INFOINFO
MAILMAIL

2016年 5月22日(日)

* 日曜のボドゲ@カフェミープル・116回目    [  ボードゲーム  ]

 今日も引き続いて朝から明るい陽の射すいいお天気。気温も昨日と同様に午前中には25度を超えてたんだけど、爽やかな空気感なので歩いていても思ったほど汗をかかず、いい塩梅だったねぇ。まぁ、最高気温は今日も30.5度まで上がって「真夏日」になってたようだけども。

 で、今日もお昼前にブラブラと歩いてお出かけ。連日の陽気に、街行く人々の服装も軽やかになり、今日は半袖姿の人も多かったわ。まぁ、私もその一人だったんだけどね(笑)。そんな中を河原町まで歩いて、市役所前の丸亀製麺で昼メシを食ってから、いつもの「Cafe MEEPLE」へ。


 開店直後のお店には常連のニールさんとモリモさんのお二人がいらっしゃっただけで、わりとのんびりムード。スタッフのイシカワさんの話では、昨日も出足はこんなもんだったとのこと。まぁ、春の爽やかな好天ともなれば、やはり普通の人はお外に遊びに行っちゃうんだろうねぇ(笑)。

 そんなわけで、とりあえず3人でなにかやりましょうか、ということになって、まずは「レース・フォー・ザ・ギャラクシー: 嵐の予兆」(Race for the Galaxy: The Gathering Storm)を遊ぶことに。

「レース・フォー・ザ・ギャラクシー: 嵐の予兆」 「レース・フォー・ザ・ギャラクシー: 嵐の予兆」

 3人だったので、初期惑星は9枚を配りきりで、それぞれ3枚の中から使いたいものを選んでスタート。私は、生産時に手札を1枚捨てることで製品を生産できる「損傷異星種族工場」をチョイスしたので、まずは「生産」を行い、その後「消費(交易)」を行って5枚ドロー。これで手札に「ニューアース」(茶の生産惑星で、製品を消費して1得点+1ドロー)と「観光世界」(2製品を消費して3得点)を引いたので、得意の生産&消費を繰り返して得点を稼ぐルートに。
 とはいえ、まだこの3枚だと「消費(VP×2)」を使っても1セットで6点どまりなので、もう一度「生産」→「消費(交易)」でカードをドロー。これで「失われた種の箱舟世界」(緑の生産惑星、生産時に2ドロー)を引いたのでこれを出して、「消費(VP×2)」で8点獲得できる体制が完成。これで「生産」→「消費(VP×2)」を3度回して24点を獲得。最終得点はカード点が15点、獲得点が27点、ボーナスが0点の42点で、モリモさんが31点、ニールさんが29点とだったので、私がトップということに。
 いやぁ、久しぶりに生産コンボがキレイにハマって、実にいい感じで回せましたわ(^^)。


 続いて3人で「ラミィキューブ」(Rummikub)をやってる時にサタさんがおいでになり、4人で仕切り直し。さらにその途中でアキオさんがいらしたので適当なところで打ち切って5人でゲームをすることに。
 何をやるかちょっと悩んだんだけど、せっかくだから重めのゲームをやりましょうということで「コンコルディア」(Concordia)をやることに。

「コンコルディア」 「コンコルディア」

 中世ヨーロッパを舞台に領地拡大を目指すゲームで、前回プレイしたのは今年の正月だったんだけど、ルールはだいたい覚えていたのでまぁ大丈夫(笑)。ただ、スタピーはモリモさんで、私は5番手スタートと最悪の番手。案の定、手番が回ってくる頃には近隣の美味しい都市はしっかり抑えられちゃってたからねぇ(^^;)。
 そんなわけで、今回もサクッと海を渡って新天地を目指すことに。あと、元老院から「織屋」と「農夫」のカードを購入したので、とくに「織物」を生産できる都市に狙いを定めて建設を進めていく方向で。もっとも、「織物」都市は競争も激しいので、2つ目以降はすべて2番手となって規定の倍の資産(金)を必要となり、財政を圧迫、おかげでそれ以外は手が回らない状況に。
 結局、最終的には「織物」都市は4つとも抑えたものの、「農夫」に関連する「食料」都市は1つも獲得できず。なんとか「織物」の生産で金は生み出したものの、最終ポイントは96点どまり。ニールさんが117点でトップ、サタさんが115点、アキオさんが113点、モリモさんが97点となって、1点差で最下位に。
 まぁ、それでも今回は比較的目的がはっきりしていたこともあって、プレイ感はさほど重くなく、それなりに楽しめたかな。プレイ時間も5人プレイのわりには3時間を切っていたし、いままでの中では一番楽しかったかも。もっとも、3回やって3回とも最下位なんだけども(^^;)。


 続いて、↑の途中にいらしたマエさんとネイトさんを加えて7人で「ハイパーロボット」(Ricochet Robot)を。

「ハイパーロボット」 「ハイパーロボット」

 盤上のロボットを指定された場所にいかに早く移動させることができるかを競う頭脳ゲームで、このゲームはアキオさんがダントツで強く、さらにニールさんとネイトさんも得意とされているもの。案の定、ほとんどの手番で最初に答えを出すのはこの3人のうちのいずれかで、さらにそれを更新するのも3人のうちのいずれかという状況に。私は誰かに手数を示されるとそれを見つけることは出来るんだけど、一番最初に見つけるには至らないのよねぇ(^^;)。
 そんなわけで、アキオさんとネイトさんが激しいトップ争いの末、アキオさんに軍配が。ニールさんが3位、モリモさんとサタさんが1点、そしてマエさんと私は獲得ポイントなしという状況に(笑)。マエさん的にはあまり得意な分野でなかったようで、終始苦悩の表情で盤面を見ておられたのは、ちょっと気の毒だったかも。


 次はネイトさんを除いた6人で「スカルキング」(Skull King)を。

「スカルキング」 「スカルキング」

 マストフォローのトリックテイキングなカードゲームで、このゲームをプレイするのも今年の正月以来、2度めで、↑の「コンコルディア」と同じ日に遊んでるんだけども、偶然ってのは実に面白いなぁ(笑)。
 とりあえず、おおよそのルールだけは把握していたものの、勝ち筋までは覚えておらず、序盤はやや出遅れ気味。まぁ、それでもなんとか中盤には方向性が見えてきて、ようやく仲間入り(笑)したものの、終盤には息切れでトップまでは追いつけず。結局、最終ポイントは180点で順位もほぼ真ん中くらいだったかな。


 続いても同じメンバーで「ブラフ」(BLUFF)を。

「ブラフ」 「ブラフ」

 ダイスを振って出目の数を推測していくゲームだけど、これも前回遊んだのは昨年の11月で約半年ぶり。いつもなら得意の口からでまかせでなんとか乗り切っていくんだけども、上家アキオさん、下家モリモさんとベテランプレイヤーに挟まれていてはブラフも通じず、早々にバーストして一抜けの憂き目に(^^;)。最終的にはマエさんが3個残しで圧勝だったようだけど、当のマエさんは初プレイということもあってか「知らない間に勝ってた」とおっしゃってました(笑)。


 そろそろ6人ゲームのネタも尽きたので、スタッフのイシカワさんに入ってもらって、4人+3人で卓を分けることにして、私は「ラミィキューブ」(Rummikub)に参加。メンバーはニールさん、アキオさん、サタさんと私の4人。

「ラミィキューブ」 「ラミィキューブ」

 1戦目は比較的悪くない展開だったものの、終盤に寄せきれずにサタさんが上がり。ニールさんが-53点、アキオさんが-26点、私が-18点でサタさんが97点と大きめの点数を獲得。もっとも、2戦目では私が比較的早い番手で上がったことで、サタさんが-55点と大きいマイナス点。さらにニールさんも-56点、アキオさんが-6点となって、私の獲得ポイントは+117点で一気に逆転。
 3戦目は比較的長引いた展開となり、アキオさんが上がった時点で、サタさん-2点、私-6点、ニールさん-24点でトータル+32点という状況。この時点でサタさんと私の差が50点ほど。最後の4戦目も時間のかかる展開となり、サタさんが上がったものの、ニールさんがー8点、アキオさんが-22点、私が-1点の31点どまりとなり、最終ポイントはサタさん+71点、私+92点でなんとか逃げ切り。ふぅ、危ない危ない(^^;)。


 ってことで、今夜はここまで。今日もいろんなゲームができたので満足。まぁ、今週は久しぶりに「アグリコラ」(Agricola)ができなかったけども、これが普通なんだよなぁ(笑)。

Posted by “Lupin” on 2016/05/23 00:03:22

2016年 5月21日(土)

* 「暗殺教室からの脱出2」@京都新聞文化ホール    [  脱出ゲーム  ]

 今日も朝から明るい陽の射す爽やかな空模様。ただ、天気が良すぎて午前中からぐんぐん気温が上がって10時には気温が25度を超え、さらに午後にかけて気温は上がって、日中の最高気温は30.7度と「真夏日」に。まぁ、湿気が低かったので思ったほど暑さは感じなかったものの、完全に夏の一日だったわ。

 んで、そんな初夏の暑さの中、イベントに参加するためにお昼すぎからブラブラとお出かけして、烏丸丸太町の京都新聞本社ビルまで行ってきましたよ。今回参加したのは↓この公演。

あなたは、南の島暗殺旅行に来ている3年E組の生徒。
目的は勿論、自分達の手で先生を殺すこと。
訓練のかいあって、なんとか殺せんせーを完全防御形態にすることには成功。
しかしその瞬間、クラスメイトがウィルスに侵され瀕死の状態になってしまった。
慌てるあなた達の元にやってきたのは、謎の敵からの怪文書。
「このウィルスに侵された者は1時間以内に死ぬ。
ワクチンが欲しければ、お前等の手元にいる殺せんせーを渡せ。
普久間殿上ホテルの最上階にて、待つ」
大変な事態になってしまった。完全防御形態の殺せんせーは、24時間、動く事すら出来ない。
なんとか自分達の力で、普久間殿上ホテルにいる敵を倒さなければならない。
ウィルスがクラスメイトを浸食するまで、残り1時間。
あなたは普久間殿上ホテルの敵を倒し、生きてワクチンを届けることが出来るだろうか?

 集英社の週刊少年ジャンプではすでに連載は終了したものの、TVアニメは第2期が放送されているし、実写版劇場映画も卒業編が公開されたりと相変わらずの人気の「暗殺教室」とのコラボ・イベントで、昨年に続いての第2弾。ちなみに、昨年の第1弾は脱出に失敗しているので、なんとか昨年のリベンジを果たしたいところ。

 で、会場の開場と同時に2番め(笑)に受付を済ませて会場入りで、チーム番号は2番。すぐにチームメイトが揃って、まずはご挨拶。今回チームメイトになったのは、ソロで参加していた高校生っぽい若い男性と、こちらも高校生らしい女性2人組、さらに大学生という感じの女性2人組の方々で、男性はそれなりにベテランさんぽかったけど、女性4人は脱出ゲームへの参加は初めてとのことで、それぞれ漫画のファンということでの参加だったみたい。
 今回はウチのチームだけじゃなく、全体的に初参加の方が多かったようだけど(7割くらいは初めてだったっぽい)、コラボイベントはわりとその傾向が高いね。

 ゲームは定刻に簡単な説明があってスタート。初めての方が多かったので、最初は全員で1つずつ問題を解いていったんだけど、すぐに皆さん慣れたようで、その後は上手く分担して進められたかな。そんなわけで前半はいい感じで進んでいたんだけども、中盤で結構難しめのナゾが出てきたので、ここで初参加の方々の意見でヒント集を見ることに。経験者としてはヒントなしで進めたかったところなんだけども、みんなで楽しむのが第一だからねぇ。
 そのおかげでその難問もクリア。ただ、それをレポートする場所を間違えるというケアレスミスで時間をロス。ようやく気がついて正しいところに申告して先には進めたんだけども、この時間が惜しかった。その後、なんとか最終問題まで到達するものの、問題を解いている最中にタイムアップとなって残念ながら脱出ならず。3年E組のクラスメイトはウィルスに侵されて亡くなりました(をぃ)。

 その後、恒例のナゾトキ解説タイム。今回もある1問にちょっとした仕掛けが施してあったんだけど、うちのチームは見事にその仕掛けを破っていたことが判明(笑)。なるほど、だからあそこでアレがアレされたのか! とみんなで納得(^^)。結局、今回は20チームが参加して、脱出に成功したのはわずかに2チームだけだったそうで脱出率10%はなかなかの難問でしたわ。
 まぁ、それでも初めて参加した方々も十分に楽しんでくださったようだし、コラボ作品として原作のテイストも上手くミックスされていたし、もちろんナゾトキもとても面白かったので満足でありました。

 ちなみに、前回の脱出ゲームが年末の「サンマリノ城からの脱出」だったので、これが今年最初の脱出ゲームだったりして。いやいや、ちょっとサボり過ぎたかな(^^;)。でも、これからはまたちょこちょこと参加していきますよ。

Posted by “Lupin” on 2016/05/21 18:46:04

2016年 5月15日(日)

* 日曜もボドゲ@カフェミープル・115回目    [  ボードゲーム  ]

 今日も朝から明るい陽の射すいいお天気。今日は京都の三大祭の一つ「葵祭」が行われていたんだけども、絶好の見学日和になってよかったねぇ。もっとも、私は昨夜は遅くまで(っていうか朝早くまで)テレビで錦織選手の試合を見てたもんだから、起きだしたのはお昼前で、王朝絵巻は見れずじまいだったけども(^^;)。

 そんなわけで、今日もお昼すぎにブラブラと歩いて河原町まで行き、河原町三条の丸亀製麺でお昼ごはんを食ってから、いつもの「Cafe MEEPLE」へ。


 開店直後のお店には、常連のイナさんとタニさんがいらしたんだけどもそれ以外はお客さんの姿は見えず、比較的のんびりとした感じ。で、先日遊んだ時に汚れが気になっていた「テレストレーション」(Telestrations)のゲームブックをキレイにしてみたり。いやぁ、ホントは一人でコツコツやるつもりだったんだけど、手伝わされる羽目になってしまったイナさんとタニさんには大変申し訳なく(^^;)。

 そうこうしているうちに、常連のニールさんもいらして、お掃除も一段落したので(笑)4人で遊ぶことに。遊んだのはタニさんの持ち込まれていた「たのめナイン」というカードゲーム。

「たのめナイン」 「たのめナイン」

 居酒屋を舞台に食事代を押し付けあうカードゲームで、カードには100円から900円までの9種類の料理が描かれていて、それを順番に出していくんだけども、料理の合計が2,000/3,000/4,000円にできたら「ゴチになります」と宣言して前の人に精算を押し付けることができる(場に出たカードを引き取らせる)。ただし、精算するまでは同じ料理は注文することができず、オーダーできなかった(出せるカードがなかった)場合には「おあいそ」と宣言して精算する(カードを引き取る)。山札が尽きるまで繰り返し、引き取ったカードの数が少ない人が勝ち。
 で、これ、以前オテモトさんが持ち込まれていたのをプレイしたことがあったんだけど、かなり面白かった記憶があったヤツ。久しぶりだったので勝ち方をすっかり忘れていて、序盤は連続して生産させられるハメに(^^;)。何度かカードを引き取ってから、ようやくコツを思い出して挽回、なんとか最後はタニさんを逆転でして最下位は免れた(笑)。うん、やっぱり良いゲームだわ、これ。


 続いていらした常連のGRGRさんを加えて5人で「ナイアガラ」(Niagara)を。

「ナイアガラ」 「ナイアガラ」

 カヌーに乗って宝石を集めるというゲームだけど、これも遊んだのはずいぶん久しぶりだったり。とりあえず、タニさんが初プレイということで簡単なノーマルルール(全5色を集めるか、同色4個、もしくは全部で7個で勝ち)でプレイしたんだけども、ルールを熟知したGRGRさんがさっくりと同色4個を達成して終了。結局、谷底にカヌーが落ちるどころか、天候すら変わらずに終了してしまいましたとさ(笑)。


 で、示し合わせたわけじゃなかったんだけど、イナさん、GRGRさん、タニさんと揃った上に、イナさんが「パンデミック:レガシー シーズン1」(Pandemic:Legacy)を持ってきてらしたので、先週につづいて6ヶ月目をプレイすることに。

「パンデミック:レガシー シーズン1」 「パンデミック:レガシー シーズン1」

 さて、12ヶ月分のシナリオを12回に渡って遊ぶキャンペーンの1ヶ月目で連続失敗して以来、2ヶ月目3ヶ月目4ヶ月目、そして先週の5ヶ月目とミッションをクリアし続けた結果、6ヶ月目はついにお助けアイテムはゼロの状態からスタートすることに。ただ、6ヶ月目は新たなミッションはなく、逆に新規の追加キャラと追加装備まで付与されてのスタートとなったんで、まぁ、そんなに苦労することなくクリアできるんじゃないのっていう感じはあったんだよね。
 で、スタートしてそれなりにいい感じで展開して、目的ミッションもサクッと2つをクリアして「今月もいけんじゃね?」と思った矢先にエピデミックが連続して発生し、それがアウトブレイクの連鎖を呼んで一気に詰んでしまうことに(^^;)。ここ最近、アウトブレイクの連鎖は見てなかったんで楽観視してたんだけど、一度連鎖が始まると止めどなく繰り返される様をまざまざと見せつけられてしまったわ(^^;)。
 しかも、私が担当していたキャラがアウトブレイクの連鎖に飲み込まれてお亡くなりになるというアクシデントまで付いて、今後の展開にもかなりの暗雲が立ち込めることに…。いやぁ、ここんとこずっとクリアが続いてたので慢心してましたわ orz


 続いて同じメンバーで「グラスロード」(Glass Road)を。

「グラスロード」 「グラスロード」

 過去の例では「パンデミック:レガシー シーズン1」に続けてこのゲームをやると、めちゃくちゃシンクロ率が高くなるんだけども、今回もご多分に漏れずシンクロ率高め。具体的に言うと、アクションのバッティングが起こらず、同手番に同じアクションを仕込むことが多くなるんだよねぇ(笑)。
 そんなわけで、今日もバッティング少なめの傾向で全体的に手数はやや少なめだったんだけど、そんな中でもGRGRさんとイナさんは理想的な展開に持ち込んでいて、結局、最終ポイントはGRGRさん36点、イナさん35点とハイレベルな戦いに。ちなみに、そんな状況にも関わらず、私は20点に届くのがやっとという状況で、お二人にはすっかりと置いて行かれたなぁ、と。っていうか、もうね、ぜんぜん勝ち方がわからなくなってしまいましたわ、このゲーム(^^;)。


 で、この後、別卓と合流することになっていたので、時間調整に「ストライク」(Strike)を。GRGRさんはお休みで、残り3人でプレイ。

「ストライク」 「ストライク」

 基本、ダイスを振るだけおバカゲー(笑)なんだけども、わりと好きなゲームなんだよねぇ。でも、なぜか今年はじめてのプレイ。序盤は、堅実にプレイするイナさんがリード。ていうか、イナさんがダイスを全回収して回ってくることが多く、手持ちのダイスの全振りの回数の多かったことといったら…。
 それでもなんとか粘り、逆にダイス全回収してタニさんにダメージを与えたりしてたら、タニさんが最初に脱落。この時点でもイナさんのほうが持ちダイスの数が多かったんだけど、ここから粘って最後はダイスを全回収してイナさんのバーストを誘っての逆転勝利(^^)。単純だけど盛り上がれる良いゲームだわ、やっぱり。


 さらにまだ時間があったので、「ラブレター」(Love Letter)で時間つぶし。

「ラブレター」 「ラブレター」

 1ラウンドは5分くらいで終わるし、いつやめても支障ないので、時間調整にはもってこいのゲーム(笑)。結局3戦して、一度も勝てなかったんだけどね(^^;)。


 で、別の卓が空いたので、メンバーをシャフルして「アグリコラ」(Agricola)をやることに。

「アグリコラ」 「アグリコラ」

 メンバーは、アキオさん、ヒダカさん、イナさん、GRGRさんと私の5人。抽選の結果、ヒダカさん、イナさん、私、GRGRさん、アキオさんの順でドラフトを開始。

1職業織工獣医踊り手建築士小農夫愛人家畜小作人
小進歩パン焼き部屋畜殺場森の牧場くまで毛皮強力餌薬草畑
2職業乳母調教師畑商人梁打ちぶらつき学生石運び 
小進歩レンガ置場耕運鋤石臼脱穀そり木のクレーン牧人の杖 
3職業彫刻家大農場管理人火酒作り陶工托鉢僧 
小進歩簡易かまど堆肥レンガ道馬鍬木のスリッパ 
4職業コック牛飼い販売人猛獣使い 
小進歩糸まき棒いかだハト小屋マメ畑 
5職業収穫手伝い営農家街頭の音楽家 
小進歩風車小屋醸造所小麦車 
6職業織工獣医 
小進歩パン焼き部屋強力餌 
7職業調教師 
小進歩脱穀そり 

 初手に、昨日活躍した「踊り手」がいたので即ピック。2手目に「乳母」と4手目に「コック」も、以前、そこそこ使えた記憶があったので迷わずにピック。5手目の「街頭の音楽家」は「踊り手」の邪魔になるカードなので沈める意味で確保したもの。あとは「簡易かまど」から「調理場」でメシ補助し、「調教師」で家畜を保持する感じかな。

「アグリコラ」初期手札

 で、ステージ1のR1(3番)で職業から「踊り手」を出し、小劇場でメシ4を確保。R2(3番)で木3を取り、畑を耕し、R3(4番)で木3、レンガ3を取り、R4(2番)でSPを打って「いかだ」を出し、漁からメシ1と葦1(「いかだ」効果)をゲットして、収穫でメシ4支払い。ステージ2のR5(SP)で葦石木を取り、職業から「乳母」を出し、R6(3番)で木の家を1軒増築と同時に3人目の増員(「乳母」効果)し、小劇場からメシ4をゲット。R7(4番)で漁からメシ3と葦1(「いかだ」効果)、レンガ4を取ってSPを打ち「簡易かまど」を出し、収穫でメシ6支払い。
 ステージ3のR8(SP)で葦2を取り、レンガの家に改築して「簡易かまど」を「調理場」に交換、レンガ3を取り、R9(3番)でレンガの家を1軒増築と同時に4人目を増員(「乳母」効果)し、小劇場からメシ4をゲット。羊2を取って羊1を焼いてメシ2を確保して、収穫でメシ7支払い。ステージ4のR10(5番)で木3、小劇場からメシ4をゲットし、SPを打って「小麦車」を出し、小麦1+小麦2(「小麦車」効果)をゲット。R11(SP)で木4を取り、職業から「コック」を出して、SPを打ち「耕運鋤」を出し、小劇場からメシ4をゲットして収穫でメシ6(「コック」効果)を支払い。
 ステージ5のR12(SP)で家なし家族で5人目を増員し、畑を3枚耕し(「耕運鋤」効果)、種パンで小麦1をメシ3にして小麦2個を蒔き、職業から「調教師」を出す。R13(5番)で木3、牛2、猪1、小劇場からメシ4、漁からメシ2と葦1(「いかだ」効果)をゲットし、収穫で小麦2を収穫、「収穫手伝い」効果で小麦1がメシ2となり、メシ7を支払い、羊を焼いてメシ2としてから牛が繁殖。ステージ6のR14(5番)で畑を3枚耕し(「耕運鋤」効果)、柵4本を引いて、羊1をゲット、残り2手は有効手なく、小劇場、木3と回り、収穫で小麦2を収穫し、「収穫手伝い」効果で小麦1がメシ2となり、メシ7を支払い、牛が繁殖して終了。

「アグリコラ」最終盤面 「アグリコラ」使用カード

  畑 牧場小麦野菜 羊  猪  牛 未使用 厩 レンガの家石の家家族カードボーナス(順位)
ヒダカさん43241110040157042 (2)
イナさん1311323-420695941 (3)
Lupin412-1113-3040152029 (5)
GRGRさん21-12-1-11-50301512331 (4)
アキオさん313411-1-40012155747 (1)

 予定通りに「踊り手」をメシ基盤として設定、6回発動(7回目は有効手じゃないので外す)して合計24メシを確保。「乳母」効果で増員もそれなりに早めで、手数的には総手数41手(43手のうち最終の2手は無効手なので)だったので、小劇場6回を除くと35手とまずまずかな。ただ、今回は葦と木が高めだったこともあって、増築と柵に苦労することに。増築に関しては、4軒目はレンガで増築することで木の消費を抑えたものの、今回は木4が1回しか取れておらず、その結果、柵は最小の4本柵しか作れず仕舞い。
 家畜は「調教師」のおかげで種類は集まったものの、繁殖までは手が回らずだったし、カードやボーナスではほとんどポイントを稼げず。このあたりは石が取れていないのも一因ではあるものの、やはりカード点、ボーナス点に意識が回ってないのも事実だからなぁ。
 あと「乳母」に関しては増員争いを避けるには悪くないとは思うものの、やはり5人目も増築で賄わないと割に合わない感じもあるかなぁ。今回はR6とR9での増築+増員だったけど、もう1ラウンドずつ早ければ強うそうだし、R11で5人目増員できる環境ならかなり強いのかも。そういう意味では、今回のように木と葦の高い回では苦しいわけで、そのあたりの補助もコンボさせないと真価は出ないって感じなのかな。
 まぁ、いずれにせよ結果が20点台ではどうしようもないな(^^;)。


 ってことで、今日はここでおしまい。ガッツリと「ゲーマーズゲーム」で遊べたし、軽めのゲームも楽しかったので良しということで。

Posted by “Lupin” on 2016/05/16 01:04:25