INFOINFO
MAILMAIL

2018年 6月18日(月)

* 月曜にボドゲ@カフェミープル・388回目    [  ボードゲーム  ]

 いやぁ、今朝の地震にはびっくりしたねぇ。地震のあった時間にはまだ寝ていて、ゴーという地鳴りの音と大きな揺れで目を覚ましたんだけども、そのときには「ずいぶん揺れるなぁ。震度3くらいかなぁ」などと半分寝ぼけつつ感じて、そのまま二度寝してしまったという(^^;)。その後、1時間ほどして起きてから、改めて調べてみたらえらく大きな地震でびっくりしたと。ちなみに、うちの近辺でも震度5強だったようで(^^;)。
 ここらはほとんど被害はなかったようなんだけど、被害は大阪の北のかなり狭い範囲に集中していたようで、ブロック塀や銭湯の大きな煙突が倒れたりしていてかなり揺れが激しかったよう。

 うちよりも震源地に近い実家に安否確認の電話をしたら、やはりかなり揺れたようでおふくろ曰く「阪神の時を思い出した」とのこと。あと、買い物帰りに「物集女街道をスーツ姿のサラリーマンの人達がゾロゾロと歩いてた」のを見たようだけど、地震の時間がちょうど出勤時間だったので通勤の人たちは大変だったみたいだねぇ。

 で、お昼に出かける際に、近くのJR二条駅の様子を見てみたら、12時の段階でJR嵯峨野線は運転見合わせが続いて、

JR二条駅の様子

東海道新幹線、山陽新幹線を含んで近畿圏のJRは軒並み運転見合わせ。私鉄でも阪急、京阪、近鉄なども止まっていて交通機関はかなり混乱していた様子でしたわ。

 京都市交通局の地下鉄東西線は運行を再開していたようだったんだけど、運良く雨が降っていなかったので徒歩で移動。京都市内はとくに混乱した様子はなく、繁華街も普段と変わらない賑わいだったけど、海外からの旅行客の皆さんは驚いていたかもしれんね。


 そんなわけで、ぶらぶら歩いて繁華街まで行き、新京極三条のドトールで昼メシを食ってから、いつもの「Cafe MEEPLE」へ。

今日のゲーム

 イシカワ店長はたしか京阪で通勤してたはずなんだけど、もともと月曜日はお休みなので問題なし。スタッフのタケシタさんはバス通勤なのでこちらもとくに問題なかったとかで、予定通りに14時に開店してました。
 開店直後はお客さんの姿はなくて、流石に地震のあとだしなぁ、と思ってたんだけど、その後、何組かのお客さんがいらしてて、タケシタさん曰く、普段の月曜日よりも多かったかも、とのこと。地震のせいで遠出できなくなって、近場に遊びに来たのかもしれんねぇ。

 そんなわけで、まずはタケシタさんと2人で「レース・フォー・ザ・ギャラクシー: 嵐の予兆」(Race for the Galaxy: The Gathering Storm)を。

「レース・フォー・ザ・ギャラクシー: 嵐の予兆」 「レース・フォー・ザ・ギャラクシー: 嵐の予兆」

 1戦目の初期ワールドは「滅びゆく世界」と「分離主義者コロニー」の2択。初期手札に5コスの生産惑星「ニューアース」があったので「滅びゆく世界」にするか悩んだんだけど、軍事+2の「宇宙海兵隊」と軍事1コスの「脱走ロボット」があったので「分離主義者コロニー」をチョイス。あとは6デベの「銀河帝国」があったので反乱軍ワールドが引けるようなら楽しくなるかも。
 で、タケシタさんの初期ワールドが「イプシロン・エリダニ星系」だったので、移住は出てくるだろうと踏んで、初手は発展+消費(交易)にしたんだけども、予想通りにタケシタさんから移住が出て一安心。発展で「輸出関税」を出し、発展で軍事1コスの「脱走ロボット」を出し、消費(交易)で3+1枚カードをドロー。次巡に発展+移住で「宇宙海兵隊」と「反乱軍地下組織」を出す。その後、さらに軍事2コスの「旧監獄コロニー」を出してから、発展から「銀河帝国」を。ただ、反乱軍ワールドはなかなか引かず、最後の最後に「反乱軍支援者」を引いたのみという結果に。
 結局、タケシタさんが生産→消費(VP×2)ルートを確立させて回されたこともあって、VP切れでゲーム終了。タケシタさんはVPは多いものの、6デベでのボーナスは少なめでいい勝負かと思ったんだけど、私がカード点21点、VP 0点、ボーナスが「銀河帝国」で10点のトータル31点、タケシタさんはカード点8点、ボーナスは3点どまりだったものの、VPが28点あってトータルで39点となって負け。

 続く2戦目の初期ワールドは「失われた地球植民地」と「ニュースパルタ」の2択だったので、ノータイムで「ニュースパルタ」をチョイス。初期手札には軍事+2の「宇宙海兵隊」と軍事3コスの「地下知性化研究所」があったのでそれらをチョイス。とりあえず軍事力を上げていって得点を稼ぐ流れ。
 で、序盤から予定通りに「宇宙海兵隊」を出してから「地下知性化研究所」を出す。ただ、これだけではカードドローができないので、2ラウンド目は発展+発展でカードを掘る。ここで6デベの「新軍事戦術」を引き、さらに軍事2コスの単発生産ワールドを引き、軍事ワールドを伸ばしてゆく。今回もタケシタさんは生産→消費(VP×2)ルートに走られてVPを稼がれ、こちらは軍事ワールドでカード点を稼ぐ展開。結局、今回もVP切れとカード12枚が同時達成で終了。タケシタさんがVP 24点を稼がれてトータルで36点、私はカード点21点、VP 2点、ボーナスは「新軍事戦術」で12点を稼ぎ、トータル37点となって1点差の勝ち。うわー、際どい(^^;)。

 1勝1敗で迎えた3戦目。初期ワールドは「滅びゆく世界」と「損傷異星種族工場」の2択で、コストの高いワールドはなかったので「損傷異星種族工場」をチョイス。初期手札には「異星種族ロボット歩哨」と「感応世界」、「銀河ゲノム計画」があって、異星種族技術(黄色)を伸ばすか、遺伝子資源(緑色)を伸ばすか迷いどころ。
 初手は「損傷異星種族工場」での定番の探索+生産で、2手目に移住で「感応世界」を出してから消費(交易)でカード5ドロー。さらに次巡は探索+消費(交易)でカードを11枚にし、タケシタさんの生産に乗っかる。次巡で発展から「銀河ゲノム計画」を出し、消費(交易)でカード5ドロー。ここで運良く「失われた箱舟世界」を引き、次巡に発展から出してこれで生産→消費(VP×2)で6点のルートが確立して、生産。
 実はこのタイミングで、タケシタさんにも「観光世界」が入っていて同じく生産→消費(VP×2)ルートで6点に。ということで、お互いが連続で消費(VP×2)+生産という回しに。ただ、私のほうが生産に「失われた箱舟世界」の2ドローが乗っかったことでコストの余力ができて、2巡目に発展から6デベの「新型経済」を打って、VP切れで終了。結局、終了時点でタケシタさんが4枚、私が5枚という超少ないカード枚数だったり(笑)。
 結局、タケシタさんがカード点6点、VP 12点でトータル18点、私もカード点6点、VP 12点だったんだけど、ボーナスが「銀河ゲノム計画」で4点、「新型経済」で4点あったので、トータルで26点になって超ロースコアでの勝負に勝ち、2勝1敗で勝ち越しということに(^^)。


 続いてもタケシタさんとサシで「スターレルム」(Star Realms)を。

「スターレルム」 「スターレルム」

 序盤から市場に6コス以上の高価値カードが並ぶ展開になり、なかなか有用なカードを拾えない展開。それでもなんとかExplorerを追加して資産力を上げて行く。中盤になって、OUTPOST基地の「Mech World」を引き、さらに同じOUTPOST基地の「Battle Station」を入手し、一時期は防御力11というガードの高い状態になる。
 ただ、タケシタさんから「Missile Mech」で出て「Mech World」を飛ばされ、さらに軍事力を集中されて「Battle Station」も飛ばされて丸裸になりボロボロに(^^;)。その後、なんとか1桁権威力で耐え忍ぶも、タケシタさんのデッキにリシャッフルが入って高軍事力が再び入り、あえなく撃沈(^^;)。うーん、やっぱり攻撃力がないと勝てんなぁ。


 次もタケシタさんとサシで「ザ・ゲーム: フェイス・トゥ・フェイス」(The Game: Face to Face)を。

「ザ・ゲーム: フェイス・トゥ・フェイス」 「ザ・ゲーム: フェイス・トゥ・フェイス」

 協力型カードゲームの「ザ・ゲーム」(The Game)の新版で、「ザ・ゲーム」のテイストを残しつつ2人対戦ゲームに模様替えされている。
 それぞれ2~59のカードを1セットずつ持っていて、それらを「ザ・ゲーム」と同様に「1→59」「60→2」の2つの場に出していく。出していく際に、「ザ・ゲーム」でもあった10戻しルール(昇順の場で12の次に2を出して巻き戻せる)もある。手札は6枚持ちでスタートで、自分の場には2枚以上のカードを出す必要があるんだけど、この場合は2枚以上何枚出しても補充は2枚しか行えない。
 一方、新しいルールとして、自分のカードを相手の山に対して出すこともできる。この場合は1枚しか出せず、また、相手が有利になるようにしかカードを出せない。これはたとえば、相手の昇順の場が13になっているとき、こちらからは2~12のカードを出すことができる。相手の山にカードを出した場合には、手札が6枚になるように補充することができる。
 これを繰り返し、先にすべての手札を使い切れば勝ち。もしくは、カードを出せなくなったら負けとなる。

 で、最初、相手の場に出すカードの制限をこちらと同じだと勘違いしていて、いきなり相手の昇順の場に“59”とか置いて「なんでこれが面白いんだ?」とか思いながらプレイしてたんだけど、もう一回ルールを確認してみたら相手の場には相手が有利になるようにしか出せないことがわかって仕切り直しすることに(笑)。

 ここでウメさんがいらしたので、タケシタさんと代わっていただいて対戦。正しいルールでやり始めると、これがかなり面白い。自分の場にばかりだしていると徐々に手札が少なくなるので、どこかのタイミングで相手を場に出してカードを補充しないといけないんだけど、あまり大きく相手を有利にするカードは出せないし、かといってカードの補充はしたいし、というジレンマ。さらに、自手番で10戻しルールを使えるとほくそ笑んでいたら、相手に「有利になるカード」を出されて10戻しできなくなってがっかりしたり。
 個人的には本家の「ザ・ゲーム」よりも圧倒的にこのゲームのほうが好みだわ。まだ「完全日本語版」(笑)が発売されてなくて、現在は入手難らしいんだけど、これは早く「完全日本語版」が出てほしいな。「ザ・ゲーム:エクストリーム 完全日本語版」や「ザ・ゲーム第2版 完全日本語版」まで発売したアークライトさん、ぜひとも早く出してねっ(もっとも現在は「ザ・マインド 日本語版」の製作中のようなので、その後になりそうだけどね)。


 で、いつもの月曜日ならタケガワさんがいらっしゃるはずなんだけど、今日は用事があっておいでにならないとのこと。それ以外にフリーのお客さんもいらっしゃらないし(グループのお客さんはすでに何組かいらしてる)、じゃあ、2人で「テラフォーミング・マーズ」(Terraforming Mars)でもやりますか、と(笑)。

「テラフォーミング・マーズ」 「テラフォーミング・マーズ」

 で、サクサクと準備して2人で遊んでたら、2ラウンド目が終わったところでタケガワさんがお越しに。まだ3ラウンド目だし、今ならやり直してもいいだろうってことになって、3人で仕切り直し。ちなみにこのときは「THARSIS REPUBLIC」を捨てて「SATURN SYSTEMS」をチョイスしたものの、すでに後悔していたところだったので仕切り直しは大歓迎(笑)。

 ということで、仕切り直しの初期コーポレートカードは「ECHOLINE」(初期資金36金、植物産出+2、植物7で緑地1化、初期資源: 植物3)と「helion」(初期資金42金、発熱産出+3)の2択。初期プロジェクトカードに「古細菌」もあったし、順当に「ECHOLINE」を選ぼうかと思ったんだけど、精神衛生上あまりよろしくないし、発熱生産力をクレジット生産力に変更できる「トロピカル・リゾート」があったので、ここまで3人戦以上で唯一勝利のない「helion」をチョイスすることに。初期プロジェクトカードからは「トロピカル・リゾート」「建設ラッシュ」「最先端合金」「ローバー建設」「警備艦隊」の5枚をピックアップ。建材タグが3枚入っているので、あわよくば「建設師」の称号を狙いたいところ。
 1番手のウメさんが「SATURN SYSTEMS」(初期資金42金、チタン産出力+1、木星タグカードでクレジット産出量+1)、3番手のタケガワさんが「MINING GUILD」(初期資金30金、建材産出力+1、初期資源: 5建材)というラインナップでゲームスタート。あらま、強力な「建設師」狙いのライバルが登場だわ(^^;)。

 序盤に「建設ラッシュ」を出して建材産出を上げ、「最先端合金」を出す。で、ホントは序盤に「トロピカル・リゾート」でサクッとクレジット生産力を上げる予定だったんだけど、R2で「ソレッタ」を引けたので予定変更。さらにR3で「モホール掘削エリア」まで引いたので、このまま発熱産出力をあげていくことに。
 一方、「工業地帯」で建材生産力を上げることができ、「軌道エレベーター」などの建材タグのカードを引けたことでいい流れに。R4に「モホール掘削エリア」を、R5に「ソレッタ」を出し、さらにR4で「核実験場」などをいいタイミングで使えたことで、R5で発熱産出力が+16となり、ようやく「トロピカル・リゾート」を投入。
 さらに「保全指定渓谷」で建材タグ8つ目だったものの、一手違いで「MINING GUILD」のタケガワさんに「建設師」の称号を取られることに。ちなみに、ウメさんは「総督」を取られて、残りは1つ。この時点でTRは31点で、35点の「造星者」も視野に入るも、タケガワさんがカードの保持数を増やしてらして「創案主」に届きそうだったので、金に物を言わせて標準プロジェクトから緑地を一気に2枚配置し、無理やり「緑化匠」を取ってみたり(笑)。
 その後、「温熱王」の褒章を確保したんだけど、その無理やりなアクションのおかげで盤面の占有率が伸び、さらに「開拓王」も確保。さらに、それで酸素濃度が上がったことで、一気に終了条件を満たせる条件が整い、R10に酸素+2、温度+3を上げて一気にグローバルパラメーターをクリアして終了条件を立てることに成功。ウメさんもタケガワさんも次ラウンドの準備をされていたので、ここで終われたのは僥倖。プレイ時間は約100分。

 ゲーム終了時のTRはウメさんが36点、私が42点、タケガワさんが33点。ここから「緑化匠」5点、「開拓王」5点、「温熱王」5点、緑地4点、都市5点、VPは「警備艦隊」で4点、カード点4点でトータルは75点。ウメさんが64点、タケガワさんが61点だったのでトップ。いやぁ、ようやく「helion」でトップを取れましたわ(^^)。さすがに「helion」に「ソレッタ」+「モホール掘削エリア」は強力だわ。


 ということで、ここで19時を回っていたので撤収。今日も楽しく遊べて満足でありました(^^)。


 んで、帰りはいつもどおりに地下鉄東西線で。東西線はすでに平常運転だったんだけど、二条駅で降りてJR二条駅の様子を見てみたら、なんと19時半でもまだJR嵯峨野線は運転見合わせが続いていて、今日は終日運転見合わせになるんだとか。

JR二条駅の様子

 っていうか、近畿圏のJR在来線の大半は同じく終日運転見合わせだそうで、私鉄でも阪急は京都線、嵐山線は終日運転見合わせなんだとか。うわー、無理して出勤した人たちは今日は帰れないのか…。

Posted by “Lupin” on 2018/06/19 00:14:46

2018年 6月17日(日)

* 日曜のボドゲ@カフェミープル・387回目    [  ボードゲーム  ]

 今日も朝から明るい陽の射す爽やかな空模様。やや強めの陽射しのせいか気温は上がり、午前中には25度を超えて「夏日」に。ただ、午後からは思ったほど上がらず、最高気温は28.6度。今日も湿度が低く、ときおり吹く風も爽やかだったのでずいぶん過ごしやすかったねぇ。
 ただ、このいいお天気も今日まで。週間予報では明日の午前中から雨になるようで、それ以降は週末までずっと雨が降り続き、ようやく梅雨らしい空模様になりそうだとか。これで爽やかは日々とはお別れかもねぇ…。


 で、そんな爽やかな日曜日もお昼前にお出かけ。いい天気だったのでブラブラと繁華街まで歩いて行き、新京極三条のドトールで昼メシを食ってから、いつもの「Cafe MEEPLE」へ。

今日のゲーム

 お店に着いたら、イナさん、モリモさん、マツダさんが「テラフォーミング・マーズ」(Terraforming Mars)を広げて準備の真っ最中だったので、早速混ぜていただくことに。

「テラフォーミング・マーズ」 「テラフォーミング・マーズ」

 初期コーポレートカードは「TERACTOR」(初期資金60金、地球タグカードコスト-3)と「THARSIS REPUBLIC」(初期資金40金、最初のアクションで都市タイルを1枚配置、誰かが都市を建てるごとに1クレジット産出アップ、自分で都市を建てると3金)の2択だったので「THARSIS REPUBLIC」をチョイス。初期プロジェクトカードからは「開発センター」「風力発電」「核融合発電」「医療研究所」「宇宙鏡」をピックアップ。この内の4枚は建材タグカードだったので、「建設師」の獲得も視野に入れたいところ。
 2番手のモリモさんが「INTERPLANETARY CINEMATICS」(初期資金30金、イベントカードで2金バック、初期資源: 20建材)、3番手のイナさんが「THORGATE」(初期資金48金、電力産出+1、電力タグカードコスト-3)、4番手のマツダさんが「credicor」(初期資金57金、20金以上のコストで支払いで4金バック)というラインナップでゲームスタート。

 序盤は都市関連のカードを引けず、R3とR6で標準プロジェクトから都市を配置して「総督」の称号を得る。また、序盤から「開発センター」や「テクノロジーのデモンストレーション」、海洋の配置などでカードを集めることになりR7で「創案主」を、さらに「開発センター」「工業地帯」「火星鉄道」「ノクティス開墾」「ローバー建設」「太陽光発電」「商業特区」を並べて建材タグ8つになり「建設師」まで取って称号を独占。
 さらに序盤から各自が積極的に都市を立ててくれたおかげでクレジット生産力が上がり「銀行王」の褒章を確保、さらに「開拓王」も手中に収める無双っぷり。結局R10に全グローバルパラメーターがクリアされてゲーム終了。プレイ時間は約90分。

 ゲーム終了時のTRは私が28点、モリモさんが31点、イナさんが39点、マツダさんが31点。ここから「総督」5点、「建設師」5点、「創案主」5点、「開拓王」5点、「銀行王」5点、緑地が6点、都市が14点、VPは「家畜」で3点で、カード点11点(「商業特区」3点を含む)を加算して、トータル87点。モリモさんが61点、イナさんが68点、マツダさんが58点だったので、2位に19点差をつける圧勝。いやぁ、実に上手く回ったものだなあ。


 ↑のプレイ中にウメさんがおいでになさり、さらに初見のソロのお客さんが「テラフォーミング・マーズ」をご希望ということでモリモさんと私に代わっていただいて入っていただくことに。モリモさんはそのままお帰りになったので、私は別宅へ合流。

 別卓のメンバーはニールさん、ヤマウチさん、キョウカさんで、キョウカさんのリクエストで「ラミィキューブ」(Rummikub)を。

「ラミィキューブ」 「ラミィキューブ」

 ヤマウチさんが親の1ラウンド目はキョウカさんが大苦戦。なかなかイニシャル・メルドができず、さらに大津ルール(改)の適用もならずでタイルを貯め込む展開に。その影響なのか、他のメンバーもなかなかタイルの出せない展開となり、残り山が5個までに迫る流れに。私も黄13×2、青13×2など同色同数を抱えて四苦八苦となり、ジョーカー2枚を使って13×3を2つ作って出していく始末。ただ、この段階でようやくキョウカさんからイニシャル・メルドが出て、その後は流れが戻ってヤマウチさんが和了られて私は-11点。キョウカさんがタイルを抱えられていたこともあって和了点は+109点と大きめ。
 ニールさんが親の2ラウンド目は比較的すんなりと流れるも終盤に各自の足が止まり、私が和了って+52点。私が親の3ラウンド目も競った展開となるものの、終盤にあと一手が詰めきれずに和了りきれず、ヤマウチさんの和了に-2点。キョウカさんが親の4ラウンド目はジョーカーを引きながらも終盤に使い切れずに持ち死にとなってしまい、ニールさんの和了に-57点。結局、4ラウンド目の失点が響いてトータルは-18点となり3位どまり。うーん、攻めたのが裏目に出たか(^^;)。


 ここで「ボードラン・京都 (BOARD RUN KYOTO)」のスタンプラリーにも参加されているお客さんがご来店になり、ミープル指定の「ドメモ」(Domemo)のプレイをご希望とのことだったので、私の代わりに入っていただいてプレイしていただくことに。
 このお客さんは「ドメモ」をプレイしてすぐにお帰りになったようだけどスタンプラリー開催中は、こういう割り込みが入るのかもしれんなぁ(^^;)。


 飛び込みのお客さんがお帰りになったので、元のメンバーで「ディメンション」(Dimension)を。

「ディメンション」 「ディメンション」

 木製の玉をカードで示された条件を守りながら立体に並べていくパズルゲーム。このゲームで遊ぶのもずいぶん久しぶりだと思ったんだけど、帰ってから調べてみたら最後に遊んだのはこのときなので、約1年9ヶ月ぶり(笑)。キョウカさんは初プレイ、他のメンバーも久しぶりだったようでルールの適用があやふや。とりあえず、成立していないカード1枚につきペナルティ1点でプレイしたんだけど、ホントは2点だったのか。あと最終ラウンドだけお題が7つになるのも忘れてたわ(^^;)。

 で、序盤は矛盾する条件が提示されるパターンが続いてなかなかパーフェクトが出なかったんだけど、そういえば以前は矛盾するルールは除外するようにしていたような気もする(笑)。とりあえず、そんなわけで3ラウンド目まではパーフェクトは出ず、ついでに序盤にケアレスミスをしてニールさんに1ポイント負ける展開。ただ、4ラウンド目からは矛盾がなくなり、ここから3ラウンド連続でパーフェクトを達成して逆転トップ。
 このゲーム、久しぶりに遊んだけどやっぱり面白いわ。


 次も同じメンバーで「チケットトゥライド」(Ticket to Ride)をやろうかと思ったんだけど、より簡単な「トランスアメリカ」(Trans America)をプレイすることに(笑)。

「トランスアメリカ」 「トランスアメリカ」

 こちらもずいぶん久しぶりだなぁと思ったんだけど、帰ってから調べてみたら最後に遊んだのはこのとき以来で、やはり約1年9ヶ月ぶりだったり(^^;)。うーん、そんなに遊んでなかったのかぁ。結構好きなゲームだったんで、ちょっとびっくり。
 キョウカさんが初プレイだったのでインストしてからプレイ。キョウカさんが初プレイだったので、オプションの個別レールは使用せず。1ラウンド目は序盤はニールさんが西海岸で独自ルートを構築し、他の3人が協力プレイして東部と中部を結ぶ展開だったんだけど、ニールさんが合流後にあっという間に東海岸を制覇されて終了。この時点で私は残り5ステップだったんだけど、ヤマウチさんが11ステップを残されていて、残り1ステップと崖っぷちに。
 2ラウンド目、今度は私が南西部で独自路線を展開し、その他の協力プレイという流れ。序盤は孤独な戦いを強いられ、合流後はあと一歩まで進むも、ここでもニールさんがお題達成。結局、キョウカさんとヤマウチさんが海の藻屑となってゲーム終了。こちらも久しぶりに遊んだけども、結構軽くていいゲームだなと再認識。


 ここで別卓の「テラフォーミング・マーズ」が終わって再シャッフルすることになり、私は「テラフォーミング・マーズ」の3戦目に参加。メンバーはキョウカさん、マツダさん、ウメさんの4人。

「テラフォーミング・マーズ」 「テラフォーミング・マーズ」

 初期コーポレートカードは「INVENTRIX」(初期資金45金、初期アクションでカード3枚ドロー、カード条件の温度/空気/水源数±2)と「UNMI」(初期資金40金、TR上昇ラウンドでTR+1可)の2択。初期プロジェクトカードに発熱産出を強化するカードがあったので「UNMI」の採用も考えたものの、結局「INVENTRIX」をチョイス。初期プロジェクトカードからは「深井戸暖房」「炭化プロセス」「小型風車」「太陽光発電」「ツンドラ開墾」「放射能防護服」の6枚をピックアップ。
 2番手のキョウカさんが「SATURN SYSTEMS」(初期資金42金、チタン産出力+1、木星タグカードでクレジット産出量+1)、3番手のマツダさんが「TERACTOR」(初期資金60金、地球タグカードコスト-3)、4番手のウメさんが「THARSIS REPUBLIC」(初期資金40金、最初のアクションで都市タイルを1枚配置、誰かが都市を建てるごとに1クレジット産出アップ、自分で都市を建てると3金)というラインナップでゲームスタート。

 で、序盤から「炭化プロセス」や「小型風車」で発熱産出力を高め、その後、「燃料工場」「放射能防護服」「カリスト懲罰鉱山」でクレジット産出力を増強。さらに「温室効果ガス工場」「改良型温室効果ガスの輸入」で発熱産出力を+10にしてから「断熱材」でそれをクレジット産出力に転換する展開。
 ただ、建材タグを並べて「建設師」を取る予定が、一手違いでウメさんに先を越されて取れず。盤面も整わず、この時点ではトップだった「銀行王」の確保に走るも、建材タグを並べたのウメさんに「医療研究所」を出されたうえで「THARSIS REPUBLIC」+「移民都市」で逆転される憂き目に。結局、R10に全グローバルパラメーターがクリアされてゲーム終了。プレイ時間は約120分。

 ゲーム終了時のTRは私が31点、キョウカさんが35点、マツダさんが36点、ウメさんが28点。ここから「開拓王」2点、「銀行王」2点、緑地7点、都市8点、VPは「警備艦隊」の1点だけで、カード点10点を追加してもトータルで61点どまり。終盤に褒章などの盤外点で大きく伸ばされたマツダさんが75点で逆転トップ、ウメさんが67点、キョウカさんが83点だったので最下位ということに…。

 流れ的に中盤過ぎから劣勢だったこともあって、終盤はぶつくさと文句を垂れつつ、やさぐれてプレイしてたんだけど、流石に煩かったようでマツダさんから「Lupinさんってかなり我儘ですよね」とのお叱りをいただくことに。いやぁ、申し訳ない。次回からはもうちょっとオトナな対応が取れるように注意いたします m(_ _)m


 ここでマツダさんがお帰りになり3人になったので「ブロックス トライゴン」(Blokus Trigon)を。

「ブロックス トライゴン」 「ブロックス トライゴン」

 序盤から三者が相まみえる展開だったんだけど、徐々にキョウカさんと私がウメさんを追い込んでいく展開に。ただ、その後はキョウカさんと私が競い始めたスキを逃さず、ウメさんが包囲網から上手く脱出されて混戦へ。終盤は一進一退の展開になるも、キョウカさんが最初に脱落となり、ウメさんと私も1タイルを残して終了。結局、ウメさんと私が-4点で同点、キョウカさんは2ピースで-8点という結果に。まぁ、経験値の差というところだろうかね。終了後に「強くなりたい」キョウカさんに、ウメさんと二人でいくつかアドバイスをしてみたり(^^)。


 ここで20時になっていたので撤収。遅い時間になってから、久しぶりにまっちゃんがいらしてたんだけど、残念ながら同席は叶わず。とりあえず、お元気そうだったので何より(^^)。

Posted by “Lupin” on 2018/06/18 01:15:05

2018年 6月16日(土)

* 今日のボドゲ@BRESPI・9回目    [  ボードゲーム  ]

 そんなわけで、京都ドミニオン&アグリコラ 6月例会が予定よりも早く終わったので、帰りにちょっと河原町三条のボードゲームカフェ「BRESPI」に寄ってみることに。

 これまでは「Cafe MEEPLE」がお休みの木曜日にしか行ったことがなかったので、休日はどんな具合なのかなと覗いてみたんだけど、お子様連れのお客さんや、6人組のグループのお客さんなどがいらしていたし、その後も2組ほどグループのお客さんがいらしてて、かなりいい感じに賑わってましたわ。
 15日から始まっている「ボードラン・京都 (BOARD RUN KYOTO)」のスタンプラリーにも参加されていて、その関連のお客さんも増えているようだし、広くてきれいな店内はご家族連れや若いおしゃれな人には居心地いいと思うので、これからお客さんが定着していくんじゃないかなぁ。

今日のゲーム

 で、カップルのお客さんのテーブルに混ぜていただくことに。カップルの女性のお客さんとはミープルで何度かお会いしたことがあって、私のことも覚えていて下すったご様子。いやぁ、ありがたいことです。

 このお二人も「ボードラン・京都」に参加されていらっしゃるようで、お店指定の「ナンバーナイン」(NMBR9)をやろうとされていたのでご一緒させていただくことに。

「ナンバーナイン」 「ナンバーナイン」

 うままさんがインストされた直後だったようでそのままプレイ。途中、何度かアドバイスをしたりしつつ和気あいあいとプレイ。プレイ後はNMBR9 Calculatorで得点計算も代行。結局、4段目に“9”と“8”を配置できたこともあって、ポイントは95点とダントツのトップ。うん、まぁ、日々の鍛錬の成果です(笑)。


 続いて「なにか面白そうなものを紹介してください」というリクエストをいただいたので、一緒にゲームが並べてある棚を見つつ「宝石の煌き」(Splendor)をチョイス。

「宝石の煌き」 「宝石の煌き」

 簡単にインストしてからプレイ。序盤はアドバイスをしたりしつつ、各自、レベル1の安価なカードを並べていく流れでまったりとプレイ。中盤からは、徐々に「キープ」も使われるようになり、レベル2やレベル3のカードも取っていかれるようになったので、こちらもそれなりに得点付きのカードを集めつつ、貴族カードも狙う展開に。それぞれ10点前後まで得点を伸ばした状況から、貴族カードを2枚確保して16点でフィニッシュさせていただきました。
 ちょうど買おうかどうか迷ってらして一度遊んでみたかったとのことで、ちょうどいい機会だったよう。かなり面白かったとのことだったのでほっと一安心(^^)。


 ここでお二人がお帰りになり、私もちょうど20時になっていたので撤収。短め時間だったけど、それなりに楽しく過ごせたので満足でした(^^)。

Posted by “Lupin” on 2018/06/17 01:22:19

* 京都ドミニオン&アグリコラ 6月例会@イエローサブマリン京都店    [  ボードゲーム  ]

 今日も朝から気持ちの良い青空の広がるいいお天気。気温も思ったほど上がってなくて、午前中は少し涼しさを感じるくらい。午後になって陽射しが強まってやや気温が上がったものので、それでも最高気温は26.5度で湿度もさほど高くなかったのでずいぶんと過ごしやすかったね。


 で、今日もお昼前にお出かけ。いい天気だったのでぶらぶら歩いていこうかと思ったんだけど、ちょっと荷物が多かったので地下鉄で京都市役所前まで行き、新京極三条のドトールで昼メシを食ってから、河原町蛸薬師の「イエローサブマリン京都店」へ。今日は藤森ゲーム会さん主催の『京都ドミニオン & アグリコラ』の定例会だったので、そちらに参加。

京都ドミニオン&アグリコラ 京都ドミニオン&アグリコラ

 以前は欠かさず参加していたこの定例会も、ここ最近はご無沙汰していて、最後に参加したのは今年の1月だったので5ヶ月ぶりだったり(^^;)。とりあえず、今日の目標は「家族を4人にして飢えず、最終得点は35点前後」ということで(笑)。

今日のゲーム

 で、開始時間の13:00ぴったりに到着。この時点で「アグリコラ」(Agricola)希望者が5人揃っていたので、早速1戦目に。

 席順はYoshiballさん、ラットルさん、私、スズキさん、イワさんとなってドラフト開始。

1職業畑番営林士林務官陶工柵作り鋤鍛冶養父母
小進歩わら小屋動物園森の牧場調理場小麦車毛皮角笛
2職業托鉢僧街頭の音楽家ぶらつき学生木材配り人形使い庭職人 
小進歩建築用木材陶器酪農場ハト小屋はしご穀物倉庫 
3職業柵立て乗馬従者職場長網漁師レンガ屋 
小進歩脱穀棒じゃがいも掘りかめ雑木林木のスリッパ 
4職業パン焼き長老葦買い付け人小農夫産婆 
小進歩家畜庭醸造所肥溜め猪の飼育 
5職業港湾労働者成り上がり家具職人 
小進歩レンガ道レンガの家増築耕運鋤 
6職業林務官陶工 
小進歩動物園角笛 
7職業木材配り 
小進歩酪農場 

 「アグリコラ」をプレイするのも5ヶ月ぶりだったので、とりあえずはわかりやすいものが良いなと思っていたら、初手職業に「畑番」があって一安心。それに「小麦車」を合わせるかと考えたものの、条件が厳しいので見送り。代わりに葦軽減の「わら小屋」で。えっ? さらに条件が厳しいって(笑)。そしたら2手目職業に「托鉢僧」が入る僥倖。これでステージ1の4手目にメシ行動せずに種パンで種まきできるね。あと進歩は木の取れる「建築用木材」で。まぁ、1回くらい葦石木にいけるんじゃないかと。3手目職業は、終盤の柵事故の保険用に「柵立て」を。進歩の「脱穀棒」はパン焼きの保険。さらに4手目職業に「パン焼き長老」がやってきてこちらでも保険をかけられそう。
 とりあえず、あからさまでも良いので序盤は小麦に通って、そこから小麦畑×3にして「わら小屋」を出し葦軽減してから増築増員。メシは小麦を暖炉で食う流れかな。

1戦目・初期手札

 というわけで、3番手でゲームスタート。R1[進歩](3)で職業から「畑番」を出し、すぐに小麦1+畑1(「畑番」効果)、R2[種パン](2)で葦石木、小麦1+畑1、R3[柵](5)でレンガ3、小麦1+畑1、R4[羊](2)で小麦1+畑1、種パンで小麦4を蒔く。R5[家族](4)で木3を取り、SPを打って「わら小屋」を出し、R6[石](1)で木4、木3、R7[改築](2)で木の家を2軒増築し、3人目増員して「脱穀棒」を出す。ステージ2の収穫で5メシのうち2メシを出さずに「物乞い」×2枚を取る。
 R8[猪](4)でレンガ5を取り、レンガの家に改築して「レンガ暖炉」を取り、4人目増員。R9[野菜](4)で葦2石木を取り、SPを打って「建築用木材」を出し、小劇場からメシ5、小麦1+畑1、R10[牛](1)で木4、野菜1を取り、職業から「パン焼き長老」を出し、種パンで野菜1を撒きパンを焼く(「パン焼き長老」効果でメシ+1)。R11[石](4)で木3から木2(「林」効果)を取り、職業から「托鉢僧」を出し、進歩から「家畜庭」、種パンでパン焼き。R12[畑種](4)で木4、種パンで小麦3、野菜1を撒き、職業から「柵立て」を出し、小麦1+畑1+12本柵を立てる(「柵立て」効果)。R13[家族](4)で猪2、木6から木5、小麦1+畑1、羊1、R14[改築柵](5)で牛1、木4、野菜1を取り、厩4軒を建てて終了。プレイ時間は2時間半。

1戦目・最終盤面

  畑 牧場小麦野菜 羊  猪  牛 未使用 厩 レンガの家石の家家族カードボーナス(順位)
Yoshiballさん44441340401015-1658 (1)
ラットルさん44422330060127047 (5)
Lupin44441210480124048 (3)
スズキさん44441230008151652 (2)
イワさん444413-10030157448 (3)

 当初の予定通り、R1でサクッと「畑番」を出し、畑を量産、R4で4個種を蒔けたことでこの時点では物乞いせずに済み、さらにR5/R6で木が10本も拾えて、R7で2軒増築できたのは僥倖。また、ここで物乞いして小麦を温存してステージ3のパン焼きでメシに充てがえたんもいい流れだったかな。
 ただ、R9で5枚目の畑を取ったときに5軒目増築はしないだろうと家を塞いでしまったんだけど、その後、レンガ6ができていたので、それを取ってもう1軒増築しておけばさらに楽になっていただけに、見通しの甘さを露呈することに。それでも終盤はなんとか木を拾い、「柵立て」で12本柵を立て、その後に厩4軒まで作れたのはラッキーだったかな。
 さすがに盤外点までは手が回らなかったものの、なんとか村長盤面が整い、畑、小麦、野菜、牧場で満点まで行けて最終得点の48点は出来過ぎかな(^^)。


 続いてカワムラさんがいらして、フルタカさんも入られそうだったので、2戦目は遠慮しようかと思ったんだけど、結局、抜け番は抽選ということに。ここできっちりと抜け番を引いたんだけど(笑)、フルタカさんがドミニオンに入られることになり、2戦目に参加できることに。席順は、ラットルさん、私、スズキさん、イワさん、カワムラさんとなってドラフト開始。

1職業炭焼き柵作り畑好き共同体長パン職人家畜追い毒見役
小進歩調理場織機レタス畑地固め機書き机ウマ手挽き臼
2職業商人羊飼いてき屋家畜主大農場管理人葦買い付け人 
小進歩簡易かまど動物園牧人の杖木材荷車鶏小屋 
3職業小さい庭師行商人牛の飼育士営林士厩番 
小進歩葦の交換焼き串家畜庭レンガ道いかだ 
4職業ブタ飼い網漁師代官革なめし工 
小進歩製材所パン焼き暖炉聖マリア像乾燥小屋 
5職業ブラシ作り木大工陶工 
小進歩かいば桶荷車がらがら 
6職業畑好きパン職人 
小進歩手挽き臼地固め機 
7職業羊飼い 
小進歩動物園 

 初手、職業に「炭焼き」「家畜追い」「毒見役」「柵作り」などかなり強めで、進歩もまずまずのラインナップ。とりあえず「炭焼き」+「調理場」の緩めのコンボを確保したんだけど、2手目の進歩に「簡易かまど」が入る僥倖。連続出しを考えて職業は「商人」を取ったけど「葦買い付け人」が回ったのが痛いなぁ、と思ってたら3手目進歩に「葦の交換」が入る僥倖。レンガ3を取って、2つを葦にし、もう1つで「簡易かまど」からの「調理場」がベストか。職業は調理場でメシを食うことを考えれば「牛の飼育士」でも良かったんだけど、野菜を取れる「小さい庭師」を取ったら、4手目で代わりの「ブタ飼い」が入り、さらに「ブラシ作り」とコンボできそうな気配。
 ちなみに、4手目進歩で「製材所」を取ってるんだけど、実はこの時点で「炭焼き」の効果を「メシ1」のみだと勘違いしていたので、それでメシを食おうというつもりは皆目なし。単に盤外点に繋がればいいな、程度の軽い気持ちだったり。

2戦目・初期手札

 ということで2番手でゲームスタート。R1[](2)で職業から「炭焼き」を出し、レンガ3、R2[](3)で葦石木が石木メシ2(「葦買い付け人」効果)、木3、R3[](2)で葦石木が石木メシ2、木3、R4[](3)でSPを打って「葦の交換」を出し、木の家を増築。R5[](1)で3人目増員し、木6(「営林士」効果)、R6[](5)で葦2を取り、木の家を増築し、SPを打って「簡易かまど」を出し、R7[](1)で4人目増員して「調理場」を出し、進歩から「家具製作所」を取り、石2を取る。
 R8[](3)でSPを打って「製材所」を出し、進歩から「家具製作所」を取り、葦石木、野菜1、R9[](1)で木6を取り、職業から「ブタ飼い」を出し、野菜1、日雇いからメシ2、R10[](2)でレンガ6を取り、レンガの家に改築して「動物園」を出し、猪1+猪1(「ブタ飼い」効果)、進歩から「かまど」を取る。R11[](3)で7本柵を立て、SPを打って「手挽き臼」を出し、猪1+猪1、木3、R12[](1)では「毒見役」に先手を取られ、畑1、職業から「ブラシ作り」を出し、猪1+猪1、羊メシ、R13[](1)でも「毒見役」に先手を取られ、畑種で野菜1と小麦1を撒き、羊2、野菜1、小劇場からメシ5、R14[](4)で畑1、木4、木3を取って、8本柵を立てて終了。プレイ時間は2時間半。

2戦目・最終盤面

  畑 牧場小麦野菜 羊  猪  牛 未使用 厩 レンガの家石の家家族カードボーナス(順位)
ラットルさん-1212113-120101512552 (3)
Lupin2433131-2080128548 (5)
スズキさん4444221-10001541049 (4)
イワさん14341-11-200101571053 (1)
カワムラさん1323123-1160158953 (1)

 予定通りに「炭焼き」を出すものの、進歩の捲れがR4までずれ込んでステージ1での起動は1回のみだったものの、その後はそれなりに起動し、結局、9木9メシを降らせてくれることに。中盤は「家具製作所」+「製材所」で木2がメシ5になったことでかなり救われたものの、これで貴重な木を消費して柵が遅れたのは反省点。
 また、終盤まで畑に通えず「小さい庭師」は起動せず、R14の柵立ても欲張りすぎて事故る寸前(ラットルさんのお情けで立ったけど)、「毒見役」のおかげでR12/R13のSPが有効に活かせず「共同体長」ボーナスも取れずじまい。まぁ、それでも盤外点で13点上積みできて、最終得点は48点まで伸びたので上出来。もっとも、それでも最下位なんだけどね(^^;)。


 2戦が終わったのが18時半ちょっと前だったこともあって、さすがに3戦目は無理となって「アグリコラ」組は解散することに。久しぶりのプレイだったけど、なんだかえらく上手く回って2戦とも48点を記録したのにはびっくり。もっとも、それでもトップ争いにはまったく参加できてないのよねぇ。噂には聞いてたけどコアメンバーのレベルの上がり方が半端なくて凄まじいなぁ、と(笑)。

Posted by “Lupin” on 2018/06/17 01:18:35