INFOINFO
MAILMAIL

2018年12月16日(日)

* 日曜のボドゲ@BRESPI・83回目    [  ボードゲーム  ]

 今朝は最低気温が0.6度と今シーズン一番の冷え込みに。ただ、朝からやや雲が出ているものの、青空も見えて、陽の射す時間もあって、まずまずの空模様。もっとも、午後からは予報どおりに雲が広がり、夜になって雨が降り始めたり。この雨は明日の朝には上がっていそうで、来週は比較的暖かな日が続きそうだとか。やはり今年は暖冬傾向のようだねぇ。


 で、今日もお昼すぎにお出かけ。地下鉄で京都市役所前まで行き、のんびりと昼メシを食ってから、いつもの「BRESPI」へ。

今日のゲーム

 お店に着いたのは13時半ころだったんだけど、カウンターではななさんが店長の息子さんに「ラミィキューブ」を指南されているところ。その後、実際にプレイされることになったんだけど「Lupinさんは強いので入らないで」と言われたので見学(笑)。しかたないので、隣で「5×5シティ」(Go Go City)のルールブックをチェックしながら観戦。
 ゲームは、初プレイの店長の息子さんも大健闘されたものの、結局、タナカさんが和了られて終了。今後もぜひ続けられて、将来の日本選手権を目指してほしいものだねぇ(^^)。


 続いて、店長の息子さんとタナカさんの3人で、店長の息子さんのオススメの「街コロ」を、拡張の「街コロ+」も加えたセットで。

「街コロ」 「街コロ」

 このゲームで遊んだのはずいぶん久しぶりで、「街コロ+」は初プレイだったので、店長の息子さんにインストしていただいてからスタート。
 で、とりあえず序盤は「コンビニ」+「カフェ」で小銭を稼ぎ、その後、「駅」を開放してから、「サンマ漁船」+「港」へ。さらに、「ピザ屋」「バーガーショップ」「ファミレス」と揃え、「ショッピングモール」を開放して他のプレイヤーから金銭を巻き上げる。その後、店長の息子さんに「ビジネスセンター」で「サンマ漁船」を強奪されるも、その後は「鉱山」+「家具工場」で安定した収入を得て、「遊園地」「電波塔」も開放。それでも終盤は3人ともあと1枚という状況まで並ばれるも、タナカさんの出目の悪さに助けられて、なんとか最後の「空港」を開放して勝利。
 いやぁ、小学生相手に真剣に勝負してしまったわ(笑)。


 次は、店長の息子さんの代わりにななさんに入っていただいて、3人で「ドラゴンペット」(Dragon Pets)を。

「ドラゴンペット」 「ドラゴンペット」

 ドラゴンを成長させる「ドラゴンブリーダー」となって得点を稼いでいくゲーム。場には16(4×4)枚のドラゴンがオープンされる。手番では、テイムしたドラゴンを確保する/ドラゴンを補充する/ダイス目に従ってドラゴンをテイムする、のアクションが行え、ドラゴンを確保した場合、同色のオスとメスの組み合わせができたら得点を獲得することができる。

 で、とりあえずペアのドラゴンを作ることを目指してドラゴンの確保を行っていたんだけど、途中から「オス」+「メス」で組み合わせるという基本ルールをすっかり忘れていて、同色のドラゴンでセットを組んでしまって得点していたり(^^;)。結局、5色のドラゴンを確保してボーナスまで獲得したことでトップだったんだけど、↑の基本的なルールを無視していたような気もするので、今回は無効かも(^^;)。
 なお、プレイ人数は2~4人で、想定プレイ時間は約45分。


 次は、ななさんの代わりに店長に入っていただいて「ミューラ」を。

「ミューラ」 「ミューラ」

 3人専用のトリックテイキングゲーム。カードは、赤/青/金/レインボーの4色があり、赤/青/金は1~4の強さがある。親手番のプレイヤーはこれらのカードを使って、同色同数字のカードだけをまとめて伏せて出し、その枚数(1/2/3/4/5枚、もしくは2+3枚)を宣言し、親以外は親と同数のカードを伏せて出す。その後、親がカードをオープンし、もっとも強いカードをオープンできたプレイヤーが自分のカードを得点として獲得する。これを繰り返し、すべてのカード(18枚)を使い切った時点で獲得した枚数で得点を獲得する。その後、スタプレを交代して、9ラウンドでもっとも得点の高いプレイヤーの勝ち。
 ルールとしてはシンプルなポーカーのようなゲームなんだけど、毎回、切り札のカードが変更されるのがキモかな。基本的には1ラウンドで6枚のカードを獲得すれば得点は±0点となるんだけど、獲得枚数が0枚だと-120点になるので最低でも1枚は取りたいところ。で、1ラウンド目に+30点を獲得した後、2、3ラウンド目は±0点、4ラウンド目は-10点とマイナス点を抑える展開。さらに5ラウンド目には店長が1枚も獲得できなかったことで+60点を獲得し、この時点で10点差でトップ。ただ、6ラウンド目は危うく0枚になりそうな展開で-50点となったため、タナカさんに逆転されて2位どまり(今回は6ラウンド制にしたため)。

 配り切りでのカード勝負となるの、最初の配牌にかなり左右されるんだけど、どのタイミングで勝負を仕掛けるかがキモかな。なお、プレイ人数は3人固定で、想定プレイ時間は約30分。


 続いては、ななさんにも入っていただいて、4人で「ラミィキューブ」(Rummikub)を。

「ラミィキューブ」 「ラミィキューブ」

 席順は抽選で、ななさん、店長、タナカさん、私の順となってゲームスタート。ななさんが親の1ラウンド目は比較的早めにイニシャルメルドが整うも、中盤以降は詰めきれず、終盤、ジョーカーを放出してマイナス点を減らすのが精一杯。結局、ななさんの和了に-12点。店長が親の2ラウンド目はサクッとイニシャルメルドが入ったものの、やはり中盤で中だるみとなり、終盤も詰めきれずに、店長の和了に-23点。
 タナカさんの親の3ラウンド目は、イニシャルメルドに苦戦して4番目の参戦となるもその後追い上げる展開となり、そのままうまくアレンジを決めて和了。比較的上のタイルが残っていたこともあって、和了点は+160点に。私が親の4ラウンド目、2番手の店長がジョーカーを使ってイニシャルメルドを決められたので、こちらも負けじとジョーカーを使ってイニシャルメルド。序盤に2枚のジョーカーが出たものの、なかなかうまくアレンジができず乱戦模様となり、終盤は競った戦いとなったんだけど、なんとかアレンジを駆使して和了きり、和了点+40点を獲得。
 結局、4ラウンドのトータルでは、ななさん-46点、店長+8点、タナカさん-127点、私+165点となってトップ。これで12月は7戦4勝となんとか勝ち越し(^^)。


 続いても同じメンバーで「ウェルカム・トゥ」(Welcome to ...)を。

「ウェルカム・トゥ」 「ウェルカム・トゥ」

 タナカさんが初プレイだったのでインストしてからプレイ。序盤は公園とプールを主体に開発していく流れで、柵での仕切りは遅め。そのせいで目標の達成はやや遅れたものの、なんとかNo.2を最速で達成して8点を獲得。その後も公園とプールをメインで狙い、公園は1段目と3段目をクリアして10+18点、プールは7つをクリアして26点を獲得。また、派遣業者でも最多を獲得して7点。柵が遅れたことで、やや大きめの区切りにしたこともあって団地点は23点と伸びなかったものの、マイナス点を0点に抑えたこともあって、トータルは97点となり、94点のななさんに3点差をつけてなんとかトップ。店長は86点で、タナカさんは86点。


 で、今日はこの後、テニススクールのクリスマス会&忘年会があったので、いつもよりもやや早めに撤収。残念ながら「ニュートン」(Newton)はプレイできなかったものの、いつもと違ったゲームも遊べたので満足でしたよ(^^)。

Posted by “Lupin” on 2018/12/17 02:19:43

2018年12月15日(土)

* 今日のボドゲ@カフェミープル・455回目    [  ボードゲーム  ]

 今日も朝からやや雲の垂れ込めたどんよりとした空模様。地面は少し濡れていて、夜の間に少し雨でも降ったのかなと思ったら、西に見える愛宕山の山麓がうっすらと雪化粧していたり。市内の気温はさほど下がってなかった(最低気温は3.4度)、山の上の方ではかなり寒くなってたみたいだねぇ。

初冠雪@愛宕山

 その後、お昼前くらいからはときおり陽も射したりしたんだけども、気温はあまり上がらず寒い一日になったねぇ。


 そんな土曜日は午前中に膝のリハビリに行って、一旦帰宅してからお昼すぎにお出かけ。地下鉄で京都市役所前まで行き、のんびりと昼メシを食ってから、いつもの「Cafe MEEPLE」へ。

今日のゲーム

 お店についたのは13時半ころだったんだけど、まだお客さんの姿は少なめ。常連さんもモリモさんだけで、今日ものんびりした感じなのかなと思ってたんだけど、14時過ぎくらいからどんどんお客さんが増えて、16時過ぎくらいには満席に。いやぁ、盛況そうで何より(^^)。

 ただ、フリーのお客さんはなかなかおいでにならず、とりあえずモリモさんと2人で「テラフォーミング・マーズ」(Terraforming Mars)を。

「テラフォーミング・マーズ」 「テラフォーミング・マーズ」

 盤面は「オリジナル」で、コーポレートカードは「テラフォーミング・マーズ: プレリュード」(Terraforming Mars: Prelude)から1枚、その他から2枚を引いて選択することに。

 で、引いたコーポレートカードは「ヴァイロン/VIRON」(初期資金48金、この世代でアクションが使用されたアクティブ(青)カード1枚のアクションを、再使用する)、「セレスティック/CELESTIC」(初期資金42金、最初のアクションで浮遊アイコンのあるカード2枚ドロー、好きなカードに浮遊体1個配置/この企業カード上の浮遊体3個ごとに1VP)、「VALLEY TRUST」(初期資金37金、最初のアクションでプレリュードカードを3枚引き1枚をプレイ。科学タグカードコスト-2)の3枚で、プレリュードカードは「Allied Bank」(クレジット産出+4、3メガクレジット獲得)、「Biofuels」(植物産出+1、電力産出+1、植物2個獲得)、「Galilean Mining」(チタン産出+2、5メガクレジット除去)、「UNMI Contractor」(TR+3。カードを1枚引く)の4枚。初期プロジェクトカードに「エウロパより水の輸入」があったので、プレリュードカードの1枚は木星タグの「Galilean Mining」で決まりで、もう1枚は「Allied Bank」を。コーポレートカードは「ヴァイロン/VIRON」で海洋をじゃんじゃん置きまくるかとも考えたんだけど、「VALLEY TRUST」のもう1枚のプレリュードカードにギャンブルすることに。初期プロジェクトカードからは「エウロパより水の輸入」「脱窒菌」「好極限性細菌」「共生菌」「太陽風力発電」「硫黄の輸出」の6枚をピックアップ。
 2番手のモリモさんは「VITOR」(初期資金45金、最初のアクションで「褒賞」を無償で獲得、マイナス点以外のVP付きカードプレイで3金バック)をチョイスされてスタート。

 で、初手でプレリュードカード3枚から「Acquired Space Agency」(チタン6個獲得。宇宙タグのあるカードを2枚引き手札に加える)をチョイスしたんだけども、その機能で引いたカードが「トリウム小惑星より電力転送」「テラフォーミング・ガニメデ」と2枚とも木星タグだったという僥倖(^^)。まぁ、木星タグは慌てて出す必要はなくて、とりあえず序盤は「脱窒菌」と「好極限性細菌」(後に「共生菌」も追加)して微生物プレイ。
 あと、モリモさんが初手で「温熱王」の褒賞を確保されたので、「トリウム小惑星より電力転送」「タイタンよりのメタン」「温室効果ガスの輸入」「太陽風力発電」「過酸化物発電」などで発熱産出と電力産出量を上げていく展開。で、電力産出力が+4になったところで、モリモさんの「支援を受けた学会」で「鉱石処理場」を引く幸運に恵まれ、電力も無駄なく消費できることに。
 2人プレイということもあり、なかなか称号が獲得されない中、TRを上げられたおかげでR8に「造星者」の称号を獲得し、さらにR10に「メトロポリス」で3枚目の都市を配置して「総督」を獲得。褒賞ではR11に3つ目として「金星王」を確保。中盤以降には「カリスト懲罰鉱山」「エウロパより水の輸入」「テラフォーミング・ガニメデ」と木星タグを並べたり、「捕食獣」や「鳥類」でVPを稼ぐ流れとなり、R11に全グローバルパラメーターがクリアされて終了。プレイ時間は約100分。

 終了時のTRは、私が50点、モリモさんが38点で、ここから「造星者」5点、「総督」5点、「銀行王」2点、「温熱王」2点、「金星王」5点、緑地3点、都市9点、VPは「捕食獣」4点、「鳥類」3点、「好極限性細菌」1点の8点で、カード点21点(「エウロパより水の輸入」6点を含む)を加えて、トータルで110点。モリモさんが77点だったので久しぶりの快勝。
 いやぁ、今回はカードの引きが良かったからなぁ。こんなにいいカードを引けたのはいつ以来だろうか。っていうか、「造星者」の称号も実に久しぶりに見たなぁ(笑)。


 ここで別卓の女性ペアのお客さんが混ざりたいとのことだったのでご一緒することに。ボドゲ歴はそこそこおありとのことだったので、ちょうど持参していた「鼠と密告者」(Coup Royal/Sneak & Snitches)を出して4人で遊ぶことに。

「鼠と密告者」 「鼠と密告者」

 プレイヤーは盗賊団の首領となって、手下の盗賊に博物館のお宝を狙わせたり、警察の内通者に密告してライバルたちの仕事の邪魔をする、いわゆるバッティングゲーム。ターゲットとなるのは人数+3の博物館で、それぞれ4種類のお宝(情報/遺物/宝石/金塊)が陳列されているので、そのうちの1箇所に盗賊を送り込む。また、同時にどこか1箇所に警察を送り込む。
 盗賊を送った先に密告がなく、他の誰ともバッティングしていなかった場合には展示品をそのまま盗み出せるが、他の盗賊とバッティングすると痛み分けとなり、別のお宝1つを持ち帰れる。密告されていた場合には獲物はなしとなる。これを繰り返して、4種類のお宝ごとの所有数ごとに得点が得られる。

 私以外は初プレイということでインストしてからスタート。序盤から1/3くらいの確率で盗みが成功する良い展開で、青(情報)と赤(宝石)が集まり、さらに隠匿できるお宝カード3枚も確保。第2世代に入ったところで、青のお宝カードを2枚持っていたので、あえて青のタレコミ文章を確保して全員の青を少なくしたり。その後もまんべんなくお宝を確保し、結局、青がトップで3点、緑は2位で2点、赤もトップで3点に、黄色は2位で3点となって、トータル11点でダントツのトップ(^^)。

 このゲームは「BRESPI」で何度か遊んだことがあって、かなり面白かったので探していたんだけど、国内では見つからなかったのでBGG GeekMarketでイギリスのショップから直輸入したもの。ルールブックの和訳はこちらから入手。なお、プレイ人数は2~5人だけど、4人以上がいいんじゃないかな。


 次も同じメンバーで「アズール」(Azul)を。

「アズール」 「アズール」

 見た目も綺麗だし、女性向けにはいいんじゃないかとチョイスして、インストしてからプレイ。初プレイの女性陣は序盤はやや戸惑ってらしたようだけど、プレイ中にいくつかアドバイスなどしたこともあって、中盤にはそれなりに楽しんでらした様子。
 で、中央縦列を完成させて、それなりに悪くない展開だったんだけど、中盤に残り色数のカウントを間違えて、7枚の羽タイルを引き取ることになり、その全部がマイナス点となって、-17点も計上する羽目に(T_T)。

「アズール」

 その後、なんとか青を5つ並べてボーナス10点を獲得するも焼け石に水。上家の女性が74点でトップ、対面の女性が60点、モリモさんが49点で、私はわずかに40点でダントツのビリという結果に。まぁ、『紳士』としては初プレイの女性に大量のマイナス点を押し付けるわけにはいかんからな(笑)。


 ここでモリモさんがお帰りになり、代わってイナさんに入っていただき、イナさんのリクエストで「きらめく財宝」(Funkelschatz)を。

「きらめく財宝」 「きらめく財宝」

 盤面中央に配置された氷の柱からこぼれ落ちる宝石を集めるゲームで、私以外は初プレイだったのでインストしてからプレイ。こぼれ落ちる宝石を予想してから、親手番のプレイヤーが中央に積まれたリングを1つずつ取り除いていくという簡単なゲーム。前回のときも最後は僅差になたんだけど、今回も僅差の勝負となって、対面の女性が1こさで勝利。


 次も同じメンバーで「カヤナック」(Kayanak)を。

「カヤナック」 「カヤナック」

 北極の氷原で氷の地面に穴を空けて、下にいる魚を釣り上げるゲーム。ダイスを2つ振り、その出目により移動/穴掘り/釣りの3つのアクションを行うことができる。また、すでに空いた穴を塞いだり、進入禁止領域を指定したりするダイス目もある。釣れる魚の種類は大小2種類。

 イナさんにインストしていただいてからプレイ。盤面の穴を押し破り、そこから磁石のついた釣り針を落として、中の鉄球を拾ってくるというギミックが良く出来ているんだけど、子供用ゲームとしてはちょっとパーツ類が小さすぎるのが惜しいところだね(とくに魚代わりの鉄球はかなり危なそう)。あと、ダイスゲームなので出目にかなり左右されるんだけども、☆(オールマイティ)の出目が強すぎる気もするねぇ。
 なお、今回は誰かが15点(大2点、小1点)を取ったら終了としていたんだけども、正しくは誰かが15匹釣ったら終了で、その時の合計点で勝敗を決めるみたいだね。プレイ人数は2~4人で、想定プレイ時間は約20分。


 次も同じメンバーで「クイビット!」(Quibbit!)を。これも女性ウケを狙ってのチョイス(笑)。

「クイビット!」 「クイビット!」

 ルールは単純なんだけど、結構考える要素は多いので、見た目に反してわりとハード。お試しプレイではあっさりと1周抜きで私が勝利。その後の本番のプレイでも、やはり安全策を取られた女性があっという間に置いてゆかれ、別の女性に周回遅れにされて終了となったんだけど、このゲームではこの決着方法がスタンダードかな。
 で、狙い通り、「カエル、かわいい~」との声をいただいたので満足しました(笑)。


 女性ペアが残り30分ほどとおっしゃったので「ロンド」(Rondo)と「ブロックス」(Blokus)を出してきて、女性の選ばれた「ブロックス」を。

「ブロックス」 「ブロックス」

 初プレイの女性陣のうち、対面の女性は比較的早くコツを掴まれたようだったけど、上家の女性がやや苦戦されていたので、何度かアドバイスしつつプレイ。で、序盤から中央での陣取りに負けたものの、なんとか右から回り込んで上部へ進出。ただ、そちらに注力しすぎて、自分のコーナー付近をほとんど使えずにやや苦しむ。まぁ、それでもなんとか隙間を見つけて展開し、結局4ブロック1つを残して終了。イナさんも同じく4ブロック1つ残しだったので同点。女性陣は3つずつくらい残されていたけども、まぁ、初プレイならやむなしだね。

 ちょうど30分で終了となり、女性陣がお帰りに。お帰りの際に、片方の女性が「ずいぶん以前も一度、ご一緒しました」とのこと。いやぁ、全然覚えてなくてスミマセン(^^;)。とりあえず、お二人ともそれなりに楽しんでくださったようで何よりでした。


 ここでマツダさんがいらしたんだけど、19時を回っていたので私も撤収することに。久しぶりに「テラフォーミング・マーズ」でも勝てたし、パーティ系のゲームもいろいろ楽しめたので満足いたしました(^^)。

Posted by “Lupin” on 2018/12/16 01:00:44

2018年12月14日(金)

* 金曜にボドゲ@BRESPI・82回目    [  ボードゲーム  ]

 今日は朝からやや雲が多かったものの、ときおり陽の射すまずまずのお天気。ただ、冷たい北寄りの風が吹いていて、気温は上がらず。あと、お昼すぎには晴れているにも関わらず、細かな霧のような雨が降る時間帯もあって、なんとも不思議な空模様だったねぇ。まぁ、おかげで久しぶりにきれいな虹が見れたので良かったんだけども(^^)。

美しい虹

 で、金曜日はいつもどおりに朝からテニスのレッスンへ。膝はまだ少し痛みが残っているものの、なんとか最低限の動きはできるように。まぁ、それでも飛んだり跳ねたりは出来ないので、とっさの動きは制限されているんだけども。あと、膝や腰の保護用にCW-Xを買って今週から着用中。思ったよりも圧着感はないものの、それなりのサポート感はあるのでわりといい感じ。ほとんど蒸れないので夏場の着用も問題なさそう(^^)。


 レッスンのあと、遅めの昼メシを食って帰宅し、一風呂浴びてからお出かけ。地下鉄で京都市役所前まで行き、そのまま真っすぐにいつもの「BRESPI」へ。

今日のゲーム

 お店に着いたのは16時ころだったんだけど、タケガワさんとエンドウさんがいらしていて、店長、ななさんの4人で「ニュートン」(Newton)をプレイされているところ。あぁ、これ、遊んでみたかったやつだったんだけど、今日はタイミングが合わず、残念。


 で、まだしばらく時間がかかりそうだったので、とりあえず「ナンバーナイン」(NMBR9)で暇つぶし。

「ナンバーナイン」 「ナンバーナイン」

 自前のソリティア用ページを使って、のんびりと3戦プレイ。得点は94点、82点、93点と残念ながら100点超えはなかったものの、まずまずというところかな。


 1時間してほどして「ニュートン」が終わったのでご一緒させていただくことに。5人だったので「ウェルカム・トゥ」(Welcome to ...)を。

「ウェルカム・トゥ」 「ウェルカム・トゥ」

 タケガワさんが初プレイだったので店長にインストしていただいてからプレイ。前回はプールや公園などで得点が稼げずに惨敗だったので、今日はそれらを主体にマークし、可能であれば目標のクリアも目指したいところ。
 そんなわけで、序盤から公園ばかりを狙い、早々に3列目に5つの公園を配置して18点を取り、さらに2段めも4つの公園で14点とまずまずの滑り出し。その後、プールを主体に狙いつつ、測量業者で柵を引いて、目標2を最速クリアして13点をゲット。さらに、目標3もクリアして6点を追加。
 最初に2列目が埋まったものの、番地の出が良くてなんとかミスなく配置でき、増築(Bis)も一度も使わなかったのでマイナス点は0で終了。結局、目標点が19点、公園点が32点、プール5つで17点、派遣業者は5つで2位だったので4点、不動産業者までは手が回らずで団地点は35点だったんだけどトータルでは107点に。ななさんが目標6点、公園22点、プール26点、派遣業者1点、団地52点で同じく107点だったものの、増築を1つ使ってらした分で-1点となってトータルは106点となって、なんとか1点差でトップ(^^)。やったね♪


 で、金曜日は「BRESPI ラミィキュー部」の部活の日。ということで「ラミィキューブ」(Rummikub)を。

「ラミィキューブ」 「ラミィキューブ」

 メンバーが5人だったので、1人ずつ順番に抜けて5ラウンドでプレイ。順番はエンドウさん、タケガワさん、店長、私、ななさんになって、親の次が抜け番ということに。もちろん「大津ルール(改)」を採用。
 エンドウさんが親でエンドウさん、タケガワさん、店長、私の1ラウンド目はイニシャルメルドに苦戦。タケガワさんがイニシャルメルドでジョーカーを使われていたので焦るも、「大津ルール(改)」は使わないのがマイルールなので淡々とツモるだけ。なんとかラック溢れした回でイニシャルメルドが整って遅まきながら参戦となり、なんとかマイナス点を減らそうと躍起になっていたんだけども、他のメンバーも手が悪かったようで、なんとかそこから巻き返して和了。和了点は+64点。
 タケガワさんが親でタケガワさん、店長、私、ななさんの2ラウンド目は1手目でイニシャルメルドが揃うも敢えて出さずに様子見。そのまま数巡回し、3番目にイニシャルメルド。その後は淡々と手牌を処理するも和了には一歩届かず、店長の和了に-6点。
 店長が親で、店長、私、ななさん、エンドウさんの3ラウンド目はふたたびイニシャルメルドで苦戦。ただ、今回は全員なかなかイニシャルメルドが整わなかったようで、ラック溢れ寸前にイニシャルメルドが揃った時点でまだ4セットが出ただけという状況。そこから参戦するも、青5の2枚セットがなかなか処理できず、ななさんの和了に-5点。
 私が親で、私、ななさん、エンドウさん、タケガワさんの4ラウンド目は、初手からイニシャルメルドが入り、さらにジョーカー1枚持ちという恵まれた配牌でスタート。初手でイニシャルメルドしたあとは数巡ツモったんだけど、ここでの引きも強く、手の内に2セット隠し持てる余裕の展開。結局、最後はジョーカーを使って出し切り和了。かなり早めの和了だったことで和了点が膨らみ、+195点と荒稼ぎ(^^)。
 ななさんが親で、ななさん、エンドウさん、タケガワさん、店長の5ラウンド目は、店長が初手からジョーカー2枚持ちだったものの、なかなか使いどころがなく、結局、終盤に2枚めを出したところで、ななさんが和了られて終了。
 結局、5ラウンドのトータルでは、エンドウさん-193点、タケガワさん-135点、店長-8点、私+248点、ななさん+68点という結果に。ふぅ、なんとか今週も部長の座を守ったぜぃ(笑)。


 ここでエンドウさんとタケガワさんが中座されたので、残った3人で「ナンバーナイン」(NMBR9)を。

「ナンバーナイン」 「ナンバーナイン」

 1戦目は[9. 2, 7, 5, 3, 4, 1, 8, 0, 8, 7, 1, 2, 9, 6, 3, 5, 0, 4, 6]という配列。ややベースを作りすぎた感のと、中盤までに大きい数字が出きったこともあって得点は伸びず82点どまり。店長が81点、ななさんが86点となって、ななさんがトップ。2戦目は[0, 8, 2, 9, 6, 6, 8, 7, 4, 5, 1, 5, 3, 0, 4, 7, 3, 1, 2, 9]となり、こちらも前半に大きめの数字が並ぶ展開。2枚めの[9]が最後だったので、なんとか4段目に配置できたものの得点は伸びずに86点。店長が90点、ななさんが88点だったので店長がトップで私は最下位(^^;)。
 しかし、3人ともいずれも80点を超えていて、さすがにベテランの域という感じはするね(笑)。


 ここで20時になっていたので撤収。今週もちゃんと部活動ができたので満足でしたよ(^^)。

Posted by “Lupin” on 2018/12/15 01:43:41