりしたけど、私も他人からはあぁいうふうに見られているのかもなぁ、と思ってちょっと反省してみたり。いい機会なのでこれを他山の石としたいもんだ。

Posted by “Lupin” on 2019/05/12 00:04:03

2019年 5月10日(金)

* 金曜にボドゲ@BRESPI・168回目    [  ボードゲーム  ]

 今日も朝から青空の広がるいいお天気。強めの陽射しのおかげで気温も上がって、日中の最高気温は27.5度まで上がってたんだね。ただ、湿度が低かったので、さほど「暑い」とは感じず、ちょうどいい塩梅の天候だったなぁ。
 この週末は、このままいい天気が続くようで、連休で疲れた体を癒やすにはちょうどいいかもしれんね(笑)。

 で、今日は金曜日なので、朝からテニスのレッスンへ。レギュラーメンバーは3人で、体験参加の方が1人いらしたんだけど、この方はこれまでは別のスクールでやってらした方だそうで結構レベルは高く、レギュラーメンバーとのレッスンもとくに支障なく。とりあえず、ストロークとボレーの基礎練習の後、今日は4人でのボレー&ボレー戦と、ロブからのスマッシュ、サービス、そして模擬試合4ゲームという流れでわりとびっしり。ここ最近はボレーを集中してやっていることもあって、ボレー&ボレー戦はまずまずだったものの、模擬試合ではダブルフォルト2本とサービスが安定せず。まだまだ課題満載ですな(^^;)。


 レッスンのあとに遅めの昼メシを食ってから帰宅し、一風呂浴びて汗を流してから、ふたたびお出かけ。地下鉄で京都市役所前まで行き、そのまま真っすぐ、いつもの「BRESPI」へ。

今日のゲーム

 お店に着いたのは16時半頃。HaMaさんがいらしいたものの、その他にはお客さんの姿はなし。

 で、店長とななさんの3人で遊んでらしたので、私はカウンターに陣取って1人で「ウボンゴ ソロ」(Ubongo Solo)を。

「ウボンゴ ソロ」 「ウボンゴ ソロ」

 前回の続きで、シート33aの問題402からスタートしてすんなりクリアし、次のシート33bへ。このシートはオリジナルの正方形タイプのタイルを配置していくんだけど、わりとサクサク進んで、問題405をクリアしたところで終了。


 ここで、カップルのお客さんがおいでに。たしか、最近一度ご一緒したことのある方々。で、今日もご一緒させていただくことになり、店長やななさんにも入っていただいて「ラミィキューブ」(Rummikub)を。

「ラミィキューブ」

 お二人とも初プレイということだったので店長がインストしてくださってから、お試しプレイ。お二人とも最初はやや戸惑ってらしたので、途中から女性にはななさん、男性にはHaMaさんが補佐に付かれて進行。ななさんはヒントを出されるだけ、HaMaさんは具体的なタイルの指示と補佐も人それぞれだなと(笑)。結局、HaMaさんの指示もあって男性が初プレイ初上がり。
 続けて、今度はななさんに入っていただいて、補佐なしでもう1戦。お二人とも1戦プレイされたこともあって、通常のプレイではとくに支障なく、アレンジもそれなりにいい感じで。ただ、やはりジョーカーの使い方が難しかったようで終盤にはアレンジしきれず、結局、ななさんの和了。ちなみに、私はイニシャルメルドが整わず、ラックオーバーするまで貯め込んでいいところなし(^^;)。
 とりあえず、初プレイのお二人は「難しい」とおっしゃりつつも、そこそこ楽しんでくださたようなので一安心。


 ここでハナさんがいらしたので入っていただいて、ななさんを加えた5人で「なにわのボブジテン」と「ボブジテン」を。

「ボブジテン」 「ボブジテン」

 インスト後、まずは「なにわのボブジテン」をフレーバーのナターシャ(早口で説明)は無視でプレイ。「なにわのボブジテン」はややお題が難しいものも入っているので、わからない単語の場合は別のモノを選択しても良いルールで。最初は経験者の私が親になり、その後は通常通りにプレイ。初プレイのお二人もすぐに慣れられたようで、いい感じに盛り上がる。
 続けて、お題が易しめの「ボブジテン」を。こちらはフレーバーのトニー(片言で説明)を採用したものの、実際にトニーさんが出たのは2回くらいだったかな。もっとも、なぜかハナさんが常時片言説明だったけども(笑)。


 次も同じメンバーで「ワードバスケット」(Word Basket)を。

「ワードバスケット」 「ワードバスケット」

 こちらもお二人が初プレイだったのでインストしてからプレイ。で、1戦目はとりあえずハンデなしでスタートしたんだけど、あっという間にハナさんが一抜け。続いて、ななさん、私と経験者が抜けて、最後は初プレイのお二人の対決となり、男性が勝ち抜け。
 おかわりの2戦目は、経験者のハナさん、ななさん、私が4文字以上のハンデでスタート。これでちょうどいいバランスとなり接戦となって、私が1抜け。その後4人が残り1枚で拮抗するも、結局、女性が負け残りだったかな。初心者がいらした場合は、経験者は4文字ハンデがちょうどいいかもね。


 ここでソガさんがいらしたので、ななさんの代わりに入っていただいて、5人で「ヒトトイロ」(Match Me!)を。

「ヒトトイロ」 「ヒトトイロ」

 こちらもお二人が初プレイだったのでインストしてからプレイ。1戦目、ソガさんが「家にあるもの」で「シンク」、女性が「複合施設にあるもの」で「ジーンズ」、男性が「穴が空いているもの」で「ドーナツ」、私が「恋人へのプレゼント」で「バラ」、ハナさんが「触れられないもの」で「暗闇」となって、それぞれ「はいいろ」「あお」「ちゃいろ」「あか」「くろ」で一発クリア。
 気を良くしての2戦目。お題は、女性が「スナック菓子」で「カラムーチョ」(あか)、男性が「中華料理」で「天津飯」(きいろ)、私が「ドレミ(音階)」で「ソ」、ハナさんが「高さ」で「2万マイル」、ソガさんが「役職」で「代表取締役」(きん)。で、「ソ」といえば、ドレミの歌で「ソは青い空」と歌われているわけだから、これは鉄板だろうと「あお」を出したんだけど、なんと私以外は全員「みずいろ」という結果に(^^;)。そうなると、次の「海底2万マイル」で「あお」は出せず「みずいろ」を出す羽目に。もっとも、「海底2万マイル」がわからなかったソガさんも「きみどり」を出されていたのでクリアは叶わなかったんだけどね。
 とりあえず、1回はクリアできたんだけど、やっぱり「ソ」が「みずいろ」ってのは納得できんわ~(笑)。


 ここで19時を回っていたので撤収。

 んで、今日は金曜日で「BRESPI ラミィキュー部」の部活の日だったんだけど、結局、プレイしたのはおためしの2戦のみ。金曜日は平日で普通の方はお仕事が終わってからいらっしゃるので、実際に部活が始まるのは夜になってから。で、その時間には私は撤収するわけで、ここ最近は私は金曜日にはほとんどプレイできてなかったり。そんなわけで、来週からは金曜日はお休みでいいな。

Posted by “Lupin” on 2019/05/11 00:16:15

2019年 5月 8日(水)

* 水曜もボドゲ@カフェミープル・483回目    [  ボードゲーム  ]

 今日も朝からスッキリした青空が広がり、明るい陽の射すいいお天気。朝方の最低気温は6.5度とこの時期にしてはやや冷え込んだものの、陽が射し始めてからはぐんぐん回復して、日中の最高気温は24.6度に。湿度もかなり低く(午後からはずっと10%台)、カラッとしていてとっても過ごしやすかったわ。

 で、今日はお昼前にお出かけ。いい天気だったので、今日もブラブラと歩いて出かけることに。いつもどおりに神泉苑にお詣りした後、御池通りを真っ直ぐに歩いて新京極まで行き、まずはのんびりと昼メシ。その後、MOVIX京都で「アベンジャーズ/エンドゲーム」を鑑賞。「アベンジャーズ」シリーズの完結編ということで、大盛り上がり。大満足でございました(^^)。


 その後、久しぶりに「Cafe MEEPLE」へ。

今日のゲーム

 ここ最近は「BRESPI」ばかり行っていて、こちらに来たのは約1ヶ月前だったり(笑)。お店に着いたのは17時過ぎだったんだけど、フリーのお客さんがお一人と、カップルさんが1組とのんびりした店内。
 フリーのお客さんは、お一人でこつこつと「ナンバーナイン」(NMBR9)で遊ばれていたので混ざらず。

 で、持参していた「ガンシュンクレバー」(Ganz Schön Clever)をイシカワさんとサシで。

「ガンシュンクレバー」 「ガンシュンクレバー」

 わりと派手なコンボの楽しめるダイスゲームで、イシカワさんが初プレイということでインストしてからプレイ。序盤からオレンジと紫を伸ばす方向でダイスを取り、一方、イシカワさんは黄と緑を伸ばされる展開で、最終的にイシカワさんは黄をコンプリートして60点はお見事。私はオレンジがコンプリート一歩手前だったんだけど、得点は61点とまずまず。
 結局、最終得点ではイシカワさんが197点(↑右の写真は黄の得点が間違っている)で、私が210点だったんだけど、これはほぼキツネ1個分の差というところだったね。

 一応、デフォルトでは4人までプレイなんだけど、2人プレイだとダウンタムも少なくて、わりとサクサクと遊べて面白かったかわ。ちなみに、このゲームは先月のComedyでのフリマで購入していて、前回来たときにも持ち込んでいたんだけども、前回は遊べなかったのでそのまま持ち帰っていたのよね。今回、イシカワさんにもインストできたのでお店に置いときましたよ。


 ここでオテモトさん、セキさんご兄弟がお見えになったのでご一緒することになり、イシカワさんも含めて5人で「私が夢みるとき」(When I Dream)を。

「私が夢みるとき」 「私が夢みるとき」

 イシカワさんが初プレイということでインストしてからプレイ。1番手の親が私だったんだけど、なかなか答えが出ず、7枚答えて、正当は3枚だけ(^^;)。結局、5人で親を1回ずつやって、セキさんが25点でトップだったかな。
 なお、付属の砂時計はどうもよく止まっちゃうようなので、ゲームタイマーなどで2分間を計ったほうがいいと思うな(^^;)。


 次も同じメンバーで「ワーワーズ」(Werewords)を。

「ワーワーズ」 「ワーワーズ」

 「インサイダー・ゲーム」(Insider)と「人狼」のテイストを加えた感じのゲームで、親に対して子が質問を行って、親のお題を当てるという部分は「インサイダー・ゲーム」と同じなんだけど、お題が正解されたら「人狼」が「占い師」を当てれば逆転勝ち、一方、お題が当てれなくても「村人」が「人狼」を見つけられれば逆転勝ちになる。
 同じテイストのゲームで、本体が英語版だったのでお題は「インサイダー・ゲーム」を使って遊んだんだけど、「インサイダー・ゲーム」よりも軽めでわりと良かったかも。ちなみに、1ラウンド目は「人狼」を引き、お題が正答されて、正答したオテモトさんを「占い師」指定で当てたので勝ち。2ラウンド目は「村人」で、このラウンドではセキさんが無双でどんどん質問を浴びせられて正答され、いかにも「占い師」ぽかったものの、たんなる「村人」だったことで、「村人」の勝利(^^)。


 ここで19時を回っていたので撤収。短めの時間だったけど、そこそこ楽しく遊べたので満足いたしました(^^)。

Posted by “Lupin” on 2019/05/08 22:39:05

2019年 5月 6日(月)

* 休日にボドゲ@BRESPI・167回目    [  ボードゲーム  ]

 今日はやや雲が多いものの、午前中は青空が広がり、強めの陽が注ぐいいお天気。予報では午後から雨になるって話だったんだけど、お昼すぎの時点ではまだいいお天気。おかげで今日ものんびりと散歩できましたよ(^^)。
 その後、夕方くらいまではいい天気が続いていたんだけど、16時半くらいだったかにいきなり空が暗くなって雨に。その後、雷鳴も轟いていたものの、雨は2時間ほどで終了。帰宅する頃には雨も上がっていたので傘の出番はなし(笑)。


 ってことで、今日も午後からお出かけ。予想に反していいお天気だったので、今日ものんびりと歩いて河原町まで。その後、のんびりと昼メシを食ってから、いつもの「BRESPI」へ。

今日のゲーム

 お店に着いたのは14時半くらい。ゴールデンウィーク中はずっと賑わっていたんだけど、今日はグループが2組と、フリーのお客さんがお二人と珍しくまったりムード。

 フリー卓では、ソガさんとマチさんと店長とななさんの4人で「ラミィキューブ」(Rummikub)を遊ばれていたので、カウンター席に陣取って「ウボンゴ ソロ」(Ubongo Solo)を。

「ウボンゴ ソロ」 「ウボンゴ ソロ」

 昨日の続きで、シート32bの問題396からスタートするも、今日は比較的冴えていて、サクッと解けて、ようやくシート32bをクリア。いやぁ、長かったな(笑)。続いて、シート33aにチャレンジして問題401までクリア。ようやく400を超えたか!


 で、フリー卓の「ラミィキューブ」(Rummikub)が終わったので混ぜていただくことに(^^)。

「ラミィキューブ」 「ラミィキューブ」

 1ラウンド目はマチさんが親で、私、ソガさん、店長の順。配牌にジョーカーが2枚あり、1巡目に「赤91011」のランができて2番目にイニシャルメルド。その後は全員のイニシャルメルドが終了するくらいまでは引きに徹することになるも、その2巡くらい後にあれよあれよとアレンジが成功し、一気にジョーカーを2枚使って早めの和了。和了点は+171点と高め。
 2ラウンド目は私が親で、店長、ソガさん、マチさんの順。配牌はかなりばらばらで、すぐに「7」のグループができ、さらに5巡目に「黄101112」のランができて3番目にイニシャルメルド。その後アレンジを駆使するも和了までは遠く、結局、マチさんの和了に-7点。
 3ラウンド目はソガさんが親で、私、マチさん、店長の順。配牌にはジョーカー1枚と「2」と「5」のグループがあり、4巡後に「10」のグループもできて、2番目にイニシャルメルド。終盤は競った争いになるもあと一歩詰めきれず、ジョーカーをリリースした巡目にソガさんが和了られて-4点。
 4ラウンド目は店長が親で、私、マチさん、ソガさんの順。配牌はバラバラで、4巡目に「11」のグループができて3番目にイニシャルメルド。このラウンドではなかなか高い数字が出てこずに苦戦し、結局、配牌からあった「赤12」が処分できず、マチさんの和了に-12点。
 4ラウンドトータルでは、マチさんが2勝で-9点、私が1勝で+148点、ソガさんが1勝で-99点(1ペナを含む)、店長が-90点という結果に。

 続いてタケガワさんがおいでになり、店長に代わって入っていただいて2戦目へ。
 1ラウンド目はソガさんが親で、私、マチさん、タケガワさんの順。配牌には「2」のグループと「黒789」「赤91011」のランの3セットがあって、初手でイニシャルメルド。その後もいい感じで進めるも、タケガワさんがジョーカーの2枚持ちで一気に和了られて-22点。
 2ラウンド目は私が親で、タケガワさん、マチさん、ソガさんの順。配牌には「2」のグループのみで、4巡目に「黒111213」のランができて4番目にイニシャルメルド。その後、アレンジに苦戦しつつもなんとか手牌を処理し、最後はうまくジョーカーをアレンジできて和了。和了点は+66点。
 3ラウンド目はマチさんが親で、私、ソガさん、タケガワさんの順。配牌には「3」のグループがあるのみで、全体的に小さな数字が多め。その後も小さな数字ばかり引き、「1」「3」「5」のグループが揃うもイニシャルメルドに届かず。ソガさんがイニシャルメルドでジョーカーを出されたこともあって、場が活性化し、最後はタケガワさんが手持ちのジョーカーも含めて2枚のジョーカーを使われて和了られ、私はイニシャルメルドできずに-132点と大きなマイナス点に(泣)。
 4ラウンド目はタケガワさんの親で、私、ソガさん、マチさんの順。配牌はバラバラで、7巡目にようやく「11」のグループができて4番目にイニシャルメルド。その後、大きめの数字は処分できたものの、小さな数字があまり処分できず、マチさんの和了に-26点。
 4ラウンドトータルでは、ソガさんが-106点、私が1勝で-114点、マチさんが1勝で-78点、タケガワさんが2勝で+298点という結果に。いやぁ、久しぶりにイニシャルメルドできずに大量失点してしまったなぁ。まぁ、それでも2戦トータルでは2勝で+34点だったので及第点ということで。


 続いて、マチさん、ソガさん、タケガワさんの4人で「カロム」(CAROM)を。

「カロム」

 タケガワさんが初プレイだったのでインストしてからプレイ。まずはミックスダブルスで、タケガワさん&マチさんvsソガさん&私の対戦。プレイ中はいろいろアドバイスもしていたんだけど、なかなか力のコントロールが難しいようで、ストライカーがポケットに入ることが多め。そんなわけで大差をつけて勝利(笑)。
 おかわりの2戦目は男女対決となり、ソガさん&マチさんvsタケガワさん&私の対戦。2戦目になり、皆さんだいぶ慣れられたようで接戦になり、残り個数2個ずつまで競った戦いになるも、最後は私が連続で自パックを沈め、そのままジャックも落として勝ち。さらに3戦目はソガさん&タケガワさんvsマチさん&私の組み合わせに。このラウンドではマチさんが覚醒されていいペースで得点を重ねてくださって、最後は私がジャックまで落としきって勝ち。
 結局、3戦して全員が1勝ずつという結果に。ちなみに私は全勝でしたけどね(笑)。

 なお、この「カロム」はゴールデンウィーク中のお試し用に貸し出していただいたものだったんだけど、店長もかなり気に入ってらして、近い内にお店でゲーム盤を購入されるとのこと。いやぁ、今後もお店で「カロム」ができるのは嬉しいねぇ(^^)。


 次も同じメンバーで「ごいた」を。

「ごいた」 「ごいた」

 チーム分けはマチさん&タケガワさんvsソガさん&私の対戦に。初回、マチさんが「王」上がりで50点、さらに「銀」上がりで30点とリードされる展開。その後、こちらも「王」上がりと「金」上がりで80vs80の同点に。続いて、タケガワさんが「し」で上がられ、さらにマチさんが「金」上がりで80vs120となり、最後はタケガワさんが「金」で上がられて80vs150となって負け。


 隣の卓で店長とフリーのお客さんが「お邪魔者」(Saboteur)で遊んでらして、その時間調整に4人で「ワードバスケット」(Word Basket)を。

「ワードバスケット」 「ワードバスケット」

 いい感じの酔ってらしたタケガワさんが意外にも(失礼)強く、序盤からサクサクと上がられる展開。私は語彙力がないので苦戦していたものの、2戦目にはなんとか2位抜け。結局、4戦くらいやって、抜け残りは最初の1戦目だけだったので上出来だな(笑)。


 ここで別卓の方々と合流して総勢8人になったので、マチさんのリクエストで「ディクシット」(DiXit)を。

「ディクシット」 「ディクシット」

 初見の女性お二人が初プレイだったのでインストしてからプレイ。3ラウンド終了後にキョウカさんがいらしたので、入っていただいて9人プレイに。さらに、その後、初見の女性の方がいらしたので、私の代わりに入っていただき、私はサポート役に。「ディクシット: アニバーサリー」(Dixit Anniversary)の拡張カード84枚が入ったことで、リピートの方々も新鮮だったようでかなり盛り上がり、マチさんが32点でトップ。


 ここで19時前だったので私はゲームから抜けて、今日の「ラミィキューブ」の結果を入力してから撤収。久しぶりにガッツリと「ラミィキューブ」や「カロム」で遊べたので満足でしたよ。

 なお、「BRESPI」は明日から3日間、ゴールデンウィークの連続営業の代休となるので、次回は10日に訪問の予定。

Posted by “Lupin” on 2019/05/06 23:07:55

2019年 5月 5日(日)

* こどもの日もボドゲ@BRESPI・166回目    [  ボードゲーム  ]

 今日も朝から空はスッキリと晴れて、キレイな青空の広がるいいお天気。今日もお昼前に気温が25度を超えて「夏日」に。日中の最高気温は28.4度で、カラッとしていてとても気分良かったねぇ。
 で、明日は長かった連休の最後の一日だけど、午後から雨になるかもとか。降水確率は50%なのでなかなか微妙なところだけどね。


 そんな「こどもの日」の祝日も、午後からお出かけ。いい天気だったので、神泉苑にお詣りした後、ブラブラと歩いて新京極まで行き、のんびりと昼メシを食ってから、いつもの「BRESPI」へ。

今日のゲーム

 お店に着いたのは14時過ぎ。今日もお店は活況で、テーブル席はすべて埋まっていて賑やか。ただ、フリーのお客さんはいらしてなかったのでカウンター席へ。

 ってことで、とりあえず「ウボンゴ ソロ」(Ubongo Solo)を。

「ウボンゴ ソロ」 「ウボンゴ ソロ」

 前回の続きで、シート32bの問題395から。この問題にかなり苦戦しつつもなんとかクリアしたものの、続く問題396でも苦戦。結局、今日は1問解けただけで終わったか(^^;)。


 で、コウノさんがいらしたので、ご一緒することに。ななさんにも入っていただいて、3人で「天才画家ボン」を。

「天才画家ボン」 「天才画家ボン」

 今回も親は持ち回りで。コウノさんが初プレイだったんだけど、とくに大きな支障もなく。今日の目玉は、私が描いた↑右のこれ。たぶん、ななさんには通じないけど、コウノさんだったらわかってくれるんじゃないかと思ったら、案の定、コウノさんから「ほうれんそう」と即答。ちなみに、ななさんは元ネタの『ポパイ』をご存じなかったので、まったく通じず(笑)。


 次はコウノさんと2人で「ラミィキューブ・エクスプレス」(Rummikub Xpress)を。

「ラミィキューブ・エクスプレス」 「ラミィキューブ・エクスプレス」

 コウノさんが初プレイだったのでインストしてからプレイしたんだけど、コウノさんは「ラミィキューブ」もご存知なのでとくに問題なく。1ラウンド目、私が先行で、コウノさんが3投目にパーフェクトを出されるも-5点で軽微。2ラウンド目と3ラウンド目は、おたがい序盤にダイス目が揃わず、3投で引き分けも、コウノさんのほうが出目が悪くて思ったよりも差のつく展開。5、6ラウンドの目に挽回されるも、前半のリードが活きて、6ラウンドで3勝3敗も、ポイントでは私が+18点の勝ち(^^)。


 続いて、店長とななさんにも入っていただいて「セット」(SET)を。

「セット」 「セット」

 こちらもコウノさんが初プレイだったのでインストしてからプレイ。序盤、初プレイのコウノさんがやや出遅れてらしたものの、中盤に連続でセットを取られる覚醒を見せられて躍進。私も終盤になんとか巻き返し。今回は珍しく、すべてのカードが無くなるという状況で、終わってみれば、店長と私が7組、コウノさんとななさんが6組と競った争いに。ちなみにコウノさんは1回お手つきされているので、それがなければトップタイだったので惜しかったわ。


 続いて、同じく4人で「マスクメン」(maskmen)を。

「マスクメン」 「マスクメン」

 こちらもコウノさんが初プレイだったのでインストしてからプレイ。1ラウンド目は店長以外の3人でプレイして、私がトップ。2ラウンド目は店長が、3ラウンド目はななさんがトップとこちらも競った争いになり、4ラウンド目は私がトップ。ポイントでは、ななさんと私が4点、店長が3点となってトップタイ(^^)。


 次も4人で「タイムライン」(Timeline)を。

「タイムライン」 「タイムライン」

 カードに記載された歴史上の出来事を、年代順に正しく並べて行くゲーム。こちらはコウノさんとななさんが初プレイだったので店長にインストしていただいてからプレイ。
 で、以前再販版で遊んだことがあったんだけど、こちらのオリジナルバージョンでは、各自が年代カードを4枚持ち、その中から順に中央の年表に加えてゆくスタイルで、間違った場合には新たなカードが補充される。早く手札を全て無くした人が勝ち抜け。
 序盤は比較的わかりやすいカードが並んだおかげで、3連続で正解したものの、最後の1枚で苦戦し、その間にコウノさんが最初に勝ち抜け。その後私がなんとか抜けて、最後は店長とななさんの勝負に。ただ、ななさんは歴史は苦手だとのことで、かなり苦戦され、最後は店長が勝ち抜けで終了。このゲームも、たまに遊ぶと面白いねぇ(^^)。


 店長とななさんが接客でお忙しくなったので、ふたたびコウノさんと2人で遊ぶことになり、コウノさんのリクエストで「世界の七不思議: デュエル」(7 Wonders Duel)を。

「世界の七不思議: デュエル」 「世界の七不思議: デュエル」

 コウノさんが初プレイだったのでインストしたんだけど、オリジナルの「世界の七不思議」(7 Wonders)をご存知だったので、すんなりと理解してくださった模様。
 で、第1世代では茶色の資源生産を中心に確保するも収入が苦しく、徐々に劣勢に。なんとかピラミッドを2つ開放するも、どちらも生産系で収入は増えず。さらに、第2世代では軍事で押し込まれる展開となって、なけなしの資産も尽きて万事休す。結局、第2世代の終盤に軍事で押し切られて負け。うーん、このゲームは金策が苦しいのは周知の事実だけど、ここまで金が回らなかったのは初めてだったなぁ。まぁ、負けるべくして負けた感じ(^^;)。


 ふたたび、店長とななさんに入っていただいて、4人で「コードネーム」(Codenames)を。

「コードネーム」 「コードネーム」

 意外なことに店長も未プレイということだったんだけど、「コードネーム デュエット」(Codenames Duet)はご存知だったのでとくに問題なく。
 チームわけはななさん&コウノさんvs店長&私という組み合わせ。1戦目はななさんと店長がマスターで、コウノさんと私がスパイという役どころ。序盤、私がカードを見間違えて(「ロープ」を「ローブ」に間違える)、いきなり相手の得点となるチョンボを犯すも、その後なんとか挽回して、1枚差で逆転勝ち。
 2戦目はコウノさんと私がマスターで、コウノさんチームの先行。相手チームはミスなく勧められるも、こちらは2手目で痛恨のお手付きで差をつけられて、そのまま3枚差で負け。まぁ、2戦して1勝1敗だったし、良しってことで(^^)。


 ここでコウノさんがお帰りになり、店長も接客に出られたので、ななさんと2人で「スピード計算」(Unter Spannung)を。

「スピード計算」 「スピード計算」

 久しぶりのライバル対決(笑)。1戦目はかなりの大差で負けたものの、2戦目は巻き返してリードを保ったまま逃げ切り。1勝1敗で迎えた決戦の3戦目は終盤までもつれる熱い戦いとなるも、なんとか終盤に逃げ切って勝ち、対戦成績2勝1敗で勝ち越し(^^)。いやぁ、このゲームでのななさんとの対戦は燃えるな(笑)。


 ここで別卓で遊んでらした男性のお客さんが混ざられることになり、ななさんと3人で何をやるかと相談していたんだけど、「ラミィキューブ」(Rummikub)をやったことがないとおっしゃったので布教(笑)することに。

「ラミィキューブ」

 とりあえずインストしてからお試しプレイ。序盤は何度か間違ったセットを出したりされたものの、すぐに修正され、終盤はアレンジもそれなりに使ってらしたのはさすが。ただ、アレンジによるジョーカーの使い回しあたりはかなり難しかったようだけど、まぁ、このあたりは経験が物を言うところなので致し方なし。
 追加でもう一戦遊んでいただいた感想は「難しいけど面白い」だったので、ちょっと満足(笑)。


 ここで19時半になっていたので撤収。今日はフリーのお客さんが少なくて、ほとんど固定メンバーだったけど、それなりに楽しめたので良しってことで。

Posted by “Lupin” on 2019/05/05 23:58:25

2019年 5月 4日(土)

* 今日のボドゲ@BRESPI・165回目    [  ボードゲーム  ]

 今日は朝から青空の広がるいいお天気。強めの陽が射したこともあって午前中から気温が上がり、お昼前には25度を超えて「夏日」に。午後からも好天は続き、日中の最高気温は27.5度まで上がってたんだねぇ。
 で、午後から出かけるときに、すでに25度を超えていたので今シーズン初めて半袖で出かけてみたんだけど、ちょうどいい感じだったねぇ。街行く人々の中にもチラホラと半袖姿が目についたし。明日も今日と同じくいい天気になりそうなので、連休のお出かけにはぴったりかもね。


 そんなわけで、今日は自宅で昼メシを食ってからお出かけ。神泉苑にお詣りしてから御池通りをまっすぐ東進して河原町まで向かい、そのまま真っすぐにいつもの「BRESPI」へ。

今日のゲーム

 お店に着いたのは14時過ぎ。今日もお店は盛況で、テーブル席も1席以外は埋まっている状況。ちなみに、昨日(3日)はお店が一杯で入れなかったんだけど、今日はなんとかフリー卓に空きがあって混ぜていただくことに。

 ご一緒したのは、大阪でボードゲームの販売をされている会社の方で、お二人で遊びに来られたんだとか。で、とりあえずは遊んだことのないゲームをということだったので「砂の国」(Realm of Sand)を3人で。

「砂の国」 「砂の国」

 お二人とも初プレイだったのでインストしてから、拡張を入れずにプレイ。さすがにボードゲームには慣れていらっしゃるようで、初プレイとはいえとくに問題なくプレイ。片方の方が最初からレベル2を狙っていかれたんだけど、さすがに丸チップが集まらずに中盤以降は苦戦されることに。一方、もう片方の方はレベル1をコツコツと狙われ、私の狙っているカードを連続して先取りされる展開(^^;)。
 終盤、男性お二人がそれぞれ砂時計を9にされ、私もレベル3の14点カードを取って砂時計9に。ラストは、上家の男性が砂時計を獲得されて終了フラグが立ち、私は最後に1点カードを取るのがやっと。ただ、最終得点では、レベル3の14点カードの威力が強く、トータル36点でトップということに(^^)。


 続いて、3人でゲームだなを物色していたら、男性お二人が「イスタンブール」(Istanbul)をやったことがないとおっしゃったのでそちらで。

「イスタンブール」 「イスタンブール」

 で、インストしてから、マップは初心者マップでプレイ。序盤、3番手の男性が5金カードを上手く使われて荷車を拡張される流れ。私は荷車拡張は捨て「闇市場」と「スルタンの宮殿」を行き来してルビーを集める戦略。で、中盤くらいまではリードしていたものの、荷車拡張なしではルビーを4つ取るまでが限界。その後、荷車拡張したもののときすでに遅く、下家の男性が5つ目のルビーを確保されて終了。いやぁ、なかなか見事な戦略だったな~。


 ここでタキさんがいらしたのでご一緒することに。さらにイナダさんが女性と一緒にご来店されてご一緒することになり6人になり、イナダさんから「コヨーテ」(Coyote)をやりたいというリクエストが入ったので、そちらで。

「コヨーテ」

 お連れの女性が初プレイということだったのでインストしてからプレイ。で、ルール自体は簡単なのでとくにプレイには支障はなかったものの、やはり「小狡さ」の部分ではゲーム慣れしているかどうかがキモになるので初プレイでは苦しいよねぇ。そんなわけで、初プレイの女性が早々に身代わりをなくすという展開。
 それでもその後はそれなりに負けが分散していたんだけども、結局、女性が3回目にライフを失われて終了。まぁ、周りがかなり「海千山千」の方ばかりだったから仕方ないかな(笑)。


 続いては女性からのリクエストで「ディクシット」(DiXit)を。

「ディクシット」 「ディクシット」

 女性が初プレイということで、インストしてからプレイ。6人だったので予想ピンは1本で。で、最初の親のタキさん、2番めの親の私と連続して「的中なし」という状態でスタートとなり一気に出遅れる(^^;)。一方、男性のお一人が毎ラウンドいいカードをお出しになってポイントを稼がれてダントツのリード。
 序盤に出遅れたものの中盤から終盤にかけてなんとか盛り返し2位に浮上するも、トップの男性との差は詰めきれず、結局、男性が32点でゲーム終了。私は28点で2位どまり。

 で、今回は先日発売になった「ディクシット: アニバーサリー」(Dixit Anniversary)の拡張カード84枚が追加されたセットでプレイしたんだけど、この拡張カードはなかなか新鮮でいいね。まぁ、これまでの「ディクシット」でイラストを手がけてきた10人の絵師さんのカードが入っているので、オデッセイのカード(イラストは“Marie Cardouat”と“Pierô”)とはちょっとテイストの違っているものもあるけどね(^^;)。
 とりあえず6~7人でのプレイなら、使用済みのカードをシャフルしなくて済むのがとても嬉しい(笑)。できれば、あと1セット「ディクシット: クエスト」あたりを追加できれば完璧かな。


 次も6人で「適当なカンケイ」(Qui Paire Gagne)を。

「適当なカンケイ」 「適当なカンケイ」

 こちらも初プレイの方がいらしたのでインストしてからプレイ。今回は比較的「我が道を行く」方が多かったため(笑)、序盤から得点は低め。なんせ、6点(全員が同じ)が出たのが3ラウンド目だったからねぇ(^^;)。とくに男性お二人がわりと個性的な方で、お二人とも4ラウンドとも1ケタ得点だったからねぇ(笑)。
 そんななか私もそこそこ健闘していたんだけど、トップは女性の方で、私は8点差を付けられての2位。


 そしてなぜか↑の得点の低かった男性陣から、次は「ヒトトイロ」(Match Me!)をやりましょう、というリクエストが。「色だったら(たぶん)大丈夫」ということらしい(笑)。

「ヒトトイロ」 「ヒトトイロ」

 こちらも初プレイの方がいらしたのでインストしてからプレイ。「季節」が「春」、「軽いもの」で「羽」、「女性が持っているもの」で「つけまつげ」、「医療器具」で「献血パック」、「特撮」で「仮面ライダー」というお題の並びに。「つけまつげ」は「くろ」がなかったからか「ちゃいろ」と「はいいろ」に割れたのはいいとして、「献血パック」で「はいいろ」が出てきたのはちょっとびっくり。ちなみに、これを出された女性は医療関係のお仕事をされているそうで本物の「献血パック」の色をご存知だったとか。なお、最後の「仮面ライダー」が全員「みどり」だったのは見事だったと(笑)。
 おかわりで2戦目を行うも、やはりパーフェクトには届かず。うん、やっぱり初見のメンバーでパーフェクトはなかなか難しいよね(^^;)。


 次も同じメンバーで「スカル」(Skull)を。

「スカル」 「スカル」

 こちらも初プレイの方がいらしたのでインストしてから、一度お試しプレイをしてからプレイ開始。で、序盤からイナダさんが攻められたもののことごとく失敗に終わられ、あっという間に1枚になり、しかも残ったのが「スカル」だったので、あとは参加するだけという状況に(^^;)。
 状況的にはイナダさんがほぼ参加していない5人状況のなか、男性お二人が次々と成功される流れに。一方、私はハメに行ってすかされて2枚に(^^;)。結局、男性のお一人が「3」宣言をクリアされて終了。


 ここでイナダさんとお連れの女性がお帰りになり、別卓で遊んでらしたヨコカワさんが混ざられて5人になったので、「ソクラテスラ」を。

「ソクラテスラ」 「ソクラテスラ」

 過去の偉人の名前をバラバラにしたパーツを繋げて、新たな偉人を作り上げていくゲーム。一応、それぞれのカードには「武力」と「知力」が設定されていて、それぞれのラウンドでどのパラメーターで競うかどうかが決まり、より高い数値を持つ「偉人」が勝利する。基本的には1対1での対戦となり、全員を勝ち抜くと「殿堂入り」できる。2人の「殿堂入り」偉人を作ったら勝ち。
 とはいえ、まぁ、基本はおバカ系ゲームで、出来上がる偉人の名前はどこか卑猥だったりするのよねぇ。プレイ人数は2~6人で、想定プレイ時間は約30分。でも、基本的はかなり好きな部類(笑)。


 ここで19時を回っていたので撤収。今日も色んなジャンルのゲームをプレイできたので、そこそこ楽しめましたよ(^^)。

Posted by “Lupin” on 2019/05/04 23:57:35

2019年 5月 2日(木)

* 木曜のボドゲ@BRESPI・164回目    [  ボードゲーム  ]

 今日も朝からやや空には雲が残っていたものの、きれいな青空も顔を出して、明るい陽も射すまずまずのお天気に。日中の最高気温も24.0度まで上がってようやく平年並みに。

 で、今日は自宅で昼メシを食ってからのんびりとお出かけ。いい天気だったので、ブラブラと歩いて出かけることにして、まずはいつもの神泉苑へ。神泉苑では、例年ゴールデンウィークに「神泉苑祭」が行われていて、今年も今日から4日まで開催中。日頃はのんびりした場所なんだけど、今日は流石に人が多かったわ。


 その後、御池通りを真っ直ぐに歩き、烏丸からは姉小路通りに下がって、そのまま河原町まで歩き、いつもの「BRESPI」へ。

今日のゲーム

 お店に着いたのは15時ころだったんだけど、今日はグループのお客さんでテーブル席が2席埋まっていて、もう1席では店長とななさんが常連のカトウさんと一緒に遊んでらして、比較的まったりした状況。

 で、フリーの卓に混ぜていただいて、カトウさんが考案されたゲームをテストプレイしたり、おしゃべりしたりしてまったりと過ごす。


 しばらくしてカトウさんがお帰りになり、その直後にヨコカワさんがいらしたので、カウンターでヨコカワさんと2人で「ラミィキューブ・エクスプレス」(Rummikub Xpress)を。

「ラミィキューブ・エクスプレス」 「ラミィキューブ・エクスプレス」

 私が先行でスタート。1ラウンド目はまずまず悪くない展開だったんだけど、3投目にヨコカワさんにパーフェクトを決められて-9点。2ラウンド目も同じ展開で-12点。さらに3ラウンド目はお互いに3投して完成しなかったものの、残りダイス数が多く-7点。
 4ラウンド目も同様に引き分けも、今度はこちらの出目が小さかったことで、ようやく+10点。5ラウンド目も引き分けとなるも、ダイス目で負けて-1点。ここまでで-19点だったので、最終ラウンドの結果次第では逆転も可能だったものの、最後も引き分けとなってダイス目で負け-7点となって、結局6ラウンドトータルでは1勝5敗で-26点ということに。
 今日は大負けはなかったけども、さすがに6戦5敗では勝てんわなぁ(^^;)。


 続いて、ななさんにも入っていただいて3人で「天才画家ボン」を。ただ、ななさんは接客で半分くらいは抜けてらしたので、実質2人プレイだったけど(笑)。

「天才画家ボン」 「天才画家ボン」

 で、今回はお題の難易度が両極端で、簡単にわかるもの(たとえば、ピアノとかラクダとか)と難解なもの(スパゲティやアリ、ジェリービーンズなど)が登場し、難解なお題では描く方も答える方もかなり苦戦。同じお題で2~3度描き直したりして、なんとかようやく答えにたどり着くとかもザラだったわ。ちなみに今回も画伯は持ち回りでプレイ。


 次は「カロム」(CAROM)で遊ぶことに。

「カロム」

 ヨコカワさんが初プレイだったのでインストしてからプレイ。まずは練習モードでシングル戦を。とりあえずストライカーの弾き方やコマの狙い方などをレクチャーしつつ、お手本プレイを披露してみたり(笑)。その後、マツムラさんがいらしたので入っていただいて、インスト後にヨコカワさんとマツムラさんでシングル戦。こちらも私がアドバイスしつつの対戦だったんだけど、マツムラさんは初プレイとは思えないほどお上手。

 続いて、店長に入っていただいてダブルスを。ペアは店長&マツムラさんとヨコカワさん&私の組み合わせ。終盤まで競った展開だったんだけど、最後は1コマ差で店長チームの勝ち。3回目で初の負け(笑)。
 続いて、店長とななさんが交代されてダブルスの2戦目。ペアはななさん&ヨコカワさんとマツムラさん&私の組み合わせだったんだけど、開始すぐにななさんが接客で抜けられたので、ちょうどいいタイミングでいらしたコウノさんに入っていただいて対戦。コウノさんは以前にプレイ経験がお有りとのことだったんだけど、やはりかなりお上手。まぁ、それでも結果としては、こちらのチームが圧勝しちゃったんだけども(^^)。

 ゲーム盤の貸し出しはゴールデンウィーク期間中だけなので、この間にもうちょっと遊んでおきたいもんだねぇ。


 で、メンバーが4人になったので「ラミィキューブ」(Rummikub)を。

「ラミィキューブ」 「ラミィキューブ」

 1ラウンド目はマツムラさんが親で、ヨコカワさん、私、コウノさんの順。配牌にはジョーカー2枚と「黄6789」のランがあって、初手でイニシャルメルド。その後、イニシャルメルドが一巡するまではやや手間取るも、マツムラさんが苦労されてイニシャルメルドを決められた順にジョーカー2枚を使って和了。やや早めの和了だったこともあって、和了点は+174点と多め。
 2ラウンド目はヨコカワさんが親で、コウノさん、私、マツムラさんの順。配牌にはジョーカー1枚と「青111213」「赤567」のランがあって、初手でイニシャルメルド。ただ、その後の展開に苦労し、配牌から処理しきれなかった「黄13」をジョーカーを使って出した順にヨコカワさんが和了となって-8点。
 3ラウンド目は私が親で、ヨコカワさん、マツムラさん、コウノさんの順。配牌にはセットがなく、全体的に小さめの数字が多め。その後「2」のグループ、「赤456」のランができた後、5巡目に「赤111213」のランができて2番めにイニシャルメルド。その後、手の内で3セットができるも、アレンジがなかなかうまく行かず、とりあえず出来合いのセットを放出した順にヨコカワさんが和了られて-43点。
 4ラウンド目はコウノさんが親で、ヨコカワさん、マツムラさん、私の順。配牌には「青10111213」のランがあって、初手でイニシャルメルド。配牌からあった「黄6」×2と「青6」×2の処理に苦労するも、終盤に2枚めのジョーカーが出たおかげで、なんとか上手くアレンジがハマって和了。和了点は+63点。
 ということで、4ラウンドトータルではマツムラさんが-227点、ヨコカワさんが2勝で+152点、私が2勝で+186点、コウノさんが-111点という結果に。5月の滑り出しとしては、上々の結果ですな(^^)。


 ここで20時前になっていたので撤収。ちなみに、私と入れ替わりでオカモトさんがいらして、「ラミィキューブ」は2戦目に突入しておりました(^^)。

Posted by “Lupin” on 2019/05/03 00:26:36

2019年 5月 1日(水)

* 令和初のボドゲ@BRESPI・163回目    [  ボードゲーム  ]

 昨日の午前中に上がっていた雨は、深夜になってふたたび降り始め、あまり強くはならないものの今日の朝方まで断続的に降り続く。お昼前には小康状態にはなっていたものの、お昼すぎの時点ではまだときおり細かな雨がぱらつく時間もあったり。ただ、午後になって雨域からは抜けたようで、どんよりした曇り空だったものの、雨にはならず。
 ちなみに、連休の前半は今ひとつのお天気が続いていたけれど、明日からは回復して、後半はずっといい天気が続きそうだとか。

 で、今日から元号が代わって『令和』に。個人的にはとくになにかが変わるわけでもないんだけども、めったにない改元だし、気分だけでも新たにして過ごしたいもんだねぇ。


 とか言いつつ、今日もいつもと変わらず、お昼すぎにお出かけ。地下鉄で京都市役所前まで行き、のんびりと昼メシを食ってから、いつもの「BRESPI」へ。

今日のゲーム

 お店に着いたのは14時半頃だったんだけど、すでにテーブル席はすべて埋まっていて、カウンター席が2席空いているだけ。テーブル席の一つはフリーのお客さんの席だったんだけど、モリモさんとイナさんの姿も。なんでも、今日は「Cafe MEEPLE」も満席だったそうで、こちらに流れてこられたんだとか(^^;)。

 フリー卓では4人でゲームをされていたので、まずは「BRESPI ラミィキュー部」の4月の活動報告を掲示してから、月間表彰トロフィーに4月の表彰者のリボンを追加。

「BRESPI ラミィキュー部」 「BRESPI ラミィキュー部」

 トロフィーのリボンも本数が増えてきて、それなりに立派に見えるようになってきたな(笑)。


 リボンを飾り付け終わったタイミングでフリー卓が空いたので混ぜていただくことに。5人でワチャワチャと盛り上がりそうなゲームをということで、「ランスロット」(Lanzeloth)を出してみることに。

「ランスロット」 「ランスロット」

 モリモさんやイナさんが初プレイだったのでインストしてからプレイ。序盤は比較的早めに手仕舞う展開となって、得点が伸びなかったもののテンポよく進む。序盤はオカモトさんと私がポイントを重ね、逆にイナさんはなかなかぽいんとが奪えない展開。終盤にようやくイナさんがポイントを獲得されたものの、最後はオカモトさんが規定の7点を超えられて終了。割とサクサクと遊べて面白かったわ(^^)。


 ここでオカモトさんがお帰りになり、4人になったので「ギズモ」(Gizmos)を。

「ギズモ」 「ギズモ」

 イナさんと男性が初プレイだったのでインストしてからプレイ。序盤からピック系のギミックが取れずに苦しい展開。プレイ経験のあるモリモさんが序盤はリードされていたんだけど、中盤以降は初プレイのイナさんがうまくコンボを組まれて逆転。最後は男性が3枚目のレベル3を建てられて終了したんだけど、最終得点ではイナさんがダントツのトップ。うーん、さすがだ。


 ここで男性がお帰りになったので、モリモさん、イナさんと3人で「テラフォーミング・マーズ」(Terraforming Mars)を。

「テラフォーミング・マーズ」 「テラフォーミング・マーズ」

 盤面は「エリシウム」で、惑星は「エンケラドス/ENCELADUS」(微生物)、「エウロパ/EUROPA」(生産力)、「月/LUNA」(クレジット)、「プルート/PLUTO」(カード)、「タイタン/TITAN」(浮遊体)の5つ。席順はモリモさん、イナさん、私の順。

 引いたコーポレートカードは「採掘ギルド/MINING GUILD」(初期資金30金、建材産出+1、初期資源: 5建材)、「サターン・システムズ/SATURN SYSTEMS」(初期資金42金、チタン産出力+1、木星タグカードでクレジット産出量+1)、「ROBINSON INDUSTRIES」(初期資金47金、毎ラウンド一番少ない生産力を+1)、「STORMCRAFT」(初期資金48金、好きなカードに浮遊体1個配置/この企業カード上の浮遊体1個を発熱2個として扱える)の4枚で、プロジェクトカードは「AQUIFER TURBINES」(海洋1枚配置。電力算出+2、3メガクレジット除去)、「MOHOLE EXCAVATION」(建材産出+1、発熱産出+2、発熱2個獲得)、「POWER GENERATION」(電力産出+3)、「ACQUIRED SPACE AGENCY」(チタン6個獲得。宇宙タグのあるカードを2枚引き手札に加える)の4枚。
 プロジェクトカードにも宇宙タグカードが数枚あったので、そちら方面に伸びることを期待して、「サターン・システムズ/SATURN SYSTEMS」と「POWER GENERATION」+「ACQUIRED SPACE AGENCY」の組み合わせで。プロジェクトカードからは「テクノロジーのデモンストレーション」「フォボス宇宙港」「人工衛星」「WARP DRIVE」の4枚をピックアップ。
 1番手のモリモさんが「POINT LUNA」(初期資金38金、地球タグカードプレイ時、カード1枚ドロー)、2番手のイナさんが「テラクター/TERACTOR」(初期資金60金、地球タグカードコスト-3)というラインナップでゲームスタート。

 で、プレリュードカードの「ACQUIRED SPACE AGENCY」の効果で引いた2枚の宇宙タグカードが「EARTH ELEVATOR」と「窒素の輸入」だったので、R1でサクッと「EARTH ELEVATOR」を出してチタン産出力を上げる。さらにR2で「プルート/PLUTO」との交易で「イオ採掘産業」を引き、その後も「MINING COLONY」、「フォボス宇宙港」、「軌道エレベーター」、「チタン鉱山」とどんどんチタン産出力を上げ、「人工衛星」や「税関ステーション」などでクレジット産出力を増加。
 また、「地球カタパルト」「前哨研究基地」「SKY DOCKS」でカードコストを-4減らすとともに、科学タグを4つ並べた後、「量子抽出器」「WARP DRIVE」「質量変換機」と並べて、宇宙タグカードのコストは-12にまで下げる。これで、+11まで増えていたチタン産出力を合わせて、得点付きの宇宙タグカードをバンバン出す流れとなり「浪費王」の報奨を確保。
 序盤は盤面に手が回らず、称号も一つも取れなかったんだけど、中盤すぎくらいから収入が増え始め、盤面に手を出して「絶景王」の報奨も確保。また、中盤までは伸びなかったTRも終盤には伸ばす方向でプレイし、結局、R12に全グローバルパラメーターがクリアされて終了。プレイ時間は約3時間弱。

 終了時のTRはモリモさんが38点、イナさんが45点、私が38点。ここから「浪費王」5点、「絶景王」5点、緑地6点、都市17点、VPは「愛玩動物」9点、「JOVIAN LANTERNS」8点の17点。これにカード点57点(「移民都市」4点、「イオ採掘産業」5点、「エウロパより水の輸入」5点を含む)を加えて、トータルで145点。モリモさんが102点、イナさんが140点だったので、5点差でトップ(^^)。ちなみに、145点は3人戦以上での個人最多得点(^^)。
 いやぁ、イナさんが動物系のカードでVPだけで50点以上を稼がれていて、かなり引き離されていたので追いつけないかと思ったんだけど、高コストの宇宙タグカードをコスト削減とチタンでガシガシと出せていたのが強かったわ。カードの供給元は毎ラウンドの購入と「プルート/PLUTO」の交易だけだったんだけど、こういう展開もあるんだなぁ、と(^^)。


 ここで21時近くになっていたので撤収。久しぶりにイナさんと「テラフォーミング・マーズ」ができて満足でございました(^^)。

Posted by “Lupin” on 2019/05/02 00:26:08

2019年 4月30日(火)

* 平成最後のボドゲ@BRESPI・162回目    [  ボードゲーム  ]

 昨日の夕方から降り始めた雨は、夜を徹して降り続き、上がったのは今日の10時ころだったかな。それ以降も空はどんよりとした雲が覆っていて陽が射すことはなかったので、気温もあまり上がらず。まぁ、寒いってほどでもなかったのが救いかな。

 さて、今日は今上天皇がご退位される日で、いわゆる『平成最後の日』。昭和最後の日から平成最初の日は自粛ムード真っ只中だったけど、今回は生前のご譲位ということもあり、世間はお祭りムード。まぁ、ここ最近は、何かにつけて『平成最後の〇〇』というフレーズがあちこちで見られて食傷気味ではあるけども(このエントリーのタイトルもだけどな(笑))。そして、明日からは『令和最初の〇〇』が溢れかえるんだろねぇ…。


 そんな『平成最後の日』も午後からお出かけ。地下鉄で京都市役所前まで行き、のんびりと昼メシを食ってから、いつもの「BRESPI」へ。

今日のゲーム

 お店に着いたのは14時過ぎだったんだけど、すでにテーブル席はすべて埋まっていて、空いているのはカウンターの4席だけ。その後、そのカウンター席も埋まり、入店待ち状況だったとか。いやぁ、ゴールデンウィーク効果すげぇね。

 で、フリー卓も1卓あったんだけど、すでにゲーム中だったので、とりあえずはカウンター席に陣取って、「ウボンゴ ソロ」(Ubongo Solo)を。

「ウボンゴ ソロ」 「ウボンゴ ソロ」

 前回の続きで、シート31bの問題388からスタート、かなり苦戦したもののなんとかクリアし、シート32aの問題390は一発クリア。その後、シート32bに入るも問題384でかなり苦戦することに。結局、今日はここまで。


 ↑「ウボンゴ ソロ」で遊んでいる最中にも何度かフリー卓に混ざりますか? と誘われていて、その都度、遠慮していたんだけど、5人で「タイムボム(新版)」(TimeBomb: New Edition)をやるとかって話になっていたので混ぜていただくことに。やっぱり「タイムボム」は6人じゃなきゃねぇ(笑)。

「タイムボム(新版)」 「タイムボム(新版)」

 何人か初プレイの方がいらしたのでインストしてからプレイ。まぁ、ルールは理解できても、各役どころのロールなんかは一度遊んでみないとわかんないので、まずはお試しプレイ。
 その後、2戦目に入ったんだけど、ここで1ラウンド目の2手目にいきなり「BOMB」が開くという。もちろん、そのまま3戦目へ。3戦目は残り「解除」1枚で4ラウンド目まで到達し、ラストは「BOMB」が開いて「ボマー団」の勝利。初プレイの男性2人が「ボマー団」を演じ切られてお見事でしたわ。


 ここでヤマウチさんがいらしたので入っていただいて、7人で「適当なカンケイ」(Qui Paire Gagne)を。

「適当なカンケイ」 「適当なカンケイ」

 こちらも初プレイの方がいらしたのでインストしてからプレイ。今回は比較的意見が合う展開でわりと高得点が多かったんだけど、そんな中で男性がお一人、2ラウンド目に5セットすべてで0点を記録。残りカードが私とマッチして4点を獲得されたので、ラウンドトータルで0点にはならなかったものの、5セットすべてを外されるというのはなかなかレアだったかも(笑)。
 4ラウンド終了で、私は100点を記録して、これは余裕でトップだろう、と思っていたら、ヤマウチさんが102点、さらに初プレイの女性の方が114点という高得点をマークされていてびっくり。いやぁ、参りました(^^)。


 続いて、多人数で遊べるゲームをいくつか紹介して、その中から未プレイの方がいらした「ぴっぐテン」(Pig 10)と「ノイ」(Neu)を。えぇ、今日もこのセットで出しましたとも(笑)。

「ぴっぐテン」 「ぴっぐテン」

 まずはいつもどおりに「ぴっぐテン」から。簡単にインストした後、和気あいあいとのんびりとしたゲーム展開だったんだけど、何故か私のところにカードが集まって、最終的には私がトップに。

「ノイ」 「ノイ」

 その後、「ノイ」へ。序盤から私と上家の男性が続けてバーストする展開。その後、2人くらいにもバーストが出たものの、私と上家の男性が2つ目のペナを取り、最後は上家の男性が3つ目のペナで終了。
 かなり面白かったということで、おかわりの2戦目となったんだけど、そのまえに負けた男性のたっての希望で席替えをしたんだけど、私の上々家にいたオホさんが私の下家に移られただけで、ほとんど変わらず。もっとも、結果としては、そのオホさんが3つのペナを取られたので、席替えもそれなりに効果あったかな(笑)。


 ここでオホさんがお帰りに。さらに、別卓で「テラフォーミング・マーズ」(Terraforming Mars)が立つことになり、ヤマウチさんがそちらへ移られて5人に。

 5人で何をやるか迷ったんだけど、私が入る前に「みんなでぽんこつペイント」が結構盛り上がっていたのを思い出したので、「天才画家ボン」を出してみることに。

「天才画家ボン」 「天才画家ボン」

 簡単にインストしてからプレイ。今回も親は持ち回りで遊んだんだけど、やはり限られた枚数のカードで画を描くというのはなかなかハードルが高かったようで、親になった方々は結構苦戦されていた模様。それでもカップルのお二人がなかなか息の合ったところを見せられて、お互い9点同士でトップを分け合ってらしたのはいい感じだったかな(^^)。


 ここで19時を回っていたので撤収。ちなみに、今日はななさんが休みで、代わりにソガさんが臨時店員として入ってらしたんだけど、さすが昔取った杵柄、なかなか板についた接客を見せてらっしゃいました(^^)。


  で、今日は4月最終日。そんなわけで今月の「BRESPI ラミィキュー部」の活動結果だけど、今月BRESPIで行われた「ラミィキューブ」は57ラウンドで、先月(145ラウンド)に比べて1/3ほどに縮小。月間ランキングの対象となる8ラウンド以上に参加された方も10人という状況に。
 そんな中、最多参加ラウンド数はななさんとヨコカワさんの36ラウンドで、最多勝利数はヨコカワさんの11勝に。勝率では店長が15戦5勝、私が27戦9勝でともに33.33%となり、3位はヨコカワさんの30.56%(36戦11勝)ということに。
 一方、総得点は私の+571点がトップで、ラウンドあたりの平均得点でも私が+21.15点(27戦+571点)でトップ、2位がキョウカさんの+14.50点(8戦+116点)、3位が店長の+14.40点(15戦+216点)という結果に。

 「BRESPI ラミィキュー部」の活動も4ヶ月目だったんだけど、ここ最近は毎週金曜日の部活動の日でも「ラミィキューブ」が立たないことも多くてちょっと残念。来月は、もうちょっとたくさん遊べるといいなぁ。

Posted by “Lupin” on 2019/04/30 23:17:37

2019年 4月28日(日)

* 日曜のボドゲ@BRESPI・161回目    [  ボードゲーム  ]

 昨日からの冷え込みで、今朝は最低気温が5.9度まで下がっていたようなんだけど、部屋の中で寝ている分にはとくに寒さは感じず(笑)。日中は晴れたり曇ったりだったんだけど、昨日のように冷たい北風はほとんど吹いておらず、最高気温は18.4度とまずまずだったかな。


 で、今日も午後からお出かけ。地下鉄で京都市役所前まで行き、のんびりと昼メシを食ってから、いつもの「BRESPI」へ。

今日のゲーム

 お店に着いたのは14時過ぎ。今日は予約のお客さんも多かったようで、すでに店内はテーブル席が1つ空いているだけという盛況ぶり。その後、カウンター席を含めて満席になっていたんだけども、これがゴールデンウィーク効果なのかね(笑)。

 で、HaMaさんやオカモトさんもいらしていたんだけど、別のフリーのお客さんたちとゲームをされていたので、まずはカウンターに陣取って「ウボンゴ ソロ」(Ubongo Solo)を。

「ウボンゴ ソロ」 「ウボンゴ ソロ」

 昨日の続きでシート31bからスタートしたんだけども、1問目の問題387から苦戦。その後、問題388に取り掛かったところで、ソガさんがいらしたので終了。


 で、ソガさんと二人で、まずは「ラミィキューブ・エクスプレス」(Rummikub Xpress)を。

「ラミィキューブ・エクスプレス」 「ラミィキューブ・エクスプレス」

 前回ソガさんと遊んだときにはボコボコにされたんだけど、今日も2ラウンド目にソガさんが2投目でパーフェクトを達成される流れ。もっとも、このときには私も残り1個だったので、マイナス点は-5点で済んだのはラッキーだったわ。
 その後、3ラウンド目と5ラウンド目にソガさんの出目が揃わず、-37点、-46点と大きなマイナス点を背負われたため、結局、6ラウンドで3勝3敗だったにもかかわらず、ポイントでは76点の差がついて私の勝ち。前回は67点差で大敗していたので、無事にリベンジを果たせたわ(^^)。


 次もソガさんと2人で「天才画家ボン」を。途中からHaMaさんも混ざられて3人でプレイ。

「天才画家ボン」 「天才画家ボン」

 で、今回は「テレストレーション」(Telestrations)をお題カードを使ってプレイすることに。そうすると、問題カードを取り分ける必要がなくなるので、カラーシートも10枚すべてが使えるので表現力も高められるしね。
 んで、やっぱり各色10枚使えるのはかなり楽で、なんだかふんだんに使えるなぁ、という印象。その分「大作」を狙うようになって、作品を作るのも楽しくなったしねぇ。「テレスト」のお題なら、同じくお絵かき系なので、途方もなくハズレのお代も出てこないしね。


 ここでフリー卓にいらした男性お二人がお帰りになり、4人になったので「ラミィキューブ」(Rummikub)を。

「ラミィキューブ」 「ラミィキューブ」

 1ラウンド目、HaMaさんが親で、ソガさん、私、オカモトさんの順。配牌に「11」のグループがあり、初手でイニシャルメルド。その後、なかなか「黒13」×2が処分できずに苦戦し、なんとか処理するもソガさんの和了に追いつけずに-9点。
 2ラウンド目、ソガさんが親で、オカモトさん、私、HaMaさんの順。配牌にはジョーカー1枚と「青1234」のランと「3」のグループがあるものの、イニシャルメルドには足らず。引きも弱く、結局、8巡目にようやく「9」のグループができて、4番目にイニシャルメルド。出遅れた分、アレンジはうまく周り、ラストはジョーカーを使って和了きり、和了点は+78点。
 3ラウンド目、私が親で、ソガさん、HaMaさん、オカモトさんの順。配牌にはジョーカー1枚と「8」のグループがあり、6巡目に「4」のグループもできて、2番めにイニシャルメルド。このラウンドではHaMaさんが初手にジョーカーを使ってイニシャルメルドされていたこともあって、アレンジが活性化され、最後は手持ちのジョーカーを使って和了。和了点は+78点。
 4ラウンド目、オカモトさんが親で、ソガさん、HaMaさん、私の順。配牌では黒が多く、「黒4567」のランがあり、1巡目に「7」のグループもできて、2番めにイニシャルメルド。このラウンドは小さめの数字がなかなか出てこず、配牌からあった「黒1」×2が最後まで処分できずに、HaMaさんの和了に-7点。
 結局、4ラウンドトータルでは、HaMaさんが1勝で+13点、ソガさんが1勝で-16点、私が2勝で+140点、オカモトさんが-137点という結果に。なんとか2勝できたのは嬉しかったわ(^^)。


 ここで男性2人組の方が混ざられて6人に。お二人ともボドゲは初心者とのことだったので、まずは「ウミガメの島」(Mahé)を。

「ウミガメの島」 「ウミガメの島」

 お二人とも初プレイだったのでインストしてからプレイ。お二人ともノリの良い方で、序盤からいい塩梅に乗って乗られてを繰り返して盛りあがる。で、私が産卵点を通るときにはことごとく点数が低くて、結局、4枚の得点カードを取ったものの、合計8点という体たらく(^^;)。まぁ、初プレイのお二人が楽しくされていたので良しということで。


 ここでオカモトさんがお帰りになり、代わってマツムラさんに入っていただいて、「ぴっぐテン」(Pig 10)と「ノイ」(Neu)を連続で。

「ぴっぐテン」 「ぴっぐテン」

 ルールが似ていることもあって、最近はこの2つをセットで出すことが多いのよね。で、最初に簡単で易しめの「ぴっぐテン」を出し、その後にやや攻撃属性のある「ノイ」という流れも鉄板かな(笑)。

「ノイ」 「ノイ」

 「ぴっぐテン」では序盤からいい感じでカードを取っていたんだけども、終盤にマツムラさんに追い上げられて2枚差で逆転される。一方、「ノイ」では1ラウンド目にいきなりバーストさせられるものの、その後はなんとか粘り、さらに2個めを取らされても焦らずに対処して、最後は下家のマツムラさんに負けを押し付けて逃げ切り(笑)。


 次も定番の「ニムト」(Nimmt)を。

「ニムト」 「ニムト」

 こちらも男性お二人が初プレイだったのでインストしてからまずはお試しで1戦遊んで、その後、おかわりで2戦目を。6人だと、誰かがしゃがんだ後、そのままその列を6人目が引き取らされるというパターンがあるので、油断できないのがいいよね。1戦目は序盤に「55」を取らされたこともあってマイナスが嵩んで冴えず。2戦目もかなり早い段階で1列引き取らされたものの、マイナス点が少なかったことと、その後の引き取りが分散したこととあって、終わってみればトップだったり(^^)。


 ここでyu-jiさんがおいでになり7人に。で、yu-jiさんから「テキサスショーダウン」(TEXAS Showdown)のリクエストがでたんだけども、このゲームは6人までだったので私が適当な理由をつけて遠慮することに。仕方ないよね…。
 その後、1時間ほどカウンターで「‎Rummikubアプリ」で遊んだりしてから撤収。まぁ、今日は「ラミィキューブ」もできたし、それなりに悪くはなかったんじゃないかな。

Posted by “Lupin” on 2019/04/28 22:08:04

2019年 4月27日(土)

* 今日のボドゲ@BRESPI・160回目    [  ボードゲーム  ]

 昨夜の雨は夜のうちに上がっていたものの、今日も朝から空にはやや雲が多め。ところどころ青空も見えて、陽射しもそれなりにあったんだけど、今日は北寄りの冷たい風かかなり強めに吹いていて、寒かったねぇ。日中の最高気温は15.1度までしか上がってなかったようだし、夜になってかなり冷え込んでいるしなぁ。明日も今日ほどではないものの、ちょっと涼しめだそうだし、週明けには雨になりそうだとかで、ゴールデンウィークの前半はちょっとお天気には恵まれないみたいだ(^^;)。


 そんんわけで、世間は大型連休に突入したようだけど、まぁ、私にはあんまり関係のない話(笑)。今日も今日とて午後からお出かけ。地下鉄で京都市役所前まで行き、のんびりと昼メシを食ってから、いつもの「BRESPI」へ。

今日のゲーム

 お店に着いたのは14時過ぎ。大型連休だし、お客さんは普段よりも少なめかなと思ったんだけど、グループのお客さんが2組と、コウノさん、初見の男性もいらしていて結構賑やか。

 で、とりあえずフリー卓がプレイ中だったので、まずはのんびりと一人で「ウボンゴ ソロ」(Ubongo Solo)を。

「ウボンゴ ソロ」 「ウボンゴ ソロ」

 前回の続きで、シート30aの問題378からスタート、その後、シート30bは2問だけでクリアとなり、シート31aの途中の問題386までクリアしたところで終了。


 ここで三重県からいらした男性のお客さんと、オカモトさんがおいでになり、店長にも入っていただいて「カロム」(CAROM)を。

「カロム」

 店長にインストしていただいてから、店長&男性チームとオカモトさん&私チームのダブルスで対戦。男性が初プレイだったこともあって序盤はややぎこちない感じもあったものの、何回かやられている間にとくに問題なく。あと、オカモトさんはかなりお上手。2戦目は店長&オカモトさんと男性&私のチームの対戦。2戦目だし男性もそこそこ上手にプレイされてたねぇ。
 その後、アンドウさんがおいでになり、店長に代わって入っていただき3戦目。チームはオカモトさん&男性とアンドウさん&私の組み合わせに。アンドウさんも初プレイということで、序盤は結構苦労されてたんだけども、すぐにコツを掴まれたようで終盤はそつなくこなされてたねぇ。
 ちなみに、3戦とも私が最後にジャックを沈めて、3連勝という結果でございました(笑)。


 ここで男性がお帰りに。代わってヨコカワさんがいらしたので、オカモトさん、アンドウさんと4人で「ラミィキューブ」(Rummikub)を。

「ラミィキューブ」 「ラミィキューブ」

 1ラウンド目、私が親で、オカモトさん、ヨコカワさん、アンドウさんの順。配牌には「1」のグループがあるのみだったんだけど、2巡後に「9」のグループができて、3番めにイニシャルメルド。場は比較的小さめの数字が多く、なかなか大きな数字が処分できない中、アンドウさんが和了られて-14点。オカモトさんがジョーカーを2枚持ち死にされたためアンドウさんの和了点は+141点と大きめ。
 2ラウンド目、オカモトさんが親で、ヨコカワさん、アンドウさん、私の順。配牌には「8」のグループがあり、3巡後に「赤111213」のランができて、2番めにイニシャルメルドするも、配牌からあった「黄13」×2がなかなか処分できずに苦戦。終盤になんとか処理したものの、和了には至らず、アンドウさんの和了に-7点。
 3ラウンド目、ヨコカワさんの親で、オカモトさん、私、アンドウさんの順。配牌には大きめの数字が多かったものの、引きが弱く、8巡目に「黒123」のランと「8」のグループで3番めにイニシャルメルド。その後、大きめのタイルはうまく処分できたものの、このラウンドは小さな数字が少なく仕上げに苦戦。それでもなんとか和了を射止めて、和了点は63点。
 4ラウンド目、アンドウさんの親で、オカモトさん、私、ヨコカワさんの順。配牌に「4」と「6」のグループがあって、初手でイニシャルメルド。ただ、このラウンドはオカモトさんがかなり早い順目に和了られて-29点。オカモトさんの和了点は+218点と高め。
 結局4ラウンドトータルでは、私が1勝で+13点、オカモトさんが1勝で+53点、ヨコカワさんが-126点、アンドウさんが2勝で+60点という結果に。ここ最近はまともにプレイできてなくて、4ラウンドプレイしたのはこのとき以来で、約2週間ぶり(^^;)。まぁ、とりあえず1勝できたし、満足ですわ。


 ここで初見おお客さんがいらっしゃったのでご一緒することに。ボドゲ経験は少なめとのことだったので、まずは「ドメモ」(Domemo)を出してみることに。

「ドメモ」 「ドメモ」

 男性が初プレイだったので、インストしてからプレイ。初プレイの男性もすぐにルールは理解されたようで、序盤から全員ノーミスでの展開となるも、終盤にややミスが出て、私がノーミスのまま一抜け。その後、オカモトさん、ヨコカワさんが抜けられ、最後は初プレイの男性が抜けられて終了。初プレイの男性も楽しんでくださったようなので一安心。


 続いて、同じメンバーで「ハゲタカのえじき」(Hol's der Geier)を。

「ハゲタカのえじき」 「ハゲタカのえじき」

 こちらも男性が初プレイだったのでインストしてからプレイ。初プレイの男性は序盤から低めの得点カードをうまく取られていたものの、やはり初プレイだとマイナスカードの対応が難しいようで、結局、マイナスカードを3枚引き取られること。もっとも、それでもトータルではプラス点だったので見事だとは思うけど。ちなみに、私はプラスもマイナスもカードは1枚も取れずじまい(^^;)。
 おかわりの2戦目も序盤はバッティングしまくりで、美味しいカードをすべてヨコカワさんが2番手で持っていかれるという展開。終盤に強めのカードを残していたこともあって、なんとか得点を伸ばしたものの、漁夫の利で高得点カードを取りまくられたヨコカワさんには及ばず2位どまり。


 次は&の「ハゲタカのえじき」で、私以上にバッティングされていたアンドウさんのリクエストで、「適当なカンケイ」(Qui Paire Gagne)を。あれだけバッティングするんなら、高得点を狙えるに違いない、ということらしい(笑)。

「適当なカンケイ」 「適当なカンケイ」

 男性とオカモトさんが初プレイということでインストしてからプレイ。1ラウンド目から比較的マッチングしない展開で、全員マッチの5点が出たのが3セット目という展開。とくに2ラウンド目が酷くて、最高得点がアンドウさんの12点で、ヨコカワさんに至ってはわずかに2点しか取れないという(笑)。逆に3ラウンド目は5点満点が2つも出て、私以外の男性陣3人が29点というハイスコアを記録と、ラウンドごとのばらつきがひどい(^^;)。4ラウンド目も満点は出なかったものの、ほぼ平均的な展開に。
 結局、4ラウンドトータルでは、アンドウさんが68点でトップ、私が65点、オカモトさんが64点、男性が59点、ヨコカワさんが51点という結果に。うん、やっぱり↑の「ハゲタカのえじき」でバッティングしていた面々が強かったな(笑)。


 次も同じ5人で「ボブジテン2」を。

「ボブジテン2」

 男性が初プレイということでインストしてからプレイ。なお、この「ボブジテン2」で登場する「デイブ」は『食いしん坊でピザを咥えているのでジェスチャーで説明する』という難易度の高い設定なので採用せず。
 で、皆さん、なかなか説明がお上手で、序盤からかなり競った戦いとなり、正答が出なかったのは1問だけという展開。最終的な結果も、トップと最下位の差がわずかに2点で、なかなか盛り上がったねぇ。


 続いても同じメンバーで「ベルラッティ」(Belratti)を。

「ベルラッティ」 「ベルラッティ」

 こちらも男性が初プレイだったのでインストしてからプレイ。1ラウンド目は無難に4枚指定で、4枚とも見事にヒットして悪くない滑り出し。ただ、2ラウンド目は5枚指定で1ミス、3ラウンド目は6枚指定からオプション行使で-1枚して5枚出しとなり、どちらも1ミス。その後はミスをしつつも得点を重ね、なんとか最低ラインの15点はクリア。
 オプションも積極的に行使する流れで回数を重ね、結局、6ミスでの終了時には27点を稼ぎ、前回の25点を上回る最高得点を記録。次回は是非、30点超えを目指したいね(^^)。


 ここで19時半になっていたので撤収。今日は久しぶりに「ラミィキューブ」も遊べたし、パーティー系のゲームも楽しく遊べたので満足しましたよ(^^)。

Posted by “Lupin” on 2019/04/28 00:32:52

2019年 4月26日(金)

* 金曜にボドゲ@BRESPI・159回目    [  ボードゲーム  ]

 今日も朝からどんよりとした曇り空。予報では午後からの降水確率が50%となかなか微妙なところだったんだけど、時間とともに天気は回復してきて、お昼前くらいからは陽が射す時間もあったり。ただ、夕方前くらいからはまた雲が広がって、夜になって弱い雨が降り出したり。日中の最高気温は平年並みだったんだけど、夜になって少し涼しくなっていて、明日はちょっと肌寒くなりそうだとか。

 で、今日は金曜日なので朝からテニスのレッスンへ。今日はレギュラーメンバー4人に、振り替えの2人が入られて6人でのレッスン。ストロークとボレーの基礎練習の後、先週と同じく平行陣をベースにした形式練習と模擬試合。模擬試合は2ゲーム2試合と短めだったものの、そこそこ動けて悪くない感じ。来週月曜日の親睦テニス大会が楽しみだわ(^^)。


 レッスンの後、遅めの昼メシを食ってから帰宅し、一風呂浴びて汗を流してからお出かけ。地下鉄で京都市役所前まで行き、そのまま真っすぐにいつもの「BRESPI」へ。

今日のゲーム

 お店に着いたのは16時過ぎだったんだけど、女性のお客さんが2人いらしているだけでわりとのんびりとしたムード。

 店長とななさんも女性2人組と一緒に遊んでらしたので、とりあえず「ウボンゴ ソロ」(Ubongo Solo)でもやるかなとカウンターへ陣取ったんだけど、一緒に遊びませんかと誘っていただいたので混ぜていただくことに。

 で、女性のお一人がボドゲ初心者とのことだったので、とりあえずルールも簡単でわかりやすい「ドメモ」(Domemo)を5人で遊ぶことに。

「ドメモ」 「ドメモ」

 女性お二人が初プレイだったので店長にインストしていただいてからプレイしたんだけど、女性陣もわりとすんなりとルールを理解されたようでとくに支障なく。1巡目にいきなり外すスタートだったんだけど、その後はミスなく進み、残り1枚になったのはトップ。ただ、最後の1枚の読みを外し、下家の女性が先に上がられての2位。


 次も同じメンバーで「ハゲタカのえじき」(Hol's der Geier)を。

「ハゲタカのえじき」 「ハゲタカのえじき」

 こちらも女性陣が初プレイだったので、店長にインストしていただいてから、まずはお試しプレイ。案の定、初プレイの方々はマイナス得点の際のカードの出し方が甘くて、すべて女性陣が引き取られることに(^^;)。
 で、その後、本番プレイに移ったものの、私の下家の女性の運が悪く、なんと5枚のマイナスカードをすべて引き取るという、ある意味、パーフェクトプレイ(笑)。さらにおかわりの2戦目もマイナスカードが5枚とも女性陣に引き取られるという展開に。ちなみに、本戦2戦とも私がトップをいただきました(^^)。
 でも、まぁ、女性陣もかなり楽しんでくださったようなので一安心。


 ここでハナさんがおいでになったので混ざっていただく。女性陣からは「人狼系のゲームで遊びたい」というリクエストが出たので、別卓のグループ待ちの男性のお客さん2名にも入っていただいて、6人で「タイムボム(新版)」(TimeBomb: New Edition)を。

「タイムボム(新版)」 「タイムボム(新版)」

 女性のお一人と、男性お一人が初プレイということでインストし、ゲーム中にもそのときどきの状況を説明しながらのプレイに。で、役職は「時空警察」。1ラウンド目に「解除」がバラけて、1枚も見つからないという苦しい展開。2ラウンド目に私の手に2枚の「解除」が入り、なんとかその2枚が開く。3ラウンド目に私の手に「解除」と「BOMB」が入ったので、1枚宣言ずつのメンバーで切り合っていただいて2枚の「解除」を開けて、これでなんとか4枚に。
 最終ラウンド、残り「解除」2枚で、「解除宣言」が3枚。一人は明らかに嘘つきなので一番怪しい男性以外で切り合ってもらったら、1枚宣言の女性の手に「解除なし」。これで「ボマー団」の勝ちが確定したんだけども、最後も見事に隠れていた「BOMB」を引き当てての「ボマー団」勝利に。いやぁ、「ボマー団」だった女性の演技の巧さにやられたわ~。


 男性お二人が別卓にお戻りになったので、ななさんに入っていただいて5人で「ヒトトイロ」(Match Me!)を。

「ヒトトイロ」 「ヒトトイロ」

 女性お二人が初プレイだったのでインストしてからプレイ。1戦目、「コンビニにあるもの」で「おにぎり」、「温度」で「0度」、「外国人の名前」で「マリリン・モンロー」、「駅の名前」で「道の駅」、「敵役」で「ジョーカー」となって、色はそれぞれ「しろ」「あお」「ももいろ」「みどり」「はいいろ」だったんだけど、「おにぎり」以外で意見が揃わず。2戦目はいいところまで行ったものの「魚」の「サバ」で「あお」だったのが通じずにまたしてもパーフェクトならず。
 ここでななさんが接客で抜けられたので4人で3戦目。「家で使う道具」で「テーブル」、「行きたい観光地」で「東京タワー」、「学校行事」で「入学式」、「工具」で「スパナ」、「缶詰の名前」で「サバ缶」となり、色はそれぞれ「ちゃいろ」「あか」「ももいろ」「はいいろ」「あお」がきれいに並んでパーフェクトを達成(^^)。「缶詰の名前」が出たときに、まだ「きいろ」が残ってたので「パイナップル缶」が出るかと思ったら、まさかの「サバ缶」にはびっくりしたんだけども、2戦目のイメージが残っていたおかげで上手く揃ってよかったわ~。


 次も4人で「ストライク」(Strike)を。

「ストライク」 「ストライク」

 こちらもルールが簡単でわかりやすいゲームなので、とくにインストの必要もなく(笑)。で、序盤から女性陣が優勢で、ハナさんが上家の女性に連続でダイスクリアされてあっけなく脱落。その後、私がややリードしていたものの、同じ女性にダイスクリアされて一気に個数を減らし、その後脱落。最後は女性陣2人の戦いとなり、私の下家の女性が1個残りで勝ち。いやぁ、こういう単純なゲームが楽しくていいよねぇ(^^)。


 次も同じメンバーで「天才画家ボン」を。

「天才画家ボン」 「天才画家ボン」

 こちらも女性お二人が初プレイだったのでインストしてからプレイ。で、通常ルールなら正当者が次の画伯になるんだけども、今回は全員に等しく画伯役が回るように、画伯は時計回りでの持ち回り制にしてプレイ。で、女性お二人がなかなか両極端で、私の下家の女性が少ない枚数でシンプルな画を描かれたのに対して、対面の女性は多数のカードを使って大きな画を描かれるという流れ。ちなみに、↑右は、対面の女性の描かれた大作で、お題は「やどかり」。うん、これはなかなか上手いわ。
 今回、画伯を持ち回り制にしてみたんだけど、このゲームは画を描くのが楽しいゲームなので、このやり方も悪くないかもしれんな。


 ここで19時半になっていたので撤収。初対面の方々とも楽しく遊べたので、それなりに満足しましたよ。

 ただ、今日は「BRESPI ラミィキュー部」の部活動の日だったんだけど、まったくメンバーが集まらず、「ラミィキューブ」(Rummikub)を見ることもなく終了したのは残念。まぁ、ここ最近は部活動もほとんどできてないし、金曜日にわざわざ夕方から出向くのはそろそろ考え直してもいいかもな。

Posted by “Lupin” on 2019/04/26 23:41:01

2019年 4月25日(木)

* 木曜のボドゲ@BRESPI・158回目    [  ボードゲーム  ]

 昨日の雨は夜のうちには上がっていたものの、今日も朝から厚めの雲が空を覆ってすっきりしない空模様。それでも午前中はときおりほんの細かな雨が落ちていた時間もあったようだけど、本格的な雨になることはなく夕方にはわずかに陽の射す時間もあったり。なんだかこのまま連休の前半は、ちょっとすっきりしない空模様が続きそうだとか。

 で、そんな今日も午後からお出かけ。地下鉄で京都市役所前まで行き、のんびりと昼メシを食ってから、いつもの「BRESPI」へ。

今日のゲーム

 お店に着いたのは14時過ぎだったんだけど、ちょうどマチさんがいらしたところ。マチさんにお会いするのは1周年記念パーティ以来なので約3週間ぶり。久しぶりだったけども、相変わらずお元気そうで何より(^^)。


 で、お店の奥のテーブルの上に見慣れないでかい箱状のモノが鎮座しているのを発見。なんでも、火曜日に「カロム」(CAROM)の日本チャンピオンが来店されて、ゴールデンウィーク中はその普及のために貸し出ししてくださったんだとか。
 そんなわけで、早速遊んでみることに。

「カロム」 「カロム」

 彦根では『一家に一台、ゲーム盤がある』と言われているゲームで、木製のコマを指で弾いて、自分のコマをポケットに落としてゆく。イメージとしては、手でプレイするビリヤードっていう感じかな。ちなみに、インドもしくはエジプトが発祥の地で、日本には明治期に伝来して全国に普及したそうなんだけど、その後廃れ、彦根付近でだけ継承されてきたんだとか。世界的には「キャロム」と呼ばれ、ルールなどが異なっていたり、日本の別の地域でも復刻されたりしているため、これを「彦根カロム」と呼称することもあるみたいだね。

 で、まずは、ななさんにインストしていただく。ゲームは基本的には2人で対戦か、4人で2人vs2人のチーム戦になるんだけど、まずはお試しで、ななさんに2人分動いていただいて3人(1人vs2人のチーム戦)でプレイ。その後、店長に入っていただいて2人vs2人のチーム戦に。チーム分けはじゃんけんで、店長&ななさんの経験者組とマチさん&私の初プレイ組の対戦に(^^;)。
 お試しプレイでだいたいコツは掴んだものの、力加減がうまくいかずに、ストライカー(指で弾く自分のコマ)をポケットに落としたり、パック(狙ってポケットに落とすコマ)を場外にまで弾き飛ばしたりする場面もあったんだけど、それでもなんとかいい感じで進め、すべての自パックを落としきった後、最後は敵のパックに囲まれたジャック(最後に落とすコマ)を狙い撃って、見事にポケットに沈めて勝ち(^^)。いやぁ、あんなにうまくいくとは思わなかったわ~。

 個人的には初プレイだったんだけど、同じくコマを弾いて遊ぶ「アイスクール」(Ice Cool)や「サフラニート」(Safranito)なども好きなので、最初からガッツリと心を鷲掴みにされましたよ(笑)。
 この公式ゲーム盤はかなり大きくて、ボドゲカフェなんかでも置いておくのが大変そうだけど、これを手軽にした「スーパーカロム」だったら、普通のボドゲと並べておいておけそう。でも、遊ぶんならやっぱりこの木製の公式ゲーム盤で遊びたいけどね(^^)。


 次も同じメンバーで「ごいた」を。

「ごいた」 「ごいた」

 こちらも2vs2のチーム戦で、店長&マチさんとななさん&私の組み合わせで対戦。序盤は店長チームが2連勝でリードされるも、その後、こちらも連勝して追いつき、その後も1勝1敗で接戦。120点vs120点の状況で店長に和了られるも、「し」での和了だったので終了とならず。次戦も競った戦いになるも、なんとかうまく切り抜けて「金」で和了って30点を獲得して勝ち。いやぁ、かなりの接戦だったので楽しめましたよ。


 店長とななさんが接客で忙しくなったので、マチさんと2人で「ラミィキューブ・エクスプレス」(Rummikub Xpress)を。

「ラミィキューブ・エクスプレス」 「ラミィキューブ・エクスプレス」

 マチさんが初プレイだったのでインストしてからプレイ。とはいえ、マチさんも「ラミィキューブ」(Rummikub)はよくご存知なので、とくに問題もなくすんなりとスタート。
 で、1ラウンド目からお互いに出目が揃わず、なんと2人とも3投して1つも出せないという状況に(^^;)。その後、4ラウンド目までは似たような展開であまり差がつかなかったんだけど、5ラウンド目に先行のマチさんが3投目にパーフェクトを達成されて+39点を獲得、6ラウンド目もマチさんが取られ、結局、6ラウンドトータルではまちさんが4勝2敗で+53点ということで負け(^^;)。


 ここでタケガワさんがいらしゃったので、3人で「テラフォーミング・マーズ」(Terraforming Mars)を。

「テラフォーミング・マーズ」 「テラフォーミング・マーズ」

 盤面は「エリシウム」で、惑星は「カリスト/CALLISTO」(電力)、「エンケラドス/ENCELADUS」(微生物)、「エウロパ/EUROPA」(生産力)、「ガニメデ/GANYMEDE」(植物)、「イオ/IO」(発熱)。席順は、マチさん、タケガワさん、私の順。

 引いたコーポレートカードは「クレディコー/credicor」(初期資金57金、20金以上のコストで支払いで4金バック)、「アフロディーテ/APHRODITE」(初期資金47金、植物算出+1、金星評価が1段階上がるたび、2メガクレジット獲得)、「明けの明星/MORNING STAR INC.」(初期資金50金、最初のアクションで金星カード3枚ドロー、金星評価の条件は、それぞれ+2もしくは-2として扱うことができる)、「POINT LUNA」(初期資金38金、地球タグカードプレイ時、カード1枚ドロー)の4枚で、プレリュードカードは「DOME FARMING」(植物産出+1、クレジット産出+2)、「METALS COMPANY」(クレジット産出+1、建材産出+1、チタン産出+1)、「SMELTING PLANT」(酸素濃度+2、建材5個獲得)、「UNMI CONTRACTOR」(TR+3。カードを1枚引く)の4枚。
 プロジェクトカードにチタン産出力を+4できる「EARTH ELEVATOR」があったので、それを活かすべく、「POINT LUNA」と「METALS COMPANY」+「UNMI CONTRACTOR」と組み合わせに。プロジェクトカードからは「EARTH ELEVATOR」「MARTIAN SURVEY」「MINIG COLONY」「風力発電」の4枚をピックアップ。
 1番手のマチさんが「エコライン/ECHOLINE」(初期資金36金、植物産出+2、植物7で緑地1化、初期資源: 植物3)、2番手のタケガワさんが「タルシス共和国/THARSIS REPUBLIC」(初期資金40金、最初のアクションで都市タイルを1枚配置、誰かが都市を建てるごとに1クレジット産出アップ、自分で都市を建てると3金)というラインナップでゲームスタート。

 で、R1はパスして資金を貯めて、R2に「EARTH ELEVATOR」を出してチタン産出力が+6になり、「自然保護区」や「MARTIAN SURVEY」でカードを引く。運良く「宇宙ステーション」「警備艦隊」「軌道エレベーター」というあたりを引き、その後もそこそこ宇宙タグカードを引いたことでチタンは無駄にはならず。さらに、「SOLAR REFLECTORS」と「海草畑」で温熱と植物産出力を上げてR6に「万能家」の称号を獲得。
 中盤以降も盤面には手が回らず、とりあえず得点付きカードを出す流れに。終盤、「浪費王」の報奨を確保し、R9で全グローバルパラメーターがクリアされて終了。プレイ時間は約90分と短め。

 終了時のTRはマチさんが43点、タケガワさんが35点、私が33点。ここから「万能家」5点、「浪費王」5点、緑地1点、都市4点、VPは「警備艦隊」で8点だけで、カード点24点(「移民シャトル」3点を含む)を加えて、トータルで80点。緑地をうまく配置されてTRを伸ばしたうえに盤面点も高かったマチさんが91点でトップ、タケガワさんは89点という結果に。
 まぁ、カードドローがなかったわりにはそこそこ点数になる宇宙タグのカードを引けたことで、ボロ負けにはならなかったけど、やはり盤面をここまで整えられると勝てんねぇ。


 続いては、手の空いた店長やななさんにも入っていただいて「天才画家ボン」を。

「天才画家ボン」 「天才画家ボン」

 比較的わかりやすいお題の多かったなか、ななさんの「棒高跳び」の難易度が高かったんだけど、これを↑右の絵のように、高跳びのバーを立体的に描かれたのがうまかったねぇ。いやぁ、ここ最近、店長やななさんの描画力が格段に進歩している気がするわ(^^)。


 マチさんから「あと1つ軽めのゲームを」というリクエストが出たので「ワードバスケット」(Word Basket)を。

「ワードバスケット」 「ワードバスケット」

 1戦目、ベテランの店長とななさんは4文字縛りでプレイ。で、なぜか3連続でタッチの差で出し負けるという状況が続き、不貞腐れてみたり(^^;)。しかも、かぶったのは3回とも別の人だったのよねぇ。2戦目、店長がお休みで4人プレイ。ななさんも通常モードで参戦。今回はなぜかうまく言葉が繋がり、一抜け。っていうか、このゲームで一抜けしたのって、あんまり記憶に無いんだけども、何が起こったんだって感じ(笑)。
 その後も、納得の行かない人の「おかわりリクエスト」で、なんだかんだで5戦くらい遊んだんじゃないかな。手軽にサクサク遊べるし、いいゲームだよね。


 ここで19時半になっていたので撤収。今日も色んなゲームで楽しめたので満足しましたよ(^^)。


 ちなみに、現在、“Kickstarter”で「テラフォーミング・マーズ」の新しい拡張「Turmoil(動乱)」が公募中(5月5日まで)。すでにゴールは達成されていて今年11月のリリースが確定。ちなみに日本から参加すると、ちゃんと「すべてのパッケージが日本語版で届く」というのがアークライトゲームズから公表されていたり。もちろん、速攻でキックしましたよ(^^)。
 なお、公開されている暫定版ルールブック(pdf)を『なんちゃて翻訳』したものをこちらにおいてあるので、どんな拡張か知りたければご自由にどうぞ(公募が終了したら削除の予定)。

Posted by “Lupin” on 2019/04/26 01:41:05

2019年 4月22日(月)

* 月曜にボドゲ@BRESPI・157回目    [  ボードゲーム  ]

 今日も午前中はやや雲が出ていて、やや曇りがちだったんだけど、徐々に雲が晴れて、お昼前にはキレイな青空の広がるいいお天気に。気温は今日も高めで、日中の最高気温は26.5度と昨日に続いて「夏日」を記録。昨日の比べると今日は幾分か湿度が低めで、その分、過ごしやすかったわ。


 そんな週明けの月曜日も午後からお出かけ。今日も天気が良かったので、のんびりと歩いていくことにして、まずは神泉苑にお詣り。その後、近所の喫茶店で昼メシを食ってから、御池通りをてくてく歩いて河原町通りまで移動し、そのまま真っすぐにいつもの「BRESPI」へ。

今日のゲーム

 お店に着いたのは14時半くらいだったかな。すでにHaMaさんがいらしていていて、他にはカップルさんが1組いらっしゃるだけで、のんびりとした店内。その後、やそ。さんがおいでになり、HaMaさんが持ってらした「ニューフロンティア」(New Frontiers)をプレイされるとのこと。
 この「ニューフロンティア」は「レース・フォー・ザ・ギャラクシー」(Race for the Galaxy)のボードゲーム版だそうで、たしかにパッと見たところでは「レース・フォー・ザ・ギャラクシー」とほぼ同じようなシステムっぽくて、「レース・フォー・ザ・ギャラクシー」を知っていればとくに支障なく遊べそうな感じ。

 で、一緒にどうですかと誘っていただいたんだけど、プレイ人数は4人までで、私が入ると1人余ることになるので遠慮することに。


 そんなわけで、ななさんと二人で「スピード計算」(Unter Spannung)を。

「スピード計算」 「スピード計算」

 久しぶりのライバル対決! 1戦目はやや差を付けられて負けたものの、2戦目は巻き返してなんとかギリギリで勝って1勝1敗。決戦の3戦目は終盤まで競った戦いになったんだけど、僅かの差で逃げ切って勝ち。2勝1敗で勝ち越し! やったね(^^)。


 続いても、ななさんとサシで「セット」(SET)勝負。

「セット」 「セット」

 とはいえ、まだまだ師範(ななさん)の足元にも及ばない私なので、とりあえずは師範(ななさん)の半分くらいは取れるように頑張りたいところ。
 で、今日は序盤からかなりいい調子で師範(ななさん)に離されないように健闘し、1つ差くらいだったんだけど、中盤にミスコールしてしまい手痛い1ミス。その後もなんとか追いすがるものの、結局、終わってみれば9vs11で負け。でも、わずか2差だったし、もうちょっと頑張ったらなんとかなりそう。でも、師範(ななさん)は今日もミスなしだったし、まずはミスをしないように注意するのが先決かもなぁ。


 次は「ラミィキューブ・エクスプレス」(Rummikub Xpress)を。

「ラミィキューブ・エクスプレス」 「ラミィキューブ・エクスプレス」

 じゃんけんの結果、私が先行でスタートしたんだけど、1ラウンド目に私が3投目でパーフェクトを達成。一方、ななさんは2投連続で1つも揃っていなかったため-65点という大量失点に(^^;)。その後は一進一退の攻防となって、6ラウンドでは3勝3敗だったんだけど、ポイントでは74点差と大差をつけて勝ち。まぁ、さすがに1ラウンドで65点の差がついたら、ちょっと挽回は厳しいわな~。


 次も2人で「ザ・マインド」(The Mind)を。

「ザ・マインド」 「ザ・マインド」

 このゲームで遊ぶのもずいぶん久しぶり、帰ってから調べてみたら、前回遊んだのがこのときだったので、約8ヶ月ぶりだったのかぁ(^^;)。
 で、とりあえずレベル6まで行ければ上出来でしょう、と予防線を張ってから(笑)プレイ。さすがにレベル1、2は余裕の展開だったんだけど、レベル3がかなり際どくて、3枚ともそれぞれのカードの差が4くらいだったという綱渡り。まぁ、それでも無傷でクリアして、そのままの勢いでレベル4もクリア。
 ただ、続くレベル5で一気に3ミスでライフを使い果たして万事休したんだけど、再チャレンジではまだ1回も使っていなかった「スターカード」をうまく使って、ノーミスでクリア。無事に目標のレベル6に到達! その後、レベル6にチャレンジしたものの、序盤に1ミスしてしまってライフ切れで終了。その後、最後まで続けたら、それ以外はクリアできていたので惜しいところだったわ~。


 ここで別卓の「ニューフロンティア」が終了して、ふたたび合流。次もHaMaさんが持っていらした「砂の国」(Realm of Sand)をプレイするとのこと。1時間くらいのゲームだったと思ったので混ぜていただくとこに。HaMaさん、やそ。さん、店長と私の4人でプレイ。

「砂の国」 「砂の国」

 「パッチワーク」(Patchwork)と「宝石の煌き」(Splendor)を融合させたようなゲームで、前回遊ばせてもらったときにはかなり面白かったんだけど、今日は「上級ボード」を使用してプレイ。この「上級モード」では各プレイヤーごとに特殊能力が付加されるもので、私が取ったのは「紫の宝石: エレメントの精霊召喚の際に、手持ちのすべての丸チップを配置/移動できる」という能力。ちなみにHaMaさんが「オレンジの宝石: グレードトークンを+1できる」、店長が「黄色の宝石: 手元の丸チップをサプライにある任意の丸チップと交換できる」、やそ。さんが「緑の宝石: 配置済みの呪文タイル1枚を任意の場所に移動できる」という能力を持ってスタート。
 そんなわけで特殊能力を活かすなら丸チップをできるだけ多く集めたいわけで、序盤からレベル1のカードを積極的に取りに行くことに。もっともそんなにうまくホイホイと取れるものでもないうえに、丸チップは有限なので黒3、緑2、赤2、青1、黄1と思ったほどは獲得できず。あと、グレードトークンがまったく拡張できなかったことで呪文タイルの置き場所が制限されてしまい、高レベルのカードを狙う終盤には足枷に。
 結局、ラストになんとかレベル3の11点カードを取れたものの、トータルでは35点で、店長の37点に届かずに2位。ちなみにHaMaさんが34点、やそ。さんが28点という結果。

 ただ、前回は3人でわりとサクサク進んでインスト込みで1時間弱で終わったんだけど、今回は4人で上級ルールだったこともあってか、プレイ時間は2時間弱とかなり長めに。やそ。さんもおっしゃってたけど、3人ベストのような気もするね、これは(^^;)。


 続いて、重ゲー好きなやそ。さん、HaMaさんペアが選ばれたのが「オーディンの祝祭」(A Feast for Odin)。インストだけでも1時間かかるこのゲーム、やそ。さんが初プレイということで、まずはHaMaさんがやそ。さんにインストされることに。ちなみに、私は早々に遠慮させてもらうことに。


 インストを待つ間、店長、ななさんの3人で「天才画家ボン」を。

「天才画家ボン」 「天才画家ボン」

 ここ最近は「早く当てること」よりも、絵の完成度を上げて「インスタ映え」する絵を作るのが主流になりつつあるようで、今回も「じっくり絵を描きましょう」ということに(笑)。で、描画力では店長画伯が一歩抜きん出られていて、↑右の「地球儀」も店長の作品だったり。いやぁ、お見事。


 1時間ほど経って、ようやく「オーディンの祝祭」のインストが終了したので店長が「オーディンの祝祭」卓へ。

 残ったななさんと私で「コードネーム デュエット」(Codenames Duet)を。

「コードネーム デュエット」 「コードネーム デュエット」

 「コードネーム」シリーズは何度か遊んでいるけど、この「デュエット」は初プレイ。オリジナルと違うのはキーカードの扱いで、対面に座ったそれぞれの面に記載されたマップを使って、15人のエージェントを見つける協力ゲームになってるんだねぇ。

 ということで、ななさんにインストしていただいてからスタート。私が先手番で、お互いの1手目はともに2ヒットでいい滑り出しだったんだけど、2手目で私がキーカードを見間違えてしまって間違ったヒントを出して失敗。その後も暗殺者には見つからなかったものの、なかなかうまく情報が伝わらず9ラウンドを消費してタイムアウト。判明していなかったエージェントが7人くらいいたのでかなりロースコアだったかな(^^;)。

 1戦目の最中にソガさんがいらして途中参加してらしたんだけど、思わぬ不出来だったので再戦することに。ななさんとソガさんがペアになってチャレンジ。で、今回は序盤から連続して6人くらいが判明するいい展開だったんだけど、中盤でやや足止め。それでもなんとかその後追い上げ、私サイドのエージェントはすべて判明。残り3人というこころで最終ラウンドとなり、1人は突き止めたものの、次の一人をミスってしまって残り2人で終了。う~ん、惜しかったなぁ。

 で、このゲームはてっきり2人専用だと思ってたんだけど、チームを組めば3人以上でも遊べるんだねぇ。オリジナル版と違って協力ゲームなところもいいので、4人でヒントは片方が担当、答えは2人で相談って感じで進めれば面白そうだな。


 ここで19時半になっていたんだけども、せっかくソガさんもいらしたし、ななさんと3人で「ラミィキューブ」(Rummikub)でもやりましょうかという話になり、サクサクと準備してたんだけど、このタイミングで別卓のグループから複数のフードオーダーが入って、ななさんがご多忙に…。あぁ、やっぱり「ラミィキューブ」運がないなぁ(T_T)。


 ってことで、「ラミィキューブ」が流れた代わりにソガさんと2人で「ラミィキューブ・エクスプレス」(Rummikub Xpress)を。

「ラミィキューブ・エクスプレス」 「ラミィキューブ・エクスプレス」

 1ラウンド目はソガさんが先行でスタートとなり私が僅差で勝ったんだけど、2ラウンド目に出目が揃わずに苦戦。2投目になんとか1個アレンジで出せたものの、ソガさんが2投目でパーフェクトを決められて-42点と手痛い失点。3ラウンド目に13点を取り返すも、4、5、6ラウンド目で3連敗したこともあって差が大きく開き、結局6ラウンドトータルで67点の差をつけられて大敗。うーん、ななさんに勝った分を丸々持っていかれて感(笑)。


 ここで20時になっていたので撤収。今日はここ最近のお気に入りゲームをいろいろ遊べたので満足できましたよ(^^)。

Posted by “Lupin” on 2019/04/23 00:56:29

2019年 4月21日(日)

* 日曜のボドゲ@BRESPI・156回目    [  ボードゲーム  ]

 今日は朝から薄雲の広がる空模様。それでも陽射しもそれなりにあって、午前中から暖か。午後には最高気温が26.8度まで上がって、今シーズンはじめての「夏日」に。しかも今日は少し蒸し暑さもあって、春らしい暖かさって感じじゃなかったねぇ(^^;)。


 で、今日もお昼すぎにのんびりとお出かけ。天気が良かったのでブラブラと歩き、途中、神泉苑に寄った後、そのまま御池通りを真っ直ぐに寺町まで。暖かかったこともあって、半袖姿の人もちらほら見られたり。まぁ、私も長袖の腕を捲って歩いてたんだけどね(^^)。
 その後、新京極で昼メシを食いつつのんびりと一服してから、いつもの「BRESPI」へ。

今日のゲーム

 お店に着いたのは15時半くらいだったんだけど、ちょうどモリモさん、ヨコカワさん、コウノさん、ななさんで「ラミィキューブ」(Rummikub)が始まったところ…。あぁ、今日もタイミングを逃してるなぁ~(T_T)。


 そんなわけで、とりあえず一人で「ウボンゴ ソロ」(Ubongo Solo)を。

「ウボンゴ ソロ」 「ウボンゴ ソロ」

 昨日の続きで、シート29aの問題371からスタート。昨日は結構手こずっていたこの問題も、今日はあっさりとクリアして、その勢いでシート29aは全クリア。さらにシート29bもすんなりクリアして、シート30aの問題377まで解いたところで、新しくソロのお客さんがいらしたので終了。


 で、新しくいらした女性のお客さんと、すでにいらしていたマツムラさんの3人で「クゥワークル」(Qwirkle)を。

「クゥワークル」 「クゥワークル」

 女性が初プレイだったのでインストしてから、今回も『交差する列は色/形を変化させる』というローカルルールを適用してプレイ。で、序盤から私の引きが強く、4個から2個追加しての「クゥワークル」を連発してリード。中盤以降もそのリードを保ち、終盤にやや追い上げられたものの、マツムラさん125点、女性148点、私177点となって大差で勝利。
 で、女性のリクエストで再戦。今度はマツムラさんと私の引きが弱く、何度もタイルを交換している中、女性の引きが強くて「クゥワークル」を連発されての独走体制。終盤になっても差が縮まらず、さらに終了ボーナスまで持っていかれるパーフェクトな展開で、女性が180点、マツムラさんが108点、私が123点と1戦目以上の大差を付けられることに。いやぁ、お見事、参りました。


 隣の卓は「ラミィキューブ」のあと、「カタンの開拓者たち」(The Settlers of CATAN)をやってらしたんだけど、ちょうどこのタイミングで終了。モリモさんがお帰りになったので、フリーのお客さんは私を含めて5人に。

 なので5人、ないしは6人で遊べるゲームがいいかなと思っていたんだけども、店長から「ラミィキューブ」をやりましょう、という提案が。いやいや、さすがに5人だし、わざわざ「ラミィキューブ」をせんでもいいだろうと思ったんだけど、店長とななさんを加えた7人で4+3人卓に分かれて、片方で「ラミィキューブ」をやろうという話に。
 う~ん、「ラミィキューブ」はすでにさっき遊んでらしたんだし、そんなに無理くりやらんでもと思ったんだけど、なぜかサクッと「ラミィキューブ」が用意されて片方で立つことに。仕方ないので、もう片方の3人用のゲームをいくつか選んでみたり。


 で、ソロの女性が「ラミィキューブ」をやってみたいとおっしゃったので入っていただき、ヨコカワさんも「ラミィキューブ」卓へ。店長とあと一人ということで、さっき遊んでない人でという『縛り』が入り、マツムラさんが辞退されたので私が参加することに。

「ラミィキューブ」 「ラミィキューブ」

 女性が初プレイだったので店長にインストしていただいてから、まずは1ラウンド、お試しプレイ。女性はゲーム勘の良い方だったのでルールはサクッと理解されてプレイには支障はなかったものの、さすがにアレンジとジョーカーの使い方が難しかったようで、そのあたりをプレイ中とプレイ後に指南してみたり。
 さらにもう2ラウンド、お試しプレイ。3ラウンド目には店長の代わりに息子さんが入られたんだけど、まぁ、大半は後ろについてらした店長がプレイされてた感じ(笑)。

 で、3ラウンドプレイした感想を聞いてみたら、やはり「難しい」とのこと。でも「これは慣れれば楽しそうですね」ともおっしゃっていたので将来有望かも(^^)。


 女性があと1つ遊んでからお帰りになるとのことだったので、ヨコカワさんと3人で「ブロックス トライゴン」(Blokus Trigon)を。

「ブロックス トライゴン」 「ブロックス トライゴン」

 こちらはヨコカワさんが初プレイだったのでインストしてからプレイ。初プレイのヨコカワさんと女性はノーマルモードで、私はエキスパートモードで。
 で、女性はお二人ともかなり好戦的なプレイがお好みのようで、序盤から領地争いが激しめ。私は比較的のんびりと構えていたんだけども、終盤には激しく槍玉に挙げられて苦戦(^^;)。結局、女性が3パーツで-13点、ヨコカワさんが1パーツで-4点、私も1パーツで-4点ということに。いやぁ、結構ガッツリと攻撃されて疲れましたわ(^^;)。


 ここで19時半近かったので撤収。

 しかし、今日の「ラミィキューブ」に至る流れは、ちょっとそれはどうなのよ、って感じだったねぇ。まぁ、ここで「今日もラミィキューブできなかった、残念」とか書いてるので、気を遣われていたのかもしれんけども、だからといって無理くり遊びたいわけじゃないわけですよ。今日なんかわざわざ4+3人卓に分ける必然性なんかこれっぽっちもなくて、せっかく7人いるんなら多人数でワイワイと遊べるゲームをした方が楽しいと思うわけよね。
 っていうか、今日は同じ時間にお店にいたのに、コウノさんともななさんとも一度も一緒に遊んでないのよね。ソッチのほうがよっぽど残念だったわ。

Posted by “Lupin” on 2019/04/22 01:27:16

2019年 4月20日(土)

* 今日のボドゲ@BRESPI・155回目    [  ボードゲーム  ]

 今日も朝からきれいな青空の広がるいいお天気。気温は朝方はちょっと涼しめだったものの、陽射しとともにぐんぐん回復して、日中の最高気温は24.9度と、「夏日」まであとちょっとというところに。風もさほど吹いておらず、ポカポカ暖かで、お出かけ日和だったねぇ。

 で、そんな土曜日はのんびりと自宅で昼メシを食ってからお出かけしたんだけど、いい天気だったのでぶらぶらと歩いていくことに。御池通りを東進して、まずは神泉苑にお詣りしてから、そのまま烏丸通りまで。その後、一筋下がって姉小路通りを河原町通りまで。道中は、路端に咲く花を愛でつつ、のんびりと歩いていたので、河原町まで小一時間かかっていたかも(笑)。
 その後そのまま真っすぐにいつもの「BRESPI」へ。

今日のゲーム

 お店に着いたのは16時前くらいだったんだけど、春らしいいい天気の土曜日ということもあってか、お客さんはHaMaさんだけという状況(^^;)。あと、店長の息子さんもいらしていて、店長、ななさんの4人で「ギズモ」(Gizmos)で遊んでらっしゃるところ。

 そんなわけで、とりあえずはカウンターに陣取って、のんびりと「ウボンゴ ソロ」(Ubongo Solo)を。

「ウボンゴ ソロ」 「ウボンゴ ソロ」

 前回の続きで、シート28aの問題359からスタート。で、シート28aと28bはすんなりとクリアできたものの、シート29aで苦戦。各問題ともたっぷりと時間をかけて問題370まで解いたところで終了。なかなか手ごわいわ(^^;)。


 で、↑を遊んでいる途中で、別卓の「ギズモ」が終了して、次は「アグリコラ リバイズドエディション」(Agricola revised edition)を始めるとのこと。メンバーはHaMaさん、店長と息子さんペア、ななさんで、私も誘われたんだけどさすがにそろそろ誰か来るだろうと思って遠慮することに。結局、息子さんも一人で遊ぶということで4グリになった模様。


 結局2時間ほど「ウボンゴ ソロ」で遊んでいたんだけど、ソガさんがおいでになったので終了。「アグリコラ」はまだ中盤くらいだったので、しばらくは2人で遊んでいることになり、まずは「ラミィキューブ・エクスプレス」(Rummikub Xpress)を。

「ラミィキューブ・エクスプレス」 「ラミィキューブ・エクスプレス」

 私が先手でスタートするも、序盤はまったく出目が揃わず、3投して1つもセットが出せないという体たらくで、いきなり-49点という大きなマイナスに。さらに、2ラウンド目も同様の展開で、なんとか1セットは出したものの-23点。3ラウンド目からは徐々に目が揃い始めて、3連勝するもソガさんもそこそこセットを揃えられたこともあってなかなかマイナス点は減らず。最終の6ラウンド目は僅差で負けて、結局6ラウンドで3勝3敗もポイントは-40点と大差負け(^^;)。


 次もソガさんとサシで「ザ・ゲーム: フェイス・トゥ・フェイス」(The Game: Face to Face)を。

「ザ・ゲーム: フェイス・トゥ・フェイス」 「ザ・ゲーム: フェイス・トゥ・フェイス」

 意外なことにソガさんが初プレイだったのでインストしたんだけど、オリジナルの「ザ・ゲーム」(The Game)のプレイ経験はおありだったので、すんなりとプレイ。うん、やっぱり「10戻し」を知ってらっしゃると話は早いわな(^^)。
 で、序盤からお互い手札が今ひとつだったようでともに苦戦。お互いの場を何度も1桁台、50番台に戻すという超親切展開だったものの、手札の大半が20~30番代ではなかなか恩恵にもあずかれず(^^;)。それでもなんとか破綻することなくプレイを続け、お互い山札を消費する展開となるも、なんとか先に山札をすべて消費。その後、一発で全出しして勝ち。ソガさんも次の1手で上がりだったのでギリギリだったわ~。


 次も2人で「天才画家ボン」を。

「天才画家ボン」 「天才画家ボン」

 序盤はまずまずわかりやすい問題が続いていたんだけど、中盤に私が引いたお題が「むささび」。とりあえず木の上から滑空する様を描いてみたものの、出てくる答えは「セミ」だったり「鳥」だったり。いやぁ、さすがに名刺大のカードで「むささび」は難しいわ。そのうちに「モモンガ」が出てきて、ようやく「むささび」にたどり着く。うん、連想ゲームだな(笑)。
 一方、ソガ画伯のお題では↑右の「プレゼント」が見事な描画。わずかにカード8枚でこれをサクッと作られたのはすごいなと。ちなみに、私のお題「ネクタイ」も似たような絵面になってましたけどね(笑)。


 ここで別卓の「アグリコラ」が終わって合流。ソガさんもいらしているし、HaMaさんと店長にも入っていただいて「ラミィキューブ」(Rummikub)を。

「ラミィキューブ」 「ラミィキューブ」

 1ラウンド目、親は私で、席順は私、HaMaさん、ソガさん、店長の順。配牌には「2」のグループだけだったんだけど、2巡目に「黄789」のランができる。ただ、まだどなたもイニシャルメルドされていなかったので、しばらく様子見。さらに3巡目に「青8910」のランができ、4巡目にHaMaさん、店長が揃ってイニシャルメルドされたので、私も「黄789」のランと「2」のグループでイニシャルメルド。ソガさんはイニシャルメルドに苦戦され8巡目くらいに救済措置を適用されてイニシャルメルド。
 イニシャルメルド後も余りアレンジは行わず、タイルを貯める方向でプレイし、ラストにアレンジを駆使して一気に処分を狙うも、「赤13」1枚が処分できず。その巡にソガさんがジョーカー2枚使いで一気に和了られて-13点。


 ここでイナダさんがおいでになったんだけど、空いているのはななさんだけ。わりと皆さんでわいわいと遊ばれるのがお好みの方で、「ラミィキューブ」もまだ始まったばかりということだったので、そのままお帰りになるとのこと。そうなると仕方ないよね、「ラミィキューブ」はお開きに。あ~あ、残念。


 で、19時になっていたのでここで撤収。2日連続で「ラミィキューブ」が中途半端だったので消化不良感がハンパなかったり。仕方ないので酒呑みながら「‎Rummikubアプリ」で遊ぶとするか…。

Posted by “Lupin” on 2019/04/20 22:29:27

2019年 4月19日(金)

* 金曜にボドゲ@BRESPI・154回目    [  ボードゲーム  ]

 今日も朝からやや雲が多いものの、それなりに陽も射していてまずまずの空模様。気温は今日も暖かめで、お昼前には最高気温の22.1度を記録したんだけども、お昼前くらいから雲が広がり、午後になってやや冷たい北寄りの風が吹いて気温が下がり、夜には少し肌寒さを感じるくらいに。もっとも明日からしばらくは暖かな日が続くようなので、この週末はのんびりと春を満喫するには良さそげだね。

 で、今日は金曜日なので朝からテニスのレッスンへ。今日もレギュラーメンバーが1人お休みだったんだけど、振替えの方が1人入られたので4人で。ハーフラリーからストローク、ボレストと基礎練習を行い、その後、平行陣をベースにした形式練習と模擬試合。模擬試合ではそこそこ安定した試合ができて満足。昭和の日の親睦テニス大会にもエントリーしたので、それに合わせて調子を整えていきたいところ。


 レッスンの後、遅めの昼メシを食ってから帰宅し、一風呂浴びて汗を流してからお出かけ。地下鉄で京都市役所前まで行き、そのまま真っすぐにいつもの「BRESPI」へ。

今日のゲーム

 お店に着いたのは16時過ぎだったんだけど、今日は外国人のグループの方がいらしていて店内は賑やか。

 で、タケガワさんがいらしていたので、まずは2人で「レース・フォー・ザ・ギャラクシー: 嵐の予兆」(Race for the Galaxy: The Gathering Storm)を。

「レース・フォー・ザ・ギャラクシー: 嵐の予兆」 「レース・フォー・ザ・ギャラクシー: 嵐の予兆」

 初期ワールドは「アルファ・ケンタウリ星系」と「ニュースパルタ」の2択で、初期手札には軍事+2の「宇宙海兵隊」と軍事ワールドの「失われた異性種族戦闘艦」「反乱軍基地」があったので「ニュースパルタ」をチョイスして軍事展開へ。タケガワさんの初期ワールドは「失われた地球植民地」でゲームスタート。
 で、まずはコストの低い軍事ワールドを掘るために探索(7)を出すも空振り、発展で「宇宙海兵隊」を出す。さらに次巡は探索+探索で掘るもまたしても空振り。っていうか、こんだけ引いて1枚も軍事ワールドを引けないとかどうなってるの? さらにもう一度、探索+探索で掘ってようやく軍事コス2の「旧監獄コロニー」を引いて、移住から出す。これで軍事+5となったので「失われた異性種族戦闘艦」を出し、消費(交易)でカード5枚ドローもまたしても空振り。発展から「降下船」を出し(軍事+10)、「反乱軍基地」を出して、探索で引いた「失われた異性種族艦隊」を出し、6デベの「帝国君主」を出した次巡にVP切れで終了。
 カード点19点、VP 1点、ボーナスは「帝国君主」で8点となって、トータル28点。VPで24点を稼がれたタケガワさんがトータル35点で負け。

 おかわりの2戦目。初期ワールドは「失われた地球植民地」と「分離主義者コロニー」の2択。初期手札には「隔離世界」「アーティストコロニー」「繁栄世界」と嗜好品(水色)ワールドが揃っていたので「失われた地球植民地」をチョイス。タケガワさんの初期ワールドは「イプシロン・エリダニ星系」でゲームスタート。
 で、移住から「隔離世界」を出して、生産し、次巡に移住で「アーティストコロニー」を出して消費(交易)でカード3枚ドロー。ここで「消費市場」を引いたので、次巡に発展から出して生産し、以降は消費(VP×2)からの生産で、生産時にカード3枚ドローに。ただ、タケガワさんが軍事展開に入られて、VP切れの前にカード12枚超えで終了。
 カードわずか5枚で、6デベが引けなかったのでボーナスは0点も、カード点8点にVP 21点でトータル29点。タケガワさんがカード点23点もボーナス0点だったことでトータル27点だったので、2点差で辛勝。

 結局、2戦して、2戦とも「失われた地球植民地」からの生産ループの勝利ということに(笑)。


 ここでカウンターにいらしていた店長のお父さんが「ラミィキューブ」(Rummikub)をやってみたいとおっしゃったので、↑の途中でいらしていたエンドウさんにも入っていただいて4人でプレイすることに。

「ラミィキューブ」

 初プレイの店長のお父さんにインストしてから、まずはお試しプレイ。麻雀のご経験がおありとのことでセットの概念はすぐに理解してくださったし、途中から店長がサポートで入ってくださったので、プレイにはとくに問題なく。さらにおかわりの2戦目も遊んでいただいて、なんとなく面白みはわかっていただけたかな? ちなみに2戦とも私が和了(笑)。

 その後、店長のお父さんが抜けられ、エンドウさんも休憩に出られたので、その間に店長とななさんに入っていただいて、4人で練習モード。配牌から引きが弱く、ラックオーバー寸前でようやく4番目にイニシャルメルドも、ジョーカーを2枚持たれていた店長がかなり早い順目に和了られて終了。
 ここでエンドウさんが戻ってこられたものの、今ひとつ乗り気ではなかったのでお開きに。残念。


 続いて、ふたたびタケガワさんと2人になったので「ラミィキューブ・エクスプレス」(Rummikub Xpress)を。

「ラミィキューブ・エクスプレス」 「ラミィキューブ・エクスプレス」

 タケガワさんにインストしてからプレイ。規定の6ラウンドをプレイして、3勝3敗だったものの、負けラウンドでの出目が悪くてマイナス点がかさみ、トータルでは-33点と結構差を付けられて負け。
 まぁ、でも、タケガワさんも「これは軽くてサクサク遊べて面白い」とおっしゃっていたので、ちょっと満足(^^)。


 次はエンドウさんのリクエストで「ロンド」(Rondo)を。ななさんにも入っていただいて4人でプレイ。

「ロンド」 「ロンド」

 エンドウさんが初プレイだったのでインストしてからプレイ。相変わらずタイルの引きが弱く、なかなかタイルを重ねられず得点が伸びない。それでもなんとか終盤までは食らいついていたものの、最終盤に出せるタイルがなくなり、結局、5枚のタイルを余らせて終了。ななさんが74点でトップ、エンドウさんが71点、タケガワさんが68点で、私は61点でダントツのビリ(^^;)。


 ここで19時になっていたので撤収しようと思っていたんだけども、軽くて面白いゲームがあるから混ざりませんかと誘っていただいたのでプレイすることに。遊んだのは「ムチョマチョ」(Mucho Macho)。

「ムチョマチョ」 「ムチョマチョ」

 0~9のカードを使ったトリックテイキングゲーム。カードには1~9の数字と、得点が記載されている。ちなみに得点は0と1が4点、2と3が3点、4と5が2点、6と7が1点、8と9が0点となっている。これらのカードを毎ラウンド2枚ずつ場に出し、その2枚のカードの大きい数字が10の位、小さい数字が1の位としてオープンする。その2桁の数字が大きい順に、場に出たすべてのカードから2枚を引き取り、そのうち点数の少ないカードを得点として受け取り、高い方を手札に戻す。これを9ラウンド繰り返し、獲得した得点で順位を決める。
 ななさんにインストしていただいてからプレイ。ゲーム的には「ハゲタカのえじき」(Hol's der Geier)に近い感じもあるんだけども、手札と得点が同一化していて、どの組み合わせで出すのが有利なのかがなかなかわかりにくくて苦戦。結局、終盤には手札が「1」ばかりになって得点を得られず。結局、16点だったかで最下位。
 システムとしてはなかなか悪くないんだけ、どういう展開に持ち込めばいいのかがさっぱりわかんない。ある程度場数を踏んで流れが読めるようになると面白くなりそうなんだけど、かなりゲーマーズゲームっぽいので、なかなか出す機会がなさそうだね。ちなみに、プレイ人数は2~8人で、想定プレイ時間は約10分と軽め。


 ここで19時半になっていたので撤収。今日は「BRESPI ラミィキュー部」の部活動の日だったんだけど、残念ながら練習ラウンドを3ラウンドのみという結果に。今月はこれまでにまだ40ラウンドしか行われていなくて、先月の半分以下という残念な状況。終盤は大型連休も控えているし、今月はこのまま低調で終わりそうだねぇ…。

Posted by “Lupin” on 2019/04/19 22:52:15

2019年 4月18日(木)

* 木曜のボドゲ@BRESPI・153回目    [  ボードゲーム  ]

 今日は朝から青空の広がり明るい陽の射すいいお天気。気温も週末に比べるとずいぶんと暖かくなっていて、最高気温は24.6度まで上がっていたんだね。おかげで日中は上着もいらず、街行く人々もずいぶんと軽めの服装の人も多め。


 そんな木曜日も午後からお出かけ。地下鉄で京都市役所前まで行き、のんびりと昼メシを食ってから、いつもの「BRESPI」へ。

今日のゲーム

 お店に着いたのは14時ころだったんだけど、お客さんはヤマウチさんもカトウさんのお二人だけ。さらに、今日はななさんがお休みだそうで店内はいつもに比べてかなり静か(笑)。

 で、店長とヤマウチさんが「レース・フォー・ザ・ギャラクシー: 嵐の予兆」(Race for the Galaxy: The Gathering Storm)をやってらしたんだけど、ちょうどお客さんがいらしたので、店長の代わりに私が入ってヤマウチさんとサシの勝負。

「レース・フォー・ザ・ギャラクシー: 嵐の予兆」 「レース・フォー・ザ・ギャラクシー: 嵐の予兆」

 初期ワールドは「アルファ・ケンタウリ星系」と「ニュースパルタ」の2択。初期手札には軍事+2の「宇宙海兵隊」と「知性化鳥類種族」「異性種族ロボット偵察艦」があったので、「ニュースパルタ」をチョイスして軍事展開へ。ヤマウチさんの初期ワールドは「古代種族」でゲームスタート。
 まずは移住から「知性化鳥類種族」を出し、すぐに消費(交易)でカードドロー。次巡に発展+発展で「宇宙海兵隊」と「兵站増強」を出し、「異性種族ロボット偵察艦」「反乱軍地下組織」「星間流浪民の住居」と軍事ワールドを並べる。この間に6デベの「帝国君主」「銀河新体制」を引いてそれらを出し、「反乱軍基地」「無法世界」「怪物生命体」と並べてカード12枚超えで終了。
 カード点23点にVPは0点ながら、ボーナスは「帝国君主」10点に「銀河新体制」7点となってトータルで40点。展開が早かったこともあって、ヤマウチさんは23点と伸びずに勝ち。

 おかわりの2戦目。初期ワールドは「アルファ・ケンタウリ星系」と「イプシロン・エリダニ星系」の2択。初期手札には6デベの「銀河ゲノム計画」と「感応世界」があったので、「イプシロン・エリダニ星系」をチョイスして遺伝子資源(緑色)狙いで。ヤマウチさんの初期ワールドは「失われた地球植民地」でゲームスタート。
 まずは移住で「感応世界」を出し、すぐに消費(交易)でカードドロー。ここで「交渉特技官」を引いたので次巡で発展から出し、「知性化爬虫類種族」でカードドロー。ここで6デベの「汎銀河同盟」と「遺伝子研究所」を引く僥倖。それらを出し、その後「蜂巣世界」「銀河ゲノム計画」「知性化水棲種族」「反乱軍戦士種族」と並べてカード12枚超えで終了。
 カード点17点、VP 8点に、ボーナスが「汎銀河同盟」15点、「銀河ゲノム計画」13点となって、トータルで53点。ヤマウチさんが30点だったので勝ち。いやぁ、久しぶりに引きが強くてびっくりしたわ。


 次もヤマウチさんとサシで「ラミィキューブ・エクスプレス」(Rummikub Xpress)を。

「ラミィキューブ・エクスプレス」 「ラミィキューブ・エクスプレス」

 ヤマウチさんが初プレイだったのでインストしてからプレイしたんだけども、まぁ、基本ルールは「ラミィキューブ」と同じなのでとくに混乱もなくすんなりとスタート。1ラウンド目はヤマウチさんが3投目に和了られて-26点。2ラウンド目から4ラウンド目はお互いに和了れず、それぞれの差分で加点。5ラウンド目は逆に私が2投目に和了って+35点。6ラウンド目も引き分けとなって、トータルでは11点差で私の勝ちに。
 このゲーム、手軽に「ラミィキューブ」感を得られるので好きだわ(^^)。


 ここで店長の手が空いたので、3人で「アグリコラ リバイズドエディション」(Agricola revised edition)を。

「アグリコラ リバイズドエディション」 「アグリコラ リバイズドエディション」

 席順は私、ヤマウチさん、店長となってドラフト開始。

1職業木材あさり小作人猫車押し厩番家畜官木材調達人釣り師
小進歩大工の金槌荷車粘土積み場わら粘土水飲み桶ペーパーナイフ大枠のこぎり
2職業八百屋かまど焚き岸辺の建築士レンガの刻印打ち石材研磨師鋤職人 
小進歩池の小屋堀り取り機牧人の杖かご改築事業所新しい土地 
3職業石切り工芸指南学者レンガ大工綱作り 
小進歩搾乳施設納屋ウイスキー樽物置解体ハンマー 
4職業木材調達人小作人厩番家畜官 
小進歩水飲み桶荷車粘土積み場わら粘土 
5職業石材研磨師岸辺の建築士レンガの刻印打ち 
小進歩新しい土地改築事業所牧人の杖 
6職業工芸指南綱作り 
小進歩納屋ウイスキー樽 
7職業厩番 
小進歩わら粘土 

 初手進歩には、このときにスズキさんが使われてかなり強い印象のあった「大工の金槌」があり、さらに職業には前回店長が使われて効果的だった「木材あさり」が揃っていたので、このセットで。これ以外は適当に拾っていった感の強いドラフトだったんだけど、「石切り」「工芸指南」「納屋」あたりも緩めのコンボが期待できるかもというところかな。

「アグリコラ リバイズドエディション」初期手札

 とりあえずR1の初手で職業から「木材あさり」を出してから木3、次巡もSPが変わらず、初手で葦2が取れ、さらにR3で木4を拾えたので、SPを打って「大工の金槌」を出し、R4で木の家を2軒増築という理想の流れ。さらにR4の2手目でレンガ4が取れ、R5で増員後の2手目で「調理場」を確保。さらにR6で4人目増員し、R7で溜まっていた羊4を拾ってメシに。手数が増えたことで、レンガ3を2回拾い、さらに職業から「工芸指南」を出して、R8で石2を拾ってから、レンガの家に改築し、大進歩で「製陶所」を取る。ここで「工芸指南」の効果で「八百屋」と「石切り」を出す。
 R10では、葦3、石2を拾い、進歩から「かご製作所」を取り、ふたたび「工芸指南」の効果で「石材研磨師」と「木材調達人」を出して木6をゲットし、それを使って12本柵を立て、R11では牛2、猪2と拾って家畜飼育へ。R12で木6と石2を拾ってSPを打ち、R13で畑種に行ってから、石の家に改築して「家具製作所」を取り「工芸指南」の効果で「厩番」を出して、次巡に厩を建てる。R14で家なし家族を捨てて畑種で野菜を蒔き、羊2、木6を取って終了。プレイ時間は約100分。

「アグリコラ リバイズドエディション」最終盤面 「アグリコラ リバイズドエディション」使用カード

  畑 牧場小麦野菜 羊  猪  牛 未使用 厩 レンガの家石の家家族カードボーナス(順位)
Lupin23132330008129854 (1)
ヤマウチさん43242110006121036 (3)
うままさん2322333-2340155548 (2)

 R4に2軒増築し、R5とR6に増員できたおかげで45手とかなり手数は多め。あと店長が「きのこ探し」「木こり」「かご」で木を残してくださったので木が軽めで、手数もあって早めに柵を引けたことで家畜が繁殖し、店長が出された「家畜官」のボーナスで5点ゲットは美味しすぎ。久しぶりの村長盤面で、盤外点もそれなりに確保できての50点超えは気持ちよかったわ(笑)。


 次も同じメンバーで「ラミィキューブ」(Rummikub)を。

「ラミィキューブ」 「ラミィキューブ」

 3人で練習モードなので、40秒制限の世界選手権ルールで(笑)。席順は私、ヤマウチさん、店長の順。

 1ラウンド目、配牌にジョーカーがあったものの比較的小さめの数字が多く、イニシャルメルドは7巡目に「10」のグループが揃って3番目。ただ、その後は上手くアレンジがハマったこともあって比較的早めの和了となって、和了点は+87点。2ラウンド目、配牌には「青1234」のランがあったもののイニシャルメルドはまたしても7順目に「12」のグループで。その後はアレンジで手牌を減らして、終盤にヤマウチさんがリリースされたジョーカーを使って和了。和了点は+18点。3ラウンド目、配牌にはジョーカーがあるもののセットはなく、その後の引きも悪くなかなかイニシャルメルドにならず。その後、2枚目のジョーカーを引き、ラックオーバーした15巡目にようやく「10」のグループができてイニシャルメルド。終盤はなかなか後一手が進まずに膠着するも、なんとか最後はジョーカー2枚を使って和了って+28点。結局、3戦して3勝で+133点という結果に。
 ここ最近は「‎Rummikubアプリ」で1手番30秒で遊んでいるので、以前に比べるとアレンジのスピードは上がっているのかもしれんねぇ(^^)。


 次も同じ3人で「ギズモ」(Gizmos)を。

「ギズモ」 「ギズモ」

 ヤマウチさんが初プレイだったので、店長がインストしてくださってからプレイ。1番手だったので、まずは黄色ピックでランダムスフィアのカードをファイルするも欲しい色のスフィアを引けずに、次巡に自力でゲット。その後、ビルドで1ピックのカードを建て、さらにもう一つ、黄色ピックでランダムスフィアを重ねる。
 ただ序盤はなかなかアップグレードカードが引けずに所持スフィア数やサーチ数を増やせず、中盤には何度か空振りも。その後、アップグレードを2枚重ねてスフィア7個保持まで上げるものの、スフィアの引きが弱くなかなか狙ったカードを引けない展開。結局、なんとか無理くり16枚目のカードを並べて終了フラグを建てて36点でフィニッシュ。ただ、ヤマウチさんがうまく回されて48点まで伸ばされたので、大差の2位ということに。まぁ、ここ最近はさっぱりな展開が続いていたので、それに比べればマシってところかな(笑)。


 ここで19時半になっていたので撤収。今日は固定メンバーでまったりと遊べたので満足しましたよ(^^)。

Posted by “Lupin” on 2019/04/18 23:24:23